交流 戦 順位。 中止となった交流戦はシーズン順位に影響を及ぼすか? 過去5年間の成績から検証(Full

Template:2010年のセ・パ交流戦順位表

交流 戦 順位

スポンサーリンク プロ野球交流戦ってペナントレースとはどんな関係なの?どこが面白いの? プロ野球の世界には色々な試合があり、最近魅力に気づいたり、ハマったりしたという初心者にとっては何が何だか分からないという人も少なくありません。 その中でもよく聞く試合に関してまとめてみると、交流戦・ペナントレース・開幕戦・クライマックスシリーズなどが代表的なものとなっています。 では基本となるプロ野球交流戦とは何かというと、そもそもプロ野球は2リーグ制といってセリーグとパリーグに分かれているのですが、その両リーグ間で行われる試合のことを指します。 2005年から始まったこの交流戦はそれから毎年開催されていて、公式戦としてペナントレースの成績に含まれる試合となっています。 一見するとファンサービスのための試合のようにも思えますよね。 ですが、公式戦の成績にも影響するとあって、それぞれのリーグやチームにとっては重要な位置づけのひとつとなっているわけです。 普段見ることができない対戦カードなのにエキシビションではないという点に注目してみると面白味が増すでしょう。 そして開幕戦やクライマックスシリーズとの関連性についてです。 ペナントレースの成績に含まれているということで開幕戦では試合の組み合わせなどに関連してきますし、それらの試合の最終的な成績によってクライマックスシリーズに参戦することができるのかというところが決まってくるという流れになっています。 プロ野球交流戦 両リーグのルールで大きな違いは? 普通なら一年を通して同じリーグのチームとしか試合をしないペナントレースでは、相手を研究し尽くすことができます。 消極的なことを言えば「今回負けても今後の試合で巻き返せばよい」という戦略を立てることすらできます。 ですがプロ野球交流戦は、短期間に試合回数も限られて他リーグのチームとの試合です。 そのうえルールが微妙に違うわけですから、イレギュラーな状況が起こる可能性だってあります。 その醍醐味も交流戦の楽しみの一つと言えるでしょう。 その醍醐味の1つとして、セリーグのチームとパリーグで大きなルールの違いが挙げられます。 DH designated hitter:指名打者 制というものです。 リーグによって採用されているかどうかに違いがあります。 セリーグ同士は採用なし、パリーグ同士では採用ありとなっており、交流戦の場合はセリーグの主催球場の場合は採用なし、パリーグの主催球場の際は採用ありとなっています。 つまりパリーグの各球団がセリーグの本拠地に乗り込んで試合をする際には、普段打席に立たないピッチャーが打席に立つことになります。 逆にセリーグの各球団がパリーグの本拠地に乗り込んで試合をする場合は、普段使わないDH制で1人野手を多く使うことになるのです。 こういったルールの違いはファンを楽しませてくれます。 パリーグのピッチャーは普段打席に立たないのでセリーグのピッチャーほど打てないのではないかと考えがちですが、交流戦の歴史をさかのぼると西武ライオンズに所属していた松坂投手が甲子園の阪神戦でホームランを果たすといったびっくりするプレーも数多くありました。 スポンサーリンク プロ野球交流戦の見どころの1つもDH制にある プロ野球交流戦の楽しみ方はいろいろとありますが、セリーグのファンが楽しみなのはパリーグ本拠地で贔屓チームが戦う際のDH制での戦い方です。 普段のセリーグ同士のリーグ戦では9番にピッチャーが入っていますので、8番打者がノーアウトやワンアウトで塁に出ると、100パーセント近い確率で作戦はバントになります。 しかし交流戦の場合はいろんな選択が生まれます。 9番に足の速い左打者を入れて打線を組んでいれば、思い切ってヒットエンドランの作戦も面白いです。 作戦が上手くいかず、内野ゴロになってしまっても打ったバッターは一塁に残るケースが多いですから、そこからさらに盗塁を仕掛けるなどの作戦も取れます。 つまり、セリーグ同士の戦いのときより活発でバラエティに富んだ野球を見ることのできる楽しみが交流戦にはあるのです。 交流戦は年間で18試合しかありませんが、この期間で贔屓チームの新たな一面が見えることもありますので、野球ファンにとっては注目の18試合です。 また、この期間に大きく負け越すと一気に調子が狂い、リーグ戦再開後にまで悪影響が及びますので、最悪でも負け越さずに終わりたいと癌が得られるのです。 真剣にチームを応援しているファンには迷惑な話かもしれませんが、プロ野球交流戦はこのように波乱が起きる可能性も見どころの1つになっています。 さいごに このように両リーグのルールの違いにも注目して交流戦を観戦すると、ペナントレースとは違った目線で見ることができます。 交流戦については「つまらない」「いらない」という声も聞こえてきます。 でもせっかくリーグが2つあるんですから、1リーグの公式戦でマンネリ化を防ぐためにも、あなただけの楽しみ方を見出してみてはいかがでしょうか。

次の

セ・パ交流戦

交流 戦 順位

試合 勝 敗 分 勝率 差 福岡ソフトバンクホークス 18 11 5 2. 688 - オリックス・バファローズ 18 11 6 1. 647 0. 5 読売ジャイアンツ 18 11 7 0. 611 1. 0 横浜DeNAベイスターズ 18 10 7 1. 588 1. 5 埼玉西武ライオンズ 18 10 8 0. 556 2. 0 東北楽天ゴールデンイーグルス 18 10 8 0. 556 2. 0 北海道日本ハムファイターズ 18 8 9 1. 471 3. 5 中日ドラゴンズ 18 8 10 0. 444 4. 0 千葉ロッテマリーンズ 18 8 10 0. 444 4. 0 阪神タイガース 18 6 10 2. 375 5. 0 東京ヤクルトスワローズ 18 6 12 0. 333 6. 0 広島東洋カープ 18 5 12 1. 294 6.

次の

「バーチャル交流戦」3日目 鷹の新たな育成の星に“プロ1号”

交流 戦 順位

リーグ別の勝敗数 リーグ別の勝敗数を見ると、セ・リーグが勝ち越したのは2009年のみで、他は全てパ・リーグが勝ち越しを決めている。 2009年まではそれなりに競っていたものの、それ以降はパ・リーグに大きく水をあけられている形だ。 2012年、2014年とセ・リーグが優勝した年には1勝差と肉薄して見せたが、その他の年の負け越しが大きく、通算では100勝以上の差が出来てしまっている。 DHの有無やドラフトの優劣などいくつか理由は考えられるが、現状ではリーグ間で埋められない実力差があるのは確かだろう。 12球団の歴代順位 交流戦の歴代の順位一覧を以下に示す。 交流戦の優勝回数を見ると、ソフトバンクが8回とダントツトップ。 次いで巨人とロッテの2回があり、あとは日本ハム、オリックス、ヤクルトが1回ずつ優勝しているだけである。 交流戦で上位につけているチームがペナント優勝するケースが多く、2008年の西武のように11位から優勝というのはかなりのレアケースと言えるだろう。 (この時の西武は10勝14敗で、11位とは言えそれほど大きく負け越したわけではない) ちなみに各球団のこれまでの平均順位は以下の通り。 これで交流戦の得意・不得意がおおよそ見えてくるはずだ。 12球団の通算勝率 ここからは各チームの通算勝率を高い順に紹介していきたい。 (2019最新) 1位 福岡ソフトバンクホークス 勝率. 629• 通算 214勝126敗14分 勝率. 629• 巨人 36勝23敗0分 勝率. 610• 中日 34勝23敗2分 勝率. 596• 阪神 31勝24敗4分 勝率. 564• ヤク 36勝21敗2分 勝率. 632• 広島 37勝18敗4分 勝率. 673• 横浜 40勝17敗2分 勝率. 702 12球団で唯一勝率が6割を越えている。 特にセ・リーグで最も交流戦勝率の高い巨人を得意としているのが大きい。 広島に対しては負け越したことが1度しかない。 2位 北海道日本ハムファイターズ 勝率. 542• 通算 186勝157敗11分 勝率. 542• 巨人 26勝31敗2分 勝率. 456• 中日 30勝27敗2分 勝率. 526• 阪神 31勝27敗1分 勝率. 534• ヤク 30勝26敗3分 勝率. 536• 広島 35勝22敗2分 勝率. 614• 横浜 34勝24敗1分 勝率. 586 交流戦では安定した強さを誇るが、唯一巨人にだけは負け越しており、相性の悪さが伺える。 3位 千葉ロッテマリーンズ 勝率. 541• 通算 184勝156敗14分 勝率. 541• 巨人 33勝23敗3分 勝率. 589• 中日 30勝27敗2分 勝率. 526• 阪神 25勝29敗5分 勝率. 463• ヤク 30勝29敗0分 勝率. 508• 広島 33勝23敗3分 勝率. 589• 横浜 33勝25敗1分 勝率. 569 交流戦の初代王者。 シーズンの調子が悪くても、交流戦から調子を上げてくる強さがある。 巨人、広島に強く、阪神には弱い。 4位 読売ジャイアンツ 勝率. 525• 通算 181勝164敗9分 勝率. 525• 福岡 23勝36敗0分 勝率. 390• ハム 31勝26敗2分 勝率. 544• 千葉 23勝33敗3分 勝率. 411• 西武 35勝23敗1分 勝率. 603• オリ 33勝23敗3分 勝率. 589• 楽天 36勝23敗0分 勝率. 610 セ・リーグ唯一の勝率5割越え。 ソフトバンクやロッテにはめっぽう弱いが、オリックス、西武、楽天には相性が良い。 5位 埼玉西武ライオンズ 勝率. 510• 通算 177勝170敗7分 勝率. 510• 巨人 23勝35敗1分 勝率. 397• 中日 29勝28敗2分 勝率. 509• 阪神 31勝28敗0分 勝率. 525• ヤク 36勝22敗1分 勝率. 621• 広島 26勝31敗2分 勝率. 456• 横浜 32勝26敗1分 勝率. 552 パ・リーグの勝率5割越え最後のチーム。 巨人、広島を苦手とし、ヤクルトをかなり得意としている。 6位 オリックス・バファローズ 勝率. 503• 通算 173勝171敗10分 勝率. 503• 巨人 23勝33敗3分 勝率. 411• 中日 23勝35敗1分 勝率. 397• 阪神 29勝27敗3分 勝率. 518• ヤク 27勝31敗1分 勝率. 466• 広島 34勝24敗1分 勝率. 586• 横浜 37勝21敗1分 勝率. 638 横浜にめっぽう強く、中日にめっぽう弱い。 交流戦優勝を果たした2010年にも、中日にだけは負け越している。 7位 中日ドラゴンズ 勝率. 497• 通算 171勝173敗10分 勝率. 497• 福岡 23勝34敗2分 勝率. 404• ハム 27勝30敗2分 勝率. 474• 千葉 27勝30敗2分 勝率. 474• 西武 28勝29敗2分 勝率. 491• オリ 35勝23敗1分 勝率. 603• 楽天 31勝27敗1分 勝率. 534 2019年についに通算勝率が5割を切ってしまった。 交流戦下位に強く、上位に弱いという傾向が顕著。 8位 阪神タイガース 勝率. 484• 通算 165勝176敗13分 勝率. 484• 福岡 24勝31敗4分 勝率. 436• ハム 27勝31敗1分 勝率. 466• 千葉 29勝25敗5分 勝率. 537• 西武 28勝31敗0分 勝率. 475• オリ 27勝29敗3分 勝率. 482• 楽天 30勝29敗0分 勝率. 508 パの交流戦順位に比例した成績だが、勝率3位のロッテには勝ち越しており、相性の良さが伺える。 9位 東北楽天ゴールデンイーグルス 勝率. 469• 通算 164勝186敗4分 勝率. 469• 巨人 23勝36敗0分 勝率. 390• 中日 27勝31敗1分 勝率. 466• 阪神 29勝30敗0分 勝率. 492• ヤク 26勝32敗1分 勝率. 448• 広島 28勝31敗0分 勝率. 475• 横浜 31勝26敗2分 勝率. 544 2015年以降は勝ち越しが多くなっているが、球団創設初期の借金が大きいため、トータルでは借金持ち。 巨人とはかなり相性が悪い。 10位 東京ヤクルトスワローズ 勝率. 465• 通算 161勝185敗8分 勝率. 465• 福岡 21勝36敗2分 勝率. 368• ハム 26勝30敗3分 勝率. 464• 千葉 29勝30敗0分 勝率. 492• 西武 22勝36敗1分 勝率. 379• オリ 31勝27敗1分 勝率. 534• 楽天 32勝26敗1分 勝率. 552 2018年にセ・リーグで2球団目の交流戦優勝を果たす。 ソフトバンクと西武には相性がかなり悪い。 11位 広島東洋カープ 勝率. 436• 通算 149勝193敗12分 勝率. 436• 福岡 18勝37敗4分 勝率. 327• ハム 22勝35敗2分 勝率. 386• 千葉 23勝33敗3分 勝率. 411• 西武 31勝26敗2分 勝率. 544• オリ 24勝34敗1分 勝率. 414• 楽天 31勝28敗0分 勝率. 525 ちょくちょく大きな負け越しをするため通算勝率ではブービー。 ソフトバンクにめっぽう弱く、過去に勝ち越しは1度しかない。 12位 横浜DeNAベイスターズ 勝率. 402• 通算 139勝207敗8分 勝率. 402• 福岡 17勝40敗2分 勝率. 298• ハム 24勝34敗1分 勝率. 414• 千葉 25勝33敗1分 勝率. 431• 西武 26勝32敗1分 勝率. 448• オリ 21勝37敗1分 勝率. 362• 楽天 26勝31敗2分 勝率. 456 2019年に通算勝率3割台から脱出。 2015年の3勝14敗1分(勝率. 176)は、交流戦における単年度勝率のワースト記録となっている。

次の