ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング おすすめ。 ノイズキャンセリングイヤホンおすすめランキング20選|SONYやBOSEなど人気モデルを比較!

【最新版】専門店がおすすめするノイズキャンセリングイヤホン特集【ワイヤレス】

ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング おすすめ

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶポイント• 接続安定性 完全ワイヤレスイヤホンを電車内や 繁華街で使う際に最も気になるのが、 音が途切れてしまうこと。 途切れにくい製品を見極めるポイントとしては ・比較的新しいチップである証拠の Bluetooth5. バッテリー 勤務中や長時間の移動など、 こまめな充電が難しい環境で 重要になってくるのがバッテリー。 チェックすべきポイントは ・本体のみでの連続再生時間。 バッテリーの残量によって親機を自動で切り替える ロールスワッピング という技術を採用したものは 7〜10時間の再生が可能に。 ・完全ワイヤレスイヤホンは本体を収納するケース自体にバッテリーを搭載したものがほとんど。 ケースに戻す際に自動的に充電を行うので何回フル充電でき、 合計の連続再生時間がどれくらいかというのも重要です。 ・充電を忘れていた朝など、ちょっとした時間に充電するだけで通勤通学時も音楽を楽しめる 急速充電• 装着感 どれだけ魅力的な機能を有していても、 耳にはまらなかったり外れやすいのでは意味がありません。 こちらの特集ページでは、 すべての完全ワイヤレスイヤホンに 装着写真を載せています。 ・耳甲介艇とよばれる耳の窪みにはめてよりフィット感を高める スタビライザー・イヤーウイング• 使い勝手 毎日使うものは、使い勝手が気になりますよね。 せっかくなら痒い所に手が届く製品を選びたいもの。 あると重宝するポイントは ・コンビニなどのお会計時に装着したままでも会話が出来る 外音取り込み機能 ・最新のAndroidスマートフォンやノートPCと共通の規格 USB Type-C ・ソフトウェアのアップデートや各種設定が可能な 専用アプリ ・スポーツやトレーニング、DIYに必須な 防水防塵 ・音量操作や曲送りのしやすさに関わる ボタン・タッチセンサー ・マイクの搭載数や、独自技術によって変化する 通話性能 ・持ち運ぶ上で重要なケースのサイズ感• イヤホン専門店特選商品一覧 2019. 6 2013年、聴覚専門医のジョン・モールトン博士によって米カリフォルニアにて設立されたNoble Audio。 初の完全ワイヤレスイヤホンとなるFALCONはハイエンドイヤホンの設計で蓄積したノウハウを活かしています。 イヤホン本体は人間工学に基づいた耳の奥までスッと入るコンパクトなデザインでフィット感は抜群。 音質は中高域にかけて明瞭かつシャープな印象。 低域は深く沈むようなタイプではなくハリのあるほどよい量感。 ケースは手のひらに収まるほどコンパクトで携帯性に優れていながらも 本体を3回充電でき、合計40時間の再生が可能です。 防水性能も高く、文句なしにオススメできる完全ワイヤレスイヤホンです。 まずは肝心の音質。 原曲を忠実に再現してくれる一音一音の解像度の高さ。 楽器が生々しく、すっきりと滑らかなサウンドです。 さらに専用のアプリを使えば、イコライザーで自分好みの音質へと変幻自在です。 最大の特徴のノイズキャンセリング性能は同社の人気ヘッドホン「WH-1000XM3」を引き継いでおり、 空調や話し声など、気になる騒音が戸惑うほど消えます。 物理的な遮音性の高さと合わさって、 最静寂を実現しています。 他にもタッチセンサーを長押しすると周りの音を取り込める「クイックアテンション」機能も搭載しています。 ノイズキャンセリング用に高性能なマイクを搭載し、通話性能も業界トップクラスです。 全てにおいて最高峰の完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方、ぜひご検討ください。 巷では「ピヤホン」と呼称されるTE-BD21f-pnk。 ケースとハウジングにピエール中野氏のアイコンを刻印し、音声ガイドにはTVアニメ「PSYCHO-PASS」の登場人物、常守朱 CV:花澤香菜 を採用した特別仕様です。 通常モデルとも共通してダイナミック型を1基、BA型を2基のトリプルハイブリッドドライバーという完全ワイヤレスイヤホンとしては珍しい仕様が高音質のポイント。 BAドライバーが担当した中高域は粗さを感じず、引き締まったもの。 ダイナミックドライバーが担当する低域はドコドコ激しいというよりかはモニター的な落ち着きがあり分離感に優れています。 筐体は縦長で耳が小さい方はやや飛び出ますが、軽量かつ収まりが良いのでフィット感は高いと思います。 話題性だけでなく、しっかりと基礎能力が高い完全ワイヤレスイヤホン。 宝飾品のようなラグジュアリーなルックスは前作より継続し 大口径のベリリウムドライバーは響きの心地良いリッチな低音からタイトでレスポンスの良い高域までシームレスに再現します。 音像は厚めですが、むしろ解像度は高く見通しに優れています。 全体的に音量を抑え、特に低音域の騒音をカットしてくれます。 アンビエントリスニングモード 外音取り込み機能 も優秀。 ピーキーな違和感なく、ながら聴きが可能です。 他にもBluetooth 4. 0、連続再生時間3. 臨場感において右に出るものはなく、本気で良い音で楽しみたい方に太鼓判を押します。 耳に付けて初めに思ったのが遮音性の高さ! 個人差はありますが、自分が付けたときは隙間なくピッタリフィットして、外の音がとても小さくなりました。 音楽を流したら、雑音はほとんど聞こえなかったので集中して音楽を楽しめると思います! サウンドは柔らかい音質で刺さる感じもなく、その中にもパンチのある聴きやすいチューニングが施されています。 高音、低音の伸びが良く透き通ったような透明感のあるサウンドなのでバランスがとても良いです! こもった感じもなく、一部が主張しすぎず安定しているので、どんなジャンルの音楽でも楽しんで聴けると思います。 音途切れもほとんどなく連続再生時間も申し分ない長さで、防水性も高い! 安定した聴きやすさを求めるならおススメです! ケースも場所を取らないコンパクトサイズなのも嬉しいですね。 ペアリングも取り出すだけで繋がるので手間いらず! 初めての方もサブ用にもご検討中の方に一度ご試聴して頂きたい商品です! まず初めに言わせてください。 この商品とても一万五千円とは思えない音です! 完全ワイヤレス市場においてマルチドライバー搭載のイヤホンがまだまだ数少ない中、この価格と盛り沢山の機能で非常に注目すべき逸品です。 同軸上に配置されたDDとBAにより豊かで空間的な重低音、クリアで張りのある高音域が表現されている迫力と臨場感ある音です。 低音がしっかり出てるのにボワつきもなく、高解像度で高音域帯の邪魔をしてない。 同じように、高音がしっかり伸びてクリアなのにカシャついた音にならず、低音域の量感も失われてないのです。 気になるとすればボーカルなどの中音域が少々埋もれがちかなと感じるところですが、 ご心配なさらず! SoundcoreアプリのHearIDを使用すれば特定の周波数帯域における音の聞き取りやすさを測定し、あなただけのプロファイルを作ってくれます。 これにより全帯域をバランス良く聴けますし、HearIDを使用しなくても22種類のイコライザーから気分やジャンルで気軽に選択できるのも魅力です。 また機能面において、cVc8. 年間売上ランキング第4位のJabra Elite 65tシリーズが進化して登場。 今回の75tは筐体が2回り程小さくなりかなりコンパクトに。 耳への収まりもよく、小さくなったのにも関わらず、相変わらずの遮音性で人の声以外をかなりシャットアウトしてくれます。 今まで同様、Jabraのアプリでイコライザーやヒアスルーのレベル調整ができるのですが、 ヒアスルーを全開にすると音楽の音量が60%くらいでも人と話せるくらい周りの音を取り込んでくれます。 低域の迫力あるアタック感が感じられるサウンドで、バスドラムのビートがヴォーカルをすぐ下で支えてくれており、 ギター、ベースのフレージングもしっかり感じられます。 音の分離度が高いので弦を弾く音が生々しく感じられます。 高域の表現はとても滑らかで繊細なサウンドで、ピアノのサウンドや打ち込み系の電子音も耳に刺さることなく低域のビートと一緒にノリノリに楽しめます。 ヴォーカルの距離感が近く息遣いまで感じることができ、オールジャンルで万能に活躍していただけると思います。 防水防塵性能も高く、スポーツ時にもおすすめです! バンドサウンドがお好きな方は、ぜひご試聴ください。 まず、Zippoを彷彿とさせるデザインで一気に心を掴まれます。 いわゆる「金属風」ではなく、正真正銘の金属筐体なのも嬉しいポイント。 手に持つとズシリとした重みが感じられ、本来ならマイナスポイントに感じられそうな重量感も、かえって所有欲を満たしてくれます。 イヤホン本体は黒地にオレンジのデザインで、同社の往年のモデルに通ずるおなじみのカラーリング。 イヤーピースは特殊な固定方法になっているため他社との互換性はありませんが、付属のオーバルイヤーチップが非常に優秀で、しっかりと耳穴の奥までフィットしてくれます。 そして何より惹き込まれたのはサウンド。 同社の『X10』や『Reference One』あたりの時代を思い起こすような、柔らかく量感のある低音とクリアな中高域にノスタルジックな感動を覚えました。 ノイズ感も少なく、独特の丸みを帯びたサウンドは耳当たりも良いので、長時間の移動などでも聴き疲れしにくいのではないかと思います(遮音性が高いので、閉塞感はありますが)。 かつて一世を風靡したKlipschイヤホンの再来を感じさせる、確かな性能を持った1台。 あの頃のKlipschイヤホンを楽しんでいた方も、初めてブランドに触れるという方も、ぜひお手にとってみてください! FOSTEX初となる完全ワイヤレスイヤホンTM2。 この製品の一番大きな特徴は自分が普段使っている お気に入りのイヤホンを完全ワイヤレス化出来るという点。 もともと付属するMMCX端子ショートケーブルに加え、オプションとしてカスタム2pinとFitear2pinもラインナップしているので 対応機種が非常に幅広いというのがポイントです。 大きめな耳掛けアームで引っ掛けるように筐体を支えてくれるのとイヤホン本体自体がかなり小型なので圧迫感のない軽い装着感が特徴です。 耳に這わせてしっかりとカーブをつけてやるのが装着する際のコツです。 フレキシブルケーブルでイヤホン本体を色々な方向に向かせられるので様々な耳の形、イヤホンの形状にもバッチリ対応します。 付属のイヤホンはややスッキリとして歯切れのいい音質です。 素直な音質でクセが少ないのでどんな楽曲とも合わせやすいと思います。 ケーブルから開放されるって想像以上に快適、ぜひ一度お試しください。

次の

【2020年版】ノイズキャンセリングヘッドホンのおすすめ人気ランキング15選

ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング おすすめ

ノイズキャンセリングとは ノイズキャンセリングとは、周囲の騒音をカットして、必要な音だけを耳に届ける技術のことです。 鉄道や飛行機、雑踏の雑音を低減できるので、結果として音量を大きくせずに音楽を楽しむことができます。 ノイズキャンセリングイヤホンは、耳の保護に気を使っている方にも最適です。 ノイズキャンセリングイヤホンの特徴とおすすめポイント 周囲の騒音を劇的に低減 ノイズキャンセリングイヤホンは、鉄道や航空機の移動時に最大の威力を発揮します。 ノイズキャンセリングをオンにした時の静寂は、通常のイヤホンでは味わえない世界です。 普段聞こえなかった音が発見できるかもしれません。 耳の保護に役立つ ノイズキャンセリングイヤホンは、周囲の騒音を大幅にカットするため、ボリュームを上げなくても音のディティールが聴き取れるようになります。 結果として、長時間聴いていても耳を痛めることなく、音楽を長く快適に楽しめるようになります。 アナウンスなどを聞き逃さないための機能を搭載しているモデルも! 最新のハイエンドモデルでは、ただ単に騒音をカットするだけでなく、騒音をカットするレベルを調節できたり、突発的なアナウンスなどを取り込んだりする機能が備わっています。 空港や駅で、重要なアナウンスを聞き逃したくないときでも、問題なくノイズキャンセル機能をオンにして使用できるのは大きなメリットですね。 ノイズキャンセリングイヤホンの選び方のポイント ノイズキャンセリング能力の高さで選ぶ 飛行機の移動など、騒音が大きい状況が使うことが多いのであれば、ノイズキャンセリング能力の高さで選ぶと快適に音楽を楽しめます。 ノイズキャンセリング能力の高いイヤホンを製造しているメーカーと言えば、やはりBOSEとソニーが2トップです。 電池持続時間の長さで選ぶ ノイズキャンセリング機能を動かすには、現状電池からの電力供給が必要なので、ノイズキャンセリング機能をオンにした状態での連続再生時間には限りがあります。 短時間の移動や外出でしか使わないのであれば、長時間再生にこだわらない方が安くノイズキャンセリングイヤホンを手に入れられます。 逆に長距離移動が多い方は、連続再生時間が長いモデルを選んだ方が良いでしょう。 ワイヤレスか有線、それぞれのメリット・デメリット ノイズキャンセリングイヤホンには、大きく分けてBluetoothで接続するワイヤレスタイプと、有線で接続する有線タイプの2つがあります。 ワイヤレスタイプの魅力は、コードがないことによる身軽な装着感です。 有線タイプは、音質面や連続再生時間でワイヤレスタイプより有利なので、好みに合わせて選びましょう。 ノイズキャンセリングイヤホンの人気メーカー1「SONY」 業界最高クラスのノイズキャンセリング能力、と常に言われ続けているトップメーカーの一角がソニー。 ネックバンドスタイルのBluetoothイヤホンや、一切のケーブルを取り払ったトゥルーワイヤレスタイプ、ワイヤレスにも関わらずハイレゾ相当の高音質を実現したモデルなど、他社の追随を許さない高い技術力で知られています。 リーズナブルな入門機からハイエンドモデルまで、幅広いラインナップを揃えているのも特徴です。 ノイズキャンセリングイヤホンの人気メーカー2「BOSE」 ソニーと並んで「業界最高クラスのノイズキャンセリング能力を持つ」とされているメーカーがBOSE(ボーズ)です。 ソニーに比べると製品数が少なくシンプルなラインナップですが、その高い技術力とスマートなデザイン、臨場感あふれるサウンドで他社を圧倒する完成度を誇ります。 ノイズキャンセリングレベルを細かく調整できる機能など、日常生活での使い勝手は抜群です。 他社製品に比べて高価ですが、満足度が高いノイズキャンセリングイヤホンをお探しの方にはおすすめです。 ノイズキャンセリングイヤホンおすすめ最強ランキング10選 ノイズキャンセリングイヤホンおすすめ最強ランキング10選を紹介します。 ソニー WF-1000XM3• ソニー WF-1000XM3の仕様・製品情報 価格 24,981円 2020年11月20日時点 質量 約8. 5g 付属品 USB Type-C ケーブル 約20cm 、保証書、取扱説明書 連続再生時間 約6時間 ソニー WF-1000XM3のおすすめポイント3つ• ケーブルが一切ないトゥルーワイヤレスイヤホン• 定評ある高いノイズキャンセリング能力• 周囲の音も取り込めるアンビエントサウンドモード搭載 ソニー WF-1000XM3のレビューと評価 ソニーが誇るフラッグシップ・完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ソニー WF-1000XM3は、完全ワイヤレスでありながら高いノイズキャンセリング機能を備えたイヤホンです。 軽快な装着感と強力なノイズキャンセリング能力、高品位なサウンドは、ノイズキャンセリングイヤホン業界を引っ張るソニーの技術力の賜物。 以前のモデルに比べ、さらにノイズキャンセリング能力や連続再生時間が向上しています。 BOSE QuietControl 30 wireless headphones• BOSE QuietControl 30 wireless headphonesの仕様・製品情報 価格 29,700円 2020年11月20日時点 質量 65g 付属品 キャリングケース、3種類のサイズのイヤーチップ: S、M、L、充電用USBケーブル 連続再生時間 約10時間 BOSE QuietControl 30 wireless headphonesのおすすめポイント3つ• 圧倒的なノイズキャンセリング能力を誇るBluetoothイヤホン• 邪魔になりにくいネックバンド型• 高品位なデザインと着け心地、臨場感あふれるサウンド BOSE QuietControl 30 wireless headphonesのレビューと評価 BOSEの技術力の高さを体験できる、BOSEの代表的ノイズキャンセリングイヤホン BOSE QuietControl 30 wireless headphonesは、圧倒的なノイズキャンセリング能力を誇る、BOSEのノイズキャンセリングイヤホンの代表的なモデルです。 ネックバンド型のボディは身につけていても邪魔になりにくく、長時間の使用でも苦になりません。 電車やバス、飛行機の移動が多い方や、特に静かな環境での仕事や作業が好きな方には、特におすすめのモデルです。 ソニー WI-SP600N• ソニー WI-SP600Nの仕様・製品情報 価格 15,752円 2020年11月20日時点 質量 21g 付属品 マイクロUSBケーブル 約50cm 、ハイブリッドイヤーピースSSSML 各2 、アークサポーターML 各2 連続再生時間 最大6時間 ソニー WI-SP600Nのおすすめポイント3つ• IPX4相当の防滴設計で突然の雨にも安心• ソニーならではの迫力の重低音• 6時間の連続再生時間 ソニー WI-SP600Nのレビューと評価 スポーツでの使用に最適なワイヤレスイヤホン ソニー WI-SP600Nは、IPX4相当の防滴性能を備えたスポーツタイプのワイヤレス・ノイズキャンセリングイヤホンです。 1回の充電で6時間の連続再生が可能。 ブラック、イエロー、ホワイト、ピンクのカラーバリエーションも魅力です。 ソニー WF-SP700N• ソニー WF-SP700Nの仕様・製品情報 価格 17,420円 2020年11月20日時点 質量 7. 完全ワイヤレスのスポーツタイプイヤホン• IPX4相当の防滴仕様• NFC機能搭載でスマートホンと簡単接続 ソニー WF-SP700Nのレビューと評価 ソニーが放つ、完全ワイヤレスかつスポーツタイプのノイズキャンセリングイヤホン ソニー WF-SP700Nは、完全ワイヤレスでノイズキャンリング、かつIPX4相当の防滴性能も備えたスポーツタイプイヤホンです。 ブラック、イエロー、ホワイト、ピンクの4色がラインナップ。 通勤などの普段使いにも最適です。 ソニー MDR-EX31BN• ソニー MDR-EX31BNの仕様・製品情報 価格 8,728円 2020年11月20日時点 質量 34g 付属品 ハイブリッドイヤーピースS,M,L(各2)、マイクロUSBケーブル 連続再生時間 約9時間 ソニー MDR-EX31BNのおすすめポイント3つ• 9時間の連続再生時間• 周囲の騒音を約98パーセントカット• NFC機能搭載で簡単にペアリング ソニー MDR-EX31BNのレビューと評価 リーズナブルなソニー製Bluetoothイヤホン ソニー MDR-EX31BNソニー MDR-EX31BNは、実売価格1万円以下のリーズナブルなBluetoothイヤホンです。 連続再生時間は9時間と比較的長め。 ノイズキャンセリング機能も、周囲の騒音を約98パーセント低減するなど優秀です。 リーズナブルで高性能な定番モデルです。 BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones• BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesの仕様・製品情報 価格 26,858円 2020年11月20日時点 質量 44g コード長さ 1. BOSEが誇る有線タイプの高性能ノイズキャンセリングイヤホン• 16時間の連続再生時間• イヤーチップは、耳に馴染むBOSE独自の形状 BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesのレビューと評価 強力なノイズキャンセリング機能を搭載した、有線タイプ・ノイズキャンセリングイヤホン BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesは、高いノイズキャンセリング性能に定評あるBOSEの有線タイプ・ノイズキャンセリングイヤホンです。 16時間もの連続再生時間もポイント。 高性能な有線タイプをお探しの方に特におすすめです。 AKG N200NC Wireless• オーディオの名門AKGが放つ最新モデル• 高いノイズキャンセリング性能と高品位なサウンド• 約12時間の連続再生時間 AKG N200NC Wirelessのレビューと評価 オーディオの名門AKGが放つ、渾身のニューモデル AKG N200NC Wirelessは、名門AKGが満を持して放つ最新のBluetooth対応ノイズキャンセリングイヤホンです。 AKGならではの高品位で上質なサウンドと、快適で使いやすく美しいデザインを両立。 連続再生時間は約12時間と、最新モデルらしい充実のスペックとなっています。 ヤコブ・ワグナーによる美しいデザイン• 20時間の連続再生時間• 連続再生時間は20時間と、長距離の移動にも余裕を持って対応します。 ハウジングはステンレス製で、軽量かつ高い耐久性を兼ね備えています。 ソニー WI-1000X• ソニー WI-1000Xの仕様・製品情報 価格 24,802円 2020年11月20日時点 質量 71g 付属品 マイクロUSBケーブル(約50cm)、専用ヘッドホンケーブル(約1m)、キャリングポーチ、ハイブリッドイヤーピースSS,S,M,L(各2)、トリプルコンフォートイヤーピースS,M,L(各2)、航空機用プラグアダプター 連続再生時間 約10時間 ソニー WI-1000Xのおすすめポイント3つ• ハイレゾ対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン• 10時間の連続再生時間• 周囲の音を取り込むアンビエントサウンドモードも搭載 ソニー WI-1000Xのレビューと評価 ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を実現した、ソニーのネックバンド型イヤホン ソニー WI-1000Xは、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を楽しめる、ネックバンド型のノイズキャンセリングイヤホンです。 10時間もの連続再生時間と高い騒音低減性能は、飛行機での移動が多い方には最適。 クールなブラックと上品なシャンパンゴールドの2色展開です。 audio-technica ATH-ANC400BT• 業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現した2020年最新モデル• 約20時間もの長時間再生を実現• IPX2相当の防滴構造やマグネットクリップなど、日常での使いやすさにも配慮 audio-technica ATH-ANC400BTのレビューと評価 オーディオテクニカの新世代ノイズキャンセリングイヤホン audio-technica ATH-ANC400BTは、それまでのオーディオテクニカのイメージを覆すほどの高性能ノイズキャンセリングイヤホンです。 業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現し、さらに連続再生時間は約20時間と、こちらもワイヤレスモデルでは最高クラスの性能を誇ります。 美しくスタイリッシュなデザインを実現しつつ、日常での使い勝手も十分に考慮された最新モデルです。 まとめ ここまで、ノイズキャンセルイヤホンのおすすめモデルを10機種、ご紹介してきました。 どのモデルも独自のサウンド、フィット感を持っているので、購入される際はぜひ一度試聴されることをおすすめします。 あなたにとって、最高のノイズキャンセリングイヤホンが見つかりますように!.

次の

寝ホンに適したイヤホンのおすすめ12選!最強の寝ながら音楽を聞けるイヤホンとは?【Bluetooth】

ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング おすすめ

ノイズキャンセリングとは ノイズキャンセリングとは、周囲の騒音をカットして、必要な音だけを耳に届ける技術のことです。 鉄道や飛行機、雑踏の雑音を低減できるので、結果として音量を大きくせずに音楽を楽しむことができます。 ノイズキャンセリングイヤホンは、耳の保護に気を使っている方にも最適です。 ノイズキャンセリングイヤホンの特徴とおすすめポイント 周囲の騒音を劇的に低減 ノイズキャンセリングイヤホンは、鉄道や航空機の移動時に最大の威力を発揮します。 ノイズキャンセリングをオンにした時の静寂は、通常のイヤホンでは味わえない世界です。 普段聞こえなかった音が発見できるかもしれません。 耳の保護に役立つ ノイズキャンセリングイヤホンは、周囲の騒音を大幅にカットするため、ボリュームを上げなくても音のディティールが聴き取れるようになります。 結果として、長時間聴いていても耳を痛めることなく、音楽を長く快適に楽しめるようになります。 アナウンスなどを聞き逃さないための機能を搭載しているモデルも! 最新のハイエンドモデルでは、ただ単に騒音をカットするだけでなく、騒音をカットするレベルを調節できたり、突発的なアナウンスなどを取り込んだりする機能が備わっています。 空港や駅で、重要なアナウンスを聞き逃したくないときでも、問題なくノイズキャンセル機能をオンにして使用できるのは大きなメリットですね。 ノイズキャンセリングイヤホンの選び方のポイント ノイズキャンセリング能力の高さで選ぶ 飛行機の移動など、騒音が大きい状況が使うことが多いのであれば、ノイズキャンセリング能力の高さで選ぶと快適に音楽を楽しめます。 ノイズキャンセリング能力の高いイヤホンを製造しているメーカーと言えば、やはりBOSEとソニーが2トップです。 電池持続時間の長さで選ぶ ノイズキャンセリング機能を動かすには、現状電池からの電力供給が必要なので、ノイズキャンセリング機能をオンにした状態での連続再生時間には限りがあります。 短時間の移動や外出でしか使わないのであれば、長時間再生にこだわらない方が安くノイズキャンセリングイヤホンを手に入れられます。 逆に長距離移動が多い方は、連続再生時間が長いモデルを選んだ方が良いでしょう。 ワイヤレスか有線、それぞれのメリット・デメリット ノイズキャンセリングイヤホンには、大きく分けてBluetoothで接続するワイヤレスタイプと、有線で接続する有線タイプの2つがあります。 ワイヤレスタイプの魅力は、コードがないことによる身軽な装着感です。 有線タイプは、音質面や連続再生時間でワイヤレスタイプより有利なので、好みに合わせて選びましょう。 ノイズキャンセリングイヤホンの人気メーカー1「SONY」 業界最高クラスのノイズキャンセリング能力、と常に言われ続けているトップメーカーの一角がソニー。 ネックバンドスタイルのBluetoothイヤホンや、一切のケーブルを取り払ったトゥルーワイヤレスタイプ、ワイヤレスにも関わらずハイレゾ相当の高音質を実現したモデルなど、他社の追随を許さない高い技術力で知られています。 リーズナブルな入門機からハイエンドモデルまで、幅広いラインナップを揃えているのも特徴です。 ノイズキャンセリングイヤホンの人気メーカー2「BOSE」 ソニーと並んで「業界最高クラスのノイズキャンセリング能力を持つ」とされているメーカーがBOSE(ボーズ)です。 ソニーに比べると製品数が少なくシンプルなラインナップですが、その高い技術力とスマートなデザイン、臨場感あふれるサウンドで他社を圧倒する完成度を誇ります。 ノイズキャンセリングレベルを細かく調整できる機能など、日常生活での使い勝手は抜群です。 他社製品に比べて高価ですが、満足度が高いノイズキャンセリングイヤホンをお探しの方にはおすすめです。 ノイズキャンセリングイヤホンおすすめ最強ランキング10選 ノイズキャンセリングイヤホンおすすめ最強ランキング10選を紹介します。 ソニー WF-1000XM3• ソニー WF-1000XM3の仕様・製品情報 価格 24,981円 2020年11月20日時点 質量 約8. 5g 付属品 USB Type-C ケーブル 約20cm 、保証書、取扱説明書 連続再生時間 約6時間 ソニー WF-1000XM3のおすすめポイント3つ• ケーブルが一切ないトゥルーワイヤレスイヤホン• 定評ある高いノイズキャンセリング能力• 周囲の音も取り込めるアンビエントサウンドモード搭載 ソニー WF-1000XM3のレビューと評価 ソニーが誇るフラッグシップ・完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ソニー WF-1000XM3は、完全ワイヤレスでありながら高いノイズキャンセリング機能を備えたイヤホンです。 軽快な装着感と強力なノイズキャンセリング能力、高品位なサウンドは、ノイズキャンセリングイヤホン業界を引っ張るソニーの技術力の賜物。 以前のモデルに比べ、さらにノイズキャンセリング能力や連続再生時間が向上しています。 BOSE QuietControl 30 wireless headphones• BOSE QuietControl 30 wireless headphonesの仕様・製品情報 価格 29,700円 2020年11月20日時点 質量 65g 付属品 キャリングケース、3種類のサイズのイヤーチップ: S、M、L、充電用USBケーブル 連続再生時間 約10時間 BOSE QuietControl 30 wireless headphonesのおすすめポイント3つ• 圧倒的なノイズキャンセリング能力を誇るBluetoothイヤホン• 邪魔になりにくいネックバンド型• 高品位なデザインと着け心地、臨場感あふれるサウンド BOSE QuietControl 30 wireless headphonesのレビューと評価 BOSEの技術力の高さを体験できる、BOSEの代表的ノイズキャンセリングイヤホン BOSE QuietControl 30 wireless headphonesは、圧倒的なノイズキャンセリング能力を誇る、BOSEのノイズキャンセリングイヤホンの代表的なモデルです。 ネックバンド型のボディは身につけていても邪魔になりにくく、長時間の使用でも苦になりません。 電車やバス、飛行機の移動が多い方や、特に静かな環境での仕事や作業が好きな方には、特におすすめのモデルです。 ソニー WI-SP600N• ソニー WI-SP600Nの仕様・製品情報 価格 15,752円 2020年11月20日時点 質量 21g 付属品 マイクロUSBケーブル 約50cm 、ハイブリッドイヤーピースSSSML 各2 、アークサポーターML 各2 連続再生時間 最大6時間 ソニー WI-SP600Nのおすすめポイント3つ• IPX4相当の防滴設計で突然の雨にも安心• ソニーならではの迫力の重低音• 6時間の連続再生時間 ソニー WI-SP600Nのレビューと評価 スポーツでの使用に最適なワイヤレスイヤホン ソニー WI-SP600Nは、IPX4相当の防滴性能を備えたスポーツタイプのワイヤレス・ノイズキャンセリングイヤホンです。 1回の充電で6時間の連続再生が可能。 ブラック、イエロー、ホワイト、ピンクのカラーバリエーションも魅力です。 ソニー WF-SP700N• ソニー WF-SP700Nの仕様・製品情報 価格 17,420円 2020年11月20日時点 質量 7. 完全ワイヤレスのスポーツタイプイヤホン• IPX4相当の防滴仕様• NFC機能搭載でスマートホンと簡単接続 ソニー WF-SP700Nのレビューと評価 ソニーが放つ、完全ワイヤレスかつスポーツタイプのノイズキャンセリングイヤホン ソニー WF-SP700Nは、完全ワイヤレスでノイズキャンリング、かつIPX4相当の防滴性能も備えたスポーツタイプイヤホンです。 ブラック、イエロー、ホワイト、ピンクの4色がラインナップ。 通勤などの普段使いにも最適です。 ソニー MDR-EX31BN• ソニー MDR-EX31BNの仕様・製品情報 価格 8,728円 2020年11月20日時点 質量 34g 付属品 ハイブリッドイヤーピースS,M,L(各2)、マイクロUSBケーブル 連続再生時間 約9時間 ソニー MDR-EX31BNのおすすめポイント3つ• 9時間の連続再生時間• 周囲の騒音を約98パーセントカット• NFC機能搭載で簡単にペアリング ソニー MDR-EX31BNのレビューと評価 リーズナブルなソニー製Bluetoothイヤホン ソニー MDR-EX31BNソニー MDR-EX31BNは、実売価格1万円以下のリーズナブルなBluetoothイヤホンです。 連続再生時間は9時間と比較的長め。 ノイズキャンセリング機能も、周囲の騒音を約98パーセント低減するなど優秀です。 リーズナブルで高性能な定番モデルです。 BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones• BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesの仕様・製品情報 価格 26,858円 2020年11月20日時点 質量 44g コード長さ 1. BOSEが誇る有線タイプの高性能ノイズキャンセリングイヤホン• 16時間の連続再生時間• イヤーチップは、耳に馴染むBOSE独自の形状 BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesのレビューと評価 強力なノイズキャンセリング機能を搭載した、有線タイプ・ノイズキャンセリングイヤホン BOSE QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesは、高いノイズキャンセリング性能に定評あるBOSEの有線タイプ・ノイズキャンセリングイヤホンです。 16時間もの連続再生時間もポイント。 高性能な有線タイプをお探しの方に特におすすめです。 AKG N200NC Wireless• オーディオの名門AKGが放つ最新モデル• 高いノイズキャンセリング性能と高品位なサウンド• 約12時間の連続再生時間 AKG N200NC Wirelessのレビューと評価 オーディオの名門AKGが放つ、渾身のニューモデル AKG N200NC Wirelessは、名門AKGが満を持して放つ最新のBluetooth対応ノイズキャンセリングイヤホンです。 AKGならではの高品位で上質なサウンドと、快適で使いやすく美しいデザインを両立。 連続再生時間は約12時間と、最新モデルらしい充実のスペックとなっています。 ヤコブ・ワグナーによる美しいデザイン• 20時間の連続再生時間• 連続再生時間は20時間と、長距離の移動にも余裕を持って対応します。 ハウジングはステンレス製で、軽量かつ高い耐久性を兼ね備えています。 ソニー WI-1000X• ソニー WI-1000Xの仕様・製品情報 価格 24,802円 2020年11月20日時点 質量 71g 付属品 マイクロUSBケーブル(約50cm)、専用ヘッドホンケーブル(約1m)、キャリングポーチ、ハイブリッドイヤーピースSS,S,M,L(各2)、トリプルコンフォートイヤーピースS,M,L(各2)、航空機用プラグアダプター 連続再生時間 約10時間 ソニー WI-1000Xのおすすめポイント3つ• ハイレゾ対応のネックバンド型Bluetoothイヤホン• 10時間の連続再生時間• 周囲の音を取り込むアンビエントサウンドモードも搭載 ソニー WI-1000Xのレビューと評価 ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を実現した、ソニーのネックバンド型イヤホン ソニー WI-1000Xは、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を楽しめる、ネックバンド型のノイズキャンセリングイヤホンです。 10時間もの連続再生時間と高い騒音低減性能は、飛行機での移動が多い方には最適。 クールなブラックと上品なシャンパンゴールドの2色展開です。 audio-technica ATH-ANC400BT• 業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現した2020年最新モデル• 約20時間もの長時間再生を実現• IPX2相当の防滴構造やマグネットクリップなど、日常での使いやすさにも配慮 audio-technica ATH-ANC400BTのレビューと評価 オーディオテクニカの新世代ノイズキャンセリングイヤホン audio-technica ATH-ANC400BTは、それまでのオーディオテクニカのイメージを覆すほどの高性能ノイズキャンセリングイヤホンです。 業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現し、さらに連続再生時間は約20時間と、こちらもワイヤレスモデルでは最高クラスの性能を誇ります。 美しくスタイリッシュなデザインを実現しつつ、日常での使い勝手も十分に考慮された最新モデルです。 まとめ ここまで、ノイズキャンセルイヤホンのおすすめモデルを10機種、ご紹介してきました。 どのモデルも独自のサウンド、フィット感を持っているので、購入される際はぜひ一度試聴されることをおすすめします。 あなたにとって、最高のノイズキャンセリングイヤホンが見つかりますように!.

次の