バンダイ プレミアム。 ガシャポンワールド

オンラインショップ

バンダイ プレミアム

代引き手数料324円(税込み)がかかる• 離島、一部地域で利用できない 代金引換では代引き手数料というものが発生します。 プレミアムバンダイで買い物をした場合、代引き手数料は324円(税込み)が支払金額に上乗せされます。 商品以外のお金を払いたくないって方には、デメリットでしかありませんね。 また運送会社の都合により、代金引換が利用できない地域があります。 もしあなたが該当地域にいる場合、代金引換ができないため注意が必要です。 クレジットカード決済 個人的に一番おススメの決済方法です。 ネット上だけで商品購入までの流れを済ませたい人におススメです。 基本的に私もプレミアムバンダイでの買い物をクレジットカードで済ませています。 クレジットカードをまだ持っていないって方には、プレミアムバンダイと相性の良いプレミアムバンダイVISAカードがおススメです。 下の記事でプレミアムバンダイVISAカードについて紹介しています。 そんなクレジットカード決済のメリットは以下の3つ。 決済までの流れが早い• ポイントが貯まる• 分割で支払うことができる プレミアムバンダイのアカウントに1度クレジットカードを登録してしまえば、すぐに決済を完了させることができます。 時間を無駄にしたくない人はクレジットカードでの決済がおススメです。 またクレジットカードを使用すると、カード会社が発行するポイントを貯めることができます。 カード会社によってポイントの使い方はそれぞれですが、基本的には普段の買い物にポイントを使って商品を安く買えたりします。 お得に節約したい人にもおススメですね。 そして、 クレジットカード決済最大のメリットは「分割払いができる」ことです。 プレミアムバンダイで扱っている商品の中には、5万円以上する高額な商品もあります。 この決済を分割で払えるのはかなり助かりますね。 私も調子に乗って注文しすぎた時、分割払いにして乗り切ったことがあります。 分割手数料が少しもったいないですが、高額な商品でも無理なく買えるのはクレジットカード決済だけの特権ですね。 逆にクレジットカード決済のデメリットは以下の2つ。 クレジットカードを作らなくてはいけない• 注文商品のキャンセルができない クレジットカードを持っていない人にとっては、作る手間がかかるのはデメリットかと思います。 ですが、作るクレジットカードによっては免許証のコピーや印鑑証明などの面倒な書類が無くても作れるので、興味があるなら作ることをおススメします。 またクレジットカード決済にしてしまうと、決済が完了してしまった時点で購入をキャンセルすることができません。 私も1度だけ無駄な買い物をしてしまったことがあります。 購入の前は間違いがないか、しっかり確認しなくてはいけませんね。 おススメのクレジットカード 世の中には多くのクレジットカードが存在します。 その中でもプレミアムバンダイでの買い物に特化したクレジットカードがあります。 その名も 「プレミアムバンダイVISAカード」です。 VISAカードということで、三井住友カードと提携を結んでいるクレジットカードになります。 このプレミアムポイントは、プレミアムバンダイ内での買い物に使用することができて、1ポイント1円の値引きが可能です。 プレミアムバンダイでよく買い物をする人なら絶対に持っておくべきクレジットカードだと思います。 ちなみに私はすべての支払いをプレミアムバンダイVISAカードでしているため、毎月結構なプレミアムポイントが貯まります。 貯まったプレミアムポイントを使えば0円で欲しいグッズが買えるので、かなり便利ですよ。 下の記事でプレミアムバンダイVISAカードについて詳しく紹介しています。 WEBコンビニ(前払い) 家や会社の近くにあるコンビニでも、プレミアムバンダイの支払いが可能。 コンビニをよく利用する人におススメの決済方法です。 WEBコンビニ(前払い)ができるコンビニは以下の4店舗。 ローソン、ミニストップ• ファミリーマート• サークルKサンクス• デイリーヤマザキ セブンイレブンで利用できないのは少し残念ではありますが、ほとんどのコンビニで利用できますね。 そんなWEBコンビニ(前払い)のメリットは以下の2つ。 決済手数料324円(税込み)がかかる• 払い忘れによる自動キャンセル 代金引換でもあった決済手数料がWEBコンビニ(前払い)でも発生します。 なので決済手数料の324円(税込み)が支払金額に上乗せ。 また、さきほどはメリットとして紹介しましたが、この機能はデメリットにもなりえます。 代金引換と違って、払い忘れが起こる可能性が出てきます。 注文日を含む4日以内に支払いするのを忘れて、「欲しかった商品が手に入らなかった!」なんてことにならないように気を付けましょう。 【番外編】プレミアムポイントでの支払い 支払い方法の番外編として「プレミアムポイント」を紹介します。 プレミアムポイントとはプレミアムバンダイ限定で使えるポイントです。 獲得したポイントは1ポイント=1円として利用することができます。 ただしTポイントのように色々なコンテンツとの互換性はなく、プレミアムバンダイ内だけでの利用になります。 このプレミアムポイントを貯める方法は主に2つ。 プレミアムバンダイVISAカードで貯める• またプレバンポイントバンクというポイントサイトを経由して、プレミアムバンダイ商品を購入すると支払金額に応じたポイントを貯めることができます。 プレバンポイントサイトは、Yahoo! ショッピングやビックカメラなど200を超えるサービスと提携していて、そこからでもプレミアムポイントを貯めることも可能です。 さらに1日1回限定で毎月80,101人にプレミアムポイントが当たるスロットゲームに参加できます。 最高ポイント数はなんと10,000ポイント!!! 毎月1人だけの当選なので確率的には少し厳しいかもしれないですが、毎日無料で参加できるのでスロットを回す価値はあると思います。 私は現在プレミアムバンダイVISAカードをメインのクレジットカードにしているため、毎月数千ポイント貯まっている状態です。 なので3,000円くらいの商品だったら全部プレミアムポイントで支払いを済ませてます。 いつかCSM(コンセレ)をプレミアムポイントだけで購入できる日を目指してポイントを増やしていこうと思います。

次の

プレミアムバンダイ

バンダイ プレミアム

,Ltd. All Right Reserved. All Rights Reserved. All rights reserved. ,LTD. ,LTD. ,LTD. All Rights Reserved. , LTD. , LTD. miffy. Entertainment Inc. and Legendary. ,LTD. , Ltd. , Ltd. All Rights Reserved. ,LTD. ,LTD. ltd All Rights Reserved. All Rights Reserved. ,LTD. www. piapro. Milne and E. Shepard.

次の

プレミアムバンダイ 支払方法ごとのメリット、デメリット

バンダイ プレミアム

, Ltd. )は、の、、(アパレル)、生活用品等を手がけるメーカー。 「」や「」をしている。 コーポレート・メッセージは「 夢・クリエイション」。 概要 [ ] 企業系列 [ ] かつてはのメンバーであり三和系企業で設立されたのメンバーだったが 、との経営統合後にみどり会を退会した。 日本国外での展開 [ ] バンダイグループは、日本国外において、現地の人気キャラクターを盛んに玩具化し、「」や「」、「」などの玩具が現地の子会社を通じて発売されている。 1990年代にスーパー戦隊シリーズを日本国外向けにした作品である「」の玩具をアメリカを始めとする日本国外で発売し、大成功を収めた。 以後、パワーレンジャーシリーズの玩具を毎年、発売していたが、との契約終了により2019年4月1日をもって同シリーズの玩具販売はへと移行する。 2000年代以後はそれらに加えて、現地のキャラクターをアニメ化して展開している。 アメリカでは社が開発したのキャラクターである「」を、ではフランスの絵本を題材とした「」などをアニメ化している。 2010年代はアジアでのメディアミックス戦略にも力を入れ、向けにと共同開発した等身大特撮ヒーロー「」を展開している。 これを受け2014年には現地法人BANDAI NAMCO INDONESIAを設立した。 この他「」も韓国や台湾、香港、インドネシアでアニメと関連玩具を展開している。 「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」の成功に合わせて、などの日本のキャラクターの玩具も日本国外で発売を行っている。 歴史 [ ] 1950年代 [ ] 創業者、( - )の義兄久々津一夫が経営する繊維会社「萬代産業」の玩具製造子会社「萬代屋」として浅草にて創業。 「萬代」(万代)とはの一つに数えられる「」に登場する語の「 萬代不易」(永久不変の意)に由来し、創業者の山科直治が「いつの世も人の心を満たす物を作り、絶えない企業の発展を願う」という意味だとしている。 当初は萬代産業の余りの布切れで作った人形を販売。 その後、1950年初の自社製品のゴムまり「リズムボール」発売、「B26ナイトプレイン」が50万個以上のヒットになり、これ以降、金属玩具を主力とするようになる。 輸出が中心で国内には輸出の余りを販売しており、玩具業界では評判が悪かったが国内向けの玩具開発をてがけるようになる。 創業〜1960年代当時は、教育のバンダイと言われた。 1960年代 [ ] 玩具メーカーとしては後発であり旧来の玩具業界から反発が強かった。 そこで同じく後発のとと組んで1961年に「玩具三社会」を設立。 三社共同の玩具見本市を開催したり、新入社員の研修を合同で行うようになる。 後にととが加わり「玩具六社会」になる。 1960年代半ばより「クレイジーフォーム」「」「」などのヒットにより大手に成長する。 しかし1968年に提唱した「無返品取引」が「バンダイは返品負担を問屋に押しつけるんだ! 」と玩具流通業界の反発にあう。 さらに「」の失敗により、「バンダイ倒産近し」という「黒い噂」が生まれる。 それと共にバンダイ不買運動が起こる。 こうした騒動は「無返品取引」を撤回し、さらに「キャプテンスカーレット」の売上不振で倒産した(イマイ)の業務をバンダイが引き継ぐことで終息した。 1970年代 [ ] 1960年代の版権違反問題で大失敗し版権協会から追放され、業績が落ち込んでいたところ、のが『』を作る際にバンダイの救済も兼ねる形で、バンダイに子会社を設立させた。 発足のである。 以後ポピーがキャラクター玩具を担う形となり、東映と関係を深めて行きキャラクタービジネスを主軸としたマーチャンダイジングを推進していった。 1970年代にポピーは急成長し、売上でバンダイ本社を抜くようになり、ポピー社員はバンダイ社員の羨望をうけることになる。 ポピーがバンダイ本社に合併されるまではバンダイ本社はほとんどキャラクター玩具を扱っていなかったため、現在のバンダイのキャラクター玩具はポピーが基盤となっている。 1967年に経営破綻した模型メーカーのコグレのの金型を買い取ったことから本社内に模型部を発足。 前述の今井科学の静岡工場と金型と社員を買収して、1971年に子会社のバンダイ模型を設立。 静岡県の清水工場を拠点にバンダイ模型が企画開発と生産を行い、本社の模型部が営業と販売を行う体制となる。 旧今井製品の再版を土台にスタートしたため「バンダイは倒産した会社の金型を使っている! 」と業界内での評価は悪く、新製品の開発が急がれミリタリーや自動車の模型などを開発する。 同じ頃東映の大ヒット映画「」の版権を取得し、主人公の乗った11tトラック「一番星」をモデル化。 それまではや駆動による「」色が強かったキャラクター系キットがディスプレイキット主体に転換される結果となった。 その商品展開は機動戦士ガンダム関連キット(通称「」)に継承されて以降の爆発的ヒットにつながり、プラモデルの取扱はキャラクター系キットに特化され、数多くのヒット商品を産み出した。 には、とブームの人気を受け、の倒産により商品ライセンスを失ったの商品ライセンスを獲得する。 以後、バンダイのウルトラシリーズは大ヒットしていった。 ポピーはのシリーズ等の、等のの特撮、そして・・80年代に始まる等の東映の特撮・アニメをはじめとした、作品の世界観やキャラクターを使用した玩具・雑貨・既製服などを商品化する「キャラクターマーチャンダイジング」ビジネスを得意としていた。 仮面ライダーとスーパー戦隊とメタルヒーローでは当初から玩具を手がけていた。 番組企画当初より登場キャラクターのデザイン等への参加および介入することでおよそ1年間の商品販売計画を策定しており、現在のキャラクター玩具ビジネスの基本ラインは、同社のスタイルを踏襲したものが多い。 1980年代 [ ] 1980年に山科直治は35歳の長男・に社長職を譲り会長職に退いた。 この時期、バンダイグループは玩具業界一に成長しており、山科直治は「勝負はついた」という趣旨の発言をしている。 山科誠は出版社の編集者を志望していたが、その志望が叶えられなかったことと前述の「黒い噂」の払拭に努めていた時期の山科直治の「長男を入社させるくらいだからバンダイは大丈夫なんだ」というアピールとしてバンダイに入社した。 このため玩具事業には興味を持たず、文房具、アパレル、菓子、映像、音楽、パソコン、アミューズメントなど事業の多角化に進むことになる。 これは表面上は少子化で玩具事業の成長が見込めないためとされたが、山科誠が玩具事業にいる古参社員を煙たがったためともされている。 一方、1980年代の玩具業界は成長が頭打ちになり、限られたパイを巡って競争が激化、玩具メーカーの倒産も相次ぎ、前述の「玩具六社会」は1984年に解散した。 その中でゲーム会社は急成長しやはバンダイの売上を追い抜いた。 この流れに対応し1980年代中盤には独自の機の販売を行うも(ファミコン)をはじめとする他社ハードのとしてソフトの製造・販売を手がけるようになる。 「なぜ、ファミコンをするのか? 」と言われたものの、ファミコン参入第1弾「」のヒットで軌道に乗った。 1982年にガンプラの販売において「ヤミ再販」(メーカーが価格を決め、流通業者にそれを守らせること)と「」(ガンダム以外の商品も買わないとガンダムを売らない)を行い守らなかった場合には出荷停止を行ったことから独占禁止法違反にあたるとしてバンダイとポピーが公正取引委員会の立入検査を受けた。 1983年に公正取引委員会のヤミ再販排除の勧告を受諾する。 しかしもう一つの問題である「抱き合わせ販売」は不問となった。 1983年に株式上場に向けバンダイ本社を存続会社としてグループ8社の合併を行った。 1986年に玩具メーカーとして初めて東証2部上場を果たした。 これにより社員たちの中にあった「所詮、俺たちは下町のおもちゃメーカーじゃないか」という卑下する気持ちが払拭できたとある。 なお山科直治は第二次世界大戦で中国に出征しており、「戦時中の贖罪」として1985年に中国福建省に日中合弁会社・中国福萬(福建)玩具有限公司を設立。 ビジネス上の狙いとしては、で日本国内での玩具製造のコストが上がったため、円高の影響がない中国で製造しようということである。 これ以降、バンダイは海外生産の比率を上げていくことになり、現在では9割が海外生産である。 1989年の第39回創立記念式典で山科誠は「バンダイランド」の構想を語った。 これは、を手本としたレジャー施設の構想である。 また多角化を一層押し進め、玩具会社から脱皮し、ディズニーのような総合エンタテインメント企業を目指すことも語られた。 この「日本のディズニー」という目標は現在のバンダイでも継承されている。 1989年に提携していたコアランドテクノロジー株式会社を子会社化し、商号を株式会社「」に変更、杉浦幸昌が初代社長になった。 ただしこの際に、人的に相当な流出入の変化があったため、バンプレストとコアランドテクノロジーの関係は法人格を引き継いだだけの関係にすぎないと捉える向きもある。 1990年代 [ ] 海外では1993年にアメリカ版のが大ヒットをとばす。 しかし前述のようにゲーム機で任天堂やセガに後れをとったと考えたバンダイは1994年に「」、1996年に「」を販売するも失敗。 これに加え、同時期の玩具事業の不振、用ソフトの不振により1997年3月期の連結決算は上場以来初の赤字となる見通しになった。 こうした経営不振から1997年、セガとの間で「セガバンダイ」としてを行うと発表された。 これに関してセガの中山社長は「ピピンが成功していたら合併はなかったろう」としている。 逆にセガとしてはセガが弱い低年齢向けのキャラクターで強みがあるバンダイとの合併はメリットがあった。 また当時、セガはライバルのにゲーム機戦争で負けつつあり、この合併は「敗者連合」とされた。 しかしの大ヒットや、バンダイ社内からの反発も強く構想は破談。 ただこの2要素が破談の「決定的要因ではない」としている。 セガの方が企業規模が大きい上に「社風が米国流でドライ」だったため、合理化の名の下にリストラ(解雇)の懸念があったのである。 またバンダイ系列の問屋を統合して誕生したハピネットでは存続会社のトウショウ社員ばかりが優遇されていた「の悪夢」も強く想起され、合併の存続会社がセガである以上、リストラされなかったとしてもバンダイ社員は不遇になると思われた。 さらに、かつてのバンダイでは考えられなかったが、一流上場企業の社員としての誇りが「セガバンダイ」の名前に強く反発した。 また合併反対派が山科直治を取り込んだことも影響した。 この時の責任を取り、山科誠は社長職を辞任し会長に退くも後任の茂木隆は山科誠派で、「山科体制」は維持された。 セガとは合併破談後も業務提携が続けられしばらくの間、セガのゲーム機向けのソフトを優先的に開発することとなる。 ピピンの事業はその後も続けられたが1998年に撤退、同事業をてがけていたBDE(バンダイ・デジタル・エンタテインメント)は解散する。 これに伴った特別損失270億円を計上。 このためたまごっちのヒットにより1998年3月期の連結決算は2882億円と過去最高だったにもかかわらず、単独決算では赤字に転落する。 さらにたまごっちのブームの終息を見極められず、大量の在庫を抱えてしまい、1999年3月期では単独決算、連結決算ともに赤字になる。 単独決算は2期連続の赤字である。 この責任を取り、茂木隆は退職。 山科誠も名誉会長職に退き、「山科体制」は崩壊した。 1999年に山科誠が推進した多角化を放棄し、赤字事業を清算するためバンダイ入社三年目のが社長に就任。 高須が「泥をかぶった」形で事業の整理が始まる。 彼の就任中に音楽、映像、海外販社などの事業が撤退ないし縮小することになる。 玩具事業に不慣れな高須武男を山科直治時代からの「大番頭」である杉浦幸昌が会長職から支援した。 同年には市場における任天堂の一強体制を打破すべく、携帯ゲーム機「」を投入し、一定の成功を収める。 2000年代以降 [ ] 2002年に長さ方向の寸法を短縮したのモデルの塗装済みキットである「」を発売。 同様の鉄道模型に近い商品としてNゲージと同じ縮尺で先頭車両をリアルに模型化した食玩「スタートレイン」やレール幅がより小さい電池駆動の「」も「Bトレインショーティー」と前後して発売されている。 2003年3月期の連結決算で営業利益と経常利益が過去最高を達成。 本物のを作る「」を開始。 一方、2000年に「ワンダースワン」の後継機として登場した「」は「」が携帯ゲーム機で初めての投入もあってそこそこの人気を得るも、人気ソフトの不足や、任天堂の「」による攻勢によってジリ貧に陥り、2003年に携帯ゲーム機のハード開発から事実上の撤退を表明している。 杉浦幸昌は定年65歳の内規に従い会長職を辞した。 彼の引退を記念して以前社長を務めたの本社があった千葉県松戸市にあるビルを改装し、として開館。 前述の「バンダイランド」の構想を持っていた同社としては不満の残るものだったものの、特撮ヒーロー関連の展示やガンダムの世界観に基づいた博物館とバーを運営するなどした。 8月31日に閉館。 4月28日、栃木県壬生町にとして装いも新たに開館。 おもちゃのまちバンダイミュージアム(壬生町) また文化事業にも熱心な所を見せ、後各社が活動を縮小する中で、世界有数のトイ・コレクションを藤田文化財団から譲り受け、(現在閉館)と栃木県壬生町の新で公開している。 同ミュージアムでは19世紀の模型や20世紀初頭の炭鉱模型が展示されている。 また、バンダイミュージアムでは玩具だけでなく、の発明品が一堂に展示されている。 、本社ビルを現在の場所へ移転する。 この新社屋のエレベーターは4基あり、それぞれバンダイが商品化しているキャラクターの声(、、、)がアナウンスするというユニークな作りになっている。 、それまで業務提携などを行ってきたと共同で持株会社を設立し経営統合。 前述の高須武男の手腕により「経営は万全」とした上での統合である。 ・の子会社となった。 この経営統合で誕生した総合アミューズメント(AM)事業グループは、現在AM業界では任天堂、に次ぐ第3位の事業規模を誇る。 この時は「セガバンダイ」の時と違い、「バンダイナムコ」の名前に対する反発はほとんどなかった。 バンダイホビーセンター(静岡市) 2006年3月1日、旧イマイ時代からプラモデルを生産していたの静岡ワークスから静岡市の新工場に移転し、「」として稼動を開始。 開発・設計・金型・生産という、ガンプラに関わる営業とプロモーション以外の分野をまとめて担当し、開発から生産までを施設内に一括することで生産効率と品質の向上が図られている。 2006年3月31日、バンダイナムコグループの事業再編の一環として、家庭用ビデオゲーム事業部門をナムコを母体としたゲーム事業部門「」へ統合(旧・バンダイゲーム事業部門が手がけるゲームは、2014年まで「バンダイ」レーベルで発売していた)。 ちなみに、「」()のに関しては、電子玩具としているため、引き続き当社が担当している。 それ以降、バンダイは主にトイホビー事業専門の会社組織となった。 2006年6月には、のを使い、子供向け、「」を発売した。 1997年発売の「たまぴっち」以来のPHS端末の発売であり、これまで発売してきた「メルプチ」の発展版になる。 2008年4月1日、バンダイナムコゲームスがバンプレストを吸収合併しゲームソフト事業とアミューズメント機器事業を継承、プライズ事業(UFOキャッチャーなどの景品の開発・販売)は新会社バンプレストを設立し継承。 2009年4月1日、当社運営のバンダイレーベル専用サイトは、バンダイナムコゲームス公式サイトに統合され、統合前に発売されたゲームタイトルだけはも自社で管理していたが、それと同時にバンダイナムコゲームスに引き継がれた。 また、バンダイレーベルのゲームタイトルのCMは企業としてのバンダイのCMで製作されていたが、それ以降からバンダイレーベルもバンダイナムコゲームスの自社CMに移行したため、ゲーム事業から完全に撤退した。 2009年4月20日、公式「プレミアムバンダイ」を開設。 一般流通では販売しづらい商品や大人用商品などを中心にさまざまな商品展開を実施している。 2018年2月9日、バンダイナムコグループの再編が発表され、ホビー事業部並びにコレクターズ事業部が手がけているハイターゲット向けの玩具、プラモデルの企画・開発・製造・販売などの事業を同年4月1日付で新会社へ移管したため、同時にバンダイはトイ事業カンパニー(トイ戦略室、ボーイズ事業部、ガールズ事業部、プリスクール事業部)、ベンディング事業カンパニー(ベンダー事業部、カード事業部)、ライフ事業カンパニー(キャンディ事業部、アパレル事業部、ライフ事業部)の社内カンパニー制を導入した。 沿革 [ ]• 山科直治が株式会社萬代屋を設立し、社長に就く。 商号を株式会社バンダイに変更。 1961年 バンダイ、、で「玩具三社会」設立。 1965年まで「三社会見本展示会」を東京都内で開催。 バンダイ運輸を設立。 1963年 玩具三社会にと日本玩具株式会社 ニチガン が加わり、「玩具五社会」になる。 運輸部がバンダイ運輸(後の)として分社化。 1963年 バンダイ初のテレビキャラクター商品を発売。 バンダイ創立15周年。 会社創立時の「B」ロゴから祝意をモチーフにした『バンザイ』ロゴを導入。 経営破綻した模型メーカーのコグレの製品金型を買い取って模型市場へ参入。 玩具五社会にが加わり「玩具六社会」になる。 経営不振に陥った模型メーカーの今井科学の工場と金型を譲り受ける。 バンダイ創立20周年。 ジャパン・トンカ設立。 (ボーイズトイ事業部およびコレクターズ事業部の源流)、バンダイ模型(ホビー事業部の源流)を設立。 『』発売。 『』発売。 「うごく絵本」で出版事業に進出。 『』発売(カプセル玩具自販機に参入)• バンダイ出版設立。 『』の商品ライセンスを獲得。 玩具自動販売機事業に進出。 山科直治が会長に退き、長男の山科誠(現:社長)が社長に就任。 プラスチック製のガンダムプラモデル()を発売し大ブームになる。 1980年 ジャパン・トンカをマミートに名称変更。 玩具菓子事業に進出。 1981年- 世界各国に相次いで支社を設立する。 1982年 乗り物変形ロボット玩具シリーズ『』発売。 エモーション ビデオ課設立(後の)。 バンダイを存続会社として、ポピー、バンダイ模型、バンダイ工業、バンダイオーバーシーズ、マミート、セレンテ、バンダイ出版の7社を吸収合併した新生バンダイがスタートする。 これをきっかけにしてと、キャッチコピー「夢・クリエイション 楽しいときを創る企業(2018年3月末までメインスポンサーにおける提供時の読み)」 を掲げる。 映像ソフト販売子会社としてAE企画(Account Executive Planning、後のバンダイビジュアル)設立。 1983年 アパレル事業部を設立。 『』が発売。 ビデオ課がネットワーク フロンティア事業部として分社化。 玩具六社会が解散。 ファミコンソフト『キン肉マン マッスルタッグマッチ』がミリオンセラーを記録。 中国福建省に日中合弁会社・中国福萬(福建)玩具有限公司を設立。 中国市場に進出。 2部に上場。 資本金107億9600万円。 を発売。 『』で映画分野に進出。 米玩具大手社との共同出資でマーバ・コーポレーションを設立。 バービーを販売。 と映像ソフト販売契約を結ぶ(に契約終了)。 『』聖闘士聖衣大系(セイントクロスシリーズ)がヒットする。 タイに合併会社 BANDAI AND K. , LTD. を設立。 、と共同で小型コンピューターの開発会社「コンピュータープレゼンス」を設立。 東証1部に上場。 ネットワーク フロンティア事業部を吸収し、メディア事業部が発足。 「」でミュージカル事業に進出。 AE企画がバンダイビジュアル販売と社名を変更。 監督のデビュー作『』を制作。 以降全ての北野作品に関わっている。 からレコード会社、アポロン音楽工業を譲受し『株式会社アポロン』に社名変更• バンダイビジュアル販売がバンダイビジュアルと社名を変更。 バンダイ系列の玩具卸3社(トウショウ、セイコー、ダイリン)が合併、トウショウを存続会社にしに社名変更。 メディア事業部の映像ソフト事業をバンダイビジュアルに統合。 バンダイ運輸をバンダイロジパルに社名変更。 アメリカで『パワーレンジャー』関連商品が大ヒット。 サンライズがグループ企業となる。 プレイディアを発売。 アメリカに慈善事業であるThe Bandai Foundationを設立。 公式サイトを開設。 ピピンアットマーク、『』発売。 バンダイ・シンガポール設立。 株式会社アポロンを に社名変更(その後2000年に解散、音源はエモーションミュージックに承継し、現在はが管理)• 、を発売。 の爆発的ヒットにより多くの人々の労働時間を空費させることができたことに対して、企画・開発元のと共同での経済学賞を受賞。 たまごっちが社会現象にまでなり売上高を大幅に伸ばしたが、機を逸した大増産で供給過多に陥り、ピピンアットマークの販売不振も重なったことで126億円に上る損失を計上し上場以来初の赤字となる。 大人向けフィギュア発売。 (三和銀行・現出身)が社長に就任。 携帯ゲーム機を発売。 を発売。 キャラクター研究所を設立。 (現・)がグループ会社になる。 がグループ企業となる。 (後の、現在はに統合)がグループ企業に、『』としてマシンロボ復活。 キャラクター研究所が開発した第1号キャラクター『』の絵本がブロンズ新社から出版される。 2002年6月 開発者のをに迎える。 バンダイ初の『バンダイミュージアム』をに開業(2007年にに移転)• 新本社ビルに移転する。 旧本社はバンダイ第2ビルに改称。 「」を発売。 子会社のバンプレストが「」を当時の運営会社トーゴから譲受。 社長にが就任。 が株式公開(証券取引所に株式上場)を契機に、資本提携を行いグループ会社入りへ。 ナムコと共同持株会社バンダイナムコホールディングスを設立、経営統合。 第1号『』稼働。 『』発売。 ビデオゲーム事業部をバンダイナムコゲームスへ移管。 ウルトラシリーズ40周年、たまごっち10周年。 データカードダス『』稼働。 から円谷プロダクションの株式33. 翌には同社から株式15. 大人向けアクションフィギュア『』発売。 変身するミニカー『』発売。 ネットカードダス第1号『』発売。 子供向けキャラクターTシャツ『』発売。 新筐体「データカードダスNEO」をリリースし、同年にこの筐体を使用した『』『』が稼働。 『アイカツ! 』はメディアミックスを展開し、人気コンテンツとなる。 カード事業部、ベンダー事業部、ライフ事業部の3部門がに移転。 開発のゲーム『』関連商品を発売し、大ヒットする。 バンダイ創立65周年。 現・社長就任。 社内カンパニー制を導入。 同時にフィギュア・プラモデル等のハイターゲット向け事業を分割し、に事業譲渡。 バンダイ創立70周年。 (予定) 主な商品 [ ] キャラクター玩具 [ ]• ガンダムシリーズ関連の玩具• ソフトビニール人形• ウルトラヒーローシリーズ• - 現在はトイ事業カンパニー取扱の製品のみ。 - 2018年4月をもってBANDAI SPIRITSへ移管 オリジナル玩具 [ ]• シリーズ• シリーズ• - 現在は「ムゲンバイン」シリーズを展開。 トレーディングカード [ ] もここへ置く。 - トレーディングカードアーケードゲーム• - トレーディングカードアーケードゲーム 輸入玩具 [ ] 主にバンダイアメリカ製品。 その他 [ ]• - カプセル自販機• - Creer Beaute(クレアボーテ)というブランドで、やとのコラボ化粧品を販売している。 BANDAI SPIRITSへ移管された部門 [ ] キャラクター玩具• - 旧ホビー事業部取扱の製品のみ。 鉄道模型• 展開終了した商品 [ ] 玩具• ガンダムシリーズ玩具• - 現在は「ROBOT魂」シリーズへ移行• シリーズ - 現在はへ移行• - 現在はシリーズへ移行。 - 監修のウルトラマン・仮面ライダーの巨大フィギュア• ナックルファイター• ディスクファイター• ロボレス戦士コンボット• ワンダーボーグ• B TRAIN(ビートレイン)、B TRAIN MINI(ビートレインミニ) - ダイキャスト成形の鉄道玩具• キーボッツ• 超機甲爆走ロボトライ• 化石錬成ゼルゲノム• 破幻のジスタ テレビゲーム機• (からの輸入販売)• ゲームソフト• 、、、、、、、、、、、、、、、、など ゲーム周辺機器• スーパーコントローラー FC• スーパーコントローラー2 FC• ファミリートレーナー吸音マット FC• SFC• PS 電子ゲーム• コンピュータ・ウォーゲームシリーズ - 複雑な計算を瞬時に判定する(専用の自動判定機)を使用した誰にでも手軽にシミュレーションを楽しめるタイプのゲームシリーズ。 03 ゴジラ GODZILLA• LCD GAME DIGITALシリーズ• テクトロンシリーズ• サウンドバトラー• デジタルペット系ゲーム• トレーディングカードゲーム• - 食玩(カード入り菓子)であるが便宜的にここへ置く。 その他• バンダイHOゲージ - のトータルセット。 コンピュータゲームソフト [ ] 詳細は「」を参照 提供番組 [ ] 90秒以上の筆頭提供番組でのスポンサー読みはポピーと合併した1983年から2018年3月までは「楽しい時間(とき)を創る企業 バンダイ」、2018年4月以降は「夢・クリエイション バンダイ」、クレジット表示は「 夢 ・ クリ エ イ シ ョ ン BANDAI」 90秒• (2015年1月の1回のみ)• (2015年3月まではスペシャル時のみだったが、同年4月から正式にスポンサーとなった)• 60秒• テレビ朝日系列• シリーズ Rの本放送7-9月期及び、2000年4月~2003年9月の4局ネット(、、、)の地上波再放送(セーラースターズを除く)では筆頭提供(90秒提供) 長らくアニメ再放送枠を休止したテレビ朝日がアニメ再放送枠の復活及び、地上波再放送枠でバンダイが筆頭スポンサーを務めたのは、当時低迷化したセーラームーンミュージカルの人気回復のテコ入れを図るのが目的であった。 また、その人気回復のテコ入れ策の一環として、「無印」の本放送時に人気の高かったフィニッシュ玩具のムーンスティックの再販に合わせて、セーラームーンミュージカルの3代目セーラームーン役のをCMキャラクターに起用した上で再販玩具のムーンスティックのCMが新たに制作された。 シリーズ• (前半の筆頭提供だったクローバーの倒産の影響で、同社の筆頭提供枠を受け継ぐ形で緊急参入)• 日本テレビ系列• テレビ東京系列• 30秒• TBS系列• フジテレビ系列• テレビ朝日系列• 日本テレビ系列• テレビ東京系列• 不定期• テレビ朝日系列• 過去の提供番組• テレビ朝日系列• 他多数 VTuber [ ] DJマロンとMCズイミー 2019年3月12日よりYouTubeバンダイ公式チャンネルとワンダースクールで活動を開始した。 おもちゃ紹介やミニアニメも配信している。 2019年12月3日より新キャラクターの声優オーディション募集。 話数 サブタイトル 配信日 第1話 夏休みが終わっちゃった 2019年 9月20日 第2話 寝れない 9月27日 第3話 学校でうんち 10月4日 第4話 国語の授業で... 10月11日 第5話 メロンが食べたい! 10月18日 第6話 門限がはやい 10月25日 第7話 消えた栗 11月1日 第8話 足が速くなりたい 11月9日 第9話 好きな人を… 11月15日 第10話 大人になりたい 11月22日 第11話 大きな夢 11月29日 第12話 せいでんきが怖い 12月6日 第13話 クリスマスプレゼント 12月13日 第14話 おちゃのこクリスマス 12月20日 第15話 冬休みって最高じゃん 12月27日 第16話 2020年もよろしく!! 2020年 1月3日 第17話 カレーがたべたい!!! 1月10日 第18話 トイレの奥に誰かいる・・・ 1月17日 第19話 わすれもの 1月24日 第20話 けんか 1月31日 第21話 かわいいペンケースがほしい 2月7日 第22話 あげぱんの砂糖 2月14日 第23話 アイスがたべたい 2月21日 第24話 遅刻 2月28日 第25話 引越し 3月6日 第26話 好きな人へのプレゼント 3月13日 第27話 コーヒー 3月20日 第28話 おちゃのこシャインシャイン 3月27日 関連項目 [ ] 関連会社• 関連施設など• (創業者の山科直治は、生前としても活動し、また、に牧場を開設し、としても活動していた)• (2007年にの町長が同名のよしみで社長を訪問したことをきっかけに官民交流が行われたことから、館内にBANDAI製品のコーナーが設置され、大型のガンダムの立像も設置されている。 ) 提携企業など• (三和グループの中核企業)• (1993 - 98年にユニフォーム背番号スポンサー)• その他• (山科誠がスポンサー) 参考文献 [ ]• 猪俣謙次、加藤智『ガンプラ開発真話 そして市場勢力図は塗り替えられた』、• 松本悟、仲吉昭治『俺たちのガンダム・ビジネス』、 脚注・出典 [ ] []• 2018年2月16日. 2018年4月21日閲覧。 宇宙戦艦ヤマトシリーズも、本放送当時はゼンマイ走行するヤマトやコスモゼロといった旧来のキャラクター系キットのままだったが、その後のブームを支えた高い年齢層のファンの要望に従い、ディスプレイモデルが数多く発売された。 PC Watch 1997年1月23日. 2012年8月20日閲覧。 PC Watch 1998年2月27日. 2012年8月30日閲覧。 玩具商報1966年1月号• バンダイ. 2012年12月2日閲覧。 バンダイナムコホールディングス 2018年2月21日• バンダイナムコホールディングス 2018年2月9日• バンダイナムコホールディングス 2018年2月9日• 『』と『』にのみ、ロゴとキャッチコピーが全てカラー表記となる。 の再放送でも提供。 ただし、『ハートキャッチプリキュア』の後期提供枠以降はバンダイナムコゲームス(現在のバンダイナムコエンターテインメント)のみである。 の再放送でも提供。 1990年初頭にスポンサーから撤退していたが、第2期のスペシャル版の場合のみ後半のメインスポンサーとなる。 時事ドットコム 2019年12月3日 外部リンク [ ]• - チャンネル• ・・・ (ゲスト)() ・・・・・・・・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・(声)・ (ゲスト)() ・・ (ゲスト)・・ (ゲスト)・ (ゲスト)() ・・・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)() ・・・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)( ・・・・・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)() ・(声)・(声)・ (ゲスト)・ (ゲスト)(声)・ (ゲスト)(声)・ (ゲスト)・ (ゲスト)() ・・・・・・・・ (ゲスト)() ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)(声)・ (ゲスト)(声)・ (ゲスト)(声)・ (ゲスト)(声)・ (ゲスト)(声)() 第2期 ・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)() ・・ (ゲスト)・ (ゲスト)(声)() ・ (ゲスト)() ・・・・(声)・・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)() ・・・・ (ゲスト)・・・・・・・ (ゲスト)(声)・ (ゲスト)・ (ゲスト) ・(ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)(声)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)() ・・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)(声)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)() ・・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)() ・・・・・・・ (ゲスト)() ・・・・・・(声)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)(声)() ・・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)・ (ゲスト)(声)・ (ゲスト)(声)().

次の