インフル ワクチン 腫れる。 インフルエン注射で腫れる理由|副反応を回避する4つの注意点は

【医師直伝】インフルエンザワクチン…結局打った方がいいの?打たない方がいいの?…はっきりしてよ!!|森田 洋之|note

インフル ワクチン 腫れる

極めてまれに、全身の発疹や呼吸困難などをもたらす激しいアレルギー反応(アナフィラキシー、血管浮腫)などの重篤な副反応も報告されています。 この場合ほとんどは、接種後30分以内に発症しています。 また、これまでに、けいれんや運動神経障害(ギランバレー症候群)、筋力低下、振戦(手の震え)、視神経炎(急激な視力低下・眼球を動かした時の痛み)などが起きたとの報告も少数例ありますが、インフルエンザワクチンとの関連性は明らかではありません。 重篤な急性疾患にかかっている方• 過去にインフルエンザ予防接種により重大な副反応がおきたことのある方• 鶏肉・鶏卵でアナフィラキシーをおこしたことがある方• 免疫抑制剤、抗癌剤、副腎皮質ホルモンステロイド剤、放射線を使用した治療中の人および治療後6ヶ月以内の方• 最近4週間以内に、麻疹、風疹、水痘、おたふく、ポリオ、BCG、黄熱病などの生ワクチンを接種している方、また最近1週間以内に、日本脳炎、A型肝炎、B型肝炎、百日咳、インフルエンザ、ジフテリア、破傷風などの不活化ワクチンまたはトキソイドを接種している方• 心臓病、肝臓病、腎臓病、血液疾患などの基礎疾患がある方• 過去のインフルエンザ予防接種後2日以内に、発熱、全身の発疹などアレルギーを疑う症状がみられた方• 過去にけいれんをおこしたことがある方• 免疫不全と診断されたことがある方• 鶏肉・鶏卵アレルギーがある方• 妊娠または妊娠している可能性がある方• 16歳未満の方• インフルエンザ予防接種の効果、副反応、受けられない場合など、充分に理解した上で接種を受けて下さい。 予診票に記入された情報は予防接種の可否を判断する上で大変重要です。 もれなく記入して下さい。 不明の点があれば、医師、保健師、看護師にご相談下さい。 接種当日に、頭痛、発熱、腹痛、下痢、過労、睡眠不足、二日酔いなどで体調不良の場合は、接種を避けた方がよいでしょう。 万が一、接種当日に体調不良を感じたら、その事情を予診票に記入し、診察の際に医師に相談して下さい。 接種後30分は、重大な副反応がおきることがあります。 医師(医療機関)とすぐ連絡がとれるようにして下さい。 接種後24時間は体調の変化に気をつけ、高熱、けいれん、しびれ、息苦しい、繰り返す嘔吐、強度の下痢、急激な視力低下、眼球を動かした時の痛みなどがあれば、直ちに医師の診察を受けて下さい。 接種当日は、飲酒、激しい運動、過労、睡眠不足は避けて下さい。 接種当日の入浴はさしつかえありませんが、注射部位を強くこすらないで下さい。 ワクチンの効果が現れるには、接種後2週間程度かかり、その後5ヶ月間程度効果が持続します。 インフルエンザの流行は、1月初旬頃からみられますので、12月中旬までに接種を終えるようにして下さい。 外出先から戻ったら、うがいと手洗いを忘れずに。 室内の湿度を保ち、乾燥を避けましょう。 栄養と休息を充分にとり、体力を維持しましょう。 人ごみは極力避けるようにしましょう。 インフルエンザが流行している時に外出する場合はマスクをつけましょう。 インフルエンザは恐ろしいウィルス性疾患です。 インフルエンザの典型的な症状は、突然の高熱や悪寒から発症し、頭痛、関節痛、筋肉痛などを伴います。 のどの痛み、咳、くしゃみ、鼻水など普通の風邪の症状もみられますが、全身症状が強いのが特徴です。 日本でのインフルエンザは、主に冬の乾燥した時期にみられ、いったん流行しはじめると、短期間のうちに広範囲におよびます。 インフルエンザウィルスは、頻繁に小変異(連続性抗原変異)をおこし、その姿を少しずつ変化させていますが、突然姿を大きく変え、別のタイプの新型ウィルスを登場させることがあります。 これを大変異(不連続性抗原変異)といい、十数年ごとに大流行をおこす原因となり、その時には甚大な被害がもたらされてきました。 インフルエンザは、肺炎、気管支炎、時に脳炎などを併発して重症化し、死に至ることもあります。 特に高齢者や乳幼児など抵抗力の弱い人、慢性疾患で体力が衰えている人ほど重症化しやすくなります。 自分は大丈夫と思っていても、かかってしまえば周囲の人にもうつしてしまいます。 ご家族など周囲に高齢者、乳幼児、病中の方がいる、人に接する機会が多い、休めない、などの事情がある方には特に予防接種が必要です。 万が一、「かかったかな」と思ったら、すぐ医師の診察を受けて下さい。 2018年度 ワクチン A型株 A/シンガポール/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09 A/シンガポール/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2) B型株 B/プーケット/3073/2013(山形系統) B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統).

次の

新型インフルエンザ予防接種後の症状について|厚生労働省

インフル ワクチン 腫れる

小さいお子さんがいる方はこの時期インフルエンザは悩みの種ですよね。 インフルエンザのワクチンを接種して抗体ができるまでには2週間くらいかかります。 効果は4~5ヶ月続くようですが、早目に射つとピーク時期に抗体価が落ちて有効に効かないため、2回接種することでワクチンの効果をあげています。 最近、高齢者では1回射ちでも十抵抗力が得られているという厚生省のデータが出ており、大人では予防接種の時期をずらして1回射ちでもOKという傾向にあるようですが、小さいお子さんの場合は2回射ちが基本のようです。 腕の腫れについては、インフルエンザワクチンの一般的な副作用でそんなに心配は無いと思われます。 私の職場(病院勤務)では毎年希望者が予防接種しますが、結構な割合の人で注射したところが腫れ、ひどい人は1~2週間痛みが続きますがそれだけです。 (インフルエンザワクチンは鶏卵から生産されるので、卵アレルギーのある人は接種できません。 ) ただ、zanbaiさんの場合は小さいお子さんなので前の病院では大事を取って1回射ちを薦めたのではないでしょうか。 集団生活でうつされる可能性は大きいですし、インフルエンザになるとは大人でもつらいですもんね。 もう1度病院の先生に相談されてはいかがですか? 普通の内科だけでなく、独立した小児科がある病院で相談されるといいと思います。 Q 日曜の朝、インフルエンザの予防接種を受けました。 当日は何ともありませんでした。 ただ、お風呂から出て、病院で貼ってもらった絆創膏(?)をはがしたら、 下手くそをされていて、注射をした部分にガーゼが当たっておらず、接着部分が当たってました。 今日、特に腕が重だるいなどはありませんが、なんだか腫れているので、 服を脱いだら注射した部分を中心に直径7センチくらい赤く腫れあがり、 熱を持っていました。 触ると少し痛いです。 かゆみはありません。 赤く腫れるのは接種されたワクチンと身体が戦っている印でしょうか? それとも、絆創膏の貼り方が悪く、雑菌が入ってしまった可能性はありますか? 放っておいて良いのか、病院に行くべきかわからず、 それに今まで、(幼少の頃の話しですが)予防接種を受けて腫れた事はありませんでしたので、 不安に思い、質問させて頂きました。 よろしくお願い致します。 Q 注射した腕の痛みが1年も取れないことなんてあるのでしょうか? 昨年、インフルエンザのワクチンを接種しました。 かかりつけの病院なので、血液検査などで何回か血を採ってもらったことがあるのですが、 あきらかに1人、注射の下手な看護婦さんがいます。 ワクチンの時もその看護婦さんだったのですが、 注射が痛かったのはもちろんですが、ものすごい腫れ方で5~6日間も腫れがひかず、 また腕も痛いし、だるかったです。 そして腫れがひいてきたのはよかったのですが、 ちょうど注射を打った所の痛みが全然ひきません。 押さえるとさらに痛みを感じました。 最初は、そのうち治まるだろうと思っていたのですが、 数ヶ月経っても痛みはひきません。 同じ病院で訴えたところ、「そんなことになるわけがない」と言われました。 また、「本当に注射のせい?その前から痛かったんじゃないの?」と言われる始末です。 別の病院にも2軒行きましたが、1軒では「稀に痛みがなかなかひかない人もいる」とのこと。 それにしても、数ヶ月もおかしいと思います。 もう1軒では、肩こりでもあるんじゃないの?と言われました。 確かに肩こりはありますが、それが注射後の痛みとどう関係あるのかは説明してくれませんでした。 時間だけが経ち、もうすぐ1年がこようとしています。 痛みはよくならず、同じ状態が続いています。 これはどうしたらいいのでしょうか。 何が原因なのかもわからず、このまま痛みがひかないのかと思うと夜も眠れません。 どんなことでもいいので、原因、または対処法などがあれば教えてください。 本当に困っています。 よろしくお願いいたします。 注射した腕の痛みが1年も取れないことなんてあるのでしょうか? 昨年、インフルエンザのワクチンを接種しました。 かかりつけの病院なので、血液検査などで何回か血を採ってもらったことがあるのですが、 あきらかに1人、注射の下手な看護婦さんがいます。 ワクチンの時もその看護婦さんだったのですが、 注射が痛かったのはもちろんですが、ものすごい腫れ方で5~6日間も腫れがひかず、 また腕も痛いし、だるかったです。 そして腫れがひいてきたのはよかったのですが、 ちょうど注射を打った所の痛みが全然... A ベストアンサー 推測の域をでない仮説ですが。 ワクチン接種だったということで、しかも接種した部分がひどく腫れたということですから、注射した部分に強い炎症が起こったんだと思います。 注射した看護師さんが下手だったこと全く関係ありません。 ワクチンやワクチンに含まれる成分の何かに対して、強い免疫反応がおこったのだと思います。 そのために強い炎症が注射した局所に起きてしまい、腫れや硬結をつくったりして、治癒しようとします。 その炎症とその治癒の過程で、皮膚や筋肉の神経が巻き込まれてしまい、炎症が引いても巻き込まれた神経を刺激すると、すなわち注射した部位を圧迫したりすると、その神経が痛みを発してしまっているのかなと考えました。 であるとすると、痛みを治す方法は特になく、数年単位の経過をみていくだけでしょう。 次回のワクチンは見送りも含めて、ワクチン接種をするかどうかを判断する必要があるかもしれません。 あくまでも仮説ですけど。

次の

【医師直伝】インフルエンザワクチン…結局打った方がいいの?打たない方がいいの?…はっきりしてよ!!|森田 洋之|note

インフル ワクチン 腫れる

この記事の目次• インフルエンザの予防接種で腕が炎症することがある? インフルエンザの予防接種をすると、 腕が赤くなったり少し腫れたりする人もいます。 この他にも予防接種による副作用は、たくさんありますが、 その中にひとつに、 「細菌による化膿性炎症」というものもあります。 通常、細菌が入り込むといえば傷口などからですが、インフルエンザ予防接種の後の場合は、針を刺した皮膚の穴から侵入すると考えられます。 ですが、赤くなったり腫れたりする副作用の症状は、 インフルエンザの予防接種では起こることが多いです。 そして、腫れや赤くなる状態が他の人よりひどいという人もいます。 なので、 「炎症ではなく腫れている」状態であることも考えられます。 このような症状は軽いものであれば、 3日か4日ほどでおさまるのが通常です。 痛みやかゆみ、腫れ、赤みの症状が強い場合は、 水に濡らしてしぼったタオルなどを当てて、 軽く冷やしてあげるようにしましょう。 症状が長く続いたり、腫れがひどい時や広範囲にわたる場合や、 痛みが強いなど気になる時は、病院で診てもらう方が安心です。 昔はインフルエンザの予防接種を受けた日は、 「お風呂に入らない」というのが一般的でしたがご存知ですか? ですが、今の時代は摂取をした当日でも、 「お風呂の入ってよい」とされていて、 ほとんどのお医者さんもOKを出すそうです。 この理由なんですが、 昔は現代ほどお風呂の衛生環境が良くなく、 細菌が入って炎症を起こす可能性が高かったからだそうです。 現代の日本のお風呂は衛生面がしっかりしていて、 インフルエンザ予防接種を受けた後でも、 そういった問題が起こりにくい、ということです。 ですが、炎症は起こらないというわけではありません。 注射をした腕の状態をよく見ながら、 様子がおかしいという場合は病院で相談してくださいね。 インフルエンザ 予防接種で腕が赤くなるのはどうして? インフルエンザ予防接種を受けると、 いつも腕が赤くなるという人も多いと思います。 だけど、他の人と比べて自分の腕の赤みが 色が濃かったり範囲が広いと不安になってしまいませんか? また、例年より今年はすごい赤い、 となるとこれもまた心配になってしまうと思います。 インフルエンザ予防接種で赤くなるのはなぜ? スポンサードリンク インフルエンザの予防接種で腕が腫れるのは異常? インフルエンザで予防接種の注射をすると、 わりと多くの人に副作用の症状が現れます。 赤くなったり痛みが出たりとさまざまですが、 「 腕が腫れる」というのも多い症状です。 注射を打った部分が赤くなって腫れることはよくあり、 この部分が熱を持ったようになる人も多いです。 たいていは、腫れるのと一緒に赤くなり、 痛みやかゆみを伴うことが多くなっています。 では、このインフルエンザ予防接種で起こる 腕の腫れは異常ではなく普通のこと? かというと・・・ 軽いものであれば普通のことで問題ありません。 数日で腫れもひいていくのでそのままにしておきましょう。 こんな状態になったら注意が必要! ・腫れている期間が長くなかなか腫れがひいてこない ・腫れが広い範囲に広がっている (注射をした腕のヒジ・肩の方まで広がるほど) 過剰に反応している場合があるので診察してもらいましょう。 インフルエンザの予防接種で腕が腫れる場合、 腫れの部分が硬くなっているという人も多いと思います。 ですが、摂取後は「もまない」のが基本です。 あとがき インフルエンザの予防接種といえば、 多くの人が赤くなったり痛くなったりなど、 軽い副作用の症状が出るのはごく自然なことです。 これは、インフルエンザに対する抗体が体に作られている証拠なので、 軽い場合は特に不安にならなくても大丈夫です。 何日かで症状はおさまっていきます。 痛みやかゆみが気になる時は、 水で濡らしてしぼったタオルなどで患部を冷やしてくださいね。 保冷剤を使うと簡単に冷やせますが、 冷やした後に急激にかゆみが出ることがあります。 もしも保冷剤を使って腕を冷やす時は、 タオルでグルグル巻いて冷たさをやわらげ、 やさしいヒンヤリ感を腕に与えるようにしましょう。

次の