キャン ユー セレブ レイト 意味。 英語がおかしい日本の歌

can you celebrateの歌詞の意味が怖い!和訳の間違い?

キャン ユー セレブ レイト 意味

コメントありがとうございます。 おそらく小室さんは自動詞とかそういうことは 考えてなかったと思います(笑)。 文法的におかしいというのは以前に他の方から 教えてもらいました。 それで辞書を 引いてみると確かに自動詞ありますね。 ただし意味は「式典を挙げる」「お祭り騒ぎを する」とあり、歌の意図通りの意味は ないみたいです。 それで無理やり訳すと 「あなたはどんちゃん騒ぎしますか?」に なるんでしょう。 これは、ピーター・バラカン氏 が新聞で記載していたそうです。 タイトルの意味あいとしては、歌詞全部を 考慮すると「(今夜、いっしょになることを) 祝ってよ」ってところだと 思いますが、文法上は正しくてもネイティブは、 そういう言い方を絶対しないのは間違いなく、 意味不明な文章のようです。 これは、 なんかの雑誌の、日本語が上手な外人さんの 日本の歌の英語のここがへんだよみたいな 記事があって、そういう風に述べていました。 あんまり書くと議論していると見なされて 削除隊の方に削除されますので、このへんで…。 #あたらしい情報が来ないかな~(笑)。 A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...

次の

「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の意味を考える

キャン ユー セレブ レイト 意味

コメントありがとうございます。 おそらく小室さんは自動詞とかそういうことは 考えてなかったと思います(笑)。 文法的におかしいというのは以前に他の方から 教えてもらいました。 それで辞書を 引いてみると確かに自動詞ありますね。 ただし意味は「式典を挙げる」「お祭り騒ぎを する」とあり、歌の意図通りの意味は ないみたいです。 それで無理やり訳すと 「あなたはどんちゃん騒ぎしますか?」に なるんでしょう。 これは、ピーター・バラカン氏 が新聞で記載していたそうです。 タイトルの意味あいとしては、歌詞全部を 考慮すると「(今夜、いっしょになることを) 祝ってよ」ってところだと 思いますが、文法上は正しくてもネイティブは、 そういう言い方を絶対しないのは間違いなく、 意味不明な文章のようです。 これは、 なんかの雑誌の、日本語が上手な外人さんの 日本の歌の英語のここがへんだよみたいな 記事があって、そういう風に述べていました。 あんまり書くと議論していると見なされて 削除隊の方に削除されますので、このへんで…。 #あたらしい情報が来ないかな~(笑)。 A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...

次の

can you celebrateの歌詞の意味が怖い!和訳の間違い?

キャン ユー セレブ レイト 意味

説明の必要もないと思いますが1997年のリリースで、安室奈美恵さんの代表曲としても知られています。 結婚式でも広く歌われている定番のウエディングソングです。 作詞のTKこと小室哲哉さんは日ごろから「歌詞の英語は適当」と公言していたので、そもそも英語の歌詞がフィーリングで作られているような前提はあります。 英語としての正しさよりも音の響きを重視した作詞は小室哲哉さんの曲全般に見られ、たぶんその傾向はTM NETWORKのデビュー曲の『』ぐらいまでさかのぼれると思います。 試しにイギリス人のダンにいきなり「Can you celebrate?」と質問してみました。 すると「何を?」と言われました。 まず大きな問題としては、よほどの前後の文脈がないと「Can you celebrate?」単独では「何を祝うの?」という部分がよくわからない点があります。 したがってこの曲の歌詞を補足するならば「Can you celebrate me? 」ぐらいを入れてもいいかもしれません。 日本語部分の歌詞は恋人同士の関係を歌っており、結婚式で広く使われているので、なんとなく「ウエディング」をイメージしますが、そういった周辺の情報がない状態で「Can you celebrate?」と言われても、何を祝えばいいのかわからない状況が生まれます。 例文 She celebrated her new job with a bottle of wine. 彼女は新しい仕事をワインで祝った。 一般的にこのタイトルについて英語の点で指摘されるのは「Can you celebrate?はネイティブにとってはバカ騒ぎできますか? みたいな意味になる」といった話です。 その点については何も情報なしで「CAN YOU CELEBRATE?」のタイトルのみを聞いたら、スティーブもダンもパーティーソング的なものをイメージするといっていました。 以下はクール・アンド・ザ・ギャングのヒット曲で題名は名詞の『Celebration』です。 「Can you celebrate?」のタイトルからはこういった曲が思い浮かんだそうです。 歌詞には「Celebrate! 」のようにみんなに呼びかける「祝え!」みたいな形が登場します。 例文 Can you lend me your car? あなたの車を貸してもらえますか? 本来「お祝いする、祝う(celebrate)」といった行為は自然な感情から湧き上がってくるはずのものであって、できて当たり前のことです。 それなのに「can」を使ってできるできないを問うのは、ちょっと変だという意見です。 例えるならば「悲しんでもらうことはできますか?」と似たような違和感のある表現です。 できるできないを質問する前に自然と湧き上がって行動・感情に出ているはずのものが「celebrate」です。 Can you come and celebrate with us? 結婚式があるんだ。 来て一緒に祝ってもらえますか? 上の場合は「come」に主にかかっている感じですが「スケジュールを調整して来て祝ってくれることは可能ですか?」の意味であり、こういった状況なら可能かどうかを問う「Can you celebrate?」の組み合わせもあるかもしれません。 結局のところやっぱり自然発生する感情であって、他人に対してできるできないをCan youでストレートに問うことと非常に相性が悪い組み合わせです。 それを言う相手が彼氏・彼女・結婚相手ならばなおさら、わざわざ可能かどうか聞く必要がない、聞くまでもないといった感じです。 野球やバスケの大会で優勝したけれど、なぜかみんなが祝っていない状況があったとします。 例文 We won! Can you celebrate? 俺たち勝ったよ! 祝うのはできる? 「Can you」で聞くとすごく率直にできるできないを問う雰囲気が出てきます。 怒っている感じもして、暗に「祝え」と迫っている感じも出ます。 Can youはスケジュール調整や難しい技術のような本当に可能かどうかわからないことに使うのは自然で特に問題ありません。 しかし「祝う・泣く・笑う」のような人間ならできて当然の動作に「Can you」を使ってわざわざ可能かどうかを質問すると、皮肉や暗に迫っていたり、そこに裏の意味を感じてしまいがちです。 Can you celebrateを正しくはどういう? 結局のところ英語として見た場合に「Can you celebrate?」が英文として間違いなわけではありません。 ただし、小室哲哉さんが描いた状況や言いたかったことと合っていたかは不明です。 そもそも何をどう言いたかったのか? がはっきりしないと、正しい英語が作れません。 また「祝ってくれますか?」と質問する状況があまり想像できない問題はすでに指摘したとおりです。 何かおめでたいことを報告した時点で、「Can you celebrate?」と質問する前に、祝われているのが一般的です。 相手が当事者である結婚相手やフィアンセなら、お互いを祝うのは当然であって質問するのがおかしいです。 この曲の歌詞が彼氏・彼女にわざわざ「祝ってくれますか?」と質問しないといけない状況を生み出しているならば、その状況がわからないと正しいニュアンスを持った英語が作れないです。 ただ歌詞は詩なので、そういう解釈が曖昧なものなのかなと思ったりもします。 記事カテゴリー• 1,372• 131• 113•

次の