紅白予想。 紅白歌合戦出演者司会者予想と内定者一覧2019!発表はいつ?|トレンドポップ

【毎年恒例】紅白歌合戦完全予想! 紅白歌合戦の司会者が発表されました出...

紅白予想

紅白歌合戦完全マニュアル 紅白歌合戦完全マニュアル Sorry,Japanese Only. このページはいち紅白ファンが作成しているものです。 最終更新日:2020年1月7日 あなたは 人目の訪問者です。 (97. 19〜) 第70回紅白歌合戦歌手別視聴率 1 嵐 40. 第70回(令和元年) 優勝:白 特別賞 ビートたけし 「浅草キッド」 味わい深い歌声とたけしさんの人生が重なる感動のステージでした。 歌の力は歌唱力だけではないことを証明してくれました。 MVP 該当者なし 敢闘賞 MISIA 「アイノカタチメドレー」 初のトリを見事に締める圧巻の歌声を披露してくれました。 菅田将暉 「まちがいさがし」 魂がこもった熱い歌声をしっかりと聴かせてくれました。 歌唱賞 Little Glee Monster 「ECHO」 ラグビーW杯の感動がよみがえる渾身の歌唱でした。 King Gnu 「白日」 心に響く熱唱と心地よいサウンドが見事でした。 演技・演出賞 Foorin 「パプリカ -紅白スペシャルバージョン-」 日本中が元気になるパフォーマンスでした。 氷川きよし 「紅白限界突破スペシャルメドレー」 いつもとは一味も二味も違う迫力のステージでした。 新人賞 LiSA 「紅蓮華」 抜群の歌唱力で初の大舞台を飾ってくれました。 Official髭男dism 「Pretender」 安定した歌声でいい歌を聴かせてくれました。 紅白歌合戦に関するビデオの貸与やダビングに関するご依頼はすべてお断りしております。 番組へのご意見・ご要望は直接NHKへお願いします。

次の

「令和初の紅白出演者はだれだ?!」紅白ファンがただ予想してみた

紅白予想

年の瀬が近づいてくると毎年注目を集めるのが、大晦日の風物詩『NHK紅白歌合戦』の出場者についての話題だ。 昨今はサプライズ度の高いアーティストが出場者に選ばれることが多く、特に初出場アーティストへの注目度は毎年高まっている。 昨年の放送では、地元である徳島県の大塚国際美術館で「Lemon」を披露した米津玄師が大きな話題となった。 ここ数年で目覚ましいものがあるのが、ロックバンド/シンガーの初出場の増加だ。 先に記したように、昨年の初出場アーティストにもロック畑のアーティストが数多く肩を並べている。 もちろん、今年も『紅白』初出場に期待したいロックアーティストが数多く活躍した。 まず注目したいのが、連続テレビ小説『なつぞら』のオープニングテーマを担当したスピッツだ。 バンドキャリア初の朝ドラ主題歌となった「優しいあの子」は、スピッツの新たな代表曲といっても過言ではない、優しく美しい旋律と歌詞が印象的な楽曲。 通算100作目となった朝ドラの主題歌としても注目度が高く、老若男女問わず広く届く楽曲となっている。 満を持して『紅白』に出場する可能性も大いに考えられるだろう。 他には、今年俳優としてのみならず、歌手としても大きな飛躍を遂げた菅田将暉が初出場するのではという予想も各所で浮上している。 石崎ひゅーい、あいみょんといったアーティストとのコラボレーションも精力的に行い、知名度のみならず確かな実力を着実に身に着けている菅田の初出場には是非期待したい。 ロックシーンからの『紅白』初出場に注目するなら、2019年に目覚ましい活躍を見せた数々の若手バンドの存在は外せないだろう。 まず注目しておきたいのが、今年1月にリリースされたメジャー初のアルバム『Sympa』が驚異的なヒットを見せ、一躍スターダムを駆け上がったKing Gnu。 自身初のドラマ主題歌「白日」がストリーミング&ダウンロードで同時1位を記録したりと、令和の新たな音楽シーン最前線のバンドと言っていいだろう。 また、今年活躍したバンドといえばOfficial髭男dismの存在は外せない。 インディーズリリースでありながらドラマ主題歌に大抜擢された「ノーダウト」をきっかけにその名を轟かせるようになったヒゲダン。 2018年のメジャーデビューを機に活動の幅をさらに広げ、今年5月にリリースされた自身初の映画主題歌「Pretender」の各種ストリーミングサービスでの再生回数は過去最速で1億回を突破。 間違いなく今年を代表する大ヒット曲となった。 GREEN APPLEや、昨年8月からスタートした生放送番組『テンゴちゃん』(NHK総合)への出演でも話題となったヤバイTシャツ屋さん、岡崎体育など、かねてより『紅白』出場を熱望されていた若手アーティストがNHK関連の番組に出演していたのも今年印象的だった出来事のひとつだ。

次の

紅白歌合戦2019(2020)出演者予想!司会はやっぱりあの人!?

紅白予想

Say! 2019年10月18日 金 、第70回NHK紅白歌合戦2019の総合司会者・紅組司会者・白組司会者が発表されました。 また、2019年10月28日 月 に、総合司会の和久田アナが発表されました。 プラス、内定報道が出たアーティストも記載。 ジャニーズカウントダウンコンサートとの兼ね合いもありますが、2019年はジャニー喜多川氏が亡くなったため、なんらかの追悼企画が行われるのではないでしょうか。 なので、今回は前回より1組増えて6組。 滝沢秀明さんの手腕により、デビュー予定のグループ含め、ジャニーズJr. Say! <紅組司会者は?> 紅組司会者は女性が選ばれる場合がほとんど。 2007年に当時SMAPだった中居正広さんが紅組司会を務めたことがありましたが、異例といって差し支えなさそうです。 では、今年はいったい誰が司会を務めるのでしょうか?やはり、 朝ドラ女優 が選ばれる可能性が高いのではないでしょうか。 その理由として、ここ数年の歴代紅組司会者を見てみましょう。 2010年:松下奈緒 同年・朝ドラ「ゲゲゲの女房」主演 2011年:井上真央 同年・朝ドラ「おひさま」主演」 2012年:堀北真希 同年・朝ドラ「梅ちゃん先生」主演 2013年:綾瀬はるか 同年・大河ドラマ「八重の桜」主演 2014年:吉高由里子 同年・朝ドラ「花子とアン」主演 2015年:綾瀬はるか 翌年~大河ファンタジー「精霊の守り人」主演 2016年:有村架純 翌年・朝ドラ「ひよっこ」主演 2017年:有村架純 同年:朝ドラ「ひよっこ」主演」 2018年:広瀬すず 翌年:朝ドラ「なつぞら」主演 直近9年の紅組司会者は、朝ドラ主演女優と大河ドラマ主演女優が司会を務めています。 また、可能性としては、朝ドラ100作目「なつぞら」が好評だった 広瀬すずさんが再び…ということも。 <白組司会者は?> 白組司会者については、やはり嵐のメンバーの誰か…という可能性が高いのではないでしょうか。 ジャニーズ勢の出演が多いことや、司会起用が頻発していることについては常々批判も多いですが、そうは言ってもそれなりの数字を持っているのは事実。 結局、これといってめぼしい司会者候補も見当たらないし、今年も元SMAPメンバーの起用は考えられそうもありません… 草彅剛・香取慎吾・稲垣吾郎の3人が起用されたとしたら、NHKに拍手を送ります!。 となれば、無難に嵐…でしょう。 ちなみに、2016年の相葉雅紀さんからスタートして、2017年は二宮和也さん、2018年は櫻井翔さんでした。 2019年、2020年と、オリンピックイヤーに向けて白組司会者は嵐が担当することが決まっている…なんて噂も聞かれます。 そして、嵐は2020年末で一時活動休止を発表しているわけですから、有終の美はリーダー・大野智さんで飾りたい。 朝ドラ「なつぞら」の主人公・なつの父であり、ナレーションとしても活躍した内村光良さんですが、さすがに3年連続で総合司会…というのもありえないような、ありえなくもないような…? サプライズよりを安定をとる傾向が強いNHKなので、もしかしたら3年連続での 内村光良さん…ということも考えられそうです。 ちなみに、一部ではAKB48を卒業した指原莉乃さんが紅白の司会に急浮上している…なんて噂も。 前章では、出演者と司会者を予想してきましたが、それでは肝心の発表はいつになるのでしょうか。 <出演者の発表は?> 出演者が発表された過去10数年の日付はこちら。 2007年12月 4日 火 2008年11月25日 火 2009年11月23日 月 2010年11月24日 水 2011年11月30日 水 2012年11月26日 月 2013年11月25日 月 2014年11月26日 水 2015年11月26日 木 2016年11月24日 木 2017年11月16日 木 2018年11月14日 水 なんとなく法則性があるとしたら、曜日的に見ると、月・火・水・木のどれか。 ここ数年は水・木が続いています。 ここからざっくり推察すると、出演者の選定がスムーズにいけば、 11月20日 水 、21日 木 あたりに発表されると予想できそうです。 2019年11月14日 木 に、出演者の発表がありました。 <司会者の発表は?> では、司会者の発表はいつになるのでしょうか。 過去10数年の司会者発表の日付はこちら。 2007年11月12日 月 2008年11月24日 月 2009年11月 3日 火 2010年11月 3日 水 2011年10月19日 水 2012年10月16日 火 2013年10月18日 金 2014年10月10日 金 2015年11月26日 木 出演者と同時 2016年11月12日 土 2017年11月16日 木 2018年11月 9日 金 法則性はあるようなないような…。 基本的に、司会者の発表は出演者の発表よりも早いパターンがほとんど。 稀に、出演者と同時だったり、司会者発表の翌日に出演者発表…なんてパターンも。 正直なところ、発表がいつになるか…の予想は難しいですが、スムーズにいけば 11月初旬。 司会者選定が難航した場合や、NHKがサプライズ感を持たせたいと考えれば発表は遅くなり、 11月中旬以降や出演者と同時発表なども考えられそうです。 2019年10月18日 金 に、司会者の発表がありました。 2018年11月14日 水 、第69回NHK紅白歌合戦2018の出演者 出場者 が発表されました。 Say! JUMP 2 星野源 4 三浦大知 2 三山ひろし 4 山内惠介 4 ゆず 9 YOSHIKI feat. 2018年11月9日 金 、第69回NHK紅白歌合戦2018の総合司会者・紅組司会者・白組司会者が発表されました。 Say! もう少し代わり映えがあってもよさそうな気も…。 サプライズ感もほとんど感じられませんでした。 しかし、安室奈美恵さんは特別枠としての出場打診を続けた結果、出場が実現しました 別撮り。 2017年11月13日 月 、紅白歌合戦2017の総合司会・紅組司会・白組司会が発表されました。 総合司会…内村光良 …桑子真帆 NHKアナウンサー 紅組司会…有村架純 白組司会…二宮和也 嵐 総合司会に内村光良さんが起用されたのは、サプライズ感がありました!ただ、有村架純さんについては、大方の予想通りという感じ。 また、二宮和也さんについても「あぁ、やっぱり、嵐を5年連続で起用するのは本当なんだな」と再確認させられた気分…。

次の