大泉 洋 マイケル ジャクソン。 大泉洋、小池栄子のむちゃぶりで、マイケル・ジャクソンのモノマネ披露!(TOKYO MX+(プラス))

大泉洋 X マイケル がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

大泉 洋 マイケル ジャクソン

大泉洋と小池栄子が1月23日、丸の内ピカデリーで開催されたダブル主演を務めた映画『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』 2月14日公開 の完成披露試写会に出席。 映画のタイトルにちなみ「グッドバイしたいこと」を聞かれた小池が「大泉さんとバラエティ番組に出ると楽しいんだけど、力んでしまうのか、いつも以上にエンジンをかけてしまう。 大泉は「お互い様。 小池が やたらと振ってくるから、カロリーを使っちゃう」と応戦したが、さっそく小池の振りでマイケル・ジャクソンのモノマネをさせられるひと幕もあり、「俺、本当にお前とのキャンペーン、嫌!小池さんとグッドバイしたい!」と叫び、会場の爆笑をさらった。 原作は、太宰治の未完の遺作を、ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッドバイ」。 舞台挨拶には、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊、成島出監督も出席した。 大泉は「小池さんとは以前、舞台でご一緒した。 またご一緒できるのもうれしかった」と共演を喜んだ。 人間としての豊かさ、チャーミングさが役柄に注入されている。 どのシーンを見ても、とても愛おしく感じる。 これだったら女性が惚れてしまうなというのは納得」と役柄へのハマり度を絶賛。 これには大泉も「わりといいこと言いますね。 模範回答です」とご満悦の表情を見せていた。 さらに小池は「宣伝なんかで『お芝居をやっていると、大泉さんが時々とても二枚目に見える』とお話しているんですが、ご本人は最初から最後まで二枚目のつもりで演じていたらしい」と明かすと、大泉は「『時々セクシーに見えるんです。 たまにかっこよく見えるんです』と言うんですが、私はずっとセクシーに演じたつもり」とぼやき節。 小池が「映画を観ていただければ答えは出るでしょう」と観客に語りかけると、大泉は「『ずっとかっこよかった』ってネットに書けよ」と訴えるなど、2人による丁々発止のやり取りが終始、爆笑を誘っていた。

次の

大泉洋「お前とのキャンペーン、イヤ!」小池栄子の無茶振りでマイケル・ジャクソンのモノマネ披露(Movie Walker)

大泉 洋 マイケル ジャクソン

大泉洋、小池栄子と「グッドバイしたい!」と絶叫。 会場の爆笑をさらった 大泉洋と小池栄子が1月23日、丸の内ピカデリーで開催されたダブル主演を務めた映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』 2月14日公開 の完成披露試写会に出席。 映画のタイトルにちなみ「グッドバイしたいこと」を聞かれた小池が「大泉さんとバラエティ番組に出ると楽しいんだけど、力んでしまうのか、いつも以上にエンジンをかけてしまう。 大泉は「お互い様。 小池が やたらと振ってくるから、カロリーを使っちゃう」と応戦したが、さっそく小池の振りでマイケル・ジャクソンのモノマネをさせられるひと幕もあり、「俺、本当にお前とのキャンペーン、嫌!小池さんとグッドバイしたい!」と叫び、会場の爆笑をさらった。 【写真を見る】大泉洋、目をつぶってマイケル・ジャクソンのモノマネ!小池栄子はニヤリ顔 原作は、太宰治の未完の遺作を、ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッドバイ」。 舞台挨拶には、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊、成島出監督も出席した。 『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の完成披露試写会が開催された 大泉は「小池さんとは以前、舞台でご一緒した。 またご一緒できるのもうれしかった」と共演を喜んだ。 人間としての豊かさ、チャーミングさが役柄に注入されている。 どのシーンを見ても、とても愛おしく感じる。 これだったら女性が惚れてしまうなというのは納得」と役柄へのハマり度を絶賛。 これには大泉も「わりといいこと言いますね。 模範回答です」とご満悦の表情を見せていた。 さらに小池は「宣伝なんかで『お芝居をやっていると、大泉さんが時々とても二枚目に見える』とお話しているんですが、ご本人は最初から最後まで二枚目のつもりで演じていたらしい」と明かすと、大泉は「『時々セクシーに見えるんです。 たまにかっこよく見えるんです』と言うんですが、私はずっとセクシーに演じたつもり」とぼやき節。 小池が「映画を観ていただければ答えは出るでしょう」と観客に語りかけると、大泉は「『ずっとかっこよかった』ってネットに書けよ」と訴えるなど、2人による丁々発止のやり取りが終始、爆笑を誘っていた。

次の

大泉洋 X マイケル がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

大泉 洋 マイケル ジャクソン

無数のシャッターが切られ、「写真(撮るの)止めてもらっていいですか!」と悲鳴を上げた。 小池さんは、映画の宣伝のために大泉さんと多数のバラエティー番組で共演。 「とっても楽しくやらせてもらっています」と話す一方で、「大泉さんと別れた後にすごく安らかな気持ちになる(笑い)。 力んじゃっていつも以上にエンジンかけているんでしょうね。 帰った時に、こんなに安らかになるんだって。 パワーを吸い取られる方」と苦笑しながら暴露した。 やたらとものまねを振ってくる。 正直、この人と一緒に出たくない。 すごくカロリーを使う。 この前も永遠にものまねさせられて、始まって10分で喉がかれた」「お前との宣伝活動、ほんと嫌!」とぼやきまくり。 口争いする2人の姿に会場は笑いの渦に包まれた。 映画は、文豪・太宰治の未完の遺作を劇作家のケラリーノ・サンドロヴィッチさんが戯曲化した「グッドバイ」が原作。 何人もの愛人を抱えるダメ男・田島周二(大泉さん)が、多数の愛人たちと別れるため、金にがめつい担ぎ屋・永井キヌ子(小池さん)に女房を演じてくれと頼み込むことから起こる騒動を描く。 成島監督にとって、デビュー作以来のコメディーとなる。 モテ男を演じた大泉さんについて、小池さんは「たまに、ものすごいセクシーだった」と回想。 しかし、大泉さんは「たまにって言いますけど、僕はずっとセクシーに演じていたつもりですけど……」とここでも反論していた。 この日の完成披露試写会には水川あさみさん、橋本愛さん、緒川たまきさん、木村多江さん、濱田岳さん、松重豊さん、成島監督も登壇した。

次の