無印 良品 手帳 2020。 歐美熱門「Bullet Journal 子彈筆記」手帳工作術教學!有效安排 2020 每一天

【無印良品】手帳『上質紙マンスリー・ウィークリーノート』。ほぼ日手帳みたいに180度に開いておすすめ。

無印 良品 手帳 2020

2020 手帳節到了~如果寫手帳沒頭緒,寫日記的習慣難養成,或者很多用剩的筆記本?「Bullet Journal 子彈筆記法」可以幫你解決這些問題!子彈筆記法適用所有對象,選一本順手的「無時效手帳本、筆記本」,再搭配子彈筆記法,就能幫助你輕鬆記事,和拖延症說掰掰!(延伸閱讀:) 接下來,看小編一步一步教學! 什麼是 Bullet Journal 子彈筆記法? Bullet Journal 是一位來自紐約的設計師 Ryder Carroll 所設計出的記事方式。 Bullet 指的就是我們平時用來記事時使用的・符號,這一套筆記法能幫助我們快速歸納並整理生活中的記事。 一般常碰到的問題是:買了有時效性的手帳後,半途而廢沒有寫完,這本手帳就浪費了。 使用 Bullet Journal 就不會有這樣的問題,它完全可以依照你的需要增加或刪減,不會浪費筆記本的任何空間。 Bullet Journal 子彈筆記法的好處是什麼? 1. 不管什麼樣的、手帳都能執行,不用擔心筆記本沒有印上年份、日期等問題。 因為這些都是由自己來寫! 2. 學會子彈筆記法,就能隨心所欲製作出獨一無二的年曆或手帳本。 善用特殊符號,讓不同類型的記事一目瞭然。 學習簡化記事,讓筆記更整齊、更有重點。 而還來不及執行的記事,也能順利排程到未來,不怕忘記。 Bullet Journal 子彈筆記包含什麼? 基本包含以下四項,還可以依照個人喜好添加其他項目。 Index 索引頁/目錄:幫你快速找到『未來規劃表』、『月計劃』、『日計劃』等,各種記事的頁碼。 未來規劃表:簡單記錄著每個月的重要任務。 (這部分請務必精簡,詳細的內容留在月計劃與日計劃中。 月計劃:記錄當月的首要任務、約會與活動。 日計劃:可以仔細記錄每天的待辦事項,並運用特殊符號來區分不同類型的記事。 意義是什麼?那就是一旦擁有了它,就有過好每一天的決心。 以下私心推薦三款小編喜歡的手帳筆記本: 1. 妳我她的女子力| 致每一位女孩:如果突然覺得失去動力,此時只需要一句話,就能夠提醒著我們繼續前進。 | 2. 難以超越的經典| 不會隨著年代褪色,只有。 它不只是作為書寫工具,更是一種收藏。 就可以開始規劃四大基本項目:Index 索引頁/目錄、未來規畫表、月計畫表、日計畫表。 這兩頁是 Bullet Journal 的搜尋頁,未來想找某一天的記事時,就可以翻開這兩頁快速尋找。 「Future Log 未來規劃表」分隔好後,在空格中填上十二個月份,不夠的部分請翻開下一頁繼續寫。 並在空格內精簡地寫下當月的規劃,切忌寫得太詳細。 寫好後,記得在底下自行標上頁碼。 還要記得翻到剛剛的『Index 索引頁/目錄』記錄下頁碼喔。 左頁頂端寫下該月的月份,接著往下用數字寫下該月的日期,例如:1 月總共有 31 天就寫到 31。 每個日期後面記得留空位,可以在空位中寫下當日的重要活動,像是朋友生日、跨年、休假等等。 右頁則寫下該月想完成的計劃,每個計劃前面請畫上・符號。 請在前一天結束時寫明天的計劃。 像寫日記一樣寫上明天的日期,例如 Jan 01 Mon , 一月一號星期一。 接著請寫下明天的所有待辦事項。 在每個待辦事項前面,標上特殊符號,以區分重要性。 Step3 清楚定義待辦事項 如何區分待辦事項的種類?就使用特殊符號吧! 1. 已完成的事項 x(當天結束時,記得審視今天的計劃,完成的請在原本的・上打個 x) 6. 已遷移的事項>(未完成的計劃,請評估其重要性。 如果覺得值得近期完成,請在・寫上>代表「遷移」,並把此待辦事項寫進明後天的『日計劃』中。 ) 7. 已搬回『Future Log 未來規劃表』的事項<(未完成的計劃,請評估其重要性。 如果覺得不急著近期完成,可以延至下個月或更久以後,請在・寫上<代表「搬回」,並把此待辦事項寫回『Future Log 未來規劃表』適合的月份中。 ) 8. 其他:還可以依照個人需求自訂符號,但請記得一定要找一頁記下符號所代表的意思,以免日後忘記啦~ 完成以上步驟,你就有一本基本版的子彈筆記了。

次の

「無印良品週間情報局」2020年の10%OFFセール時期はいつ?

無印 良品 手帳 2020

こんにちは、白みやです。 そろそろ文具店に年度切り替え手帳が並び始めましたね。 私も手帳は数冊同時進行してますが、そのうち2冊は年度切り替えのものを使用しています。 今まで使っていたのはコーテッドのもので、仕様にも満足しており、今年も同じ物を買おうかと思っていたのですが、買いに行ったloftには置いてませんでした。 時期が早かったのかもしれない。 これまで使ってたコーテッドの記事はこちら 他に似たようなレイアウトの物はないかと探してみたのですが、なかなか希望通りのものは見つかりませんでした。 シンプルなウィークリーレフトなので類似品を見つけるのはさほど難しくなさそうですが、この時はレフト式自体があまり種類が多くなかったです。 結果、その後立ち寄った無印でほぼ満足いくものを見つけてしまったので、今回はその紹介です。 シンプルがいい・無印のマンスリー・ウィークリーノート それがこちら。 無印の 「マンスリー・ウィークリーノート」です。 もはや紹介するまでもない程、メジャーな商品かと思います。 3年カレンダー、イヤープラン、マンスリーブロック、ウィークリーレフト• 方眼メモページが21ページ• ポケットありのカバー付き• スピン1本(赤)• 全88ページ• 月齢、六曜表示付き• 月曜始まり という仕様になっています。 私も以前使ったことがありました。 数年越しのリピです。 やはり無印の良さは シンプルで飽きのこない所なので、毎度手帳の物色には必死な私ですが、 「気に入ったものが見つからなかったとしても、その時は無印を買えばいい」という、心の支え的な存在でありました。 中身の紹介 ではここからは中身を紹介していきます。 イヤープランページ 見開き一年分のスケジュールを俯瞰できるページです。 写真だとややわかりにくいのですが、 休日の色は赤になっています。 ただ、マンスリーやウィークリーページは休日の印刷色もモノトーンです。 マンスリーブロックのページ 非常にスッキリしたレイアウトです。 六曜と満月、半月、新月のみ月齢の表示があります。 左側にメモスペースがありますが、それ以外は上下いっぱいにマンスリーを配置してあるので、B6サイズでも1マスが広めに感じます。 休日は色が薄いグレーになってます。 目立たせたい場合は自分で赤ペンで囲ったりシールでマーキングしたりすると良さそうです。 ウィークリーレフトのページ こちらものびのびとしたレイアウトです。 左側のページには分割線を入れられるように小さな点が三箇所入っています。 ウィークリーの方には六曜や月齢はありませんが、ごく小さいフォントで記念日表示はあります。 右側は5mm方眼なので自由に区切ったり線を無視して書き込むことも出来ます。 メモページ メモのページは全部で21ページありました。 割と多い方かと思います。 他の手帳だと最終ページがプロフィール欄になっていることが多いですが、無印の場合そこもきっちりメモページになっています。 こちらも自由度の高い5mm方眼です。 ポケットのあるカバー付き 手帳にはビニールカバーが付いているのですが、前と後ろそれぞれに違う形のポケットが付いています。 前の場合は カバーの差込口と同じ大きさでもう一段。 後ろのページは カードサイズくらいの小さなポケットです。 カバー部分に挟みすぎて緩くなってしまうを防止できます。 メモページが足りない時は後ろのカバーに別の薄手のノートを挟んだりもするので、やはりカバーはあると良いです。 万年筆にも向いているらしい 購入時にかかっている帯に、 「万年筆での筆記も可能な上質紙を使用しております」との言葉があります。 これは万年筆ユーザーにとってはありがたいポイントです。 手帳によっては裏抜けがひどく、万年筆が使えない(使っても読みにくい)場合があります。 とはいえ買う前から試すことは難しいので、メーカーから「万年筆行けるよ!」と教えてもらえるのは助かります。 というわけで実験 手帳の最終ページに「自分が手帳で使うであろうペン」で試し書きしました。 メインで使うのは 顔料インクのストーリアなので元から裏抜けはしにくいのですが、とりあえず色々試しました。 どれもフローはかなり良好な状態で書いてます。 で、裏返してみると。 ちょっと抜けてる。 1番抜けてるのが同ブランドである「無印のアルミ軸万年筆」で書いたものなのはどうなんだって話ですが、これはインクの相性もあるので組み合わせ次第かも。 あと、マーカー類は抜けやすいです。 マイルドライナーは他の手帳でも裏抜けしますが、無印の手帳でも同様でした。 その他の万年筆はほぼ裏抜け無しだったので、よほど太いニブでインクどばどば出てる状態じゃなければ大丈夫じゃないかと思います。 私のメイン使用するストーリアは全く抜け無しでした。 無印の手帳は他にもここが良い 他に無印で好きなところは、 印刷色がくどくないところと 付録ページが無いところです。 カラフルな紙面もそれはそれで良いのですが、色味が欲しい場合、最初からキャラものとかデザインの凝ったものを買うし、ベースはシンプルで自分でアレンジできる方が好みです。 あと付録ページが無いのはとても良いです。 路線図等はアプリで見るし、豆知識系も知りたかったら検索してしまいますし、目が暇な時の読み物として使うことも無いので、 付録を削ぎ落としてその分厚みを減らしてあるのは助かります。 あとお値段がありがたい。 B6だと1000円以下です。 無印はリピーターが多いとは聞きますが、必要十分な機能があり、安心して毎年同じレイアウトが選べるという利点は大きいですよね。 多分今後も何度かお世話になるんだろうなと思っています。

次の

歐美熱門「Bullet Journal 子彈筆記」手帳工作術教學!有效安排 2020 每一天

無印 良品 手帳 2020

こんにちは、白みやです。 そろそろ文具店に年度切り替え手帳が並び始めましたね。 私も手帳は数冊同時進行してますが、そのうち2冊は年度切り替えのものを使用しています。 今まで使っていたのはコーテッドのもので、仕様にも満足しており、今年も同じ物を買おうかと思っていたのですが、買いに行ったloftには置いてませんでした。 時期が早かったのかもしれない。 これまで使ってたコーテッドの記事はこちら 他に似たようなレイアウトの物はないかと探してみたのですが、なかなか希望通りのものは見つかりませんでした。 シンプルなウィークリーレフトなので類似品を見つけるのはさほど難しくなさそうですが、この時はレフト式自体があまり種類が多くなかったです。 結果、その後立ち寄った無印でほぼ満足いくものを見つけてしまったので、今回はその紹介です。 シンプルがいい・無印のマンスリー・ウィークリーノート それがこちら。 無印の 「マンスリー・ウィークリーノート」です。 もはや紹介するまでもない程、メジャーな商品かと思います。 3年カレンダー、イヤープラン、マンスリーブロック、ウィークリーレフト• 方眼メモページが21ページ• ポケットありのカバー付き• スピン1本(赤)• 全88ページ• 月齢、六曜表示付き• 月曜始まり という仕様になっています。 私も以前使ったことがありました。 数年越しのリピです。 やはり無印の良さは シンプルで飽きのこない所なので、毎度手帳の物色には必死な私ですが、 「気に入ったものが見つからなかったとしても、その時は無印を買えばいい」という、心の支え的な存在でありました。 中身の紹介 ではここからは中身を紹介していきます。 イヤープランページ 見開き一年分のスケジュールを俯瞰できるページです。 写真だとややわかりにくいのですが、 休日の色は赤になっています。 ただ、マンスリーやウィークリーページは休日の印刷色もモノトーンです。 マンスリーブロックのページ 非常にスッキリしたレイアウトです。 六曜と満月、半月、新月のみ月齢の表示があります。 左側にメモスペースがありますが、それ以外は上下いっぱいにマンスリーを配置してあるので、B6サイズでも1マスが広めに感じます。 休日は色が薄いグレーになってます。 目立たせたい場合は自分で赤ペンで囲ったりシールでマーキングしたりすると良さそうです。 ウィークリーレフトのページ こちらものびのびとしたレイアウトです。 左側のページには分割線を入れられるように小さな点が三箇所入っています。 ウィークリーの方には六曜や月齢はありませんが、ごく小さいフォントで記念日表示はあります。 右側は5mm方眼なので自由に区切ったり線を無視して書き込むことも出来ます。 メモページ メモのページは全部で21ページありました。 割と多い方かと思います。 他の手帳だと最終ページがプロフィール欄になっていることが多いですが、無印の場合そこもきっちりメモページになっています。 こちらも自由度の高い5mm方眼です。 ポケットのあるカバー付き 手帳にはビニールカバーが付いているのですが、前と後ろそれぞれに違う形のポケットが付いています。 前の場合は カバーの差込口と同じ大きさでもう一段。 後ろのページは カードサイズくらいの小さなポケットです。 カバー部分に挟みすぎて緩くなってしまうを防止できます。 メモページが足りない時は後ろのカバーに別の薄手のノートを挟んだりもするので、やはりカバーはあると良いです。 万年筆にも向いているらしい 購入時にかかっている帯に、 「万年筆での筆記も可能な上質紙を使用しております」との言葉があります。 これは万年筆ユーザーにとってはありがたいポイントです。 手帳によっては裏抜けがひどく、万年筆が使えない(使っても読みにくい)場合があります。 とはいえ買う前から試すことは難しいので、メーカーから「万年筆行けるよ!」と教えてもらえるのは助かります。 というわけで実験 手帳の最終ページに「自分が手帳で使うであろうペン」で試し書きしました。 メインで使うのは 顔料インクのストーリアなので元から裏抜けはしにくいのですが、とりあえず色々試しました。 どれもフローはかなり良好な状態で書いてます。 で、裏返してみると。 ちょっと抜けてる。 1番抜けてるのが同ブランドである「無印のアルミ軸万年筆」で書いたものなのはどうなんだって話ですが、これはインクの相性もあるので組み合わせ次第かも。 あと、マーカー類は抜けやすいです。 マイルドライナーは他の手帳でも裏抜けしますが、無印の手帳でも同様でした。 その他の万年筆はほぼ裏抜け無しだったので、よほど太いニブでインクどばどば出てる状態じゃなければ大丈夫じゃないかと思います。 私のメイン使用するストーリアは全く抜け無しでした。 無印の手帳は他にもここが良い 他に無印で好きなところは、 印刷色がくどくないところと 付録ページが無いところです。 カラフルな紙面もそれはそれで良いのですが、色味が欲しい場合、最初からキャラものとかデザインの凝ったものを買うし、ベースはシンプルで自分でアレンジできる方が好みです。 あと付録ページが無いのはとても良いです。 路線図等はアプリで見るし、豆知識系も知りたかったら検索してしまいますし、目が暇な時の読み物として使うことも無いので、 付録を削ぎ落としてその分厚みを減らしてあるのは助かります。 あとお値段がありがたい。 B6だと1000円以下です。 無印はリピーターが多いとは聞きますが、必要十分な機能があり、安心して毎年同じレイアウトが選べるという利点は大きいですよね。 多分今後も何度かお世話になるんだろうなと思っています。

次の