埼玉 りそな 銀行 上 福岡 支店。 埼玉銀行

福岡県のりそな銀行一覧

埼玉 りそな 銀行 上 福岡 支店

りそな銀行の状況 都内と大阪に中心に支店を構え、緑色の看板と猫のイメージキャラクターが特徴的イメージとして、都内で良く見かける銀行ですね。 りそな銀行は、2001年(平成13年)9月に「大和銀行グループと株式会社あさひ銀行」が経営統合してできた都市銀行です。 りそなホールディングスグループ傘下の子会社として、全国に351店舗を構え、関東に約180店舗、大阪を中心とする関西に約150店舗を構え、メインは東京と大阪になります。 東京都に約120店舗、大阪に約110店舗、北海道に札幌支店1店舗、東北は仙台と郡山2店舗、九州に4店舗、四国にいたってはゼロの状況。 りそな銀行は賃貸物件に対するアパートローン融資にも積極的な銀行です。 しかし融資先については、シビアな見方をしており、高属性・高年収でないと融資が受けられないと、融資担当者は積極的に対応してくれないような状況でもあります。 低金利の融資獲得競争の時期には、ゼロパーセント台で融資を受け、恩恵を受けた不動産投資家も多数。 銀行同士の金利競争もしなくなってきており、今までの様にゼロパーセント台というのは、非常に難しい状況となっています。 りそな銀行の不動産投資に対するアパートローンの金利状況 2017年(平成29年)11月、アパートローンの融資借り換えの相談をしたところ、厳しい融資条件の回答を得ましたので紹介します。 都銀の中でも(三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行)投資対象エリアは少ないと言えるでしょう。 りそな銀行の特徴2|アパートやマンションの評価方法 一般的な金融機関の評価方法には、積算評価と収益評価の二パターンのなります。 他の都市銀行では、両方の評価方法を用いて評価していますが、りそな銀行でも同様なパターンで見ているとのことです。 積算評価 厳しい評価をみているところもあり、積算評価の7掛けあたりを担保評価として見ておいた方が良いので、都内の低利回り物件であれば融資は極めて厳しくなります。 地方のRC物件などであれば、積算評価は伸びやすい傾向にありますので、好条件のRCマンションを持ち込めば融資承諾の可能性はあることでしょう。 収益評価 家賃収入に銀行独自の経費率を掛け、金利のパーセンテージのストレスを掛けます。 今後金利が上昇した時に、どの程度の高金利まで耐えられるか、家賃から元金と利息・経費が賄えるのかを計算し評価します。 スポンサーリンク りそな銀行の特徴3|融資対象の属性と金融資産、自己資金など 高属性・高年収のサラリーマンが対象なので、年収1000万前後や金融資産などの資産背景も加味されるということを見ておけば良いでしょう。 保証会社に保証料を支払う事により、配偶者の連帯保証にはいらないこともあります。 大体の銀行は、基本配偶者の連帯保証人を求めます。 頭金は未確認ですが、一般的には良くて1割、通常であれば2割、不動産投資家にとって厳しめな3割の頭金を求める銀行もあります。 4割以上求める銀行が仮にあれば、不動産投資自体より他の投資をした方が投資効率は良いかもしれません。 またアパートやマンションに対して、オーバーローンは希望するのであれば、あまり一般的ではなありません。 まとめ|りそな銀行の融資担当者のアドバイス 現在融資を受けている既存銀行に、そのまま継続して融資を受けた方が良いアドバイスを、反対に頂いてしまう始末でもありました。 「借換えをするメリットがないこと」 借換えをする際には、事務手数料、登記費用なども掛かります。 一例として「今現在融資を受けている銀行の金利1%」と想定 銀行の提示金利が0.8%、0.9%程度であれば、ほとんどメリットはありません。 0.5、0.6%程度など、大幅に低い金利でなければ、「諸費用分(事務手数料・登記費用)の費用」が掛かっていますので、貸付利子額が実際は減らない。 金融電卓で詳細な計算は必要です。 自分で出来なければ、融資担当者が計算してくれますので、アドバイスを頂けるでしょう。 借換えをする際は、「提示金利分の費用と諸費用分の合算費用」が、今現在借りている金利と同程度であれば、まず借換えをするメリットありません。 金融機関同士の金利競争は、金融庁の通達により「メガンクや都市銀行、信用金庫」などでも、融資先を厳しく精査するような感じで指導されていますので、今までの様に低金利を容易に得られずい状況になっています。 三大メガバンクの金利状況 横浜大家のプロフィールはこちら 普通のサラリーマンでも不動産投資で資産を形成する事が出来ました。 しかし不動産投資は「魑魅魍魎な世界」、賃貸経営は危険で怖い世界・決して甘くはありません。 甘い誘惑に目を奪われず、知識と努力が必要です。 サラリーマンでも出来る「ゼロから不動産投資で資産を築いた方法」をお伝えします。 カテゴリー• 最近の投稿• 最近のコメント• に より• に 横浜大家 より• に さいとう まさひと より• に 佐藤淳 より• に 横浜大家 より.

次の

海外送金|りそな銀行

埼玉 りそな 銀行 上 福岡 支店

概要 [ ] および埼玉県内の大半の市町村のを受託し、通称「 サイギン」で県民に親しまれていた。 の源流である。 本店は(現:)に置かれ、今日では埼玉りそな銀行さいたま営業部とされている。 (旧:)沿いに所在した地銀時代の本店や前身の本店跡地には、現在、埼玉りそな銀行浦和中央支店(さいたま市浦和区)が立地し、同店の正面入口前の広場には兼が設置されている。 6月、成立したによって埼玉県は同法における計画区域に入った。 また4月に成立した(1965年6月改正)によって埼玉県内の主要部分は近郊整備地帯に含まれ、の中心部と位置づけられた。 これによって、かつて全国一の耕地率を誇っていた農業県であった埼玉にも変化が生じ 、である昭和40年代には県南部が東京のとして開発が進展し、人口が急増した。 こうした状況から肥沃なに目を付けたや他県に本拠を置く、が続々と埼玉県内に進出してきた。 埼玉銀行は、年々競合が激化する状況を踏まえ、首都圏における優位性の確保・経営体質の強化を図ることを目的に 、昭和30年代半ばから都市銀行移行を検討する部署を行内に設け、4月には都市銀行への転換が成就した。 また「本店の所在地は変更しない」、「地元優先の営業方針を貫く」、「行名は変更しない」を経営方針として掲げ、さらに通称を「サイギン」とし、を展開した。 そして、成長力のある埼玉県と西部で確固たる基盤を築き、当時の総店舗の内、約6割を埼玉県内に集中し展開するも 、東京都区内への浸透では苦戦を強いられていた。 4月、金融の自由化や国際化をにらみが合併によって誕生するなどの環境下 、同年、から都市銀行としては初めてとなる第3次を共同で構築し、さらに新商品開発にも共に取り組むなど気心の知れた仲であったに埼玉銀行から合併を打診。 翌1991年4月に対等合併。 として発足し、、に改称した。 この合併の直後には旧埼玉銀行時代における特有の不祥事が露見し、を賑わした。 沿革 [ ]• (18年)7月1日 - の一環でに本店を構える旧のと、が設立に深く関与した民営の、忍町(現在の)に本店を構える忍商業銀行、飯能銀行(本店:飯能町・現:)が大合併し、 埼玉銀行を設立。 同年から翌年にかけて埼玉県内に本店を置く、、を順次、統合した。 (昭和19年)5月 - 当局の勧奨により(のち)より、()における大半の店舗を譲り受ける。 (昭和30年)5月 - に上場。 (昭和44年)4月 - 地方銀行から都市銀行へ転換。 (昭和46年)3月 - 総預金残高が1兆円を超える。 (昭和52年)5月 - 本店を浦和市高砂から同市常盤(跡地)に新築移転。 (昭和48年)4月 - (埼玉)の花びらをモチーフにしたデザインの行章と「つながる心 ひろがる未来」がとして制定。 (元年)• 9月 - に上場。 10月 - 埼玉中央信用組合を買収。 (平成3年)• 4月1日 - に合併し解散。 協和銀行はに商号変更。 頭取は埼玉銀行、会長は協和銀行出身者のたすきがけ人事となる。 店舗網 [ ] 埼玉県内の中小銀行が集合する形で発足したため、店舗網は埼玉県内が中心であったが、南部・西部(川越・秩父)・北部(熊谷・深谷)で当時発展していた町に偏っていた。 1944年にに吸収合併された日本昼夜銀行の店舗(遡れば、前身のと前々身である青梅銀行・氷川銀行などの拠点)を中心に東京地域および埼玉県内の大半の店舗を譲り受けた。 これによって戦後のと埼玉県の発展を受けて規模が拡大することになり、近県の有力地銀であるやとは異なる道を歩むことになった。 1960年 - には支店(旧:武州銀行)を東京営業部に格上げしたことにより、事実上浦和との2本社制となり、・神奈川県・千葉県・栃木県・群馬県など首都圏各地や、自動車産業と関わりのある愛知県(名古屋)、・などに出店した。 なお、と同様、看板は本拠地である埼玉県内店舗では通称の「サイギン」表記、首都圏外の店舗の看板はほとんど銀行名であった。 その後、埼玉県のベッドタウン化の進展により、までに埼玉県内のほとんどの市町村で支店あるいは出張所を出店(・の沿線などではほぼ1駅につき1店舗存在した)。 (昭和55年)に開業を見据えた仙台支店や、バブル経済到来による取引(融資)拡大を狙いにの支店・支店など東京都心部にも多く出店するようになったが、店舗の3分の2は埼玉県内に所在した。 協和埼玉銀行発足時は太陽神戸三井銀行とほぼ同数の店舗であり、埼玉県内では銀行店舗数が最も多かった。 海外拠点はや、に支店や駐在員事務所を持つなど、下位ながら都市銀行としての業容を整えたが、あさひ銀行時代の(平成13年)にへ譲渡されている。 りそな銀行発足に伴いかつての埼玉銀行の店舗は、埼玉県内は埼玉りそな銀行・多摩地区はりそな銀行と改編されたが、埼玉県と多摩地区以外の店舗はあさひ銀行時代に多くが旧協和店に吸収整理されている。 同じ土地建物で存続している埼玉・東京以外の店舗は、群馬県のりそな銀行前橋支店(協和店は解体)、千葉県のりそな銀行津田沼支店など、ごく僅かである。 かつての東京営業部は、あさひ銀行東京中央支店を経て、現在はりそな銀行東京中央支店として存続(りそな銀行移行後に、所在地自体は八重洲から日本橋に移転)。 また、過剰なほどに展開した埼玉県内の有人出張所・代理店は2002年前半までにほとんどが母店・近隣支店に吸収され、クイックロビー(ATMコーナー)のみとして建物を存続するか、廃止となっている。 事件 [ ] ニセ夜間金庫事件 [ ] 詳細は「」を参照 に、春日部西口支店にニセの夜間金庫が設置される事件が発生した。 イメージキャラクター [ ] 1月1日から銀行のが解禁されるのにあわせ、それまでのに加え、のCM出演が話題になっていたも新たに抜擢され2人がCMおよび店頭ポスター等のイメージキャラクターとして起用されていた。 また協和埼玉銀行発足後には2人のほか、協和銀行のイメージキャラクターであったも加えた3人が個別あるいは一緒に訴求対象に応じたCM等に出演していた。 緒形拳 5月 -• 鷲尾いさ子 5月 - 著名な在籍者 [ ]• 市川千尋(経済学者、日本経済大学教授) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『日本地方金融史』p. 117• 118• 『日本地方金融史』p. 119• 『エコノミスト』p. 『エコノミスト』p. 「あさひ銀行誕生「前夜」 ビジネス・フロントワイド」『朝日新聞』埼玉版 1992年10月17日• 『埼玉銀行通史』p. 219• 『埼玉銀行通史』p. 245• 「銀行がCM解禁に向けタレント獲得競争」『朝日新聞』1990年5月13日• 「印象派競う銀行CM」『朝日新聞』夕刊 1991年2月20日• 『埼玉銀行通史』p. 131• 『埼玉銀行通史』p. 413 参考文献 [ ]• 『エコノミスト』1990年11月27日号• 埼玉銀行通史編纂室編 『埼玉銀行通史』あさひ銀行、1993年。 日経金融新聞編 地方金融史研究会著『日本地方金融史』日本経済新聞社、2003年。

次の

海外送金|りそな銀行

埼玉 りそな 銀行 上 福岡 支店

福岡 聡(ふくおか さとし、 - )は、の。 グループ戦略部(埼玉りそな銀行経営管理)担当、。 人物・略歴 [ ]• 1965年 - (現・)出身。 1984年 - 卒業。 1989年 - 卒業、入行。 2004年 - 埼玉りそな銀行企画部次長。 2005年 - 同行経営管理部グループリーダー。 2008年 - 同行鶴ヶ島支店長。 2010年 - 同行経営管理部グループリーダー。 2013年 - 同行営業サポート統括部長。 2015年 - りそなホールディングス兼財務部長。 2020年 - 埼玉りそな銀行代表取締役社長。 脚注 [ ]• 日本経済新聞 2020年1月31日• りそなホールディングス 2020年1月31日• 東洋経済オンライン 2020年2月5日 先代: 埼玉りそな銀行社長 第5代:2020年 - 次代: (現職).

次の