イラスト 髪の毛。 イラスト初心者でも簡単に描ける髪の描き方!

イラストの見栄えがよくなる!イラストの影のつけ方

イラスト 髪の毛

あなたは大丈夫? 違和感がある髪の描き方 初心者が陥りやすい「髪の毛の違和感」を4つ上げてみました。 あなたは当てはまりますか? ボリュームがない 頭蓋骨の形を意識せず描いたときに起こります。 頭部がえぐれて、顔が突き出して見えるような違和感があります。 ボリュームがありすぎる 頭蓋骨の形を意識しすぎたときに起こります。 「頭蓋骨があって、髪があって、その間にはなんとなく空間があって、だから髪の毛は盛り上がるはず……」と無意識に思っているうちに形が大きくなってしまいます。 顔と髪の向きが合っていない 顔が左斜めを向いていますが、サイドの毛量のバランスから 髪の毛だけ正面気味に見えます。 髪型に意図がない限り不自然な髪型です。 毛の流れが垂直すぎる 髪が不自然に垂直で 生え際がないです。 違和感のない髪の描き方 それでは上記のようなミスはどうやったら防げるのでしょうか? 大切なのは 頭蓋骨の形と生え際(髪の毛の生え方)を意識することです。 「ボリュームがない」の画像を例に、頭蓋骨の形を描いてみます。 頭蓋骨に赤線を引いてみると一目瞭然ですね。 後頭部が陥没しています。 頭部の形が決まらないと感じる人は、坊主頭の 人間にかつらを被せるイメージでアタリを取ると良いでしょう。 それでは描き方の工程を押さえましょう。 坊主を描く はじめは髪を描かず、坊主の状態を描きます。 参考:頭部の形の取り方について link 2. 髪型のアタリを取る 次に髪型のアタリを取ります。 生え際の位置も決めておきましょう。 男性は天然パーマ気味のショートで、女性は直毛気味のショートを想定します。 カツラを被せる 最後にカツラを被せるように髪の毛を描いて完成です。 描画しやすくなる髪の描き方 描き方の工程は分かったものの実際に描くと、髪の流れがよく分からないと思います。 そこで、 1. 生え際を分けて考える 2. 矢印で髪の流れ決める の手順を押さえることで描きやすくなります。 生え際を分けて考える 髪を描画しやすくする方法として、生え際を• フロント• サイド• もみあげ• バック• 襟足 の 6つに分けるのをオススメします。 色が付いている部分から髪の毛が生えているのをイメージしましょう。 矢印で髪の流れを決める 上記で 色分けした部分を元に、矢印でざっくり髪の毛の流れを決めると描きやすくなります。 [ どの髪型を描く場合でも、 生え際の意識は共通なので使いまわせます。 最初の段階で矢印を描くのが難しい方は、 1. 髪の毛のアタリを取ってから生え際を定め直す 2. 矢印を引いた後に流れを微調整 といったように「自分の絵に自分で赤入れする」のも良いでしょう。 応用編:髪を描く考え方 次は応用編として、髪を描くときに知っておきたい考え方をご紹介します。 髪の生え方を考える 初心者にありがちなミスとして「つむじ1点から髪の毛が生えている」ことがあります。 正しくは、生え際は様々な箇所にあるので 「つむじを中心に放射状に生えている」ことを意識すると自然な髪型になります。 特にくせっ毛やショートヘアを描くときに 、この構造を理解していると髪の毛の流れに困らないです。 頭部がえぐれて見える場合も、この「つむじ1点から髪の毛が生えている」パターンが当てはまることがあります。 頭皮と髪のアウトラインの隙間を考える 長髪でストレートだと、 生え際の意識が無くなりがちです。 基本は 「髪の毛は頭部全体から生えている」ことを意識して、生え際に膨らみが生じることを覚えておくと良いでしょう。 例えばこのように、一本一本の髪の毛は毛穴から直接下に垂れ下がっているのではなく、毛根近くは皮膚に対して垂直気味に生えています。 よって 頭皮と髪のアウトラインの間に空間が生まれるのです。 髪の毛の描き方まとめ これまで紹介した事項をまとめると 1. 頭蓋骨のかたちを描く 2. 髪の毛の生え際に沿って矢印の流れを作る 3. 毛の流れに沿ってカツラを被せる要領で髪を描き込む を順を追って制作すると、比較的まとまったイラストに仕上がります。 特に髪の毛の生え方は規則的な部分なので、構造を知っておくと「何かが違う」曲面に遭遇したときに、どこが間違っているのかの答えを見つけやすくなるので覚えておきましょう。

次の

AviUtl 静止画イラストの髪の毛を揺らす方法。

イラスト 髪の毛

基本的な髪の描き方 基本的な髪の描き方を紹介します。 わかりやすいように前髪と後ろ髪で描き方を分けて解説していきます。 アタリ まず顔の縦の中心線を取ります。 その後に左右の線を頭のてっぺんで繋ぐように線を入れます。 上のようにクロスした点が中心となります。 点を中心として髪が流れているように意識しながら描いていきます。 前髪のアタリ 前髪にアタリを付けます。 イラスト初心者ほど長さにバラつきが出てしまいがちな前髪。 アタリを付けることによって、長さが揃ったキレイな前髪が描けます。 前髪の長さは耳の上の高さです。 同じ高さになるように横線を引いて中心点から線に向かって線を入れていきます。 前髪は顔の中心に向かって丸みを帯びたふうに描くと自然になります。 後ろ髪のアタリ 次に後ろ髪のアタリを描きます。 長さはミディアムになっています。 後ろ髪も前髪同様、中心点から髪が生えているように描いていきます。 このイラストでは耳を出しているため、耳より前に生えている髪を耳に掛けるようにして描きます。 このくらいの長さだと、肩に髪が掛かります。 耳の後ろ辺りの髪の束が前にくるようにイメージしてください。 線入れ アタリに合わせて線を入れます。 髪の毛の細かい線を入れて、より自然に仕上げていきます。 前髪はアタリのように横一直線では不自然なので、縦に細かい切れ込みを入れるイメージで描いています。 また、もみあげの位置の髪を少し長めに描くことで垢ぬけた印象になります。 後ろ髪は毛先の方に向かって丸みを帯びて描くと柔らかい印象になります。 毛先をクルンと軽い内巻きにしたり、後ろ髪を遊ばせるとより自然な髪型に見えます。 触覚バージョン もみあげの位置にある頬に掛かる髪のことを触覚といいます。 触覚があるキャラクターは可愛らしく見えます。 髪型のバリエーション 次に【基本的な髪の描き方】で紹介した描き方を応用して色々な髪型のバリエーションを紹介します。 ボブ ボブはリアルでも女性に非常に人気のある髪型です。 長さは肩より上でカットしていてショートよりは女の子らしい髪型です。 前髪、後ろ髪をぱっつんにするとおかっぱになります。 ロング 男受けNo1の黒髪ロング。 やはり、モテるタイプのキャラクターに多く見られる髪型です。 ロングでも重い印象のものではなく、細く軽いタイプの描き方が人気です。 またウェーブをかけているとストレートの時とガラッとイメージが変わり、より女性らしくなります。 ツインテール ツインテールは少し癖のあるキャラクターのイメージ。 縛っている箇所に髪の流れが行くように描きます。 縛る位置を下げるとおさげになります。 ポニーテール ポニーテールはスポーティーな女性のイメージです。 下の方で結ぶと少し地味な感じになります。 キャラクターの性格に合わせて位置を変えていくと良いと思います。 まとめ イラスト初心者さんに向けた【髪の描き方】を紹介しました。 髪の毛は最初にアタリを描いて、中心点から流れるように描いていくと失敗することなく描きやすいです。 基本をおさえて描くことに慣れてくれば、色んなヘアースタイルが描けるようになっていきます。

次の

髪 (かみ)とは【ピクシブ百科事典】

イラスト 髪の毛

髪について のはやの裏を除くに生えるが、特に太く長い毛が頭部に集中して生えるものを 髪の毛という。 その数はおよそ10万本とされる。 が元気なうちはいくらでも伸びるが、そのまま伸ばしっぱなしにすると邪魔になるため、大抵の人は適当な長さに切り揃えている。 身体の一部でありながら、比較的容易に形状に手を加えられるため、個性の主張にも利用される事が多い。 特に女性のに関しては、、などして多様なバリエーションが生み出されてきた。 をする要素のひとつで、若々しさの象徴とも捉えられる。 転じて、の周囲に広がるガスをコマ(髪)と呼ぶ。 髪の色 ・・によってや質感が異なる。 幼少の頃は色素の薄いやであったのが、大人になるとになったりもする。 加齢によって毛のが抜けに、さらに年を重ねるとくなってゆく。 やも可能なため、髪色を変える事を楽しむ人もいるが、やり方によっては頭皮も含めてダメージが蓄積されるので留意されたい。 界隈では現実にあり得ない様々なが見られるが、その多くはである。 頭髪の色や髪型によってキャラクターの印象が左右されるため、においても頭の捻りどころと言えるだろう。 - 企画以外のイラストも有り• 他の記事言語 関連外部リンク• 関連記事 親記事.

次の