アホー ニュー ワールド 英語。 A Whole New Worldで英語学習[歌詞・和訳・カタカナ]

「ホール・ニュー・ワールド」の意味

アホー ニュー ワールド 英語

1992年に公開されたディズニーアニメ『アラジン』は、ディズニー・ルネサンスと呼ばれるディズニー黄金期に作られた名作であり、全世界で大ヒットを記録した。 その黄金期を支えたのは、同作の「ホール・ニュー・ワールド」をはじめとする数々の名曲たち。 それらを生み出した最重要人物こそが、作曲家アラン・メンケンだ。 現在公開中の実写版『アラジン』のプロモーションで来日した巨匠が、実写版の魅力、そして名曲「ホール・ニュー・ワールド」誕生秘話を語った。 27年の時を経て、ついに実写化された『アラジン』。 完成した映画を観たアランは「うれしいという言葉に尽きます」と感慨深げ。 「非常に満足しました。 新たなアプローチがあり、新曲もあって、新鮮で現代的なストーリーになっている」と実写版の出来に太鼓判を押す。 『アラジン』場面写真(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 主人公のアラジンとヒロインのジャスミンには、新星メナ・マスード、若手女優ナオミ・スコットという、フレッシュな2人が起用されたが、「2人の相性がとてもいいんです。 自然に惹(ひ)かれ合っている雰囲気がある」と絶賛。 アニメ版での故ロビン・ウィリアムズのイメージが強いランプの魔人ジーニーを演じるのは、ハリウッドスターのウィル・スミスだ。 「ウィルはジーニーを演じるに必要なすべてを持ち合わせていた。 だから今回、彼にこうしてほしいとか注文することなんて何ひとつなかったんだ。 本当だよ」と感心しきりの様子だった。 『アラジン』を語る上で欠かせないのが、ディズニーアニメの楽曲として唯一グラミー賞最優秀楽曲賞に輝いている名曲「ホール・ニュー・ワールド」の存在。 実写版でも大きな見せ場になっているこの名曲は、いかにして誕生したのだろうか。 『アラジン』場面写真(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 当時アランは、ともに楽曲制作を続けてきた盟友ハワード・アシュマンを亡くし、すでにミュージカル界では有名だった作詞家ティム・ライスと初タッグを組むことになる。 「ティムに初めて会うときにこの曲を作って持っていったんだ。 まだ『ホール・ニュー・ワールド』になる前だね。 それで歌詞で韻を踏みたい場所や、こんなトーンにしたいというのが分かるように、ダミーの歌詞を入れておいたんだよ。 そこからティムが自由に歌詞をつけていくという作業だった。 ティムはとても紳士的で、素晴らしいパートナーだった」と振り返る。 「あの曲は、ティムがそれまでに作詞したミュージカル『エビータ』のラテンな感じや、『ジーザス・クライスト・スーパースター』の曲を意識しながら作ったんだ。 そして空を自由に飛びまわるイメージも重要だった。 この世界ではなんだって可能なんだ、という意味を持たせたんだ。

次の

A Whole New Worldで英語学習[歌詞・和訳・カタカナ]

アホー ニュー ワールド 英語

ディズニー不朽の名作アニメーションを実写化した映画「アラジン」が大ヒットを記録しています! 「金曜ロードSHOW! 」(日本テレビ系)においてアニメーション版・アラジン(1992)も放映されましたし、感動冷めやらぬ状態で映画館へ足を運ぼうとしている方も多いのではないでしょうか? それにしてもアラジンがディズニー映画最高傑作とも称される背景には、劇中に流れる歌 「ホール・ニュー・ワールド」の貢献が相当あるものと推察します。 やはり最高の映画に最高の音楽は不可欠ですよね! とうことで今回の記事では「ホール・ニュー・ワールド」の概要に触れつつ、そもそもタイトルがどういった意味を持つのかに関しても解説したいと思います。 名曲中の名曲「ホール・ニュー・ワールド」 今も人々の心をとらえ続けるアニメーション版・アラジンの音楽は、アラン・メンケンと彼の盟友だった天才作詞家ハワード・アシュマン、そしてアシュマンの遺志を継いで制作に参加したミュージカル界の大御所ティム・ライスの3人によって製作されました。 その中でも絶大な人気を誇るのが、今回ピックアップしている「ホール・ニュー・ワールド」というわけですね。 同曲はアラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんに乗って大空を駆けめぐる、映画の象徴的なシーンで流れることも相まって「名曲中の名曲」としてしられています。 アカデミー主題歌賞のみならず、グラミー賞の主要部門である最優秀楽曲賞を受賞したのは、数あるディズニーソングの中でもこの1曲だけというのですから、楽曲自体の素晴らしさもうかがい知れるというものです。 アラジンを観ていなくても、この曲だけは耳にしたことがあるという方がほとんどでしょう。 スポンサーリンク? 「ホール・ニュー・ワールド」の意味は? ホール・ニュー・ワールドは英語にすれば 「A Whole New World」と表記します。 New Worldが新しい世界を意味することは多くの方が理解するところでしょうし、実際に邦題として「新しい世界」とのタイトルが用いられるケースも目立ちます。 もちろん大まかな意味はこちらで相違ないのですが、「Wholeはどこにいったのか?」という疑問は残りますね(笑) 端的にいうと、Wholeは「全体の・すべての・完全な・そっくりそのままの」等の意味を持つ英単語です。 もう少しニュアンスを重視すれば「少しも欠けることなく全部の」といった感じになるでしょう。 包括的な意味を含んでいるということですね。 よって「A Whole New World」をそのまま日本語に言い換えるなら、「すべてが新しい世界」となります。 そこにアラジンとジャスミンが世界中を見て回るシーンで流れるという映画的な背景を加えると、「見たこともないような世界」という意訳ができるかもしれませんね! またロマンチックな2人の様子を鑑みるに、日本語の歌などにもよく「あなたに出会って、世界が一変した」といった表現が使われますが、これに近いニュアンスなんだろうな…とも読み取れます。 いずれにせよメロディだけでなく、タイトル自体にも素敵な意味が込められているわけですね^^ スポンサーリンク?

次の

『アラジン』作曲家アラン・メンケンが明かす「ホール・ニュー・ワールド」誕生秘話 1ページ目 /2019年6月8日 1ページ目

アホー ニュー ワールド 英語

受賞歴 [ ] この楽曲は、1993年にのを受賞した。 メンケンにとって前年の同じディズニーのアニメーション映画『』の同名「」に続く連続受賞となった。 また、同年のも受賞しており映画音楽部門賞の二冠獲得となった。 1994年にはも受賞した。 シングル・リリースとヒットチャートランク [ ] ピーボ・ブライソンとレジーナ・ベルによるバージョンはアメリカでは、1992年11月5日にからシングルとして発売された。 このバージョンは、の1993年3月6日の週で、14週続いていたが主演した映画『』で彼女自身が歌った主題歌『』から1週間ながらも首位の座を奪い、ディズニー史上唯一の総合チャート首位獲得曲になった。 同じの部門では6週間首位を果たした。 では、1993年7月1日にからシングルとして発売され、洋楽シングルチャートでは1993年7月12日付から通算13週1位を獲得した。 映画公開から5年以上がたった1999年には、同じくコロムビア・レコードからリリースされたアルバム『 All Time Greatest Movie Songs』にも収録された。 映画オリジナル版と同じケインとサロンガによるバージョンはアメリカではシングルカットされなかったが、日本では1993年6月18日にからシングルとして発売された。 このバージョンは、調べで119,835枚を出荷し第8回のグランプリ・シングル賞(洋楽部門)を受賞した。 カバー [ ]• のカバー版が2004年にリリースされた『』に収録された。 2005年にリリースされたアルバム『』および映画『アラジン』の2枚組みプラチナエディションでとがカバーしたバージョンが収録された。 2005年、は自身のアルバム『Julie Andrews Selects Her Favorite Disney Songs』にこの楽曲のカバー版を収録。 2006年、のグラマーKatie Priceが夫のPeter Andreと チャリティー公演の一環としてカバー。 このバージョンは彼女の2006年のアルバム『』に収録されている。 同年にリリースされたのアルバム『』には、オリジナルシングルのピーボ・ブライソンと共演したバージョンが入っている。 また、ブライソンは1994年にので開かれたでと77人のコンテスト参加者とともにこの楽曲を歌唱している。 2003年の『』第2シーズン優勝者が、この楽曲を「Movie Night」で歌った。 このシーズンでオーディション参加者が本作を歌うことは珍しいことでなく、本作が歌われたオーディションの映像だけを抜き出してまとめたものが放送され、このことが強調された。 第3シーズンでの本作の利用は少なくなった。 余談だが、アメリカン・アイドル優勝経験者である も自身のライブで本作のカバーを行った。 2007年に韓国のボーイズ・グループが日本での2ndアルバム『』にスペシャル・トラックとして収録。 2年後の、韓国のAnyBand Concertにおいてメンバーのはとデュエットで披露した。 2009年に『』で2 Grandがこの楽曲を歌った。 『』に収録• と、ともそれぞれライブ会場でこの楽曲をデュエットした。 セブ島を中心に活躍するバンドJuLiN PiNiSは、パンクバージョンを披露した。 2017年にリリースされた『』に日本のダンスユニットがカバーしたバージョンが収録されている 各国語版 [ ] 他のディズニー映画の多くの歌曲と同様に、この曲の歌詞も英語から多くの言語に翻訳され映画の各国語による吹き替え版に採用された。 脚注 [ ]• London: Guinness World Records Limited. 137. 『ナンバーワン90s ORICON ヒッツ』の。 も参照。 、日本レコード協会。 日本語版アラジンオリジナルサウンドトラックブックレットより• 韓国語版アラジンオリジナルサウンドトラックブックレットより• Aladdin Turkish Original Soundtrack booklet Su??? 'の個所は読解不可能• シングル版での歌唱はAnna Tatangelo・Gigi D'Alessio• Aladdin Spanish Original Soundtrack bookletによるとシングル版での歌唱はEnrique del Pozo・Michelle• シングル版での歌唱はRicardo Montaner・Michelle 先代: 「」 ナンバーワンシングル 次代: スノウ 「」.

次の