漢方 ed治療薬 効果。 健康保険適用でED・勃起障害を治す!漢方薬治療で体質改善

EDに効く漢方薬

漢方 ed治療薬 効果

漢方薬によるED治療の有効性 、新宿ライフクリニックへ。 【漢方薬によるED治療について】 漢方薬の中には、EDに明確な効果が有ると謳ったものがございます。 また、それらの一部は厚生労働省によって認可され、ED治療に対して保険適応を持つものもございます。 健康保険での処方が可能になります。 ただし、漢方薬によって明確に効果が認められるのは、 、つまりストレスや精神的トラウマ、 緊張などを主たる原因としたED等が中心となります。 血管障害や神経障害によって惹起された器質的性交不能症:器質的EDには、 漢方薬では無く、ホスホジエステラーゼ5阻害薬などの勃起改善薬が望ましいと考えられます。 【漢方的概念におけるEDとは】 漢方薬におけるEDの概念や名称は、他の西洋医学等とは異なり、インポテンツ、すなわち勃起力の低下は、 「陰萎」の名称で表現されます。 「陰萎」という概念は、さらに、 おおよそ4種類に分類され、「脾胃湿熱型」、「心身症型」、「気血痰於型」、「陽虚型」 に分類されます。 「脾胃湿熱型」は、勃起不全に主に胃腸の不調を併せ持つ状態です。 「心身症型」は、不安感や焦燥感を併せ持つ状態でいわゆる心因性EDと同質の状態です。 一方、「気血痰於型」は血管障害や神経障害などを原因とした勃起不全で器質的EDと同質の状態です。 最後の「陽虚型」は、漢方的概念上の状態で、活動性が低下したり、 四肢に冷感を感じたりするような状態を伴うED、となります。 「脾胃湿熱型」、「陽虚型」は、漢方に特有と言える疾患概念です。 【どのような漢方薬がEDに効くのか】 漢方薬の治療概念は、疾患に対してでは無く、 主に症状に対して処方薬の適応が考慮されます。 「脾胃湿熱型」、つまり消化器症状を併せ持つ状態では、補中益気湯 ホチュウエッキトウ が選択される事が多いとされています。 「心身症型」、つまり精神的訴えが症状として強く併せ持つ状態には、 柴胡加竜骨牡蛎湯 サイコカリュウコツボレイトウ が選択される事が多いとされています。 「陽虚型」、つまり四肢冷感や活動性の低下等を併せ持つ状態には、 八味地黄丸 ハチミジオウガン 、もしくは、桂枝加竜骨牡蛎湯 ケイシカリュウコツボレイトウ が選択される事が多いとされています。 「気血痰於型」に対してですが、これは実質的に器質的EDが主体の病状になるので、 漢方薬以外が推奨されます。 因みに、桂枝加竜骨牡蛎湯 ケイシカリュウコツボレイトウ は、 、 すなわち夢精にも効果的とされています。 上記の漢方薬は、いずれも陰萎としてEDに対して保険適応されております。 本邦では、バイアグラ等のホスホジエステラーゼ5阻害薬を初めとして、 勃起不全に効果的な薬剤は保険適応外である事が多く、 これらの漢方薬が保険適応とされている事は、やや矛盾が有るように感じます。 ただ、これらの漢方薬は、ホスホジエステラーゼ5阻害薬などの近年開発されたED薬に比較すると、 インポテンツに対する効果は、非常にマイルドであり、十分な効果が得られない事もございます。 ちなみに、男性更年期障害の漢方薬による治療に関しては別項に詳述しております。 ご参考にされて下さい。 生薬と言う立ち位置上、漢方薬に似ておりますが、いわゆる漢方ではございません。 これも近年開発されたED薬に比較すると、インポテンツの改善効果はマイルドと言わざるを得ませんが、 インポテンツ以外にも、射精障害に効果的な側面があり、現在も使用される事のある薬剤です。 、の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

次の

龍覇王?バイアグラ?漢方精力剤とED治療薬の違いをまとめました

漢方 ed治療薬 効果

この薬、効いてるの…?チェックするポイント (図1)EHS日本語版における硬さイメージ 勃起力を図るため、最近では、勃起硬度測定評価EHS Erection Hardness Score という簡便な問診票が海外で開発され、日本でも翻訳され使われています。 「あなたは自分の勃起硬度をどのように評価しますか?」という質問に対して グレード0: 陰茎は大きくならない グレード1: 陰茎は大きくなるが、硬くはない グレード2: 陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない、 グレード3: 陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない、 グレード4: 陰茎は完全に硬く、硬直している いずれかを回答しグレード0-2は明らかにEDですが、グレード3であっても満足な性交に支障があればED治療の対象となります(図1)。 EDの人口 日本におけるEDの勃起障害患者数(有病率)は、常にできない重症例と時々できない中等症例をあわせると1130万人 40代が20%前後、50代が40%前後、60代が60%前後)いると推計されています。 さらに、たまにできないなどの軽症例を含めるとかなりの人数になります。 このようにEDは決して珍しいものではないので恥ずかしがる必要はありません。 また、男性不妊の原因の30%が勃起障害であることも判明してきました。 EDの原因・タイプとED薬が効くタイプ 以前はインポテンスと呼ばれましたが差別的であることから勃起障害と呼ばれるようになりました。 英語でErectile Dysfunction と書き、頭文字をとってEDと呼ばれています。 米国泌尿器科学会(1996年)のEDの定義は「満足のいく性行為に十分な勃起を達成できない、もしくは維持できないこと」ということですので、誰でもなる可能性があります。 この状態が繰り返す方、中折れ気味のことが多くなった方、勃起硬度が弱くなったと感じる方などが勃起不全治療薬などで治療されています。 EDの分類は、身体に問題のない機能性と問題のある器質性に分けられます。 機能性には心因性と精神病性、器質性は血管性、神経性、内分泌性、陰茎性に分類されるが心理的なものやそれぞれの身体的障害が重複する場合もあります。 ED薬が効かない原因 PDE type5阻害薬が無効である場合に、第一に使用方法が適切であったかどうかをチェックする必要があります。 【ED薬が効かない理由として考えられる原因】• ・内服したものの、性的刺激がなかった• ・飲酒していた• ・内服の時間が適切でなかった• ・食事(特に油物)を食べた後に内服した• ・薬の副作用がある• ・容量が少ない• ・前立腺全摘出後のED(器質性のED)や薬の副作用(薬剤性のED)など、ED薬の適応ではない 内服の時間 内服のタイミングは、性行為の1時間前とされています。 内服直後や2時間以上後では効果が見られない患者さんがいます。 また、人によっては2時間以上で効果がある場合があります。 自分にあった時間を確認するため何度か使用してみてください。 また、シアリスの場合は飲むタイミングをあまり気にしないですみます。 不十分な性的刺激 PDE type5阻害薬を内服すれば自然に性欲が高まり勃起すると勘違いしている患者さんがたくさんいて、薬の効果がないと訴えることがあります。 薬は性欲を高めず性的刺激がないとまったく効果を現さないことを理解してください。 特に性的刺激については性的空想、視覚的性刺激だけでは不十分な場合も多く、陰茎の直接刺激が必要です。 パートナーがいるところで性的刺激に集中できない場合は、マスターベーション時に使用し効果を確認する方法があります。 食事タイミング ED治療薬で食事を食べた直後に内服すると影響がでる場合があります(表3-1)。 バイアグラの場合、普通の食事をした場合でも薬剤の吸収が遅れ効果が低下することがあります。 シアリスでは、食事の影響がないと報告されています。 食事内容 油物を食べた後にPDE5阻害薬を内服すると吸収が悪く効果が不十分な場合があります。 また、シアリスは食事の影響がないとされています。 しかし、効果が不十分の場合は、空腹時に内服します。 患者さんによっては、時間が延長されても、食前に内服するほうが効果を発揮することがあります。 薬の副作用 いずれも副作用に重篤なものはありませんが、ほてり、頭痛、動悸などが気になり性的興奮を抑制して効果が現れない場合があります。 副作用が気になる場合は、用量の減量や別のPDE5阻害薬に変更してみるのもよいでしょう。 飲酒 ED治療薬とアルコールの相互作用はありませんが、たくさん飲酒した場合は効果が低下することがあります。 これはEDでない人でもたくさん飲酒したときに性交に失敗する場合と同じことで、飲酒で大脳の性中枢の興奮が抑制されるためと考えられます。 性的興奮が抑制されればED治療薬を飲んでいても飲んでいなくても、勃起するのは困難になります。 (表3-1) 服用量不足 65歳以上の患者さんやエリスロマイシン・シメチジン使用患者は、初回投与量が通常量の半分からです。 それ以外でも少量から処方される患者さんでは、無効例が多く、少量の使用で無効だからPDE5阻害薬は効かないと判断するのは早いです。 少量で無効、かつ副作用が気にならない程度なら通常量まで増量し再度試みます。 性欲障害、射精障害、オーガズム障害にPDE5阻害薬は適応外です。 EDを合併している場合は、使用して間接的に効果が見られる場合もありますが、多くは期待できません。 例えば早漏の患者さんを、問診票IIEF5の結果だけで診断すると、重症の勃起障害であると診断を誤ることがあります。 勃起に問題のない早漏患者さんにPDE5阻害薬の効果は期待できません。 注意深い問診で、患者さんの訴えが勃起障害、性欲障害、射精障害、オーガズム障害またはパートナーの問題のいずれかなのかをはっきりする必要があります。 対策をしてもED薬が効かないときの対処法 別の薬を試す 勃起不全治療薬以外の内服薬には、ビタミン剤、漢方薬、血管拡張剤、高プロラクチン治療薬、抗うつ薬などがあります。 ED治療薬ではないので著効は期待できません。 広告などで精力剤などとして販売されているもので有効性がきちんと確認されたものはありません。 勃起補助器具 東邦大学病院では、3種類のバキュームディバイス(エレックエイドシステム、VCD式カンキ、ベトコ)の臨床試験を行い、リテントを加えた4種類の成績をまとめると270例(機能性ED111例、器質性ED157例、混合性ED2例)で有用性は85. 6%(機能性ED82. 9%、器質性ED87. 3%、混合性ED100%)と高く、安全性は95. 2%で勃起不全治療薬より高い有効性を示しています。 しかし、中等度軽度の疼痛の訴えが12. 1%あり、勃起させるのに10分ほどの操作が必要で使用時間も30分と制限があるため脱落率も高くなっています。 バキュームディバイスは、3種類が厚生労働省の認可を得ましたが、患者さんに人気がありません。 購入可能なものは、VCD式カンキのみとなっています。 男性ホルモン補充療法(男性ホルモン注射) 血中テストステロンの低下している患者さんが適応で、低下していなければ効果がありません。 性欲障害、体調全般には、単独で有効の場合が多いですが、勃起障害に単独ではあまり期待できません。 勃起障害に対してはPDE5阻害薬だけで効果が不十分で、血中テストステロンが低下している患者に両者を併用することで効果が期待できます。 補充方法は、エナルモンデポー125mgを2週間に1回筋肉注射、または、250mgを3-4週間に1回筋肉注射します。 使用にあたって前立腺癌、多血症、肝機能障害などの定期的検査が必要です。 また、経口薬はホルモン作用が少なく肝機能障害を起こしやすいのでほとんど使用されていません。 外国ではパッチ剤などが多く使用されています。 陰茎海綿体自己注射(陰茎注射) 欧米では、陰茎海綿体自己注射が、かなり普及しています。 陰茎海綿体にプロスタグランジンE1を注射し、勃起させる方法で、海外の報告では有効率82%(Otto ILら)です。 ED薬が無効の場合や、前立腺癌術後ED、糖尿病性EDにも使え、既に諦めていただ患者様でも通常の性交渉を行っていただけます。 本邦では、国の認可を得ていませんので、自己責任で行う治療となります。 陰茎プロステーシス手術 陰茎海綿体注射が無効か適応外の場合には、陰茎プロステーシス移植手術があります。 陰茎プロステーシス手術は、EDの最後の治療法となるため、陰圧式勃起補助具や陰茎海綿体注射を試したいと言っても、後戻りはできません。 良く考えてから行う必要があります。 陰茎プロステーシスには、2つの種類があり、棒状のノンインフレータブルであれば、日帰り局所麻酔下で1時間程の手術のため、比較的簡単にお受けいただけます。 手術が成功すれば、ほぼ100%で性交可能ですが、感染した場合は摘出する必要があります。 血行再建術 血管性EDは静脈性と動脈性があります。 静脈性EDは陰茎海綿体からの血液の流出が多く、血液を陰茎にとどめるのが困難な状態です。 確定診断は、海綿体内圧測定を行い、手術適応は、若い年代で流入動脈が正常な患者さんです。 手術は深陰茎背静脈切除・陰茎脚結紮術を行い、血液の流出を少なくします。 有効率は1年以上の経過で50%以下です。 動脈性EDは内陰部動脈、陰茎背動脈、海綿体動脈などの障害で起こり、最近では自転車のサドルが一因の報告があります。 手術適応は、静脈性の合併がなく、若い年代で動脈硬化がない患者さんに、下腹壁動脈を用いたバイパス手術が行われます。 有効率は60~80%です。 陰茎形成術 陰茎が曲がって性交障害になることがあります。 若い年代に多いのが先天性陰茎彎曲症で、中高年に発症するのが陰茎硬化症(別名ペロニー病)です。 彎曲が強く性交時に膣内挿入困難や抜けやすかったり、性交痛などがあれば手術適応です。 手術は、先天性陰茎彎曲症や軽症の陰茎硬化症では比較的簡単で陰茎包皮を剥離し陰茎海綿体白膜を癒着しやすいように薄く削り非吸収糸で縫い縮める方法 プリケーション法 が有効で、重度の陰茎硬化症では静脈移植が有用であり、手術により良好な結果が得られます。 ED薬が効かない!よくある質問• 飲みすぎると効果が薄れるってホントですか? そのようなことはありません。 ED薬はもともと、血管を拡張し血流を良くするお薬です。 大脳が興奮した時に、勃起を促し持続させるように働きかけます。 ただし、心臓疾患や高血圧などの薬を服用されている方は、併用すると副作用が起こりやすいので注意が必要です。 ED薬は食事や飲酒の影響を受けますか? 油物などを食べた後にED薬を服用すると、吸収が悪く効果が不十分な場合があります。 一方、飲酒については、ED薬の相互作用はないとされていますが、飲酒によって性中枢が抑制されEDを発症することや、飲酒時に効果がない患者さんも多いため、心配な場合は飲酒との併用を避けるようにしてください。 薬以外の治療方法は保険適用外ですか? EDについてのご相談、その他の治療は自費診療となります。

次の

ED治療薬の種類・効果の比較や副作用と安全な購入方法について解説

漢方 ed治療薬 効果

男性特有の漢方相談で多いEDの原因と治療方法 当薬局(東京・帝国ホテル内 薬石花房 幸福薬局)では 勃起不全(ED)に関する漢方治療のご相談をお受けしています。 勃起不全(ED)の漢方治療の症例は 勃起不全(ED)は、漢方相談によくある男性特有の病気や悩みのひとつで、幅広い年齢層の男性に見られます。 EDの原因として、 加齢のほかには、精神的なストレスや不安、うつ、焦りなどによる 心因性EDがよくみられます。 また、食事の不摂生、アルコール類の飲み過ぎ、運動不足、喫煙などの生活習慣の要因や、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの病気の影響もあります。 生殖機能は、五臓の 腎に含まれます。 腎の機能は、生きるために必要なエネルギーや栄養の基本物質である精を貯蔵し、人の成長・発育・生殖、並びに水液や骨をつかさどることです。 漢方の古典『黄帝内経(こうていだいけい)』によると、男性の生殖機能は8年周期で変化します。 例えば16歳で射精できるようになって子どもが作れるようになり、24歳で腎気が強くなり、32歳で充実する、とあります。 そして腎の機能は40歳で弱り始め、56歳で衰え、64歳になると腎がつかさどる歯も髪も抜け落ちる、とあります。 40歳前後以降の性機能は、年齢とともに衰えていくものなのです。 このように性機能は 腎と深い関係にありますが、EDの原因は腎の不調だけではありません。 精神情緒と関係が深い 肝(かん)、意識と関係が深い 心(しん)、エネルギーと関係が深い 脾(ひ)の不調によってEDとなる場合も多くみられます。 西洋医学ではシルデナフィルクエン酸塩(商品名バイアグラ他)など即効性のあるED治療薬があります。 ただし、 バイアグラなどで副作用の出る人、あるいは以前のような健康的で 自然な性機能を回復させたい人などは、漢方薬を服用して健全な心身の状態を取り戻すことにより、EDを治療します。 心因性EDだけでなく、糖尿病などによって生じる血管や神経の障害が原因となって起こる器質性EDに対しても、漢方薬が有効な場合は少なくありません。 ED(勃起不全)のタイプと治療方法 漢方では各タイプを「証(しょう)」という概念でとらえます。 1 ストレス・緊張が原因の「肝火(かんか)」証 五臓の1つ、肝(かん)の機能(肝気)が、強いストレスや緊張、激しい感情の起伏などの影響で失調すると、肝気の流れが鬱滞して熱を帯び、この証になります。 肝は、自律神経系や情緒の安定、気血の流れと深い関係があります。 いらいら、怒りっぽい、不眠、のぼせ、ほてり、顔面紅潮などがみられます。 肝気の流れの悪化が神経系に影響するとEDが生じます。 漢方薬で肝気の鬱結を和らげて肝気の流れをスムーズにし、肝火を鎮め、EDを治していきます。 2 思い悩む人に多い「心血虚(しんけっきょ)」証 人間の意識や思惟など、高次の精神活動をつかさどる五臓の心(しん)の機能を養う心血が不足している体質です。 過度の心労や、思い悩み過ぎ、過労が続くことで心に負担が掛かり、心血が消耗したタイプです。 精神が不安定になり、抑うつ状態となってEDになります。 漢方薬で心血を潤し、抑うつ状態を改善し、EDを治療していきます。 3 体力が低下して体が冷えた「腎陽虚(じんようきょ)」証 腎の陽気が不足している体質です。 陽気とは気のことで、人体の構成成分を陰陽に分けて考える場合、陰液と対比させて陽気と呼びます。 生活の不摂生、過労、慢性疾患による体力低下、加齢などにより人体の機能が衰えて冷えが生じるとこの証になります。 腎陽が虚弱になると、性機能や内分泌機能が衰え、性欲が減退し、EDになります。 腎陽を補う漢方薬でEDに対処します。 4 不摂生で老化を早めている人に多い「腎陰虚(じんいんきょ)」証 腎の陽気ではなく、腎の陰液が不足している体質が腎陰虚です。 陰液とは、人体の構成成分のうち、血・津液・精を指します。 過労、不規則な生活、大病や慢性的な体調不良、性生活の不摂生、加齢などで精が減りEDになります。 陰液の不足により相対的に陽気が亢進するため、性欲はあるが持続しないようなタイプのEDです。 腎の精気など腎陰を補う漢方薬でEDを治します。 5 消化吸収が悪くエネルギー不足になっている「脾気虚(ひききょ)」証 消化吸収や代謝をつかさどる五臓の脾の機能(脾気)が弱く、生命エネルギーを意味する「気」が不足している体質です。 過労、生活の不摂生、慢性疾患などにより気を消耗すると、この証になります。 気の不足により、やる気が起こらず、EDになります。 漢方薬で脾気を強めてEDの治療を進めます。 6 血流が悪くなっている「血瘀(けつお)」証 血流が鬱滞しやすい体質です。 精神的ストレスや、冷え、体内の過剰な水分、生理機能の低下などにより、この証になります。 疾患が慢性化して血流が悪くなり、この証になる場合もあります。 血管に動脈硬化があると陰茎の動脈が広がらないために十分な血流が流れ込まず、満足な勃起が得られません。 糖尿病や高血圧、脂質異常症の場合も同様の現象が生じ、EDになります。 血行を促進する漢方薬でEDを治療します。 ED(勃起不全)治療に効果的な漢方薬 大柴胡湯、抑肝散、柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、六味地黄丸、八味地黄丸、桂枝茯苓丸、補中益気湯など あなたに合った漢方薬が何かは、あなたの体質により異なります。 自分にあった漢方薬が何かを知るには、漢方の専門家に相談し、自分の体質にあった漢方薬を選ぶ必要があります。 どうぞお気軽にご連絡をください。 関連ページ・症例・エッセイなど |• 改善症例• 自分に合った漢方薬に出会うには 自分の病気や症状を改善してくれる漢方処方は何か。 それを判断するためには、その人の自覚症状や舌の状態など、多くの情報が必要になります。 漢方の場合、同じ病気でも、その人の体質や体調により、使う処方が違うからです。 そのために必要なのが、カウンセリングです。 漢方の専門家がじっくりとお話をうかがって、あなたの体質を判断し、あなたに最適な漢方薬を決めていきます。 当薬局は、帝国ホテル内にあるカウンセリング専門の漢方薬局です。 まず薬局でカウンセリングをし、その方のご症状やご体質をしっかりと把握し、それをもとに、おひとりおひとりに最適な漢方薬を調合しております。 自分にあった漢方薬に出会う秘訣は、「信頼できる専門家のカウンセリングを受けること」です。 しっかりしたカウンセリングを受けて、あなたに最適な漢方薬を見つけてください。

次の