髪の毛 お 団子 の 作り方。 お団子ヘアの作り方。5つのデザインで徹底解剖

簡単お団子ヘアの作り方♡たった5分で可愛くヘアアレンジ!

髪の毛 お 団子 の 作り方

お団子ヘアの作り方:準備 まずポニーテールを作る お団子を作る上で大事なのは土台となるポニーテール。 まずは高い位置でポニーテールを作って下さい。 頭のてっぺんを目指す勢いでOK! ポニテをうまく結ぶコツはこちら!• それではお団子作りに入ります! お団子ヘアの作り方 1. 軽く逆毛を立てる 毛束を少し取り、ブラシ コームでも可 で軽く逆毛を立てます。 全体ではなく、髪の両脇 2ヶ所くらい をボリュームアップさせる感じで。 大きなお団子にしたい場合や、髪の量が少ない場合は、全体に逆毛を立てた方が良いです。 とりあえず私の手順を紹介しますが、自分がやりやすい方向、髪の流れで適宜変えてみてください! 逆毛を立てた髪をまとめ、横に持ちます。 毛束をねじります。 私は右に持ち、後ろ・下・前に向かう向きでねじっています。 ねじった髪をゴムに巻き付ける。 真上から見て右側から左方向へ巻き付けます。 一回ふわっとねじれがほどけるような感覚がありますが、その「ふわっ」がふんわりお団子の部分になります。 そのまま巻いていくとほどけなくなるのでご安心を。 別角度から。 もうちょっと巻いた時の図。 毛先まで巻き終わるまで巻き付けます。 きつく巻きすぎず、ふんわりとした感じにするのがポイントです。 デカだんごにしたい場合はここでゆるーく巻きます。 巻いた髪をもう一本のゴムで固定する 巻き終わりの毛先を留める感じで、お団子の根元をゴムで縛ります。 この時使うゴムはよく伸びるものが良いです! お団子がつぶれないよう、根元だけにゴムをかけて下さい。 毛先をヘアピンで留められそうならゴムでしばる必要はありません。 でもゴムで縛っておくとふんわりだけど崩れないお団子になりますよ! これで完成にしてもOKです! お団子の形にこだわりたい、ゴムを隠したい場合は以下の工程へ! 5. ヘアピンでお団子の形を整える わかりにくい写真で申し訳ないのですが、お団子から少し毛束を取り出し、ヘアピンで頭にくっつける感じで留めていきます。 これを何カ所かやるときれいにゴムを隠すことができ、また頭にしっかりと載った感じのお団子になります。 毛束を細く、多めに出すと、ゆるくてラフな印象の無造作お団子に、全体を広げるようにすればデカだんごにも! 6. 完成! ふんわりかつ、しっかりとしたお団子ができました! 崩れてきたときは 時間が経って崩れてきたり、お団子が大きくなりすぎた時は、余分な髪の毛をゴムに挟み込むことで修復できます! お団子部分を軽くなでるようにして余分な毛束を集めます 余分な毛束を毛先を留めたゴムに挟み込みます。 お団子の後ろの方でやると、きれいにできますよ! そんな感じ そういえばシュール祭りの時もお団子でした。 きつめのお団子は作りやすいのですが、ふんわり、ゆるいお団子は案外難しかったり。 納得のいくお団子ができるまで何年かかったことか……ゆるさと強さが共存したお団子を考えた結果、この方法に行き着きました。 ある程度髪の長さがある人向けかも? 髪が短めな方はピンで留めた方がうまくいくかもしれないです。 髪質によっても異なると思うので、これを参考にしつつ、自分の髪にあったやり方を見つけてもらえればと思います。 その日の気分でポニテにしたり、デカだんごにしたり、無造作お団子にしたり。 お団子ライフが充実すること間違いなし。 それではみなさん、良いお団子ライフを! ウィッグでボリュームアップ•

次の

素早く簡単に髪の毛をお団子にする 3つの方法

髪の毛 お 団子 の 作り方

お団子ヘアの作り方:準備 まずポニーテールを作る お団子を作る上で大事なのは土台となるポニーテール。 まずは高い位置でポニーテールを作って下さい。 頭のてっぺんを目指す勢いでOK! ポニテをうまく結ぶコツはこちら!• それではお団子作りに入ります! お団子ヘアの作り方 1. 軽く逆毛を立てる 毛束を少し取り、ブラシ コームでも可 で軽く逆毛を立てます。 全体ではなく、髪の両脇 2ヶ所くらい をボリュームアップさせる感じで。 大きなお団子にしたい場合や、髪の量が少ない場合は、全体に逆毛を立てた方が良いです。 とりあえず私の手順を紹介しますが、自分がやりやすい方向、髪の流れで適宜変えてみてください! 逆毛を立てた髪をまとめ、横に持ちます。 毛束をねじります。 私は右に持ち、後ろ・下・前に向かう向きでねじっています。 ねじった髪をゴムに巻き付ける。 真上から見て右側から左方向へ巻き付けます。 一回ふわっとねじれがほどけるような感覚がありますが、その「ふわっ」がふんわりお団子の部分になります。 そのまま巻いていくとほどけなくなるのでご安心を。 別角度から。 もうちょっと巻いた時の図。 毛先まで巻き終わるまで巻き付けます。 きつく巻きすぎず、ふんわりとした感じにするのがポイントです。 デカだんごにしたい場合はここでゆるーく巻きます。 巻いた髪をもう一本のゴムで固定する 巻き終わりの毛先を留める感じで、お団子の根元をゴムで縛ります。 この時使うゴムはよく伸びるものが良いです! お団子がつぶれないよう、根元だけにゴムをかけて下さい。 毛先をヘアピンで留められそうならゴムでしばる必要はありません。 でもゴムで縛っておくとふんわりだけど崩れないお団子になりますよ! これで完成にしてもOKです! お団子の形にこだわりたい、ゴムを隠したい場合は以下の工程へ! 5. ヘアピンでお団子の形を整える わかりにくい写真で申し訳ないのですが、お団子から少し毛束を取り出し、ヘアピンで頭にくっつける感じで留めていきます。 これを何カ所かやるときれいにゴムを隠すことができ、また頭にしっかりと載った感じのお団子になります。 毛束を細く、多めに出すと、ゆるくてラフな印象の無造作お団子に、全体を広げるようにすればデカだんごにも! 6. 完成! ふんわりかつ、しっかりとしたお団子ができました! 崩れてきたときは 時間が経って崩れてきたり、お団子が大きくなりすぎた時は、余分な髪の毛をゴムに挟み込むことで修復できます! お団子部分を軽くなでるようにして余分な毛束を集めます 余分な毛束を毛先を留めたゴムに挟み込みます。 お団子の後ろの方でやると、きれいにできますよ! そんな感じ そういえばシュール祭りの時もお団子でした。 きつめのお団子は作りやすいのですが、ふんわり、ゆるいお団子は案外難しかったり。 納得のいくお団子ができるまで何年かかったことか……ゆるさと強さが共存したお団子を考えた結果、この方法に行き着きました。 ある程度髪の長さがある人向けかも? 髪が短めな方はピンで留めた方がうまくいくかもしれないです。 髪質によっても異なると思うので、これを参考にしつつ、自分の髪にあったやり方を見つけてもらえればと思います。 その日の気分でポニテにしたり、デカだんごにしたり、無造作お団子にしたり。 お団子ライフが充実すること間違いなし。 それではみなさん、良いお団子ライフを! ウィッグでボリュームアップ•

次の

ゴムだけで簡単なお団子ヘアの作り方は?崩れないゆるふわおだんごも

髪の毛 お 団子 の 作り方

・就職活動の場は? 出典:photoAC お団子ヘアは、業界や職種によっては就活で不向きな場合があります。 一般的にOKなのは航空系、ホテル系、接客系といった業種だそうです。 就職活動に適した髪形の基本は、 *清潔感があるスタイル *顔周りや後ろ髪に後れ毛がないスタイル *前髪で眉毛が隠れないスタイル これらを意識すること。 遊びに行くときのようなユルッとしたお団子や、ラフさがあるスタイルは向きません。 お団子の位置は低めか耳の後ろあたりまでを目安に、高すぎない場所できっちりと作りましょう。 崩れないようにスプレーなどでシッカリとスタイルをキープしておくのがおすすめです。 ・ビジネスの場ではどうなの? 出典:photoAC オフィス系の仕事や、髪形に指定がない職種であれば、お団子ヘアがOKな場合がほとんどです。 ただ高い位置でのお団子アレンジは元気が良い、若々しいイメージの反面、カジュアルな雰囲気になるので、避けた方が無難。 高すぎない位置で、職場の雰囲気やTPOに合うような落ち着いたヘアアレンジにまとめることがポイントです。 2.束ねた髪の毛を折って根元をくくり、お団子を作ります。 3.お団子を作った際に余った髪の毛を結び目に巻きつけてゴムを隠します。 4.アメピンで巻きつけた部分を固定します。 後れ毛を巻いてゆるっとしたスタイルを作るためにカールアイロンを使ったり、スタイルをキープするためにスプレーをかけたり、あなたの好みのスタイルに合わせて使用してくださいね。 ・高めお団子ヘア 出典:mamagirlLABO さん 顎と耳の延長線上に結ぶのがおすすめ。 ただその後れ毛がある程度あるほうがかえってこなれますので、きっちり留め切らずに適当にピンをさしていけばOK。 流行中のパッチンピンでかわいくアレンジするのもおすすめです。 ・低めお団子ヘア 出典:mamagirlLABO さん 耳の後ろ、ぼんのくぼのあたりで結ぶのがおすすめ。 こちらのヘアスタイルは髪の毛が長すぎるともたつきがちですが、ミディアムヘアさんだと 911erikaさんのようにヘルシーにかわいくまとまります。 髪の毛短めのミディアムヘアさんにピッタリです。 ポイントは計算されたラフさです。 お団子を作って絶妙に崩す、あえてハーフアップでお団子を作って残った毛先をお団子に巻きつけて襟足のラフさを演出する、といった方法などがあります。 髪の毛を左右どちらかに寄せてお団子を作ります。 これからの季節は暑くて髪がうっとうしくなりがち。

次の