ツイッター 動画 リアルタイム 100。 ツイッター動画保存リアルタイム100とかいう宝の山 4RT

「ツイッター動画保存リアルタイム100!」 ってエッチな動画沢山ありますね [188920425]

ツイッター 動画 リアルタイム 100

5ch. gif コロナ禍で悩むJ1川崎・中村 背中押した1本の動画 新型コロナウイルスで中断していたJリーグの再開日程が、29日に決まる見込みだ。 試合が行えない状況下で、J1川崎フロンターレの中村憲剛(39)はSNSを通じ、さまざまなメッセージを発信してきた。 2003年のプロ入りから絶えず抱いてきた思いが、ここにも貫かれていた。 揺らいでいた心が、定まった。 政府の緊急事態宣言が出て間もない4月9日、ツイッターに1本の動画を載せた。 自身の3人の子どもと一緒に、手洗いの手順が盛り込まれた振り付けで楽しそうに踊る。 世界的にヒットしたピコ太郎さんの動画「PPAP」の手洗い編を自らやってみることで、多くの人に手洗いの大切さを伝えたかった。 47万人超のフォロワーがいるツイッターにとどまらず、ブログやインスタグラムにもメッセージを積極的に投稿する。 「クラブも自分も、その都度発信することでここまで大きくなってきた」と言う。 かつて「スポーツ不毛の地」と言われた川崎市。 そこを本拠とするフロンターレでJ2時代からプレーする。 自らが広告塔となったクラブの知名度は上がり続け、リーグ屈指の人気を誇るようになった。 「サッカーをすることだけがサッカー選手の存在意義ではない」が持論だ。 そんな生え抜きのベテランでも、コロナ禍では思い悩んだ。 Jリーグ選手が相次いでコロナに感染。 高校のサッカー部の大先輩だった志村けんさんもコロナに命を奪われ、「ウイルスの存在をすごく身近に感じた。 リハビリ中の自分が感染すれば、元気なチームメートにとてつもない迷惑がかかると思い、怖くなった」。 クラブハウスへ通うことも、ためらうようになった。 ウイルスの脅威に対して巣ごもることしかできない無力感。 こんなときに、誰も自分の声など求めていないのではないかとも考えた。 立ち止まりかけた時、背中を押してくれたのがPPAPの動画だった。 再生回数は53万回以上。 「『おかげさまで親子で手を洗う回数が増えました』とか、大きな反響があった。 自分でも人の命を救える可能性があるんだなと思え、SNSを更新することに勇気を持てた」 昨秋の試合中に左ひざの半月板を傷め、リハビリの最中にコロナ禍を迎えた。 外出自粛中はオンラインで医師の診察を受けながら、クラブの理学療法士から送られてくるリハビリメニューを一人でこなした。 「ケガをしても今までは周りに任せっぱなしだった。 いろいろな人に助けられていることが身にしみた」 クラブが開いたオンラインイベントでは、サポーターと少人数で触れあった。 「『きゃー』と声をあげて喜んでくれたり、緊張して画面に出てこられない小さな子がいたり。 彼らがそういう目線で僕を見てくれることで自分がプロサッカー選手でいられることを再認識できた」 コロナの勢いが収まり、3カ月以上の中断を経てようやくリーグ再開の光が見えてきた。 とはいえ、感染の可能性がゼロになったわけではない。 「移動や試合前日の宿泊など多少の不安はある。 それでも前向きに取り組むか、後ろ髪を引かれながら取り組むかでは大きく違う」 サッカーやプロ野球が動きだそうとする一方、高校総体や夏の甲子園などは中止を余儀なくされた。 「自分たちの責任を感じる。 再開が決まれば全力で取り組むのがプロ。 中途半端な気持ちでプレーするのは、悔しい思いをした高校生たちにも失礼だと思う」。 復帰の目標は夏ごろ。 ピッチを駆け回る自分を思い描きながら、今日も汗をかく。 なかむら・けんご1980年10月生まれ、東京都小平市出身。 都立久留米高(現東久留米総合高)、中大を経て2003年に川崎へ入団。 Jリーグのベストイレブン選出8回。 16年にはリーグMVP受賞。 日本代表では10年のワールドカップ南アフリカ大会など国際Aマッチ68試合出場で6得点。 175センチ、66キロ。 35 ID:QVoEq3Eo0NIKU. net 未だにさくらんぼ女学院で交換されてたものが出回ってるから作品数相当少ないんだろうなぁ エロ動画は一期一会が多いのに あと、青森県って田吾作みたいなのがエロ本自販機未だ買ってるイメージ 総レス数 7 5 KB.

次の

ツイッター動画保存リアルタイム100とかいう宝の山 4RT

ツイッター 動画 リアルタイム 100

5ch. gif コロナ禍で悩むJ1川崎・中村 背中押した1本の動画 新型コロナウイルスで中断していたJリーグの再開日程が、29日に決まる見込みだ。 試合が行えない状況下で、J1川崎フロンターレの中村憲剛(39)はSNSを通じ、さまざまなメッセージを発信してきた。 2003年のプロ入りから絶えず抱いてきた思いが、ここにも貫かれていた。 揺らいでいた心が、定まった。 政府の緊急事態宣言が出て間もない4月9日、ツイッターに1本の動画を載せた。 自身の3人の子どもと一緒に、手洗いの手順が盛り込まれた振り付けで楽しそうに踊る。 世界的にヒットしたピコ太郎さんの動画「PPAP」の手洗い編を自らやってみることで、多くの人に手洗いの大切さを伝えたかった。 47万人超のフォロワーがいるツイッターにとどまらず、ブログやインスタグラムにもメッセージを積極的に投稿する。 「クラブも自分も、その都度発信することでここまで大きくなってきた」と言う。 かつて「スポーツ不毛の地」と言われた川崎市。 そこを本拠とするフロンターレでJ2時代からプレーする。 自らが広告塔となったクラブの知名度は上がり続け、リーグ屈指の人気を誇るようになった。 「サッカーをすることだけがサッカー選手の存在意義ではない」が持論だ。 そんな生え抜きのベテランでも、コロナ禍では思い悩んだ。 Jリーグ選手が相次いでコロナに感染。 高校のサッカー部の大先輩だった志村けんさんもコロナに命を奪われ、「ウイルスの存在をすごく身近に感じた。 リハビリ中の自分が感染すれば、元気なチームメートにとてつもない迷惑がかかると思い、怖くなった」。 クラブハウスへ通うことも、ためらうようになった。 ウイルスの脅威に対して巣ごもることしかできない無力感。 こんなときに、誰も自分の声など求めていないのではないかとも考えた。 立ち止まりかけた時、背中を押してくれたのがPPAPの動画だった。 再生回数は53万回以上。 「『おかげさまで親子で手を洗う回数が増えました』とか、大きな反響があった。 自分でも人の命を救える可能性があるんだなと思え、SNSを更新することに勇気を持てた」 昨秋の試合中に左ひざの半月板を傷め、リハビリの最中にコロナ禍を迎えた。 外出自粛中はオンラインで医師の診察を受けながら、クラブの理学療法士から送られてくるリハビリメニューを一人でこなした。 「ケガをしても今までは周りに任せっぱなしだった。 いろいろな人に助けられていることが身にしみた」 クラブが開いたオンラインイベントでは、サポーターと少人数で触れあった。 「『きゃー』と声をあげて喜んでくれたり、緊張して画面に出てこられない小さな子がいたり。 彼らがそういう目線で僕を見てくれることで自分がプロサッカー選手でいられることを再認識できた」 コロナの勢いが収まり、3カ月以上の中断を経てようやくリーグ再開の光が見えてきた。 とはいえ、感染の可能性がゼロになったわけではない。 「移動や試合前日の宿泊など多少の不安はある。 それでも前向きに取り組むか、後ろ髪を引かれながら取り組むかでは大きく違う」 サッカーやプロ野球が動きだそうとする一方、高校総体や夏の甲子園などは中止を余儀なくされた。 「自分たちの責任を感じる。 再開が決まれば全力で取り組むのがプロ。 中途半端な気持ちでプレーするのは、悔しい思いをした高校生たちにも失礼だと思う」。 復帰の目標は夏ごろ。 ピッチを駆け回る自分を思い描きながら、今日も汗をかく。 なかむら・けんご1980年10月生まれ、東京都小平市出身。 都立久留米高(現東久留米総合高)、中大を経て2003年に川崎へ入団。 Jリーグのベストイレブン選出8回。 16年にはリーグMVP受賞。 日本代表では10年のワールドカップ南アフリカ大会など国際Aマッチ68試合出場で6得点。 175センチ、66キロ。 35 ID:QVoEq3Eo0NIKU. net 未だにさくらんぼ女学院で交換されてたものが出回ってるから作品数相当少ないんだろうなぁ エロ動画は一期一会が多いのに あと、青森県って田吾作みたいなのがエロ本自販機未だ買ってるイメージ 総レス数 7 5 KB.

次の

「山内惠介」のYahoo!検索(リアルタイム)

ツイッター 動画 リアルタイム 100

5ch. gif コロナ禍で悩むJ1川崎・中村 背中押した1本の動画 新型コロナウイルスで中断していたJリーグの再開日程が、29日に決まる見込みだ。 試合が行えない状況下で、J1川崎フロンターレの中村憲剛(39)はSNSを通じ、さまざまなメッセージを発信してきた。 2003年のプロ入りから絶えず抱いてきた思いが、ここにも貫かれていた。 揺らいでいた心が、定まった。 政府の緊急事態宣言が出て間もない4月9日、ツイッターに1本の動画を載せた。 自身の3人の子どもと一緒に、手洗いの手順が盛り込まれた振り付けで楽しそうに踊る。 世界的にヒットしたピコ太郎さんの動画「PPAP」の手洗い編を自らやってみることで、多くの人に手洗いの大切さを伝えたかった。 47万人超のフォロワーがいるツイッターにとどまらず、ブログやインスタグラムにもメッセージを積極的に投稿する。 「クラブも自分も、その都度発信することでここまで大きくなってきた」と言う。 かつて「スポーツ不毛の地」と言われた川崎市。 そこを本拠とするフロンターレでJ2時代からプレーする。 自らが広告塔となったクラブの知名度は上がり続け、リーグ屈指の人気を誇るようになった。 「サッカーをすることだけがサッカー選手の存在意義ではない」が持論だ。 そんな生え抜きのベテランでも、コロナ禍では思い悩んだ。 Jリーグ選手が相次いでコロナに感染。 高校のサッカー部の大先輩だった志村けんさんもコロナに命を奪われ、「ウイルスの存在をすごく身近に感じた。 リハビリ中の自分が感染すれば、元気なチームメートにとてつもない迷惑がかかると思い、怖くなった」。 クラブハウスへ通うことも、ためらうようになった。 ウイルスの脅威に対して巣ごもることしかできない無力感。 こんなときに、誰も自分の声など求めていないのではないかとも考えた。 立ち止まりかけた時、背中を押してくれたのがPPAPの動画だった。 再生回数は53万回以上。 「『おかげさまで親子で手を洗う回数が増えました』とか、大きな反響があった。 自分でも人の命を救える可能性があるんだなと思え、SNSを更新することに勇気を持てた」 昨秋の試合中に左ひざの半月板を傷め、リハビリの最中にコロナ禍を迎えた。 外出自粛中はオンラインで医師の診察を受けながら、クラブの理学療法士から送られてくるリハビリメニューを一人でこなした。 「ケガをしても今までは周りに任せっぱなしだった。 いろいろな人に助けられていることが身にしみた」 クラブが開いたオンラインイベントでは、サポーターと少人数で触れあった。 「『きゃー』と声をあげて喜んでくれたり、緊張して画面に出てこられない小さな子がいたり。 彼らがそういう目線で僕を見てくれることで自分がプロサッカー選手でいられることを再認識できた」 コロナの勢いが収まり、3カ月以上の中断を経てようやくリーグ再開の光が見えてきた。 とはいえ、感染の可能性がゼロになったわけではない。 「移動や試合前日の宿泊など多少の不安はある。 それでも前向きに取り組むか、後ろ髪を引かれながら取り組むかでは大きく違う」 サッカーやプロ野球が動きだそうとする一方、高校総体や夏の甲子園などは中止を余儀なくされた。 「自分たちの責任を感じる。 再開が決まれば全力で取り組むのがプロ。 中途半端な気持ちでプレーするのは、悔しい思いをした高校生たちにも失礼だと思う」。 復帰の目標は夏ごろ。 ピッチを駆け回る自分を思い描きながら、今日も汗をかく。 なかむら・けんご1980年10月生まれ、東京都小平市出身。 都立久留米高(現東久留米総合高)、中大を経て2003年に川崎へ入団。 Jリーグのベストイレブン選出8回。 16年にはリーグMVP受賞。 日本代表では10年のワールドカップ南アフリカ大会など国際Aマッチ68試合出場で6得点。 175センチ、66キロ。 35 ID:QVoEq3Eo0NIKU. net 未だにさくらんぼ女学院で交換されてたものが出回ってるから作品数相当少ないんだろうなぁ エロ動画は一期一会が多いのに あと、青森県って田吾作みたいなのがエロ本自販機未だ買ってるイメージ 総レス数 7 5 KB.

次の