国民 共済 と 県民 共済 の 違い。 国民共済と県民共済の違いを比較する!失敗しない共済の選び方について

国民共済と県民共済の違い?

国民 共済 と 県民 共済 の 違い

引用: 保険料は、総合タイプが毎月1,800円、総合2倍タイプが毎月3,600円、大型タイプは毎月5,400円となっています。 全労済にはこくみん共済以外にも、せいめい共済(定期や終身の死亡保障)や医療共済などがあり、民間の生命保険のように保険金額や払込期間を設定できるタイプの消費にもありますが、どれも保険料は民間の生命保険と比べて割高で、特約のバリエーションにも乏しいことから、FPの視点から見たらあまりおすすめはできない商品といえます。 こくみん共済に加入する前に確認すべきデメリット こくみん共済のメリットは、なんといっても一律1,800円の割安な保険料と割戻金です。 では、注意すべきデメリットとはどんなものでしょうか?• 満15歳~満59歳の健康な人しか加入できない• 満60歳以降は「移行タイプ」になり、5年ごとに保障内容が悪くなっていく• 病気に対する保障がケガと比較して薄い• 3つのタイプからしか保障内容を選べないので、自分にピッタリのものが作れない 特に注意したいのが「満60歳以降」の保障についてです。 保険料が安いからと、ずっとこくみん共済だけに頼っていて、60歳になる手前で民間の生命保険に切り替えようとした場合、持病やケガによって新たに生命保険に加入できないこともありますので、 早めに(健康なうちに)民間の生命保険に切り替えておくことをおすすめします。 参考までに、満60歳以降の保障内容をご紹介します。 保障期間 18歳〜65歳 入院 事故 1日目から184日目まで 1日当たり 2,500円 病気 1日目から124日目まで 1日当たり 2,250円 通院 事故 14日以上90日まで 通院当初から1日当たり 750円 後遺障害 交通事故 1級 330万円 〜13級 13. 2万円 不慮の事故(交通事故をのぞく) 1級 200万円 〜13級 8万円 死亡・重度障害 交通事故 500万円 不慮の事故(交通事故をのぞく) 400万円 病気 200万円 県民共済に加入する前に確認すべきデメリット 県民共済は、こくみん共済と比べても保険料が安く、加入継続年齢も64歳までと長いことからも人気の商品です。 しかし、必ず以下のデメリットについても確認しておくことが必要です。 妊娠中、もしくは小さな子どもがいる• 賃貸物件に住んでいる• 実家が遠い、何かあったときに頼りづらい• 妻が専業主婦 など このような場合、主に死亡保障の加入を検討しますが、民間の保険会社で見積もりを取った場合、保険料が生活費を圧迫することも考えられます。 そんなとき、共済であれば ある程度の死亡保障を保険料の安いで準備することができます。 そして、収入が安定してきたら、しっかりと保障内容を見直して民間の生命保険に切り替えるという手続きに移りましょう。 民間の生命保険の契約がはじまったら、必ず共済の解約手続きを忘れずに行いましょう。 まとめ こくみん共済・県民共済・都民共済の3つは、生命保険に加入しようと考えたとき、ほとんどの方が選択肢のひとつに加えようと検討すると思います。 保険料が安く、加入もしやすいのがメリットですが、保障内容や契約・継続できる時期を確認し、上手に活用すればお得に必要な保障を確保することができます。 生命保険は性別や年齢、保障内容ごとに保険料が変わってきますので、必ずパンフレットなどで保障内容を確認してから加入手続きに進むようにしましょう。

次の

全国共済・県民共済どっちがいい? 賢い保険の選び方5つのポイント

国民 共済 と 県民 共済 の 違い

保険よりも支払額が安い印象のある「共済」には、いくつかの種類があります。 なかでも国民共済や県民共済は、規模が大きく加入を検討する人も多い代表的な共済です。 果たして、国民共済と県民共済は、何がどう違うのでしょうか。 失敗しない共済の選び方を探ります。 共済とは? 共済とは、協同組合などの団体が運営している保険の仕組みです。 基本的にはその団体の構成員でなければ、共済には加入できません。 たとえば「教職員共済」は、学校の先生や事務として勤務している人のための共済です。 また「JA共済」は組合員である農業者のほか、出資金を支払うことで准組合員となり、共済に入ることができます。 共済は、営利を目的としません。 つまり月々の料金をもとに投資を行い、利益を得ることがありません。 ここが、保険会社との一番の違いです。 保険よりも月々の支払いが安く済み、余剰が生じたら割戻金があります。 ただし、万が一のときに受け取れるお金が保険より少ないのが特徴です。 保険は月々の支払金のことを「保険料」といいますが、共済の場合は「掛金」といい、支払われる保険金のことは「共済金」と呼ぶなど、用語も違います。 他にもさまざまな違いがありますので、共済と保険の違いについて詳しく知りたい方は、以下の記事も合わせてご覧ください。 国民共済や県民共済は、一見誰でも加入できる保険のようではありますが、実際はどうなのでしょうか。 それぞれの特徴を詳しく解説することで、違いを明確にしていきましょう。 国民共済の特徴 国民共済は、厚生労働省認可のもと、全労済が運営している共済です。 全労済の正式名称は、「全国労働者共済生活協同組合連合会」といいます。 つまり、国民共済は、共済を扱う生協が展開する商品なのです。 1口につき1000円の出資金を出して組合員になることで、国民共済に加入できます。 国民共済には、死亡保障、医療保障、子どもの補償などさまざまなタイプがあります。 多くのタイプは年齢・性別を問わず一律の掛け金で、医師の診断が不要です。 最もスタンダードといえる「総合タイプ」であれば、59歳までが加入でき、月々の掛け金は1800円で、入院一日につき5000円、死亡の場合は最高で1200万円が受け取れます。 60歳以上は「シニア総合タイプ」に切り替わり、掛け金や補償金が変わります。 保険であれば難しいシニアでも、共済なら加入できる可能性が高まります。 県民共済の特徴 県民共済は、全国生協連(全国生活協同組合連合会)を元受団体とし、各都道府県で展開されている共済です。 県民共済に入りたいなら、居住地、または勤務地がある県の共済に加入することになりますが、共済のない都道府県も存在します。 共済に加入するための出資金は、都道府県によって違います。 国民共済と同じように、多くのタイプが年齢や性別を問わず掛け金が一定であり、シニアでも加入しやすいことは、基本的にどの県民共済でも変わりません。 県民共済のプランや内容は若干変わりますが、安価でシンプルな主制度に特約を追加して、独自のプランを練ることができるのが特徴といえるでしょう。 たとえば大阪府民共済には、64歳までなら月々1000円で病気入院一日につき2250円、病気死亡で200万円という、かなりミニマムな基本コースがあります。 ここに月々1000円程度の特約をプラスして、自分が不安に思っている部分をカバーするプランをつくれます。 複数の都道府県で、同じプランが展開されています。 よく比較して自分に合った共済・保険を選ぼう 国民共済に比べると、県民共済は基本プランがかなりライトで、保障額も少なめです。 しかし特約をプラスすると、掛金も保障額も国民共済を超えるようになります。 各共済を見比べて、どのくらい手厚くしたいか、共済金の月々の予算は幾らにしたいかなどを考えてみましょう。 なお、どちらの共済にも、キッズ保障タイプや傷害保障タイプがあります。 子どもの保障もと考えているなら、合わせて資料を取り寄せ、同時に検討しましょう。 おわりに 国民共済と県民共済、どちらにするか悩んだなら、一度目線を変えて保険の資料も取り寄せてみるとよいかもしれません。 保険も合わせて比較してみると、それぞれのメリット、デメリットがはっきり見えるようになるでしょう。 なお、神奈川県には、県民のための共済が2つありますから、神奈川県民の方はどちらも比較検討するようにしてください。 「全国共済」と呼ばれているものが、この記事で紹介した全国生協連を元受とする県民共済です。 一方で「かながわ県民共済」は、「全国共済」ができる以前から存在している、独立した共済です。 注意しましょう。 総合 4 イオン保険サービスは、イオン保険マーケットのサービスで、保険の種類をとても豊富に取り扱っている保険ショップです。 取扱保険会社の数は、20社以上で店舗は全国に120店舗以上あります。 ショッピングセンターにあるので、買い物のついでにお立ち寄れます。 ご利用者の声 イオンはいつも買い物で行っているのですが、いつかイオン保険サービスを利用したいと考えていました。 ある時、店の前で入ろうか迷っていた時、スタッフの方が声をかけてくれ、あまり準備もしていない状態で相談したのですが、スタッフの人も真剣に保険のアドバイスをしてくれました。 見直しするいい機会となりました。 All Rights Reserved.

次の

コープ共済と都道府県民共済の違いとは?どっちが有利なのか徹底比較

国民 共済 と 県民 共済 の 違い

商品の詳細や比較は、それぞれのページで紹介するので、ここでは簡単に整理します。 生命共済、火災共済がある。 居住地あるいは勤務先のある都道府県の共済に加入する形になる。 東京都は「都民共済」、京都府と大阪府は「府民共済」、北海道は「道民共済」、 神奈川県は「全国共済」(後述の「神奈川県民共済」が存在するため)の名称となっている。 なお、2007年11月現在、山梨県、福井県、鳥取県、徳島県、愛媛県、高知県、佐賀県、沖縄県では県民共済が行われていない。 前述8県に転居した場合、共済が継続できない可能性もある。 支払額が安い代わりに保険料も格安、支払いが早い、交渉がもめないなどの長所があり、 2006年に行われた保険業界満足度アンケート 日経ビジネス06年6月26日号 「アフターサービス満足度ランキング」 では1位にランク付けされている。 【2】JA共済 JA共済連を頂点とし、JA共済連の各都道府県の支部を通じ各地の JAで構成される。 「仲間づくり(新規契約者の加入促進)」から「絆の強化(生活総合保障の確立)」につながる 保障提供活動を目的としている。 加入方法は、JAの組合員が所属するJAでの加入が基本だが、 組合員以外でも加入可能。 員外加入 主力商品として、 終身共済、医療共済、建物更生共済、自動車共済、確定拠出年金共済などがある。 【3】全労済 都道府県毎の共済生協の他、職域の共済生協、生協連合会等を傘下に構成されています。 労働組合員・勤労者の福利厚生を目的としています。 加入方法は、所属する労働組合経由の加入が基本だが、 各都道府県の共済生協の本支部でも加入可能。 近年は共済ショップが全国各地に展開されている。 主力商品として、 団体生命共済・こくみん共済・火災共済・交通災害共済・慶弔共済・マイカー共済・個人長期生命共済である。 【4】COOP共済 日本コープ共済生活協同組合連合会(コープ共済連)が元受となっており、 取り扱いの生協店舗で申し込み、あるいは生協組合員への加入が必要となる。 生命共済、火災共済がある。 全労済の商品を組み合わせたものがある。 同共済の手続きについてはり、利用の各生協で取り扱う。 「保険」はあなたの家計で一番見落としがちな一番痛〜い落とし穴! 私の願い。 このサイトが皆さんの家計にゆとりをもたらしますように…!! 【1】 ・・・複雑そうに感じる生命保険。 実はたったの3種類よ! 【2】 ・・・あなたは、すでにカナリ充実した生命保険に入っている!? 以前は、自分で興味をもった保険会社のセールスレディの話を聞き、保険契約をすることが多かったと思いますが、「あなたのFP」では保険会社社員ではない独立系FPが、希望と家計に最適な保険の加入・見直しの相談にのってくれます。 相談場所はご自宅でも、近くの喫茶店でもOK。 数ある無料保険相談の中でも、「あなたのFP」をお勧めするのには沢山の理由がありますが、一番の理由は取扱の保険種類が豊富であり、最安値の保険を紹介してもらえること。 「希望の条件で最安値は?」と伝えて下さいね。

次の