セクゾ。 セクゾ冠番組視聴率悪い?SnowMan新番組で存在感消滅の危機!?

セクゾ・中島健人だけじゃない、「クソバイス」で炎上した芸能人4選! 「薄っぺらくて見損なった」「下品すぎて吐き気がする」

セクゾ

SexyZone(セクゾ)で噂される不仲説 中島健人と菊池風磨がケンカ? 「ふまけん」の愛称で親しまれている、中島健人さんと菊池風磨さん! Jr. 時代からシンメとして活躍してきた2人。 今はとっても仲良しですが、数年前までは不仲だったようです! その中でも有名なケンカは、2014年夏、スペシャルサポーターを務めていた「女子バレーワールドグランプリ」で副音声で実況を行った際に、 菊池風磨さんが不適切な発言をしたことにより、中島健人さんを怒らせてしまいました。 その後、中島健人さんはジャニーズwebのブログで、菊池風磨さんに向けたであろう批判の記事が更新されました。 そしてその数日後、今度は菊池風磨さんが中島健人さんに向けたであろう批判の記事が。 2人は公の場でケンカを…。 これにはファンもビックリ! LINEでしたら?と思うファンも。 このようにいくつかのケンカを乗り越えて、今では仲良しに! ケンカするほど仲が良いっていいますしね! マリウス葉が孤立している? SexyZone最年少のマリウス葉さん。 実はマリウス葉さんだけグループ内で孤立しているのではないかと、心配している声が見受けられます。 最年少ということもあり、メンバーからいじられることが多いマリウス葉さん。 マリウス葉さんに対するイジリを見たファンが、「 マリウス葉さんだけに当たりが強い」、「 時々嫌がっているように見える」、「 かわいそう」、「 4対1になってる」などと心配しているようです。 イジリもメンバー愛のうちですが、イジリに対する返し方など、もっと学んでいったら、また違うかもしれないですね! まだ若いから難しいでしょうが、経験を積んで、マリウス葉さんの面白い返しが見てみたいです! でも孤立しているということはなく、年上のお兄ちゃんからも可愛がられているようで、菊池風磨さんはマリウス葉さんのことを、一緒にいても気が楽でとても仲が良いと言ってたそうです! ハーフという武器を生かし、海外ドラマに出演したり、グローバルに活躍しており、メンバーも誇らしいのではないでしょうか? メンバー内でいじめがあった? メンバー同士のケンカや、やりすぎではないか?と思うイジリがあったりしますが、過去にメンバー内でいじめは無かったと思います。 男の子5人も集まっていたら、そりゃケンカはするでしょう。 メンバー同士、遊びに行ったりと仲良しエピソードも雑誌などで公表していますし、学校でいじめにあっていたメンバーもいますから、グループ内いじめはしないでしょう。 松島聡さんとマリウス葉さんは、デビュー当時から格差があったり、再編成によりSexyZoneとして活動していない時期があり、「いじめでは?」と思うファンが多くいたようですが、これは事務所の方針であり、メンバーがどうこうしたという問題ではないですもんね。 結成7周年を迎えたSexyZone! これからもたくさんの仲良しエピソード聞きたいですね! まとめ 今回は、SexyZoneの不仲説についてまとめてみました! やはりグループである限りケンカは付き物! 仲が良い証拠ですよね?! 現在は仲が良いSexyZone! これからの活躍も期待したいです! ご覧いただきありがとうございました! 【あわせて読みたい!】.

次の

セクゾ・中島健人だけじゃない、「クソバイス」で炎上した芸能人4選! 「薄っぺらくて見損なった」「下品すぎて吐き気がする」

セクゾ

SexyZone(セクゾ)で噂される不仲説 中島健人と菊池風磨がケンカ? 「ふまけん」の愛称で親しまれている、中島健人さんと菊池風磨さん! Jr. 時代からシンメとして活躍してきた2人。 今はとっても仲良しですが、数年前までは不仲だったようです! その中でも有名なケンカは、2014年夏、スペシャルサポーターを務めていた「女子バレーワールドグランプリ」で副音声で実況を行った際に、 菊池風磨さんが不適切な発言をしたことにより、中島健人さんを怒らせてしまいました。 その後、中島健人さんはジャニーズwebのブログで、菊池風磨さんに向けたであろう批判の記事が更新されました。 そしてその数日後、今度は菊池風磨さんが中島健人さんに向けたであろう批判の記事が。 2人は公の場でケンカを…。 これにはファンもビックリ! LINEでしたら?と思うファンも。 このようにいくつかのケンカを乗り越えて、今では仲良しに! ケンカするほど仲が良いっていいますしね! マリウス葉が孤立している? SexyZone最年少のマリウス葉さん。 実はマリウス葉さんだけグループ内で孤立しているのではないかと、心配している声が見受けられます。 最年少ということもあり、メンバーからいじられることが多いマリウス葉さん。 マリウス葉さんに対するイジリを見たファンが、「 マリウス葉さんだけに当たりが強い」、「 時々嫌がっているように見える」、「 かわいそう」、「 4対1になってる」などと心配しているようです。 イジリもメンバー愛のうちですが、イジリに対する返し方など、もっと学んでいったら、また違うかもしれないですね! まだ若いから難しいでしょうが、経験を積んで、マリウス葉さんの面白い返しが見てみたいです! でも孤立しているということはなく、年上のお兄ちゃんからも可愛がられているようで、菊池風磨さんはマリウス葉さんのことを、一緒にいても気が楽でとても仲が良いと言ってたそうです! ハーフという武器を生かし、海外ドラマに出演したり、グローバルに活躍しており、メンバーも誇らしいのではないでしょうか? メンバー内でいじめがあった? メンバー同士のケンカや、やりすぎではないか?と思うイジリがあったりしますが、過去にメンバー内でいじめは無かったと思います。 男の子5人も集まっていたら、そりゃケンカはするでしょう。 メンバー同士、遊びに行ったりと仲良しエピソードも雑誌などで公表していますし、学校でいじめにあっていたメンバーもいますから、グループ内いじめはしないでしょう。 松島聡さんとマリウス葉さんは、デビュー当時から格差があったり、再編成によりSexyZoneとして活動していない時期があり、「いじめでは?」と思うファンが多くいたようですが、これは事務所の方針であり、メンバーがどうこうしたという問題ではないですもんね。 結成7周年を迎えたSexyZone! これからもたくさんの仲良しエピソード聞きたいですね! まとめ 今回は、SexyZoneの不仲説についてまとめてみました! やはりグループである限りケンカは付き物! 仲が良い証拠ですよね?! 現在は仲が良いSexyZone! これからの活躍も期待したいです! ご覧いただきありがとうございました! 【あわせて読みたい!】.

次の

私はSexyZoneのいじめにしか見えないいじりがツラくて担降りした...

セクゾ

今回、ジャニーズ事務所から「紅白」に出場するのは計5組。 「『Sexy Zone』の初出場は2013年で、これは『嵐』初出場と引き換えに2009年から12年までバーター出場していた『NYC』の後継枠。 『NYC』には故・ジャニー喜多川社長が当時、寵愛していた中山優馬が所属していたのですが、グループが13年夏に自然消滅したため、同年の紅白からはジャニー社長の新たな秘蔵っ子・佐藤勝利属するセクゾが抜擢されたのです。 しかし、当時のセクゾには、お世辞にも紅白に出られるほどの知名度がなく、その後も一向に人気、知名度ともに上昇せず。 国民はもちろん、ジャニーズファンからも『何でセクゾが出られるの?』『人気のあるグループは他にもある』と疑問視され、出場を喜んでいるのはセクゾのファンだけというありさまでした」(ジャニーズライター) こう聞くと、ジャニー氏の逝去に伴い、秘蔵っ子をねじ込む〝ジャニー枠〟が消滅したことが影響したと考えられる今回の〝セクゾ紅白落選劇〟。 しかし、これは落選要因の小さな部分にすぎず、真の理由は、いつまでたってもブレークしない『Sexy Zone』を事務所が見限った点にあるようだ。 もはや上がり目のない〝不人気〟グループに… 「セクゾは6年間も紅白に出ておきながら、全く人気が拡大していない危機的状況です。 デビュー9年目に差し掛かりながらこれといった代表曲がない上、CD売り上げはいまだに10万台。 先月発売の最新シングルは両A面にもかかわらず、デビュー時期が3年も後で知名度的にも劣る『ジャニーズWEST』に負けています。 ここ数年は主に日テレと組んでドラマやゴールデンのバラエティー、『24時間テレビ』のMCに起用する売り出しをしていましたが、不甲斐ないことに、そこまでしても後輩の『King&Prince』に知名度、影響力、セールス、すべての面でデビュー直後に即、抜かされてしまいました。 1万人規模のアリーナ公演がやっとで、いまだにドームコンサートを行えていませんし、もうどうにもならない閉塞感が浮き彫りになっています。 今回、紅白に落選したのも、こうした不人気ぶりについに耐えかねた事務所が、セクゾを国民的グループにするという育成計画を諦め、NHKにねじ込まない決断をしたためですよ。 これからは一般ウケを捨て、コアなファン向けに活動を続ける細々とした上がり目のないグループになっていくでしょう」(大手レコード会社関係者) これについては、ジャニーズの内情に詳しい有識者も、同様の見解を示している。 「ハッキリ言ってセクゾは『不甲斐ない』の一言に尽きます。 〝次世代エース〟として大事に育てられてきたのに、この状況は相当にヤバいですよ。 対して今回、初出場を決めたキスマイは、退社した元『SMAP』マネジャーが担当していたことから、同氏の退社後〝みそぎ〟としてプチ干され状態に陥っていた期間もあるグループ。 そんな冷や飯を食らっていたグループに取って代わられてしまったのですから、セクゾの不甲斐なさはかなり際立っていると言っていいでしょう。 キスマイがプチ干されだった時期とセクゾがプッシュされていた時期も、ほぼかぶっていますし、キスマイが一旦干されながらも再び這い上がった間、セクゾは一体何をしていたのかという話です」(芸能記者) 現状の「Sexy Zone」は、中島健人がバラエティーを中心に孤軍奮闘し、1人だけ知名度をアップさせ支えている状態。 しかし、そのうち中島のメディア露出も減っていき、本格的な〝売れないグループ〟になってしまうかもしれない。

次の