ビットコイン 評判。 ビットコインボルト(BTCV)は詐欺なのか?「評判・口コミ」を徹底分析

【リスクなし】Cheeese(チーズ)アプリでビットコインが無料で貰える!評判や口コミの状況は? | IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

ビットコイン 評判

ビットコイン 投資商品として評判を集めたビットコインについて紹介しています。 ネット世代から評判を集めた仮想通貨・ビットコイン ビットコインは2009年から運用が開始された仮想通貨です。 仮想通貨と名前がついていますが、硬貨も実在し、硬貨・データともに実際の通貨である円やドル、ユーロなどに換金が可能です。 また、世界各国どこに送金しても手数料がかからないという点が、国を超えてやり取りをする際に便利です。 それがなぜ投資の対象になるかというと、ビットコインの流通量が決まっていることがその理由。 流通量が一定なのにビットコインを使う人が増えれば、需要と供給の関係で価値が上がっていきます。 実際、最初は1ビットコイン=1セント以下の価値しかなかったものが、2014年には550ドル前後にまで膨らんでいます。 これは投資という点でみると、ものすごく大きな利益です。 グローバルな時代に大きな可能性を秘めていると期待されるビットコイン。 しかし、2014年にその危険性も顕著となりました。 一時期、世界最大の取引量を誇っていたMt. Gox社が破綻したのです。 管理していたビットコインのデータがセキュリティを突破されて盗まれたことが発端です。 現状、各国から通貨として認められているわけではないものの、世界中に広がっているビットコインですから、これから規制などが本格的になるかもしれません。 ビットコインの概要• 事業開始:2009年• 1口:相場によって変動• 運用年数:投資家による• 途中解約:可能• 想定利回り:不明(最高時は10%超え)• 過去元本割れの有無:有• 安定性:国家の承認がない仮想通貨であるため、価値が安定していない。 また、日本国内にあった世界最大の取引所が破綻したため、信用度も低い。 メリット:相場によって価値が上下する。 デメリット:「物」よりは「データ」でのやり取りがメインとなるため、データに不備があると一瞬で破綻する。 ビットコインに投資した人の声 登録、送金、受け取りすべてが超スピーディーにできてしまい、面倒な申請もいりません。 上がるのを期待して追加で購入します。 トレード慣れしている人は向いているかも 投資目的でビットコインを購入しました。 これまでの感想は「トレード慣れしていれば有利かも」です。 こう感じた理由は材料よりチャートに沿い動く傾向が強いからです。 もう少し様子を見て、しっかりと儲けたいですね。 リスクはかなり高いと思います 友人から勧められてビットコインを始めました。 購入後、一気に値上がりしたのですごいと感じましたが、その後は一気に値下がりしました。 株などに比べると値動きが激しいので、リスクを避けたい方には向いていないと思います。 仮想通貨の中では信頼できる 市場規模が大きい分、他の仮想通貨より安定しているかなと感じています。 投資はしやすいですよね。 もちろん、下落することはありますが思っていたより底が硬くて、手堅く稼ぐことができています。 我慢できるかがカギかな ビットコインを購入して半年経過しました。 稼げるとは思いますが我慢は必要です。 大きく値下がりすることもあるので、そこで耐えられるかが重要だと思います。 私は無理でした・・・。 精神的に良いとは言えないですね。 しっかり儲けられる 色々と言われていますが、市場環境が良かったおかげで今年はしっかりと儲けることができました。 同じような境遇の方が多いのではないでしょうか。 良い波に乗れば凄腕でなくても利益は出せると思います。 だれでも自由に自分の株式を発行できるサービス「VALU」とは VALUとは、「VA」と呼ばれる自分の株式のようなものを自由に発行して、売買することができる、ビットコインの新たな投資商品です。 登録すればだれでも「VA」を発行することができるうえ、「VA」の売買はビットコインを通じてのみ行うことができるという点から、注目を集めています。 VALUを使ってできるのは「VA」の発行・購入・売却・所有 VALUの機能は、「VA」の発行、購入、売却、所有です。 VALUに登録すると、登録した人がSNS上で持っている社会的な価値、つまりフォロワー数や「いいね」の数に応じて「VA」を発行することができます。 発行されたVAは、登録した人の時価総額を示す新しい価値であり、わかりやすく説明するなら株式に近いものです。 また、VAの初期販売額は、VAを発行した人が自由に決めることができます。 VALUが話題になった理由はさまざまですが、もっとも大きな理由は「通常なら厳しい条件をクリアしてはじめて公開できる株式を、個人レベルで気軽に発行できる」からでしょう。 発行されているVAは、ビットコインがあればだれでも購入することができ、また、改めて値付けをして売却することも可能です。 発行数に限界があるため、流通量に制限があること、自由に売買できることから、VALU内で一部のVAの取引価格が跳ねあがり、投資商品としても話題になっています。 トップクラスのVALU利用者(VALUER)になると、VAの発行数と単価をかけあわせた「時価総額」が100億円を越えている人もいるほどです。 VALUは利用目的が幅広い VALUは利用者の層が非常に厚く、起業家やアーティスト、ブロガー、ユーチューバーをはじめとして、VAの売買でビットコインでの利益を狙う投資家、一般人までVALUを利用しています。 VALUがさまざまな属性の人たちに利用されているのは、その利用方法が多いからでしょう。 VALUは、ビットコインを使った投資商品という面、個人が手軽に自分の人気や価値を「VAの時価総額」という形で確認することができる人気度のチェックツールという面、個人で活動するアーティストや作家などが、優待を利用して手軽に資金集めをすることができるクラウドファンディング的な面をもっています。 登録の手軽さと、サービスの新しさからくる話題性、そして人によってさまざまな利用法があることが理由となって、大量のビットコインが投資されているのです。 ただ、VALUは株やクラウドファンディングに似たシステムですが、株やクラウドファンディングとは明確に違う点があります。 それは、VALUが「明確なリターンが保証されていないサービス」であることです。 「企業が利益を追求するために発行され、金銭的な配当の存在する株」や、「目標を達成するための資金集めであり、投資額に応じた物品や特典の入手が保証されているクラウドファンディング」とは違い、VAはあくまでも相手を応援するための投資サービスなのです。 株式と違って金銭的な対価を優待にすることができない VALUの規約上、発行したVAに対して、現金や商品券などの金銭的な優待をつけることは禁止されています。 つまり、株でいう「配当」は存在しません。 VAをもっている人にのみ利用できる情報サイトや、金銭以外の特典を用意しているVAの発行者もいますが、優待そのものを設定していない発行者もいます。 クラウドファンディングのように、「投資した額に応じたリターンが保証されている」ものでもないのです。 利益を出すには「安いVAを購入して、価値があがったら高く売る」しかありません。 投資商品として見た場合、不安定な面もあるといえます。 ただ、VALUは新しいサービスなので、これから人気度の高い著名人やアーティストの登録者が増える可能性も高いです。 人気がある人のVAを初期に購入できれば、VAの売買で利益を出すこともできます。 参入が早ければ早いほど投資のチャンスが増えるので、ビットコインやビットコインでの投資が気になっているなら、一度VALUを利用してみてもよいでしょう。 過去に起きた仮想通貨の難事件 仮想通貨が登場してから、様々な事件が起きています。 その一例を紹介します。 マウントゴックス事件 仮想通貨に関連する事件で記憶に新しいのがマウントゴックス事件です。 マウントゴックスとはビットコイン交換所の名称。 一時期は、最大規模の取引量を誇る交換所でした。 事件がわかったのは2014年2月。 マウントゴックスは、現金28億円と480億円相当のビットコインが消失したと発表します。 同社は、ハッキング攻撃による消失と公表しますが、警視庁は同社のずさんな管理体制が原因と考え捜査を開始。 一部はサイバー攻撃で盗み出されたことがわかりましたが、全貌解明には至っていません。 また、同社の社長が自身の口座に会社からの貸付金として資金を移し、カードの支払いや知人女性の生活費などに充てていたこともわかっています(本人は着服を否定)。 マウントゴックスは、2014年4月に破産手続きを開始。 2018年にビットコインのまま返還できる民事再生手続きに変更されています。 コインチェック・NEM流出事件 コインチェックのNEM流出事件も大きな話題となりました。 コインチェックは、日本の仮想通貨取引所です。 事件が起きたのは2018年1月。 不正アクセスにより、580億円相当の仮想通貨NEMが流出しました。 一部では、北朝鮮のハッカー集団による事件と噂されています。 巨額の仮想通貨が不正流出したため顧客への返金は不可能と思われましたが、コインチェックは2018年4月に、不正流出したNEMに対する顧客への返金が完了したことを発表しました。 ただし、返金額は460億円です。 不正流出後、相場が下落したためこの額となったようです。 返金が行われたため顧客に対する影響は少なかったですが、仮想通貨の脆さを世に知らしめることになりました。 仮想通貨は信頼できる? 紹介した以外にも様々な仮想通貨に関連する事件が起きています。 様々な事件が起きている理由のひとつとして、仮想通貨の市場規模が急拡大していることが挙げられるかもしれません。 取引事業者やルールが整備されていないので、安全面のリスクが存在します。 業界、行政とも紹介した事件などを受けて整備に取り掛かっていますが、誰もが安心して利用できるようになるまでまだ時間はかかりそうです。 仮想通貨に興味を抱いている方は、安全面のリスクがあることを理解しておく必要があります。

次の

【リスクなし】Cheeese(チーズ)アプリでビットコインが無料で貰える!評判や口コミの状況は? | IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

ビットコイン 評判

DMMビットコインの評判と特徴 DMMビットコインは、2018年1月に参入したばかりですが、ローラを起用したCMが話題性を呼び、今急成長を遂げている取引所です。 歴史的には浅いと思われがちですが、その前身は2016年に設立された「東京ビットコイン取引所」という取引所で、2018年にDMMビットコインに社名を変更したという形になります。 取扱通貨の種類が比較的多く、国内では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能な点が大きな特徴です。 DMMビットコインのメリット アルトコインの種類が豊富 DMMビットコインは、ビットコインを含む7種類の仮想通貨取引に対応しており、国内取引所としては種類が豊富です。 特にアルトコインとしては、国内初のレバレッジ取引が可能であり、これから国内のアルトコイン市場が盛り上がるのではと期待もされています。 各種手数料が無料 DMMビットコインでは、各社当たり前のように設定している、出金手数料や取引手数が無料となっています。 もちろんその他、各社が無料にしているような手数料はすべて無料で、どこで収益を上げているか分からないほどです。 頻繁に入出金や取引を行う方にはかなりおすすめです。 DMMビットコインのデメリット レバレッジ4倍まで アルトコインのレバレッジ取引に対応している点は魅力的ですが、最大レバレッジが4倍までに抑えられています。 25倍などの高倍率でレバレッジを行いたい方には少々物足りない倍率となっています。 現物取引が出来るのは2種類のみ 豊富な種類の仮想う通貨に対応しているDMMですが、現物取引が出来るのは「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」の3種類のみです。 その他アルトコインはレバレッジ取引のみの対応なので信用取引をしたくない方にはおすすめできません。 DMMビットコインのおすすめ理由 DMMビットコインは、取引を頻繁に行うデイトレーダーにおすすめの取引所です。 手数料が各種無料で、アルトコインのレバレッジ取引に対応しているので、色々な取引ができ、手数料による損失も抑えることが出来ます。 登録方法 アカウントの作成 まずは、メールアドレス入力し、送信をクリックします。 メールを確認 登録のメールアドレスへ確認メールが届きますので、メールに記載されているURLえおクリックしましょう。 パスワードを設定 パスワードの設定を行えば、アカウントの作成は完了です。 本人確認 口座開設フォームにて、規約の同意と個人情報の入力を行いましょう。 電話番号認証 自身の登録した電話番号が合っているか確認し、コードを発行しましょう。 SMSで確認コードが届きますので、確認コード欄へ番号を入力したら認証完了です 身分証明書の提出 例が記載されていますので、案内通り身分証明証を添付しましょう。 顔や文字が鮮明に写るように、できるだけ明るい場所で撮影してください。 本人確認に使える証明書 ご本人確認資料は以下より1点 ・運転免許証 ・パスポート(日本国が発行する旅券) ・個人番号カード ・住民基本台帳カード(顔写真あり) ・各種健康保険証 ・共済組合会員証(カード型健康保険証) ・各種健康保険証(紙型健康保険証) ・各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等) ・各種福祉手帳 ・印鑑登録証明書 ・住民票の写し ・在留カード ・特別永住者証明書 もちろん、入力住所と証明書の住所が相違していた場合は承認されません。 身分証の住所変更が済んでいない方は、先に住所変更が必要です。 アップロードした本人確認書類が承認されれば、入金・仮想通貨の売買が可能になります。 ハガキを受け取る 本人確認のハガキを受け取った時点で本人確認完了となります。 完了後は全機能を使用できるようになり、コインや日本円の出金も可能となります。 2段階認証設定 2段階認証とは 二段階認証は簡単に言うと2重のパスワード設定です。 メールアドレスとパスワードだけでログインできてしまっては、不正ログインによる仮想通貨の盗難の可能性が高まります。 二段階認証は、スマホで設定をするとメールアドレスとパスワードだけでなく、スマホアプリで2番目のパスワードが表示されるようになります。 ワンタイムパスワード 別名トークン と呼ばれていて、30秒ごとにパスワードが変わっていく仕組みです。 ログインする時はメールアドレスとパスワード、スマホアプリに表示されるワンタイムパスワードを入力して初めてログインできるため、大切な資産を守るためにも、かならず二段階認証を行いましょう。 2段階認証は絶対に行いましょう!それだけで各段にセキュリティ性が高まります。 ログイン方法 DMMビットコインのトップ右上にある「ログイン」からログインが可能です。 新規登録をする方も右上の「口座開設」から登録することが可能です。 入金や送金方法 DMMビットコインにログインしたら、「入金入庫」を選択しましょう。 「クイック入金」「銀行振込」「BTC入庫」「ETH入庫」が選択可能です。 銀行振込は時間帯によっては反映に時間がかかるので、注意しましょう。 手数料 現物取引 レバレッジ取引 取引手数料 無料 取引手数料:無料 レバレッジ手数料 (スワップポイント) ー 建玉金額の0. SNSアカウントは使わない 2. 英数記号の3種混合パスワードを使う 3. ブラウザにパスワードは保存しない 4. 二段階認証は絶対 5. SNSアカウントはハッキングされやすく、盗まれた情報をもとに仮想通貨口座が狙われてしまいます。 必ず複雑なパスワードを用意して突破されないようにしましょう。 できるだけ、 20文字以上の英数記号の3種混合パスワードをでの作成をおすすめします。 また、ブラウザにパスワードは保存しないようにしましょう。 アカウントハッキングによる情報流出の恐れがあります。 2段階認証は絶対 多くの取引所に採用されている「2段階認証」は絶対に行ってください。 二段階認証は、必要最低限の自己防衛手段であり、これを行わずしてアカウントを盗まれた報告例は国内でいくつも挙がっています。 取引所登録を終えたら必ず認証作業を行いましょう。 チャットや掲示板でリンクを踏まない 各取引所や板などでは、DMMビットコインなどを模したコピーサイトURLが大量に張られています。 フィッシングサイトと言われるネット詐欺の常套手段であり、クリックしてしまうと、パスワードや秘匿性の高い情報が盗まれます。 気になる文言があった場合でも、絶対にリンクは見ない、踏まないを心がけてください。 モナコインやビットコインキャッシュ、イーサクラシックやライトコインなどでも大きく違いがあります。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」にてご連絡ください。

次の

ビットストックとは? 口コミ・評判・使い方・退会方法まとめ

ビットコイン 評判

<進捗情報> 【CEOよりメッセージ:2020年7月2日】 マイニングシティのグレッグCEOよりメッセージが配信されました。 【グレッグCEOメッセージ 翻訳 】 親愛なる家族へ この6月は新たなるマイルストーンに到達しました。 6月の売上は、3億4,200万米ドル 約365億円 以上の売上を1ヶ月で記録しました。 私たちは、コミュニティーからの売上とサポートの新記録達成に慣れていると思うかもしれませんが、『この6月のレベルは別次元の記録です!! 皆様お一人お一人に感謝し、お客様とお客様のビジネスに利益をもたらすよう、一層努力することをお約束します。 そして、私たちの記録的な売上は?そう。 記録は破られるためにあります。 尊敬して愛しています。 いよいよ第二期のスタートとなります。 当日のおもな内容は、• 既存会員は25万人以上• 50ヵ国以上に展開• 今後2~3ヵ月で大手取引所へ上場予定• 高いセキュリティサービスを取引所へ提供• 大手のマイニング企業が参入予定である• マイニングの世界基準を作る(すでに100社以上が賛同)例えば、一つの国にマイニングが集中しないなど。 一日の世界売上は「10億円」程度• 本当のユーザーはこれから続々と誕生する、BTCVが提供するセキュリティやサービスの恩恵を受ける取引所やトレーダーであるという事です。 今後の予想価格「690ドル」• ハッシュレートが市場を創り出していきますので、マイニング業界がいかにBTCV(ビットコインボルト)に着目しているかが分かるかと思います。 今後の予想価格「450ドル」• 購入代金回収は、単利で計算すると4ヶ月ですが、実際は、価格上昇によるキャピタルゲインがある為、2ヵ月で利益に転換しております。 今後の予想価格「405ドル」• 今後の予想価格「398ドル」• 今後の価格の参考レートになるハッシュレートは、以下を参照下さいませ。 今後の参考予想価格「354ドル」 2019年11月28日 木 、MINEBESTの中国深圳オフィス 支社事務所 が開設されました。 オフィスは世界トップと言われるITパークとなった深圳の最新ビルにあり、11階フロアにMINEBESTのオフィスが入っています。 400平米ものスペースにいくつもセミナールームやミーティングルームがあり、社内はとても綺麗で、流石、世界の最先端オフィスを感じる事が出来ました! Eyal CEOと8年の付き合いがあるというサプライチェーンマネージャーのHidyさんが、社員と共に対応して下さいました。 MINEBEST・MiningCityのこれからや、MINEBEST中国がマイニングマシンのサプライヤーとして担う役割など、様々なことをMINEBESTの方の口から直接お伺いする事ができ、MINEBESTの世界での、中国での立ち位置の凄さを改めて感じました! また、ポーランドに居られるEyal CEOからは日本は重要な市場であり、さらに訪問前にTeamTVのことを大切なお客様だと嬉しいメッセージもいただいていたようで厚いおもてなしを受けました。 これからますます加速するMINEBEST・MiningCityから目が離せません。 2019年12月から始まったビットコインボルト BTCV のマイニングによる投資商品です。 世の中には数千種類の仮想通貨があります。 また多くのICOセール案件では、上場後に価格が大暴落という経験をされている方は多いと思います。 筆者もその内の一人ですが・・・ そもそもの要因は、ICOホルダーが儲かる為に事前に購入を行い、上場後に売り抜けてキャピタルゲイン 売却益 を得たいことが目的であり、市場の需要・供給のバランスが崩れてしまっているからです。 また多くの通貨は決済通貨としての目的が大半であるため、本当に価値が生まれて価格が上昇するためには、実経済において利用される状況になってこそ買いオーダー 需要が生まれる が増えると考察できます。 しかし今回のBTCV ビットコインボルト はマイニング後に通貨が生成されますので、全ユーザーが平等にBTCVをマイニング・分配され、大きな売り圧に繋がりにくい状況になるのでは?という可能性もあります。 第二のビットコインとして期待されていますが、果たしてどこまで市場拡大・世界マーケティングができるのか楽しみにしたい所です。 表示名は必ずフルネーム• ミュートで参加• OP 新規セミナー は事前申込みが必要• form-mailer. zoom. zoom. form-mailer. zoom. zoom. zoom. form-mailer. 2020年5月31日 日 13:00〜 新規セミナー OP 【畠山】• 2020年5月31日 日 14:30〜 48hセミナー トレーニング 【宮下】• 申請フォーム:• 20:30〜(OP)【荒金】• 申請フォーム(以下URL)• form-mailer. 13:00〜(OP)• 申請フォーム(以下URL)• form-mailer. 20:00~21:30• イエールCEOのオンラインセミナー 通訳付き)• zoom. ビットコインとビットコインボルトの違いは? ビットコインとは、• 仮想通貨初のコイン• 06%のユーザーが市場61%のビットコインを保有• 2018年は10億ドル相当のハッキングに遭う など、中央で管理される事がなく操作されにくい点が現行の法定通貨との違いであり魅力ですが、実際のところのビットコインは、ごくごく一部のユーザーによって大部分のビットコインを保有している為、不平等な配分状態と言われています。 ビットコインのデメリットは、• 誤送金すると取り戻し不可• 盗難被害 ハッキングリスク が頻繁にある• プライバシーの保護が制限的である など、2008年に公開されたがゆえに、現在の時代にややマッチしていない点がデメリットとして挙げられます。 またビットコインの最後のマイニングは2140年頃と言われています。 運営チーム|ビットコインボルト <MINEBEST マインベスト 社> 世界TOP10マイナーとして表彰される優良なマイニング企業の一つです。 CEO 社長 :Eyal Avramovich• デジタルマイニング協会会長• 拠点:キプロス• マイニング工場:カザフスタン• 会社HP:• マインベスト MINEBEST 社によって運営・管理されている仮想通貨が、「ビットコインボルト BTCV 」となります。 しかしどれだけ良質な通貨を開発をしたとしても、マーケティング戦略がうまく進まないと世界の市場へ拡散することは難しいです。 そこで今回のビットコインボルト BTCV を後押しする・またユーザーにとっては将来性へと繋がる企業との連携について解説します。 【提携企業:BTC. com & Bitmain社】 マイニングをしている方であれば多くの方がご存知だとは思いますが、• 世界No. マイニングチップ提供企業• BTC. com:• Bitmain: マインベスト社とは約20,000台のマシンを提供する企業関係です。 そしてBTC. com & Bitmain社の経営者は、「」氏です。 暗号資産業界で最も有名な中国人と称され、ビットコイン BTC ・ビットコインキャッシュ BCH などの長者として知られています。 特に業界から注目をされている理由は、その経営者メンバー達のおかげでもあります。 創業者兼CEO• 顧問アドバイザー• アメリカの天才数学者• イーサリアムの初代CEO• 元Softbankグループ出身者• 顧問アドバイザー• 京セラ稲盛会長を口説いて共に第二電電を設立• ブロードバンド業界の革命児• KDDI、au、ウィルコム、イーモバイル、イーアクセス(現ワイモバイル)の立ち上げ 【公式情報】• HP:• ASICにてマイニングが可能 bitcoinと同一• 総発行枚数:2,100万枚• 半年ごとに減期を迎える• 2024年5月にビットコインと同一の普及率になる• 非中央集権化された通貨• 取引時間の短縮を実装 3つの秘密鍵を追加• この期間の報酬の合計は19,687,500です。 ビットコインの最初の16年間の報酬総額と同一) 予備期間後の次は、210,000ブロック 4年間 が生成されます。 これはビットコインの四番目の減期後、通常日程と相応する3. 125枚のブロック補償が生成される時期となります。 ビットコインキャッシュ BCH• ビットコインサトシビジョン BTCSV• ビットコインゴールド BTG• ビットコインダイヤモンド BCD• ビットハードドライブ BHD などのようなビットコインのハードフォーク系の通貨ではありません。 結局開発チームがどれだけ良い商品を作っても、市場・マーケティング戦略が上手くいかないと形にすることはとても難しいのが現状です。 今回のビットコインボルト BTCV に関しては、そのあたりのマーケティング戦略が上手く進めれている可能性がありますので筆者は前向きに考えています。 それでは以下にて、 ビットコインボルトの特徴や利点を解説していきます。 マイニング事業として効率が良い <効率が良いポイント>• ASICマシンの利用が可能• 免税特区に拠点を構える• 電気料金が安い 少し専門的な話になりますが、多くの仮想通貨はGPUを利用してマイニング ビットコインボルトはBTCと同一のASICにてマイニング されています。 しかし「ASIC:GPC」のコストパフォーマンスを比較すると、• また多くの方がご存知の通り、ビットコインは2020年5月頃に半減期を迎えました。 これは相対的にビットコイン価格が上昇することを意味しておりますが、半減期を迎えることでマイニング業者にとっては、「得れるマイニング数量が半分になる」意味とイコールになります。 潤沢な資金がある大手マイニング業者はとくに問題はないかも知れませんが、中小のマイニング業者にとっては死活問題にもなり兼ねません。 そこでビットコインボルト BTCV は、ビットコイン BTC と同じASIC仕様を採用しています。 これはビットコインと同一のマシンでビットコインボルト BTCV をマイニングすることが可能になる為、ビットコインのマイニング業者がBTCV ビットコインボルト をマイニングする可能性が大いにあるという事です。 そうなればさらに、ビットコインボルト BTCV のハッシュレートが高まり、BTCV価格が上昇する可能性に繋がる可能性もあります。 <ハッシュレートとは?> ハッシュレートは、計算力・マイニングにかかる処理速度を意味しています。 ハッシュレートが上がることは、多くの方がマイニングに参加し、多くの計算が行われる事となり時間あたりの計算量が増えることになります。 つまりその仮想通貨の人気度合いによって、ハッシュレートの数字は上下することになります。 またこのことから、ハッシュレートの高さは、通貨の信頼性を示すともいわれています。 多くの人がマイニングに参加するということは、それだけ多くの人によって取引情報が記録されていることを意味するため、通貨としての信頼性が上がります。 しかし、ハッシュレートは必ずしも高いほど良いというわけではありません。 ハッシュレートは人気の高さを表すとお伝えをしましたが、人気が高いということはそれだけ参加者にとってはライバルが多くなることを意味します。 ビットコインの場合はマイニングで1番に生成した人にしか報酬が支払われないので、高性能なマシンを保有する大手の参加者ほど有利になる傾向にあります。 ビットコインボルト BTCV を発行するMINE BEST社は、 世界初のウズベキスタン政府より公認されたマイニングセンター 免税特区エリア に拠点を構えています。 その為、• 海外の設備費用の税金0%• 付加税0%• 暗号通貨利益の税金0% 各種経費となるコスト削減にも成功しています。 またその他にも、• 水力発電を自社発電• 世界No. 1のbitmain社より格安でマシンの仕入れが可能• 大規模マイニングにも対応可能な600メガW など、収益を限りなく高く設定しながらも、コストを極力まで抑える事に成功しています。 (現在は直接的な相関関係は少ないと言われています。 ) しかし上述した通り、ハッシュレートとコイン価格の直接的な相関関係は成立しませんが、今後のBTCV ビットコインボルト の可能性について言及する際の目安として紹介をさせて頂きます。 <ハッシュレートと価格との関連性(参考)>• ハッシュレート:7. 取引所の価格:280ドルほど• 計算式通りだと「355ドル」想定 まだコインがリリースされた直後の為、計算式通りではありませんがまだまだBTCV価格が上昇する可能性があると言われる一つの理由になっています。 必ずしも『ハッシュレート=価格』に直結している訳では御座いません。 これは中央集権化された既存の経済システムと同一である為、場合によっては価格操作が実施されるなど、ビットコインを後発的に保有するユーザーにとってはやや不利な現状となります。 そこでビットコインボルトは、• 事前マイニングなし• まとめ|タイミング・将来性 <BTCVまとめ>• 発行枚数2,100万枚• ビットコインボルトは、市場の全ユーザーに平等にマイニングした数量が分配されます。 2020年6月現在、減期を迎え価格は右肩上がりに上昇を続けております。 そしてBTCV ビットコインボルト は6ヶ月に一度減期となる為、約4年半ほどでビットコインの供給量に追いつきます。 つまりビットコイン価格に追いつくまでは非常に難しいですが、早期参入することでより早く大きなキャピタルゲイン 売却益 を狙える可能性があります。 プライマリー:300ドル• スタンダード:600ドル• ブロンズ:1,200ドル• シルバー:2,400ドル• ゴールド:4,200ドル• あとがき|ビットコインボルト いかがでしたか? 投資商品の一つですので絶対がない世界ではありますが、関わっている企業や人物・BTCVリリースから数ヶ月の段階ですでにBTCV価格は280倍ほどに成長しています。 またICOセール案件の通貨とは異なり事前の購入者がいない為、上場後に大きな売り圧によって購入価格より下回ると言う概念がそもそもありません。 これはひとえにマーケティング戦略が今のところ上手く進んでいる証拠の一つだと思われます。 全員が平等にマイニングを行い、投資数量に合わせてBTCV ビットコイン が分配されます。 ビットコイン価格まで上昇するとは考えにくいですが、今後半減期を迎えるビットコインマイニングの一つの選択肢として、BTCVが選ばれる可能性は大いにあると思います。 これはBTCVが値上がりする投資家目線ではなく、マイニング業者が今後も収益を得るために選択するコインになるのではないか?と感じています。 (もちろん競合他社が少ないマイナー銘柄を採掘し、ビットコインに換金するという手法もありますが。 ) ご質問・ご不明な点がある方は、以下のLINE@よりお気軽にメッセージをくださいませ。 1:1トークとなります。

次の