スクリュー パス。 ラグビーのパスが上達する3つの練習方法とポイントを徹底解説!!

ラグビーのパス練習

スクリュー パス

CTB 霜村 誠一 選手 からのアドバイス! 質問ありがとうございます! まず、パスが上手くなるとは、スクリューパスの回転が綺麗になるのか、正確な所にスクリューパスをできるか、早いパスが出来るかのどれかかな? 綺麗な回転にするには、時間があるときにボールを上に回転させながら投げて遊んだり、あとは身近な人でスクリューパスの回転が綺麗だなと思う人の真似をしたり、その人のパスの仕方をイメージしながら練習することかな。 正確な所にパスをするためには、まずは立ったまま動かないでいいので、ターゲットを決め、そこにパスを投げるというのを繰り返し練習する。 ラインがあればライン上で。 距離は最初の方は近くでいいので、徐々に広げていく。 それに慣れてきたらターゲットを決めて、走りながらそのターゲットに向かって投げるというのを繰り返し練習する。 そのときに注意する点は、投げた後の腕をしっかりターゲットに向かってフォローすることを忘れないように! パスのスピードを速くするためには、ここまで言ったパスの基本的なスキルをしっかり出来るようになったら、そのスキルにプラスで、ターゲットに向かってパスをするイメージでボールにしっかりパワーを伝えて押し出すような意識でパスをすることかな! パスは、自分が走りながらパスを受けるときに取りやすいパスと取りにくいパスがあると思うのだけど、相手に取りやすいパスを投げることや、相手を思って投げること、もっと上手になりたいと考えながら、繰り返し練習することがパスの上達には必要です。 キックはボールを落とす場所(高さと距離のこと。 高すぎず、低すぎず、遠すぎず、近すぎないポイント)、蹴るタイミング、つま先を伸ばし足の甲を真っ直ぐにしてボールを捕らえて蹴ることが重要です。 足の長さやパワー、足を振るスピードには個人差があるので、ボールに対して自分が1番力を伝えられている場所を探しながら繰り返し練習することが重要です! パスもキックも上手になるための近道はありません。 繰り返し練習することが1番の近道なので、毎日とは言いませんがなるべくボールと戯れてください! 僕は中2です。 小学校からラグビーをしているんですが、いまいち足が速くなりません。 ひどく遅いということはないんですか、山田選手みたいにめちゃくちゃ速くなって今よりもっとTRYしたいです! どんなトレーニングをすればもっと足が速くなりますか? (22Ken 世界のファンタジスタ(笑)) 僕は、左ウイングをやっている中学3年です。 山田選手みたいに足が速くなりたいのですが、どんな練習をすれば速くなれますか? (サイケン) いつも山田選手のランニングに目を奪われてばかりです。 私も、大学ではWTBをしようと思っているので、参考にしています。 普段どんなトレーニングをしたら山田選手のようなステップがきれますか? これからも応援しています。 頑張ってください! (森高校CTB 渡辺晃行) HO 堀江 翔太 選手 からのアドバイス! 質問ありがとうございます。 いきなりうまくはならないので、練習がまず大切です。 なぜ練習が大切かというと、自分に自信をつけさせるためです。 練習をする回数が自信につながります。 また、うまくいかないときはいろいろな投げ方を試すのも一つの方法です。 練習をした上で、試合のときは相手どうこうではなくて、自分が主役だとイメージして投げましょう。 失敗はあることなので、失敗して他のプレーに影響が出てはいけません。 取り返すつもりで気持ちを切り替えて次のプレーに臨みましょう。 ラインアウト合戦をしているわけではなく、あくまでラグビーをしているという気持ちでやってみてください! FB 田邉 淳 選手 からのアドバイス! まず氷の上でゴールキック蹴ることを想像してみよう。 氷の上でゴールキックを蹴ろうとすると、軸足が滑ってしまうのでいいキックが蹴ることができないイメージが出来るよね。 それなのでまずは、軸足というのがとても重要。 動くのは自分自身であり、ボールは動きません。 ボールが真っ直ぐ飛ばない理由としてはいくつかのことが考えられます。 一つはさっき言った蹴る足ではなくて軸足。 他には頭の位置、体の向き。 そして難しいのがボールを最後まで見るという目線。 まとめるとこんな感じです。 軸足(しっかりターゲットに向かって真っ直ぐ出ているか。 ) 2. 蹴る足の振り(どのように出てるか、ボールの行方を気にして斜めに振らない。 ) 3. フォロースルー(どんな距離でも足を振り切ること。 ) 4. ボールの行方を気にしない(ボールを最後まで見ること。 ) ワンポイントアドバイス ・蹴るときのターゲットとして、ポールではなくポールの間にある遠くのものを狙って蹴りましょう。 そうすることで通そうという意識ではなく、そのターゲットに届かそうと心がけることで、気楽な気持ちで蹴ることが出来ます!ポールに当てるゲームではなく通ればいいと思えばプレッシャーも半減!(笑)•

次の

ラグビーのパスが上達する3つの練習方法とポイントを徹底解説!!

スクリュー パス

もくじ• ラグビーのパスは手で投げます 何当たり前のこと言ってんの? と思われると思います。 (いったんパスは置いといて。。。 ) 実際、当たり前ですし(笑) で、当然手で受け取ります。 まあこれも当たり前ですね。 では、手でボールを投げて相手に取ってもらうとき、どんなことを注意すればよいと思いますか? … ラグビーって、ボールが特殊な形していますよね? 楕円形です。 野球やサッカーのように球形のボールってどんな投げ方してもまあ普通に飛んでいくじゃないですか? どう投げようがボールは球形。 でもラグビーボールの場合どうでしょうか? 例えば縦回転してたらどうでしょう? 取りづらくありませんか? とんがってるところがくるくるしたりして(笑) なんとなく、分かってきました? パスの基本は空中のボールを安定させること ざっくり言うと、飛んでくるボールに変な回転かかっていると、取りづらくなります。 手もとにある球形じゃないもの(ティッシュの箱とか)を放ってみてください。 (危なくないようにね) 回転していなければキャッチはそんなに難しくないと思いますけど、回転していたら難易度上がりますよね。 四角いものよりマシだと思いますが、楕円形であるボールもそれに近いことが言えます。 パスの際は、極力空中でボールが暴れないように、安定して飛んでいくように投げなければいけないのです。 そして、手で投げるパスには大別して二つのパスがあります。 ストレートパス• スクリューパス です! 順を追ってみていきましょう。 ストレートパスとは? 平パスとかって言ったりもします。 普通にパスと言ったらこれですかね。 ボールを回転させずに、相手に取ってもらうパスです。 イメージとしては、ボールを押し出すような形で手首のスナップを効かせ、ボールに回転がかからないようにします。 真っ先に教えてもらうパスはこれですね。 私は教わるときに、「石鹸を取り損ねたイメージで投げろ」と言われ、何のこっちゃと思っていました(笑) 一見簡単にそうに見えますが、回転させないように投げるのは 意外と難しいですよ? ラグビーボールを触れる環境にあったら、一度試してみてください。 きれいに投げられるまではちょっと時間がかかると思いますよ(笑) 両手の中指~小指でボールの面を押し出すような形で投げるとうまくいくかなーと思います。 ストレートパスのメリット・デメリット メリットはとりやすいこと。 モーションにも時間取られないので割と素早く放ることができます。 なので近場に投げる際は、ストレートパスを投げることが多いです。 デメリットとしては、回転していないため、空気抵抗を受けやすいことです。 スピードもあまり出ません なので遠くに投げるパスにはあまり向いていません。 遠くに投げると風の影響で失速したり、フォークボールのように落ちてしまったりします。 では、遠くに投げたい場合はどうすればいいのでしょうか? そんなときのスクリューパス ストレートパスに対し、もう一つのパス、スクリューパスがあります。 その名の通り、回転がかかっています。 あれ、さっき回転かけるなって言ってたじゃない? って思ったでしょうか? スクリューパスの場合、縦(長いほう)に回転ではなくて、横(短いほう)に回転しています。 この回転だと、飛んでいる最中の形は回っているとはいえ、そんなに変わらないので取りやすいのです。 ピストルの弾のような飛んでいき方のイメージですね。 投げ方は、ボールの少し下を上になる手で持ち、反対の手は支えるだけ。 投げる瞬間に上の手首を返してボールに横回転をかけてやるとくるくる回りながらボールが飛んでいきます。 なかなかきれいに回転がかからないので、習得するのはストレートパス以上に時間がかかります。 私は苦労して覚えたヤツです(笑) スクリューパスのメリット・デメリット ストレートパスの弱点を補った投げ方です。 回転がかかっているので、空気抵抗や風の影響を受けづらいです。 スピードも出ます。 なので遠くに投げる場合に多用されます。 デメリットは、近場で使うと少し取りづらいことくらいでしょうか? 近場の場合は普通ストレートパスを使うので、棲み分けの問題かと思いますね。 二種類のパスを比較してみる ちょうどいい比較動画があったのでシェアしておきます。 ついでにオフロードパス 投げ方ではないんですけど、ついでなのでオフロードパスも紹介しておきますね。 よく試合中に実況や解説の方が「オフロードパス」と言っているのを耳にしたことがありませんか? オフロードパスと言うのはタックルを受けたりして止まった選手が、後ろから来たフォローの選手に投げるパスの総称です。 それだけ聞くとふーんて感じだと思うんですけど、じつはこれが 脅威なのです。。 タックルしたのにボールが止まらないのです。 フィジーなどのパシフィックアイランダーが得意とするプレーなんですけど、とにかくフォローが続く限りボールが止まらないので非常にディフエンスしづらいのです。 常に止まらない、ディフエンスも下がりながらになりがち、疲れる、等々。 私が感じるに、日本代表はこの手のプレーに弱い気がするので、2019年までにオフロードパスを続けさせない対策を考えてほしいなーと思っています。 パスあるある• 自分の右側にスクリューパスが投げられない• ストレートパスがナックルボールみたいな変化をする• 回転のかからない、へぼスクリュー• 距離が出ないへぼスクリュー• 苦肉の策として山なりスクリュー• パスが速すぎて怖がられる奴がいる• スクリューパスがみぞおちに突き刺さっていたい パスの話いかがでしたか? 簡単そうに見えて、実は難しいラグビーのパスのことがわかってもらえたらうれしいです。 応援よろしくお願いします!.

次の

スクリューパスの正しいフォームとパスの練習方法

スクリュー パス

オーソドックスなパス 相手が取りやすいように、ボールに回転をかけないパスです。 長い距離は飛ばせませんが、小さいパスを早くつなげる時にとても使いやすいです。 ワンポイントアドバイス ボールは真ん中より、やや上を持ったほうがスムーズなパスができます。 パスのコツとしては、投げ終わった後に、 両手をパスした方向に差し出すようにする事でフォロースルーをしっかりと取ることがでるので、より正確なパスができるようになります。 最初は手首に力を入れてしまって、パスが安定しないと思います。 そんな時は、手首に力を入れるのではなくて、腰の回転と、腕の振りを意識してパスの練習をしてみましょう。 そして、先ほども言いましたが、フォロースルーをしっかりと取ることがとても大切です。 スクリューパス スクリューパスは、ボールに強い回転を変えるパスです。 ボールに回転がかかっているぶん、早いスピードでパスをする事ができ、また、遠くまで飛ばせる事も特徴の一つです。 ワンポイントアドバイス スクリューパスは、腕の振りよりも、手首のひねりを意識します。 両手を使って、ボールのやや上の方と、やや下の方を持ちます。 練習のポイントとしては、 片手で投げることです。 左方向へ投げる場合は、右手だけで、手首をひねるようにして投げます。 片手で回転をかけて投げられるようになったら、あとは、もう片方の手はそえるだけです。 早くパスを出したい場合や、遠くにパスを飛ばしたい時は、右手と左手の力のバランスを調整します。 最初はなかなかうまくいかないと思いますが、繰り返しの練習で必ず上手になりますので頑張りましょう。 以上がパスの基本的な練習となります。 良い練習方法が見つからないと言って、間違った練習方法で練習をしてしまってはラグビーはなかなか上達しません。 上達しないどころか、骨折など怪我をするリスクや、チームワークを乱してしまう原因になってしまいます。 私も以前は、 もっと効率の良い練習方法はないか?最速で上達する方法はないか?と色々と情報を求めていましたが、こういったマニュアルのおかげで全て解決することができました。 最初は値段が少し高いかなと感じましたが、このマニュアルのおかげで効率の良い練習方法が分かった事を考えると、買って損はなかったと感じています。

次の