ビルゲイツ 予言。 新型コロナウイルスはいつまで続く?スピリチュアル超能力者やビルゲイツの予言も

ビル・ゲイツ「新型コロナ予言」の背景を徹底解説! エボラ、SARS、疑惑のスピーチ…事実ベースに陰謀論を読み解く

ビルゲイツ 予言

マイクロソフトの創業者ビルゲイツが予言していたパンデミック 皆さんTed Talkという番組をご存じでしょうか? 有名な人がプレゼンをするインターネット番組です。 ビルゲイツは、 マイクロソフトの創業者であり、慈善活動家、エンジニア、作家でもあります。 世界の長者番付の世界一に長年君臨してきました。 2019年時点のビルゲイツの総資産は 約12兆円と言われています。 その彼が2015年のTed Talksで現在の新型コロナの状況をまさに 言明していたと話題になっています。 早速ですが、字幕付きですので、の予言を見てみましょう。 The next outbreak? 次のアウトブレイクは? 私たちはまだ準備が出来ていない。 一番恐れていたのは核戦争だったが実は違う• 最も恐れるべきはインフルエンザウィルスだ• 次1千万以上なくなるとしたらそれは微生物、ウィルスだ• 疫病の蔓延の対策は何もできていない• 規模の大きな伝染病は何十万という医療スタッフが必要だ• WHOには疫病をモニタリングする研究費はあるが、疫病を抑えることはできない• ウィルスの中には感染しても症状がなく、そのまま飛行機に乗ったりできる• エボラのような自然由来やバイオテロの可能性がある• スペイン風邪は5千万人が亡くなった• 携帯で位置情報が分かる、感染症には非常に役立つ• パンデミックの感染シュミレーションを行うべきだ• ウィルスとの闘いは人類の負けている• インフルの大流行が起これば世界の総資産360兆円以上が失われる• ウィルスにより何百万人が亡くなる• 疫病の蔓延に備えて、喫緊に投資をすべきだ• 今始めれば、疫病の蔓延に間に合う ビルゲイツは2015年にパンデミックの予言と警鐘を鳴らしていた Ted Talksの内容を見ると、まさに今起こっているコロナウィルスの蔓延のことを話しています。 やはりビルゲイツは先見の目があるのか、何かを予言して、ウィルスの蔓延を想像して 語っていたのだと思います。 この予言めいたTed Talkでのスピーチ内容が現在、まさに 新型コロナウィルスで世界中で進行しているのです。 そしてコロナウィルスのような無症状の患者がいるということ(上記赤字)も言及しているのには 驚きました。 この新型コロナの厄介なところは、多くの専門家が指摘していますが 無症状の患者がいて、そのウィルスを街にばらまいている、そして2割が重症化してしまい 最悪死につながるという非常にウィルスとしては良く出来た、人間としては苦戦を強いられる ウィルスなのです。 やはりビルゲイツは先見の目がある、Windowsを作り上げ、世界中で そのサービスが使用されるようになり、そして世界一の大富豪になり 慈善事業へ投資し、世界で最も影響力のある実業家になりました。 無症状の患者が飛行機に乗ったり、市場に行くことで感染を広げることを予言しているのです。 そして2015年の今こそ、次のパンデミックに備え、投資を行うべきだと警鐘を鳴らしていました。 ただ人類が準備をする前に、新型コロナウィルスが2020年に世界中に感染を広がってしまった ということにビルゲイツは今どう思っているのでしょうか。 Business Insiderで提言を行っていました。 ビル・ゲイツ氏、新型コロナウイルスとの戦いに勝つための「3つのポイント」を提言 Business Insider ビルゲイツも取り上げていた映画「コンティジョン」を見るべし Ted Talkの中でビルゲイツも取り上げていました 映画「コンティジョン」 これは本当に今の新型コロナを映画化したのかというくらい パンデミックを表現しています。 香港で発症し、アメリカで次第にウィルスが広がっていく 日本でもバスの運転手が犠牲になり、人々はウィルスを前に 無力になっていく。 ぜひ、自粛中のお時間があるときに、映画「コンティジョン」を見ていただくことを オススメいたします!.

次の

ビルゲイツがコロナウイルスを予言していた?イギリスとも関係が!

ビルゲイツ 予言

2020年04月09日 06時00分 パンデミックを予言したビル・ゲイツに「いま何をすべきで、今後どうするべきか」を聞いてみたムービーが登場 2019年末に新型コロナウイルスが発見されるはるか以前の2015年に、ビル・ゲイツ氏は「 」をテーマにした カンファレンスでの講演を行い、大規模な感染症のまん延に警鐘を鳴らしていました。 そんなゲイツ氏に、コメディアンの 氏が真剣な質問をぶつけたムービーが公開されています。 アメリカのニュース風コメディ番組「 」で司会を務めるノア氏 左 が「ザ・デイリー・ソーシャル・ディスタンシング・ショーにようこそ」と切り出すと、ビル・ゲイツ氏 右 は「ご一緒できて光栄です」とほほ笑みました。 なお、「ソーシャル・ディスタンシング」とは、外出を控えることなどを意味する「 」のことです。 ノア氏の最初の質問は、「あなたはTEDに出演し、今回の事態をかなり正確に予測したことで、多くの陰謀論が噴出しています」というもの。 「ちまたでは『ゲイツが新型コロナウイルスを発明した』だとか、『彼は今回の事態を秘密裏に知っていた』だとかいわれていますが、TEDでの発言は新型コロナウイルスについてのものだったのでしょうか?それとも、当時はただの仮説でしたか?」とのノア氏の問いに、ゲイツ氏は「もちろん、具体的に新型コロナウイルスだとは知りませんでしたし、それが2019年末に襲来することも知りませんでした」と回答。 2015年に大規模な疫病について語ったゲイツ氏の狙いは、各国の政府に「感染症に速やかに対応し、感染者数を低く抑えることが可能な体制づくりに注力するよう促す」ことでした。 しかしゲイツ氏の思いとは裏腹に、新型コロナウイルスが非常に大きな脅威だということが明らかになっても、有効なワクチンは特定されておらず、検査体制もとても十分とはいえません。 その様子を、ゲイツ氏は「残念ながら『言ったでしょ?』という感じになってしまいました」と話しています。 そこでノア氏は、個人的な質問だと前置きしつつ「人々を守ることをが使命であるはずの や といった機関は、一体どんな間違いをおかしたと思いますか?彼らはあなたが持っていたような知識を持っていなかったのか、それとも持っていたのに無視したのでしょうか」と尋ねました。 ゲイツ氏によると、ゲイツ氏のような懸念を抱いている人は多くいたとのこと。 例えば、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所所長の 氏もその1人。 しかし、そういう人たちの警告がありながら、今回の事態が発生してしまったのは、大きく分けて2つの要因があるとゲイツ氏は考えています。 1つ目は、「新型コロナウイルスが非常に簡単に感染拡大してしまう」という点です。 例えば、新型コロナウイルスと同様にWHOから「 」に指定されている は、毒性や致死率があまりにも高く患者が遠出する前に死亡してしまうため、世界的流行には至っていません。 一方、新型コロナウイルスは比較的症状が軽いため患者が活発に行動してしまい、結果としてウイルスが拡散されてしまいます。 もう1つの要因は、「準備不足」です。 2015年のスピーチでゲイツ氏が指摘したように、世界各国は戦争にはかなりの備えをしており、無数のシミュレーションを行ったり有事の際の計画を策定したりしていますが、パンデミックに対しては「どんな検疫を行えばよいのか」「どう市民や民間企業に伝えればいいのか」などの議論がなされてきませんでした。 そのため、あらかじめ訓練や後方支援の配置などが行われる戦争とは異なり、各国は場当たり的な対応をせざるを得ない状況に陥ってしまいました。 ノア氏が「それでは、今後世界各国の指導者や国民、民間企業は一体どうすればいいと思いますか?」と尋ねると、ゲイツ氏は「私たち個人が今できることは、行動を変えること、すなわち社会的距離を保ち、家にとどまることです」と回答。 また、政府などに対しては、「症状が出てしまった人や、その人と接触した人を検査できるような体制を整えること」を求めました。 ゲイツ氏は続けて、「究極の解決策はワクチンを作り、私たちの国だけでなく世界中の人々に提供して接種させることです」と話しました。 そうすることで、多くの人がウイルスに免疫を持つことができるようになり、世界的な感染拡大を食い止めることができるようになるとのことです。 ノア氏は次に、「どんな国の対応に注目すればいいと思いますか?例えばイタリアや韓国では多くの感染者数を出す経験をしていますが、そういった国の対応策をアメリカのような大きな国に適用することはできません」と尋ねました。 この点については、ゲイツ氏は「確かに、国ごとに様相は異なります」と認めています。 その上で、「例えば韓国では中規模の感染が発生しました。 一時期はかなり重大な事態に陥ったものの、検査や検疫の強化、接触者の追跡などを行うことで、感染者の増加を緩やかにすることができました」とゲイツ氏はコメント。 一方、アメリカでは韓国よりも広範に感染が拡大してしまっており、状況はどちらかといえば中国の湖北省に近いとのこと。 アメリカは中国のような強引な対応を行うことはできませんが、中国で行われた都市封鎖などの対策の結果、 させたり、学校を再開させたりしても再流行が起きていないのは「とても明るいニュースです」とゲイツ氏は指摘。 かなりの経済的な負担は生じるものの、都市封鎖などの努力を続けることでアメリカでも感染率を数%に抑えることは不可能ではないと、ゲイツ氏は述べています。 経済的負担よりも感染を抑えることを優先すべきだと話すゲイツ氏に、ノア氏は「経済と人命のバランスはどうとればいいと思いますか?人命第一だという人もいますが、もし経済的な負担が長引けば結局は多くの人が犠牲になることは避けられないように思えます」との質問をぶつけました。 これに対してゲイツ氏は「多くの人に年配の家族がいて、その人が病気にならないよう願っています。 そこにきて、経済を優先するという選択肢はありません」と回答。 経済的な痛みを伴っても、アメリカ国民が一丸となって取り組めば、早ければ初夏ごろには終息に向かうため、そのころには職場や学校も順次再開できるだろうとの見通しを述べました。 また、その実現には「新型コロナウイルス検査の強化が必要」になるとゲイツ氏は指摘しています。 一度に検査できる人数には限りがあるため、まずは「症状がある人・親しい人が検査で陽性と診断された人・医療従事者・食料やインフラを支えている人」を優先させる必要があります。 そのため、より大規模な検査体制が整うまでは、「無症状だが心配な人」は待つ必要があるとのこと。 また、混乱を最小限にするには、検査数だけでなく検査の迅速さも求められます。 例えば、アメリカでは検査をしてから結果が出るまでに24時間以上かかってしまいますが、韓国では検査から24時間以内に結果を出していたとのことです。 また、ゲイツ氏は「先進国で積極的に新型コロナウイルス検査を実施し、可能な限り早期にパンデミックを終息させることは、大規模な検査や高度な医療体制の整備が困難な発展途上国で新型コロナウイルスがまん延するのを防ぐことにもつながります」と述べました。 ゲイツ氏がアメリカ国民や世界の国々の連帯を唱える一方で、ノア氏は「アメリカの各州でさえ新型コロナウイルス対策の努力には開きがあります」と指摘。 「 」とWHOが勧告する新型コロナウイルス対策に異を唱えるブラジルの 大統領や、「 」と豪語するベラルーシの 大統領のような政治的リーダーがいる中で新型コロナウイルス対策の取り組みを行っても、効果が薄いのではないかとの疑問を投げかけました。 これに対しゲイツ氏は「悲しいことですが、どんなに努力しても新型コロナウイルスがまん延する地域は出るでしょう。 そのため、完全なワクチン接種が実現するまでの数年間はそうした国からの入国を大幅に制限する必要があります」と述べて、一部の地域での感染拡大や、そうした国との出入国の制限は避けられないとの見通しを示しました。 一方、州境を閉鎖するわけにはいかないアメリカなどの国については「確かに、経済的な負担が大きいため抵抗する人もいますが、そうした人も巻き込んで取り組んでいく必要があります。 これは荒療治ではありますが、きちんと治しておけば治療が長引くこともありません」と述べて、改めて経済より新型コロナウイルス対策が優先されることを強調しました。 また、ノア氏は「あなたやメリンダさんが新型コロナウイルスとの戦いのために のは知っていますが、この問題は金銭では解決できません。 どうすればいいと思いますか?」とやや意地悪な問いを投げかけました。 しかし、ゲイツ氏が「資金があれば初期の取り組みを加速させることは可能です。 例えば、我々は既に、新型コロナウイルスへの効果が有望視されている しています。 そのうち効果があるのはせいぜい2つだと思いますが、たとえ数十億ドル 数千億円 が無駄になろうとも、少しでも早くワクチンが作れればそれだけの価値はあります」と話すとノア氏は感心した様子で「おお、すごい」と漏らしました。 最後に、「今回のパンデミックをほぼ完璧に予測していたあなたにお伺いしますが、他に何か警告したいことはありますか?」とノア氏が尋ねると、ゲイツ氏は少し笑いながら「今回は自然が引き起こしたものですが、バイオテロなど人為的な事態も考えられます。 とにかく、次のパンデミックに備えることです」と答えました。

次の

ビル・ゲイツ「新型コロナ予言」の背景を徹底解説! エボラ、SARS、疑惑のスピーチ…事実ベースに陰謀論を読み解く

ビルゲイツ 予言

ビルゲイツが推奨するコロナワクチンは危険と言われる理由 ビルゲイツ「自分の子供にはワクチン不要」発言! 1994年に設立された、が、熱心に力を入れているワクチン開発事業。 これだけワクチンの重要性を訴えているにも関わらず、 子宮頸がんワクチンやその他のワクチンについて、「自分の子供には接種の必要が無い」と言ったそう。 ビルゲイツ以外の白人富裕層は、ワクチン接種を子供にさせていないという話も。 1990年代にシアトルでビルゲイツの私立医師を務めた医師は、Microsoftの創設者でありワクチンの擁護者である彼らは、幼い頃「自分の子供にワクチン接種することを拒否した」と語っています。 人口が90億人に達する未来、 CO2削減の必要性を訴えるゲイツは、その対処法として生殖をコントロールための、ワクチンが有効であることを発言しています。 これは ワクチンを使用して、子供が産まれないようにすることも可能だと、言っているのと同じですよね。 しかしそれを、ワクチンで抑制させる権利が、ビルゲイツにあるのでしょうか。 ビルゲイツが積極的にワクチン接種を促したアフリカの地域では、副作用や不妊になったという話も。 その信憑性は疑わしいかもしれませんが、安全かどうか確かめるために、実験は必要不可欠。 彼の発言からしても、噂だと片付けられない部分が多いように感じます。 コロナワクチン開発に向けて、更に投資額を上乗せしたビルゲイツに、JFKの弟・ロバートの息子である、反ワクチン派のロバート・ケネディJrは、 ビル・ゲイツが推進するコロナワクチンは、製薬会社をもうけさせ、人口削減するためのプランだと猛烈に批判。 ロバート・ケネディJrが、ビル・ゲイツを徹底批判: ゲイツは、人口削減で地球を救うと、ワクチンに執着する。 ポリオ一掃を約束しインド政府の顧問につき、1,300億円を出資し、5歳以下の幼児にポリオワクチンを強制。 結果、2000~2017年に、496,000人の子どもがマヒになった — mko trappedsoldier ロバートFケネディJr. がビルゲイツのワクチン接種に関する慈善事業という名の数々の犯罪をレポートで公開 ゲイツ氏は 最近のメディア出演で、Covid-19の危機により、独裁的なワクチンプログラムをアメリカの子供たちに強制する機会が彼に与えられると確信しているようです — eugeneユージン QArmyJapanFlynn eugene04435220 過去にビルゲイツは、インドで発生していたのワクチンを、5歳未満の子供へ接種を義務化。 しかし、2000年から2017年の間に、496,000人がポリオを発症。 のちに、 世界保健機関(WHO)は、ポリオ流行爆発は、主にビルゲイツが推進したワクチンが原因であることを認めました。 ビルゲイツはWHOへ多額の出資をしているので、WHOは言いなりですね。 お早うございます。 昨日発行の「週刊金曜日」に子宮頸がんとWHO、ビルゲイツの事が掲載されいて、認識を新たにしました。 — Leon(書かずに死ねるか) kenbanranma ビルゲイツが投資する、安倍トモの富士フイルム開発の「アビガン」も危ない!? 安倍政権が新型コロナに効果ありとして推し進めているアビガンですが、その 開発元の富士フイルムも、ビルゲイツから多額の投資を受けています。 へー、富士フィルムってビルゲイツ財団から一杯お金貰ってたんだねぇ。 トランプはヒドロキシクロロキンを勧めてる。 昔からある薬、医者は知ってる。 けど言わない、なぜ? 安倍の儲け方、ビルゲイツを参照。 — Yasu usedchip しかも 富士フイルムは、安倍政権が得意とする利権繋がり。 いわゆる、安倍友ってやつですね。 どの薬にも副作用があるのは仕方ないのですが、 「不妊、奇形、精子減少」といった副作用が強いと言われているアビガンを、進めている理由はこれで明らかになりました。 利権と癒着のアビガン 製薬会社と厚労省は利権でつながっている。 安倍総理と、アビガンを開発した富士フイルムの古森 CEO)とはゴルフ友達であり、少しさかのぼれば2016年末に一緒にゴルフ。 その直後、厚労省が大量にアビガンを購入。 副作用が強く、一般に流通していないアビガンを政府が購入。 アビガンより格安で、その副作用もアビガンより低いとか。 コロナウィルス治療に効くと言われているヒドロキシクロロキン Hydroxychloroquine)を利用するか、という議論が続いている。 利用可能にしたいトランプと、賛成したくない、コロナ対策を率いる米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長。 しかしトランプ大統領はすでに、ヒドロキシクロロキンを発注したようです。 ファウチ博士と ビルゲイツ財団との パートナーシップ💰💰💰にて 「グローバルワクチン計画」の指導的役割を果たした。 — chris chris19741128 ビルゲイツの狙いは全人類に「デジタルID」を埋めること!? ビルゲイツがなぜこれほどまでに、ワクチンの接種を推進しているのか。 それは、 人口削減計画と同時に、ワクチンにナノチップを混入させ、全人類を完全管理することだというのです。 ビル・ゲイツ氏が、コロナ予防接種を受けて、デジタル証明書がないと経済活動ができないように計画を進めています。 こんなに小さなサイズなら、体内に入れるのはたやすいですね。 これより小さいのがあって注射器の針通るの これが一番ヤバイ 家畜化計画で管理社会が出来上がる — 🇯🇵 🇩🇪 Team Trump Supporter Japan🇺🇸 TTrumpSJapan 政府が進めている、スマートシティも、個人がデジタルで管理されるシステムになるようです。 ワクチン接種を、先読みして作っている計画だとしたら、今回のパンデミックも計画のうちなのでしょうか。 ワクチンの効果は立証されていなかった!専門家も反対する接種へのリスク インフルエンザワクチンなど、疾患予防のワクチン接種が勧められていますが、果たしてその効果はあるのでしょうか。 しかし、 海外ではワクチンのリスクは疑問視されており、専門家もその効果を立証するデータは無いとしています。 「ワクチンが子供に有害無益であるエビデンスは山ほどある。 これまで開発されたインフルワクチンの中で予防効果や緩和効果を示すエビデンスのあるものはない。 ワクチン製造業者は当然ワクチンが無意味なことを知っている。 自分の目で調べ、その真偽を確かめる努力をしていきたいものですね。 ビルゲイツが関与していた!? 日航機墜落事故の謎 莫大な資産で、世界中を支配しようとしているビルゲイツですが、調べているうちに、過去のどす黒い噂が見つかりました。 それは に、ビルゲイツも関わっているというのです。 1985年 8月11〜12日 日航機墜落TRONの技術者が存命なら 今のビルゲイツは無い 彼に人口削減なんてやらせない — nakan319 nakan319 Windowsより優れていた日本産OS「TRON」 坂村健教授(当時は東京大学助手)と松下電器産業(現:パナソニック)の主導で、開発が進められたTRON。 当時としてはかなり画期的なOSで、今のパソコンと同じように、マウスを使ってアイコンをクリックしソフトを起動するシステムでした。 1986年、旧通産省、旧文部省の関連団体CEC(財団法人コンピュータ教育開発センター)が、日本の学校教育用標準OSとして導入を検討し、多くのパソコン・メーカーが次々に参入。 日本国内では、小学校の教育用パソコンへTRONの導入が決まりかけていました。 「TRON」開発者17名が搭乗した日航機の墜落 そんな矢先、TORON開発者17名が搭乗した、日航機JAL123が墜落。 日本の経済力が急激に伸びた1980年代後半の時期で、アメリカとの貿易摩擦問題が発生していた背景と、アメリカの圧力により、メーカー100社近くがTRONから手を引いてしまい、学校での導入は排除。 同じ時期に開発されていた、アメリカのWindowsが主力OSとして君臨することになったのです。 1985の日航機撃墜が無ければビルゲイツより10年早くトロンが国際標準osになっていたんだが…中曽根に暗殺されてしまいました。 当事者でなければ、現時点では確認しようがありません。 しかし世界では、 膨大な利益が得られる利権が絡んだ事案に関して、その権利を得るために、どんな手段も辞さない人間や組織がいることは確かです。 映画やドラマで見ているようなことが、実際に起こっているのです。 テレビやマスコミのトップにいるのが、それらの組織であることを忘れないでくださいね。

次の