わく た まゆ。 「わくまゆ」のスレッド検索

和久田麻由子の美脚にはスカートがよく似合う【わくまゆのスカート画像集めました】

わく た まゆ

今年の大みそかの『第70回NHK紅白歌合戦』にウッチャンナンチャンの内村光良(55)とともに総合司会に抜擢されたのが同局の和久田麻由子アナ(30)。 28日の会見では「目いっぱい盛り上げていきたいと思います」と意欲を見せた和久田アナ。 2011年に入局し、岡山を経て、14年4月から東京勤務となり、「おはよう日本」の土日キャスターに抜擢。 わずか1年後には同番組の平日キャスターに昇格した。 「落ち着いたたたずまいと高いアナウンス力は、現在のNHKの若手女性アナの中ではトップクラス。 わずか5年目でキャスターに抜擢されたことからも、期待の大きさがうかがわれます」とNHK関係者。 しかし、「昨年まで総合司会を務めた桑子真帆アナがコケティッシュなのに対して、和久田アナは正統派。 そして朝の出演ということもあり、これまであまり目立たなかった。 ついに今年7月に発表された『週刊文春』のアナウンサーの好感度ランキングでは、好きな女性アナで9位にランクインしました」とアイドル誌編集者。 ようやく時代が和久田アナに追いついてきた。

次の

“わくまゆ”時代がキター! 和久田麻由子アナ、紅白総合司会に抜擢で…正統派美人の“朝の顔”ついに花開く?:イザ!

わく た まゆ

人物・来歴 出身。 2歳から5歳までテキサス州で暮らした。 、 経済学科卒業。 中学校から高校の時はの演劇部に所属した。 高校2年生の時には、ブロードウェイミュージカル「」で男役を熱演した。 大学在学中は男子部にて兼を担当していた。 NHK入局。 岡山放送局勤務。 2014年に東京アナウンス室に異動となり、のメインキャスターに抜擢される。 最後の日(2019年4月30日)と初日(2019年5月1日)の改元関連の特設ニュースでは、とともにキャスターを務めた。 2019年2月に一般男性と結婚。 現在の担当番組• (キャスター:2020年3月30日 - ) 過去の出演番組 岡山局時代• (2011年5月21日)- 新人お披露目• のニュース・中継・リポート• ・岡山県コンクール(2011年8月27日・・岡山県域放送)• (2011年12月11日)• (2012年1月29日)• LIVE BOX(MC・2012年4月〜2013年3月1日)• (2013年6月13日)- 「JAPA-NAVI」ナビゲーター 東京アナウンス室時代• - キャスター(土曜・日曜・祝日)(2014年4月5日 - 2015年3月29日)• (2014年3月26日・27日)- 徹宵番• (2014年4月24日、2015年3月5日)• ラジオニュース• - キャスター(6:00 - 7:45・祝日を除く月曜日〜金曜日)(2015年3月30日 - 2020年3月27日)• - キャスター(7:45 - 8:00・祝日を除く月曜日〜金曜日)(2015年3月30日 - 2020年3月27日)• ナレーション(2015年4月19日・第407回 海鳥 の珍子育てから)• Nスペ5min. 天使か悪魔か を探る(2016年5月14日)- ナレーション• 列島誕生 ジオ・ジャパン(2017年7月23日・30日)• 深海大スペシャル「驚異のモンスター大集合! 」 2017年12月30日 - 語り• 「日仏友好160年 とことんフランス!」魅惑の5時間スペシャル(2018年9月15日) - 司会• 秘島探検 東京ロストワールド - 語り• 第1集「」(2018年9月16日)• 第2集「」(2018年9月29日)• スペース・スペクタクル - 司会• プロローグ「はやぶさ2の挑戦」(2019年3月17日)• 第1集「宇宙人の星を見つけ出せ」(2019年6月23日)• 第2集「見えた!ブラックホールの謎」(2019年7月28日)• 第3集「はやぶさ2 地球生命のルーツに迫る」(2019年9月8日)• 「」関連ニュース(キャスター、2019年4月30日)• 即位関連ニュース(キャスター、2019年5月1日)• 2020スタジアム - 司会• 東京2020オリンピック開幕1年前スペシャル(2019年7月24日)• 東京2020パラリンピック開幕1年前スペシャル(2019年8月28日)• 「」関連ニュース(キャスター、2019年10月22日)• (総合司会・2019年12月31日) 同期のアナウンサー• 産経ニュース. 2015年2月5日. 2019年3月19日閲覧。 2014年4月18日(2014年4月19日閲覧)• Sponichi Annex. 2019年3月6日. 2019年3月19日閲覧。 NHKアナウンスルーム. 2016年4月. 2016年4月6日時点のよりアーカイブ。 2018年2月13日閲覧。 からまでの6年間を私立女子校で過ごした。 東京大学男子ラクロス部ホームページより。 マイナビ 学生の窓口、2017年9月12日• NHK アナウンス室 2018年• NHK. 2019年1月1日閲覧。 [ ]• NHK. 2019年1月1日閲覧。 [ ]• 外部リンク• 先代: 女性メインキャスター 和久田麻由子 - 次代: - この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

紅白総合司会に大抜擢!パーフェクトアナウンサー「わくまゆ」のうわさ・4つ

わく た まゆ

今年の大みそかの『第70回NHK紅白歌合戦』にウッチャンナンチャンの内村光良(55)とともに総合司会に抜擢されたのが同局の和久田麻由子アナ(30)。 28日の会見では「目いっぱい盛り上げていきたいと思います」と意欲を見せた和久田アナ。 2011年に入局し、岡山を経て、14年4月から東京勤務となり、「おはよう日本」の土日キャスターに抜擢。 わずか1年後には同番組の平日キャスターに昇格した。 「落ち着いたたたずまいと高いアナウンス力は、現在のNHKの若手女性アナの中ではトップクラス。 わずか5年目でキャスターに抜擢されたことからも、期待の大きさがうかがわれます」とNHK関係者。 しかし、「昨年まで総合司会を務めた桑子真帆アナがコケティッシュなのに対して、和久田アナは正統派。 そして朝の出演ということもあり、これまであまり目立たなかった。 ついに今年7月に発表された『週刊文春』のアナウンサーの好感度ランキングでは、好きな女性アナで9位にランクインしました」とアイドル誌編集者。 ようやく時代が和久田アナに追いついてきた。

次の