どんなときもwifi 契約。 どんなときもWiFiの解約|契約解除料と違約金のかからないタイミング

どんなときもWiFiの解約方法!注意点や違約金を0円にする方法も

どんなときもwifi 契約

契約解除料は契約してから何ヶ月目で変動 契約期間中に発生する契約解除料は、契約した月から解約を申し込んだ月までの期間で変動します。 最大19,000円の契約解除料がかかります。 契約月 契約解除料 0~12ヶ月目 19,000円 13~24ヶ月目 14,000円 25ヶ月目 更新月 0円 26ヶ月目以降 9,500円 どんなときもWiFiの契約期間は料金プラン問わず2年、契約解除料は19,000円~9,500円と覚えておきましょう。 また、解約時には期限までに機器一式を返却する必要があり、 期限に遅れると18,000円の機器損害金が上乗せされます。 解約のタイミングを見計らったり、期限以内に機器の返却を行えば0円で解約も可能ですが、高額な金額を請求される事もあるので注意が必要です。 契約解除料や違約金をかけずに解約する方法もある どんなときもWiFiで 契約解除料や違約金をかけずに解約する方法は主に3つあり、現在どんなときもWiFiを契約してからどれだけの月日が経過しているかで変わります。 0円で解約する為には契約してから今がどのタイミングなのかを把握しているのが大事なので、契約からどのくらいの月日が経過したのかを確認しておきましょう。 なお前述の通り、解約時には機器の返却が遅れると解約金とは別に料金を請求されるので、解約金を0にする事に集中する余り機器の返却を忘れるような事態は避けましょう。 契約更新月まで待つ 最もオーソドックスな契約解除料・違約金をかけずに解約する方法は、2年後の契約更新月を待つという方法です。 サービスを利用しながら契約更新月を待つ方法は、スマホでもあるのでユーザーにとっては馴染みが深く 分かりやすい方法です。 契約更新月を待つ方法の特徴や注意点は以下のようになります。 契約更新月は契約月の2年後の翌月と覚えておこう どんなときもWiFiの契約更新月は25ヶ月目と設定されているので、 契約月の2年後の翌月が契約更新月になります。 例えば、2019年6月契約なら2021年7月が契約更新月となります。 契約更新月を逃すとまた2年間の契約期間が更新されてしまうので、2年後に解約を予定しているならスマホのカレンダーアプリ等に前もって予定を記入しておきましょう。 お得に利用するなら更新月に解約して再契約 「2年後の解約は予定しておらず、どんなときもWiFiの長期利用を考えている」という方でも 契約更新月で一度解約した方が月額料金の面でお得です。 どんなときもWiFiの月額料金は、25ヶ月目以降は割引等が無くなり月額料金が高くなるので一旦解約して再度新規で契約した方が月額料金は安くなります。 解約して再度新規契約する手間はかかりますが、その後の2年間の料金を考えれば手間をかける価値はあるのでおすすめです。 契約更新月は1ヶ月しかないので注意 どんなときもWiFiの契約更新月ですがドコモ、au、ソフトバンクのようなキャリアの更新月と異なり、 1ヶ月しか設定されておりません。 この1ヶ月の間に解約をしないと再度2年契約がスタートしてしまうので、先ほど申し上げたようにスマホのカレンダーに予定を前もって入れておく等の対策をしておきましょう。 後述していますが解約の申し込みを行っても、月末まではWiFiルーターは使用できるので解約を失念しない内に申込んでおいた方が確実です。 契約更新月を逃すと9,500円の契約解除料となる 契約更新月を逃してしまうと 再度2年契約となり、2年間の間に解約しようとすると9,500円の契約解除料が発生します。 もし解約を忘れてしまった場合、以下2つの選択肢がありますがトータルで見ると支払い総額はあまり変わりません。 9,500円の契約解除料を払って解約してどんなときもWiFiを新規契約しなおす• 更新された2年契約を継続して2回目の契約更新月で解約しなおす この2つの料金に大きな差は無いので、お得に解約するなら1回目の契約更新月を忘れるのだけは絶対に避けたいものです。 次の章でも引き続き、契約解除料・違約金をかけずに解約する方法について解説します。 いつでも解約サポートを申し込む 契約更新月を待つ方法の他にもどんなときもWiFiには『いつでも解約サポート』と呼ばれる 解約時に違約金を免除するサービスがあります。 主に利用されるのはどんなときもWiFiの電波が入りにくく感じる、固定回線の方が良いと感じているユーザーです。 違約金免除で乗り換えられるならお得だ! と思うかもしれませんが、きちんと手順と条件を押さえておきましょう。 提供元のネット回線に乗り換えるのを条件に違約金をゼロにするサービス 『いつでも解約サポート』はどんなときもWiFiを解約する際に、どんなときもWiFiの提供元の 株式会社グッド・ラックが提供しているネット回線に乗り換えるのが条件です。 どんなときもWiFi提供元の株式会社グッド・ラックはNEXT mobileや過去に固定回線の販売も行った事があるようで、そちらに移行するなら解約金を免除する仕組みです。 どんなときもWi-Fiユーザーならいつでも利用可能 『いつでも解約サポート』はどんなときもWiFiを利用しているユーザーなら、文字通りいつでも利用可能となっています。 どんなときもWiFiから固定回線や他のモバイルルーターに乗り換えたいユーザーは、違約金ゼロで乗り換えたいならこのサービスを利用してみるのも良いでしょう。 いつでも解約サポート申し込みの手順• どんなときもWiFiモバイルルーターサービス 0120-320-146 に連絡する• いつでも解約サポートを利用し解約したい旨を伝える• モバイルルーター希望か、固定回線サービス希望かを伝えて開通の手続きを行う• 開通確認後どんなときもWiFiの解約を行う 上記の流れがどんなときもWiFiの『いつでも解約サポート』を利用して、違約金免除で解約をする一連の流れになります。 固定回線を希望する場合は、固定回線の開通確認後再度どんなときもWiFiモバイルルーターサービスに連絡し解約希望の連絡を入れる必要があります。 いつでも解約サポート申し込み時の注意点 いつでも解約サポートを利用して契約した 新サービスを、初期契約解除やエリアキャンセルすると違約金が請求される点に注意が必要です。 新サービスに納得がいかなかった場合でも、いつでも解約サポートを利用した場合は基本的に使用し続ける必要があります。 他にもいつでも解約サポートは、1度利用すると1年間は再度利用出来ないので様々な業者を短期間で渡り歩くのも不可能な仕組みになっています。 初期契約解除を利用する 契約解除料や違約金をかけずに解約する最後の方法が、初期契約解除を利用して利用初期の段階でどんなときもWiFiを解約する方法です。 契約更新月を待って解約をする方法、いつでも解約サポートを利用して解約をする…いずれもユーザー側が積極的に違約金をかけずに解約をする方法でした。 初期契約解除は今までの方法とは違い、やむをえない事情や初期不良が原因でどんなときもWiFiを解約するのに利用されます。 契約して商品を受け取って8日以内に申し込みが必要• どんなときもWiFiの商品を受け取って8日以内にカスタマーセンター 0120-048-277 に連絡する• 商品を受け取って8日以内に機器一式を指定住所に発送を行う 初期契約解除を利用するには、どんなときもWiFiの商品、いわばモバイルルーターを受け取ってから8日以内に上記の手順で初期契約解除を申込む必要があります。 8日以内のカスタマーセンターに連絡と記載ありますが、実際には 8日以内に指定された住所に発送している必要があるので猶予は短めです。 初期契約解除を申込む場合はスピード勝負と思っておいた方が良いでしょう。 事務手数料3,000円は免除されない 初期契約解除を申込むと違約金は免除されますが、契約を結ぶ際に支払った事務手数料3,000円は初期契約解除でも免除されません。 事務手数料までは0円にならないので実質0円で解約できる訳ではありませんが、初期不良等で利用出来ないルーターを持ち続けるなら早い内に解約した方がお得です。 機器一式の欠品があると18,000円請求されるので入れ忘れに注意 初期契約解除では下記の機器一式の発送・返却が必要となります。 モバイルWiFiルーター本体• USBケーブル• 取扱説明書• 個装箱 返却時の機器に 1つでも欠品がある場合は機器損害金として18,000円請求されてしまいます。 従来のWiFiルーター業者と異なり、WiFiルーターをユーザー側が購入するのではなくどんなときもWiFiからレンタルする方式です。 契約更新月を待ってから解約するパターンと同じで、どんなときもWiFiは解約時には一式揃って返却する仕組みなので、返却時に欠品が出ないよう管理は厳重にしておきましょう。 どんなときもWiFiの解約で注意すべき点 最後にどんなときもWiFiの解約についてよくある質問をまとめました。 契約更新月で解約はどこから申込むのか どんなときもWiFiの解約は初期契約解除と同じく、どんなときもWiFiのカスタマーセンター 0120-048-277 に連絡して申し込みをします。 その後、電話やメールでの連絡にてどんなときもWiFiの解約を承るような流れになっております。 解約申し込み後いつまでWiFiが使えるのか? どんなときもWiFIの解約を申し込んだ後はすぐにWiFiが利用できる訳ではなく、 当月末まではWiFiを利用する事が可能です。 月をまたぐとWiFiの利用は出来なくなるので、解約申し込み当月は継続して利用可能ですが、次月は利用不可と覚えておきましょう。 機器の返却はいつまでに行うのか? どんなときもWiFiを通常の解約で申込む場合は、 翌月5日までに指定された宛先まで機器一式を発送する必要があります。 月末一杯までWiFiを使用しても良いですが、離島等発送に時間がかかる場所にお住まいなら月をまたぐ前に念を入れて発送しても良いかもしれません。 どんなときもWiFiの解約はタイミングやスピードが重要 どんなときもWiFiで契約解除料と違約金をかけずに解約をする方法は下記の3つです。 契約更新月まで待って解約する• いつでも解約サポートを利用する• 初期契約解除の制度を利用する この内、一般的で最も利用される手段は契約更新月まで待つ方法なので、契約更新月がいつなのかタイミングを見定めておく必要があり、契約更新月には迅速な解約処理が必要です。

次の

どんなときもWiFiの解約|契約解除料と違約金のかからないタイミング

どんなときもwifi 契約

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「 どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「」です。 どんなときもWiFiと比べて デメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。 どんなときもWiFiを契約していた人も ほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。 月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。 どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。 在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で 入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。 すでにどんなときもWiFiがプロバイダ扱いとなるdocomo、au、SoftBankと多額の料金を払って契約しているからです。 光インターネット回線とかはプロバイダ料金が追加で1000円〜2000円程度かかりますがどんなときもWiFiは基本料金の3480円がすべての支払い金額です。 どんなときもWiFiは工事不要で当日からネットに繋がる どんなときもWiFiはとても簡単に利用できるように設計されているので、 自宅にどんなときもWiFiのセット一式が 届いたらWi-Fiルーター本体の電源ボタンを押して電源をいれるだけで 当日からすぐにインターネットが利用できます。 光回線や、ケーブルインターネット回線、ADSLなどは契約手続きをしてから1ヶ月〜2ヶ月程度インターネットが使えない期間があるので インターネット回線が欲しくなったときに契約すれば翌日または翌々日には高速インターネットが利用できるようになるので便利です。 本体裏蓋を開けると、インターネットの接続に必要なWi-FiのSSID(ネットワーク名)とパスワードが記載されているので、 こちらの内容をインターネットに接続したいPC(パソコン)やスマホ、タブレットなどに入力すればすぐにインターネットに繋がります。 どんなときもWiFiはSIMカードの挿入もいらない どんなときもWiFiはクラウドSIMを採用しているのでSIMカードを挿入しなくてもインターネットに繋がります。 実際にどんなときもWiFiの裏蓋を開けるとSIMスロットが2つありますが SIMカードは挿入されていません。 このSIMカードなしの状態でインターネットに繋がるのがクラウドSIMの特徴です。 どんなときもWiFiは3480円の月額料金がすべての料金 どんなときもWiFiは 月額3,480円で完全データ容量(ギガ容量)無制限で使い放題なのでコスパ最強のWi-Fiになっています。 WiMAXやdocomo、au、SoftBankの大手キャリアのポケットWi-Fiには月に2GBや7GB、30GBのデータ容量を使い切ると月末まで128kbps(0. 128Mbps)の速度制限がかかりますがどんなときもWiFiには一切制限がないので、ひとり暮らしに最適です。 どんなときもWiFiはデータ制限・速度制限が一切ない どんなときもWiFi以外のWiMAXやポケットWi-Fiにはデータ容量による速度制限があります。 例えば、docomo、au、SoftBankの大手キャリアのポケットWi-Fiには月に2GBや7GB、30GBのデータ容量を使い切ると月末まで128kbps(0. 128Mbps)の速度制限がかかります。 WiMAXも直近の3日間で10GB以上のデータ容量を使うと18時〜26時(朝2時)まで1Mbpsの速度制限がかかります。 規制なしでこのスピードはすごい。 mobileがそれぞれ販売していますが、使える電波は自社の電波のみなのでどんなときもWiFiだと電波が入る場所でも使えないことが普通にあります。 docomoのWi-Fi:ドコモの電波しか使えない• auのWi-Fi:auの電波しか使えない• SoftBankのWi-Fi:ソフトバンクの電波しか使えない• mobile: ワイモバイル(SoftBank)の電波しか使えない• どんなときもWiFi:docomo、au、SoftBankの 3つの電波が使える ワイモバイルはソフトバンクの電波を使っているWi-Fiなのでエリアはソフトバンクと同じです。 どんなときもWiFiは本当の完全無制限で使い放題 どんなときもWi-Fiは完全データ容量無制限なのでWiMAXやポケットWi-Fiにある速度制限やデータ容量制限は一切ありません。 どんなときもWiFi: 制限なし• docomoのポケットWi-Fi: 月に2GB~30GBまで• auのポケットWi-Fi: 月に7GBまで• SoftBankのポケットWi-Fi: 月に7GBまで• WiMAX(全プロバイダ共通): 直近3日間で10GB• ワイモバイルのポケットWi-Fi: 直近3日間で10GB どんなときもWiFi・WiMAX・ポケットWiFiデータ制限比較 どんなときもWiFi・WiMAX・ポケットWiFiのデータ制限、通信制限(速度制限)の比較一覧表になります。 どんなときもWiFiは 完全無制限ですが、大手キャリアのポケットWi-FiやWiMAXには 制限があります。 キャリア・プロバイダ データ制限(通信制限) どんなときもWiFi 制限なし(無制限) docomoのポケットWi-Fi 月に2GB~30GBまで(128kbps) auのポケットWi-Fi 月に7GBまで(128kbps) SoftBankのポケットWi-Fi 月に7GBまで(128kbps) WiMAX(全プロバイダ共通) 直近3日間で10GB(1Mbps) ワイモバイルのポケットWi-Fi 直近3日間で10GB(128kbps) docomoのポケットWi-Fiは2GB~30GBと幅がありますが選ぶプランによって通信速度がかかるデータ制限のタイミングが変わるということです。 WiMAXは3日で10GBの速度制限がある WiMAXは「無制限で使い放題」と宣伝されていたりしますがプロバイダに関係なく3日で10GBのデータ容量制限(速度制限)があるので無制限ではありません。 簡単に言うと直近3日で使った総データ容量が10GBを超えた場合は翌日の18時頃~翌2時まで1000kbps(1Mbps)の速度制限がかかります。 WiMAXプロバイダ 速度制限の内容 GMOとくとくBB 3日で10GB以上で1Mbps制限 BIGLOBE 3日で10GB以上で1Mbps制限 So-net 3日で10GB以上で1Mbps制限 BIC WiMAX 3日で10GB以上で1Mbps制限 J:COM WiMX 3日で10GB以上で1Mbps制限 auショップ 3日で10GB以上で1Mbps制限 Broad WiMAX 3日で10GB以上で1Mbps制限 ダイワボウ情報システム株式会社 3日で10GB以上で1Mbps制限 AsahiNet 3日で10GB以上で1Mbps制限 ピーシーデポコーポレーション 3日で10GB以上で1Mbps制限 KTWiMAX ケーズデンキ 3日で10GB以上で1Mbps制限 株式会社エディオン 3日で10GB以上で1Mbps制限 株式会社ワイヤレスゲート 3日で10GB以上で1Mbps制限 株式会社ヤマダ電機 3日で10GB以上で1Mbps制限 Pilina 3日で10GB以上で1Mbps制限 DTI 3日で10GB以上で1Mbps制限 Nifty 3日で10GB以上で1Mbps制限 まとめ:どんなときもWiFiはプロバイダ契約がいらない(不要) どんなときもWiFiは プロバイダ契約がいりません。 どんなときもWiFiは プロバイダ契約不要で「どんなときもWiFiのweb申し込みページ」から契約したら届いた当日からすぐにネットが使えます。 月額3480円がすべての支払い金額です。 ただし、どんなときもWiFiの2年割りキャンペーンを適用した場合です。 コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「 どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「」です。 どんなときもWiFiと比べて デメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。 どんなときもWiFiを契約していた人も ほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。 月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。 どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。 このサイトは家電量販店のヨドバシカメラのWi-Fi担当の伊集院が「 Wi-Fi選びに失敗するひとをなくしたい!」「 性能とコスパが一番良い長く使えるWi-Fiを選んでほしい」という想いのと『全身全霊で』悪い部分も包み隠さず情報発信しているサイトです。 2020年現在は「 どんなときもWiFi以外を選んだら絶対損をします!」データ容量制限や厳しい速度制限があるWiMAXやポケットWi-Fiを選ぶと大損です!コスパナンバー1の絶対に後悔しないどんなときもWiFiにしてよかった!と思っていただけるよう全力で情報発信しています。 少しでもあなたのお役にたれてばとてもうれしく思います。 よかったら『シェア』してくれると嬉しく思います。

次の

どんなときもWiFi 解約手順と解約の際に注意する点

どんなときもwifi 契約

このページの目次 OPEN• 前提:どんなときもWiFiには「初期契約解除」が存在する 契約書面を受領した日から起算して8日以内なら、契約解除が可能です。 実際に使ってみて「電波が届かなかった」「商品が使いにくかった」など 理由を問わず、解約したい場合は違約金なしで解約できます。 解約事務手数料として3,000円は発生しますが、月額利用料は返金されます。 以下の条件に当てはまる場合は、機器損害金18,000円が発生するので注意が必要です。 申請書のみの申請• 返送物に欠品がある• 返送物が破損・故障している 上記を踏まえたうえで、どんなときもWiFiの解約手順を解説していきます。 どんなときもWiFiの解約手順 どんなときもWiFiの解約は、大きく2つの種類に分かれます。 初期契約解除• 更新月または途中で解約する 下記から順番に、詳細を解説していきます。 初期契約解除申請書を印刷する• 返送に必要なものを揃える• 必要なものを同梱して発送する 上記の手順について、詳しく解説していきます。 以下の4つを記入します。 サービス契約書面に記載の契約ID• 契約者名• 契約電話番号• 契約者住所 「サービス契約書面」とは、契約時に受け取った「ご契約の内容」と書かれた書面のことです。 同書面の中央付近に書かれた「契約ID」を、初期契約解除申請書に記入します。 同フォーマットの印刷が難しいなら、上記4つを記載した書面を用意しましょう。 契約者が作成した申請書でも、初期契約解除の申請が可能です。 初期契約解除申請書• 契約の端末• USBケーブル• 取扱い説明書• 個装箱 先述のとおり、 上記のひとつでも欠品していれば「機器損害金」が発生してしまいます。 商品到着から解約までは、きちんと保管しておきましょう。 宅配業者については、3社に指定されています。 佐川急便• ヤマト運輸• ゆうパック(郵便局) 返送先は、「〒141-0022 東京都品川区東五反田1-2-33-7F グッドラックサポートセンター」です。 契約解除の受付をする• 端末一式を揃える• 宅配業者に依頼して返送する 下記から、詳細をみていきましょう。 契約解約申請フォームでの解約ですが、「どんなときもWiFi お客様ページ」から申し込むことができます。 お客様ページへ進むには、「ログインIDとパスワード」が必要です。 電話の場合は、担当オペレーターに「解約を希望である旨」と「ユーザー情報」を伝えると、解約の処理が完了します。 連絡先の情報は、以下のとおりです。 グッドラックサポートセンター:0120-048-277• 受付:11:00〜18:00• 契約の端末• USBケーブル• 取扱い説明書• 個装箱 更新月や中途解約であっても、 欠品や破損があれば「機器損害金」の18,000円が発生します。 なお、 返却には「解約月の翌月5日まで」という期限があるので発送は早めに済ませておきましょう。 ここまでは、どんなときもWiFiの解約手順について解説しましたが、次はどんなときもWiFiの解約の際に注意する点をご紹介していきます。 どんなときもWiFiの解約の際に注意する点• 解約の受付は毎月25日まで• 更新月以外の解約は解約手数料が発生する• 返却は毎月5日まで(更新月または途中で解約する場合) 下記から、詳しく解説していきます。 どんなときもWiFiのシステム〆の都合上、26日以降は解約受付ができないからです。 25日を過ぎてしまうと、翌月扱いになるうえに翌月1日以降に再び連絡しなければならなくなります。 解約するのであれば、早めに連絡しておくことが大切です。 更新月である25ヶ月目の解約であれば、解約手数料が発生しません。 例えば、2019年8月に契約した場合は2021年9月が更新月となります。 なお、解約にかかる解約手数料は以下のとおりです。 経過月 解約手数料 0〜12ヶ月 19,000円 13〜24ヶ月 14,000円 25ヶ月目(更新月) 0円 26ヶ月〜 9,500円 更新月は把握しておくようにして、忘れそうならメモを取っておきましょう。 しかも、返却する日付も指定されているので、毎月5日の返却日を守る必要があります。 毎月5日の返却期限を守れない場合は「返送されていない」という扱いになるため、「機器損害金」を請求されてしまいます。 返却するときにあわてないよう、返送の準備は早めに済ませておくことです。 まとめ 解約の手続き自体は難しくないのですが、「更新月以外の解約」や「端末の破損や紛失」で多額の金額が必要になるので注意が必要です。 どんなときもWiFiにもクーリングオフのような救済措置「初期契約解除制度」があるので、何かあれば早めに解約することをおすすめします。 どんなときもWiFiを解約するときは、なるべく負担がかからない方法を選びましょう。

次の