ご活用いただければ幸いです 英語。 I would appreciate if you could V.お願い編「〜していただければ幸いです」

ご教授いただければ幸いです・ご教授くださいの意味/使い方/英語

ご活用いただければ幸いです 英語

"check"と"confirm"の違い ビジネスシーンでは確認を意味する言葉として"check"、"confirm"がよく使われています。 "Could you check the document? " "Could you confirm the document? " 上の2つの文章はどちらも「資料を確認していただけますか?」という意味です。 状況に合わせて使い分けるようにしましょう。 "check"と"confirm"の違いは、「重要度のレベル」と「どこまでお願いされているか」がポイントです。 一度、目を通して問題がないかを確認してほしいときは"Could you check the document? "、内容について詳細に確認して承認してほしい、最終確認をしてほしいという場合は"Could you confirm the document? "を使うイメージです。 "confirm"は"check"よりも、内容について注意深く確認するといった意味があるということをふまえて、それぞれの単語の意味や使い方についてみていきましょう。 "check"と"confirm"の使い方について 軽めのお願いの"check" "check"には「正しいかどうかを調べる」の意味の他に「照合する」「点検する」などの意味があり、 「見て確認する」と軽めの確認に使うことができます。 例えば"Can we meet this Wednesday? "「今週の水曜日にお会いできますか?」と聞かれたときに"Let me check my schedule. "「スケジュールを確認してみます」と答えたり、会社の同僚などに"Please check my calculations. "「私の計算を確認してくれる?」と確認依頼をするときに使うことができます。 日本語でも「チェックして」と頼むことがあるので、意味は分かりやすいと思います。 お墨付きをもらいたいときは"confirm" "confirm"は、"reservation"「予約」や"appointment"「アポイント」などが正しく、確実であるかどうかを確認するときや、 ビジネスでの合意内容や解釈などについて間違いないかどうか念を押して確認するときに用いられる表現です。 We need to confirm the agreement in writing. 合意内容について書面での確認が必要です。 Allow me to confirm my understanding as follows. 私の理解が合っているかどうかを下記の通り確認させてください。 また、確認の重要度が高い"confirm"と「~したい」の丁寧な表現の"I would like to ~"を組み合わせて下記のようにスケジュールや予定の確認に使うことができます。 I'd like to confirm my reservation for conference room A. 会議室Aの予約について確認したいのですが。 I'd like to confirm the departure date. 出発日を確認したいのですが。 上記のように "confirm"は「確かめる」「間違いのないことを裏付ける」という意味があり、間違いがないかを明らかにするニュアンスがあります。 "check"よりも重要度が高いイメージで「(最終)確認する」「(取引などを)確定する」といった意味で使われることもあります。 メールで「ご確認ください」という場合 "Could you ~"の表現で丁寧に 日本語で目上の人や取引先に送るメールは「ご確認のほどよろしくお願いします」といった一文を添えます。 他に「お目通しください」「ご一読ください」「ご査収ください」といった表現もあります。 ビジネスメールで丁寧な表現をしたいとき"Could you ~"を使います。 目上の人や社外の人には Could you confirm that you will be attending the meeting this Wednesday? 今週の水曜日の会議に出席いただくことで間違いございませんか? Could you check the following? 以下のことについてご確認いただけませんか? "please"を使うとより丁寧な表現になりますが、"please"の位置に気を付けましょう。 "Could you check this, please? "と最後に付けると「ご確認いただけますでしょうか?よろしくお願いします」といったニュアンスで伝えることができます。 "Could you please confirm this? "は「ご確認いただけないでしょうか?」といった意味で、"Could you please ~"は「~していただけませんか?」と催促を含むニュアンスがあります。 添付ファイルの確認をお願いするときの表現は メールでは添付している資料の確認をお願いすることが多いので、下記のような表現を覚えておくと便利です。 For more information, please check the attached file. より詳しい情報については添付ファイルをご確認ください。 また、ファイルが添付されていることを伝えたい場合は"check"の他 "see"や"find"を使うこともできます。 Please see [find] the attached file. 添付ファイルをご確認ください。 内容をよく読んで最終確認をお願いするときは Could you confirm the attached file? 添付ファイルの内容をご確認いただけますでしょうか? また、確認を促すメールには、「不明点などについてお問い合わせください」「ファイルを見ることができない場合はお知らせください」という文章を添えておくのもオススメです。 If you have any questions, please let us know. もしご不明な点がございましたらお知らせください。 If you have trouble opening the attached file, please let me know. 添付ファイルを開くのに問題がある場合はお知らせください。 適切な言葉選びでビジネスをスムーズに 「ご確認ください」は会議やメールでよく使うフレーズで、ビジネスシーンには欠かせない表現のひとつです。 英語で「確認する」を表す言葉はいくつかありますが、ビジネスシーンでは"check"と"confirm"を覚えておくと、確認内容の重要度に合わせて使い分けることができます。 「見て確認する」と軽めの確認は"check"、「(最終)確認する」「(取引などを)確定する」など、お墨付きをもらいたいときは"confirm"といったイメージです。 今回ご紹介した内容をぜひ参考にして、ビジネスメールで活用してください。 この記事をシェアする•

次の

英語英文ビジネスメール書き方3:ご活用(お役立て)いただけますと幸いです。ーhope (that)~useful

ご活用いただければ幸いです 英語

「英語には日本語のような敬語はない」と思っている人は多いかもしれません。 けれども、英語にも敬語は存在します。 とくにビジネスの現場では、敬語を使わないと相手を怒らせたり不快な気分にさせたりすることも……。 上司、顧客、取引相手などに対して丁寧な対応が必要なのはどの言語を使っていても同じですよね。 というわけで今回は、ビジネスの現場で使う敬語の英語表現をクイズ形式で紹介します。 「どのようなご用件でしょうか?」 会社に顧客や取引先から電話がかかってきました。 「どのようなご用件でしょうか?」と尋ねるときに適切なフレーズはAとBのどちらでしょうか? A. May I help you? How may I help you? AのMay I help you? は、お店の店員などが「何かお手伝いしましょうか?」や「何かお探しですか?」と尋ねるときの定番表現です。 質問をした時点では、相手が手伝いを必要としているかどうかはわかっていません。 BのHow may I help you? は、「どのようなご用件でしょうか?」と尋ねるときの定番表現です。 会社で外部からの電話を受けたとき、カスタマーサービスでの顧客対応のときなど、相手が自分(または会社の誰か)に用事があることがわかっているときに使います。 ですから、クイズの正解はBです。 「しばらくお待ちください」 ビジネスで頻繁に使われる「しばらくお待ちください」というフレーズ。 相手を不快にさせないように丁寧に伝えたいですよね。 そこでクイズです!下のA、B、Cの例文は、どれも「しばらくお待ちください」というときに使えます。 丁寧な順に並べましょう。 Please wait for a while. Could you please wait for a while? Can you wait for a while? 英語圏の子どもたちは、Pleaseは頼みごとをするときのMagic Word(魔法の言葉)だと習います。 けれども、ビジネスの現場では、何か依頼するときにPleaseと言っただけでは、失礼になることも。 とくに顧客や目上の人を待たせたいときは、Aの例文のような表現は避けましょう。 英語で依頼をするときの定番表現「Can you ~?(~してもらえますか?)」の敬語表現が「Could you~?(~していただけますか?)」です。 「しばらくお待ちください」を丁寧に言いたいときはBのCould you please wait for a while? を使います。 「大変お待たせいたしました」 相手を待たせたときに使う「お待たせいたしました」は、どれくらい相手を待たせたかによって表現が変わります。 では、そこまで長い時間を待ってもらっていない時に適したフレーズはAとBのどちらでしょうか? A. Thank you so much for waiting. (お待ちいただき大変ありがとうございます。 ) B. Sorry to keep you waiting so long. (長らくお待ちいただき申し訳ございませんでした。 ) 日本人はすぐにSorryと言ってしまいがちです。 けれども、待たせた時間が少しの場合は「Thank you ~」で感謝の気持ちを伝えましょう。 ですから、クイズの正解はAです。 「~していただけると幸いです」 「~していただけると幸いです」というのは、とても日本語的な表現なので、英語で言いたいときに悩む人は多いかもしれません。 そこで問題です。 (来週の月曜日にお越しいただければ幸いです。 ) 「happy=幸せ」と習うので「幸いです」と表現したいときにも、It would be happy if you could ~と言いたくなるかもしれません。 けれども英語では、It would be great if you could ~が自然です。 ただ、このフレーズは、とても丁寧であると同時にかなり控えめな表現でもあります。 ですから、相手に本当に何かをしてもらいたいときには、下の例文のようなフレーズを使うことをお勧めします。 Could Would you come to see me next Monday? (来週の月曜日にお越しいただけますか?) Could you ~?とWould you~?は、英語で依頼をするときの定番の敬語表現です。 英語の敬語をマスターすると仕事が円滑に進む!? たとえ悪気がなかったとしても、失礼な言葉遣いのせいでビジネスが上手くいかなくなることも……。 ビジネスで英語を使うときも、日本語で会話しているときと同じように、相手に対する気づかいを言葉で伝えることが重要です。 では、ビジネスのさまざまな場面で使える「承知しました」を紹介しています。 今回の表現と合わせてマスターしましょう! Please SHARE this article.

次の

「いただければ幸いです」に関連した英語例文の一覧と使い方

ご活用いただければ幸いです 英語

資料の原本内容 この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 Gather ye rosebuds while ye may Old Time is still a-flying, And this same flower that smiles today Tomorrow will be dying. (いまのまに、ばらの蕾をおつみなさい。 老人の「時」は休みなく飛びつづけ、今日美し く咲く花も、明日にはしぼんでしまいます。 ) これは 17 世紀の英国人、Robert Herrickの『乙女らへ、時を大切にせよ』の恋愛詩である。 若いうちに恋人を見つけるようにという、乙女たちの忠告を表した詩である。 この詩の鑑 賞については象徴についての知識を必要とする。 花は快楽の象徴であり、「いまのまに、ば らの蕾をおつみなさい」というのは文字通りの意味と共に、「できるうちに恋を楽しめ」と いう解釈もしなければならない。 しかし、たとえそのような知識を必要とするとしても、 分かりにくい象徴でもないので、一度知ってしまえばこの詩を味わううえには、他になん の教養上の障害もなく、そこに扱われている経験は世界中に通用する。 不幸な恋人はいつ までも苦しむであろ..

次の