トラノコ。 【評判】トラノコは儲かるの!? 2年運用したら大赤字になった件について

トラノコとは?おつり投資のメリット、手数料、評判について解説!

トラノコ

トラノコでの運用実績 まずはトラノコでの投資実績を見てください。 自分は2017年の7月からトラノコでおつり投資をしています。 2020年4月までのおつり総額は225,619円。 現在の運用残高はこのようになっています。 211,466円です。 なんと!! 14,153円のマイナス!! しかもトラノコは300円の月額費がかかります。 現在までに32ヶ月を運用。 初めの3ヶ月が無料でしたが、合計手数料は29ヶ月で8,400円。 この分を利益から引くと 22,853円の損失となります。 これだけ大きく損失がでた原因はコロナショックです。 ただ、自分はウェルスナビやTHEOでも投資していますがここまで大きく落ち込んではいません。 少額投資だとトラノコで運用するのはかなり厳しいです。 月とすっぽんほどの差があります。 当ブログではタイアップキャンペーンも実施中です!! トラノコをやるならマメタスがオススメですよ。 おつりで資産運用とは?? まず簡単におつりで資産運用とはどんなものかを説明していこうと思います。 また、「現金払いは対応していないの?? 」と感じる方もいるかもしれませんが、お釣りで資産運用する場合マネーフォワードなどの家計簿ツールを使って日々の買い物データを取得するため、現金での買い物は基本対応していません。 ただし、自分で家計簿ツールに手入力した場合は反映されますので、現金払いが中心の方はこの方法で利用すること可能です。 とはいっても、手入力はけっこう面倒なので、基本はクレジットカードや電子マネー決済をする方にオススメの投資方法だと思います。 トラノコとは?? トラノコは2017年6月7日に始まった、TORANOTEC投信投資顧問株式会社が運営する お釣りで資産運用ができるサービスです。 無理なく、簡単に、資産形成ができるサービスを目指しています。 ちなみにこのTORANOTEC投信投資顧問株式会、聞いたことがないという人も多く「大丈夫かな?? 信用できるの?? まずはいつも通りクレジットカードや電子マネー等で買い物。 すると買い物データが家計簿ツールに反映されますので、トラノコがそこからデータを取得します。 データの取得が完了したら、自分で投資したい「おつり」を選択します。 毎月1回、選択したおつりの合計金額が登録した銀行口座から引き落とされ、自動で投資が開始されます。 あとはアプリで運用状況をチェックするだけ。 個人的には普段投資する時間がない人や、少額から無理なく投資を始めたいという人に最適なサービスだと思いますね。 トラノコの利用料 トラノコがどんなサービスかわかったところで、ここからはトラノコを利用する上での大事なポイントを紹介していきたいと思います。 まずは費用から。 トラノコでは運用するのに以下の二つの費用がかかってきます。 ファンドに関わる費用• 月額利用料• その他手数料 ファンドに関わる費用はトラノコに預ける純資産額の年0. 月額利用料は300円 税込。 そして、その他手数料は純資産額の最大年0. 学生ならだれでも23歳になるまで月額利用料の300円が無料になります。 手続きは学校名と学籍番号をいれるだけの簡単設定です。 ただし、下記の条件がありますので注意しましょう。 学割の条件• 口座開設時に22歳以下かつ職業欄で学生を選択• 対象学校は大学、短期大学、高等専門学校、各種専門学校、高校• 口座開設後に学校名と学籍番号を入力• 学割サービスは23歳の誕生日まで トラノコの投資先 トラノコがどんな金融商品に投資するかというと、地域ごとの株式や債券を組み入れ資産とする 上場投資信託 ETF に投資をします。 投資対象のETFは下記の通りです。 株式や債権だけでなく、不動産や金、さらには農産物などかなり幅広いラインナップとなっています。 下記では個人的に「ここはいいな〜」と思った点をピックアップしてみました!! メリット1:5円から投資ができる トラノコでは5円から1円刻みで投資ができます。 流石に5円からなら投資初心者でも気楽に投資ができる額ですよね。 現在あるフィンテック投資の中でもハードルはトップクラスに低いです。 メリット2:投資にかける時間を大幅に減らせる トラノコは買い物するたびに投資するという仕組みなので、日々の投資にかける時間を大幅に減らすことができます。 投資するとなったら、普通はどのくらいの金額をどんな金融商品に投資するか選択しなければいけません。 なので「投資したいけど時間がなくてなかなか実行に移せない。。。 そうなると気づいたら「 予想していた以上に投資にお金を回していた!! 」なんてこともあるかもしれません。 しかし、トラノコでは自分の計画通りに投資ができるよう、 お釣り毎に投資するかしないかの選択をすることができるんです。 よって、もし純資産額が100万円まで積み上がったと仮定した場合、それぞれの年間でかかる利用料は下記の通り。 トラノコ:7,600円• 200万円あずけると2倍近く変わってくきます!! ちなみに、 純資産額が60万円でマメタスとトラノコの利用料が同額になりますので、それ以上の場合はトラノコで運用した方が手数料が安くなりますよ。 メリット5:nanacoポイントやANAマイル、dポイントが貯まる 2018年4月からトラノコで毎月投資をする度にnanacoポイント、ANAマイル、dポイントが貯まるようになりました。 貯められるのはこの中の一つです。 毎月貯まるポイントは下記の通りです。 nanacoポイント・・・20P• dポイント・・・15ポイント• どちらが自分に合っているか考えてから決めるようにしましょう。 ただし ポイントが貯まるのは12回投資をしてからなので注意が必要です。 その前に解約してしまうとポイントは一切もらえません。 12回投資後は毎月貰えるようになります。 メリット6:様々なポイントで投資ができる トラノコは現金はもちろんのこと、ポイントでも投資ができます。 下記のポイントが対象です。 098円• マイルがたくさん貯まっている人はそのまま特典航空券などに利用したほうがいいですね。 とはいえ、ポイントで投資すればさらに増加する可能性もありますし、含み損になったとしても現金よりはダメージが少ないです。 お試しでトラノコを体験したいと思っている方には最適な方法かもしれませんね。 ちなみにポイントを利用した投資は他にもあります。 トラノコ:4,000円• トラノコでは初期入金をする必要はなく、 純粋にはじめからお釣りで資産運用ができますので、この点を考えると、それほど気にする必要はないかなと思います。 初期入金分がないだけ、少し手数料が割高と割り切りましょう。 逆に初期入金額に問題がなければも検討してみる価値はあると思います。 デメリット2:利益がでるとは限らない これはトラノコだけではなく、金融商品全般にいえることではありますが、利用したからといって、確実に利益を出せるというものではありません。 もちろん、元本割れすることもあります。 世の中に確実に利益を出せるという金融商品はなく、 リターンを求めるならばリスクを負わなければいけません。 ここは必ず心得ておきましょう。 デメリット3:評価損益がわからない 個人的に1番のデメリットは評価損益がわからないところです。 画面には現在の残高しか表示されておらず、自分が投資した合計金額は表示されていません。 評価損益を知るには今まで積立してきた金額を計算しなければいけないんです。 投資サービスとしては結構致命的なシステムかなと思います。 トラノコに投資するまでの流れ トラノコで運用開始までの流れは下記の通りです。 あわせて読みたい 上記で紹介した手数料の他に最低投資金額や信用度などさまざまな切り口で比較していますので、是非こちらもチェックしてみてください。 トラノコの評判や口コミ ネット上におけるトラノコの評判や口コミをリサーチしてみました。 こんな声がありましたよ。 トラノコって月に300円も取られるのか — Wagao wagao1981 トラノコで約1年と半年、ちょこちょこ毎月投資してきて約2万円損している。 トランプが当選するちょっと前の最悪のタイミングで始めたから仕方ないものの、自分の想像だと最低でも+5万とかになると思ってた。 銀行に貯金しててもいいことはないけど、悪いこともなかったな・・と思う。 — Sena senaxanes トラノコみたいなお釣り積み立てる少額投資信託、積み立てるお金が少ない割に立派に手数料取られちゃうし、びっくりするほど利率が良いわけでもない。 やっぱ投資信託はそれなりにまとまったお金がないと旨味は無いな。 どうやったって手数料負けしてしまう。 長期的な利益にコミットすることで顧客の信頼を得ようとする考えがほとんどないから、誰も儲からないし、投資の裾野も広がらない。 — jyosuke 脱力公務員 zettaigoukaku51 おつり投資のトラノコやってて、全然利益も出ないし月額の元も全く取れなかったので、先月退会したんだけど、退会後なのに引き落とし&月額も引かれてる。 問い合わせても「仕様で規定どおり」って一辺倒な回答で、引き落とし分の振込手数料もこちら持ち。 退会後なのにめちゃくちゃ嫌な体験した😭 — やまのぱん yamanopan 正直、ネガティブな口コミばかりでした。 特に手数料の高さについて否定的な声が多くあったように思います。 肯定的な意見はキャンペーンばかりで実際に運用して多くの含み益を出している人はみつけることができませんでした。 トラノコのまとめ トラノコはおつりで資産運用ができるサービスということで、日々投資にかける時間が無い方や、 もっと投資をスマートに行いたいという方に最適なサービスだと思います。 さらに買い物する度に投資ができるということで、自然と分散投資になっている部分も魅力です。 ちなみに10年間毎月1万円をコツコツとTOPIXに投資した場合、どんな結果になったのかをトラノコが発表しているんですが、これがまた興味深い結果になっています。 こんな感じで10年間積み立てると120万円が200万円になるとのこと!! あくまで過去のデータなので、今後もこうなるかはわかりませんが、同じくらいのパフォーマンスをしてくれる可能性は十分あると思います。 当ブログ限定のタイアップキャンペーンも駆使すればお得に始めることができますよ。

次の

おつりで投資するアプリ「トラノコ」とは?その仕組みや評判について徹底解説!

トラノコ

トラノコとは? トラノコとはスマートフォンアプリを中心に提供される少額投資サービスです。 「 お釣りで投資」を売りに、少額投資の分野では早くからサービスを提供しています。 主なメリットとして以下の4点があげられます。 おつりやポイントで気軽に投資ができる トラノコの投資方法はダウンロードしたアプリやホームページから、おつりに関する設定とクレジットカードの設定を行い、 擬似的なお釣りを作ってそれを投資に回す仕組みです。 例えば320円の買い物をカードでした場合、100円単位であれば80円、500円単位と設定したら180円のお釣りがでたと勘定して積立にまわされます。 その他にも ANAのマイルやポイントサイトなどで貯められる提携ポイントを使い現金を使わずに投資を行うこともできますし、毎月余裕があればおつり以外に 追加の積立も設定できます。 メインはおつりでの投資、そこにポイントサイトや旅行でためたマイルを組み合わせながら手軽に少額投資を楽しみ、将来に向けての資産形成ができるサービスとなっています。 運用を3パターンから選べる 投資の面白さは自分で好きな投資を選べるということですが、それは同時に初心者にとって下調べや選択の負担を増やすことでもあります。 気軽に使えることを重視したサービスとしては難しく感じるでしょう。 そこでトラノコでは、自社が提供する3つのファンドのみを提供する方式をとっています。 トラノコが提供するファンドは通称 「大トラ」「中トラ」「小トラ」の3つで、許容できるリスクが商品によって異なります。 投資の世界では基本的な原則として「リスクが大きければリターンも大きい」というものがあるので自分の許容できるリスクをよく考えてこの3つから選択していきましょう。 ほぼすべての金融機関に対応 こういった投資サービスで意外とめんどくさいのが、指定の引き落とし口座が対応していないときです。 その場合は別の銀行口座を作る必要があったり、毎回必要な資金をそこに振り込む手間が発生します。 トラノコでは毎月の引き落とし口座は ほぼすべての金融機関に対応しているのであたらしく口座を作る必要はありません。 ですから給料が振り込まれる口座やクレジットカードの支払いが行われる口座など、自分の生活で普段つかっている口座が利用できて無駄に資金を動かす必要なく投資を行えます。 大手企業がスポンサーで安心 トラノコはスポンサーに セブン銀行やニッセイなど有名な会社が並んでいます。 スポンサーに有名な会社が並んでいるから信頼できる、というわけではありませんが信頼性を図る一つの指標であるとは言えます。 トラノコの手数料、利用料は? トラノコは利用する際に月額料金と手数料が必要になります。 まず 月額料金が1ヶ月300円です。 これは投資額や投資期間にかかわらず必要になります。 その上で 運用報酬が年あたり0. そして積立資産を引き出す場合、 出金手数料として300円必要になります。 月額料金と出金手数料はわかりやすいですが、運用報酬は投資に馴染みがない人だとわかりにくい部分があるので少し詳しく解説します。 運用報酬は簡単に言えば「自分に変わって運用してくれる会社に対して支払う手数料」です。 トラノコでは投資額に対して年利0. 3%が運用報酬となっています。 例えば年間で10,000円の投資を行った場合、報酬として支払うのは年あたり0. 3%の30円となります。 これは年あたりの支払いで計算していますが、実際はもっと細かく一日あたりの計算で行われているので複雑な計算式が必要になります。 ただ、実際の運用では ファンド資産から控除されるので、計算をする必要はありません。 つまり会社から提示される運用額の時点で運用報酬は抜かれているとので、追加で支払う必要はないということです。 また出金手数料は金額にかかわらず300円となっています。 投資するほどお得!月額利用料300円 トラノコ投資は少額での運用がメインのサービスなので、月額料金300円というのは結構大きな負担になります。 投資額や収益額がどのうような状態でも、1年で3600円かかるわけですから場合によっては手数料だけで赤字になってしまう可能性もあります。 しかし逆に運用報酬は他社と比べて低めに設定されているので、投資額を増やせば増やすほどお得になる仕組です。 例えば80万円を一年間で運用したとしたら、運用報酬を年率1%前後を取る他社では8,000円ほどの手数料が必要になりますが、トラノコでは月額手数料と含めても6,000円程度で済みます。 「少額のお釣りで投資ができる」というサービスで「たくさん投資をすると元が取りやすい」というのもおかしな話ですが、トラノコは気軽に投資に参加して 長期間積立を行う中で資産の形成を目指す、ということを目標としたアプリですから、他社と比べて1年2年単位ではなく長い目でみるとお得になるサービス設計となっているわけです。 もし資金に余裕があるという方はおつり投資以外に自分で決めた金額を投資する方法もあるので、そちらを併用して積立て行きましょう。 月額無料が最長4ヶ月 トラノコでは月額料金の負担を減らすキャンペーンとしして、すべての利用者に対して月額料金が 最長4ヶ月無料というサービスを提供しています。 これは初回投資から3回目の投資までの期間を無料とするサービスで4回目の投資資金引き落としから月額料金の支払いが始まるという形になります。 実質3ヶ月、900円分の月額料金が割引される嬉しいサービスとなっています。 学生なら月額利用料がずっと無料 またU22の学生に対しては学割ということで月額利用料が無料となっています。 条件は高校、もしくは各種大学に在籍していることで申込みの際に学籍番号と学校名を入力するだけです。 それだけで大学を退学したなどで学生をやめた場合でも 23歳まで月額手数料が無料となります。 注意点として、口座開設時に学生でない場合にはその後学校に入学したとしてもあとから学割を適用することができないので、開設時期には注意しましょう。 無料で始められるトラノコで投資家デビュー トラノコはスマートフォンから投資をはじめることができる手軽なサービスとなっています。 月額手数料があるので本当に少額の運用だと利益より手数料のほうが多いこともありますが、最初の 3ヶ月は月額料金が不要ですし、 22歳以下は月額料金が無料になるサービスもあります。 こういったサービスをうまく使ったり運用額や運用方法を工夫するなどしてうまく利益を出していきましょう。

次の

トラノコの手数料、利用料は?月額無料期間あり

トラノコ

日々の買い物ででた小銭を、貯金箱代わりに投資に回せるからとても気楽だね! トラノコが学生にもおすすめな理由 ファンドなので当然ですが、トラノコでも運用報酬と使用料がかかります。 アプリのインストールや登録自体は無料です• 運用報酬・・・年間の運用額に対しての0. 月額利用料・・・固定で毎月かかる料金 この2種類の料金がかかります。 月額300円も足して、どう判断するかは人それぞれです。 最初の3ヶ月間は月額利用料金が無料なので、その間に実際に利用した感じを判断するのが一番利口かと思います。 ちなみに 23歳までの人は月額利用料はありません。 タダです。 無料です。 となると、かかるのは年間運用報酬のみ。 かなり小さい額でファンドに参加できます。 小銭で投資ができるトラノコはポイントも投資できる トラノコポイントという独自のサービスが展開されています。 アンケートに答える• ショート動画を視聴する こういったことでポイントを貯めると1P=1円としてトラノコに投資できます。 また他社のポイントやマイルとも提携しており、登録するだけでポイントが貰えるなどの嬉しい特典がGETできます。 複数ある提携サービスのなかから1つを選んで、サービスを受けることができます。 例えばnanacoとの連携サービスを選べば、口座申込で3500ポイント、さらに毎月20ポイントを受け取ることができます。 超おいしいですね。 実質的にポイントのみを投資に回すことだって可能なわけです。 現状展開サービスは以下の通りです。 nanaco 毎月20ポイント、口座申し込みで3500ポイント。 ANA 毎月5マイル、口座申し込みで700マイル。 dポイント 毎月15ポイント、口座申し込みで3000ポイント。 ニチガス 毎月100円の割引 まだこれぐらいしかありませんが、今後さらに展開されている予定です。 トラノコを始めてみる理由まとめ 「おつりで投資」ができるを始めるべき理由としては.

次の