ライナー 作者。 進撃の巨人感想 ライナーを追い詰めるエレンが超怖くて面白い

特に理由の無い暴力がライナーを襲う!!とは (ライナーとは) [単語記事]

ライナー 作者

別冊少年マガジンの 進撃の巨人の連載でここ数回で登場した「 クルーガーさん」は顔アップになったときに「もしかして エレン?」と思わせる感じでしたが、やっぱりエレンだと判明したのが前回で、今月号はついに再会してエレンと ライナーのやりとりが読んでる こっちの胃が痛くなりそうですごく良かったです。 「本当にエレンなの?」と思うくらいの 冷静な追い詰め方。 エレンも大人になったんですねえー。 エレンがどうやって マーレの 収容区に来てどんな作戦を以って行動してるのか、そもそも壁内の国は今どうなってるのかまだ何も分からない状態ですが、とにかくエレンは区内でライナーと対面することにこうして成功し、彼に向かって淡々と言葉を投げかけます。 もうライナー 真っ青。 この時点で完全詰みでライナーは完全敗北でなすすべなしです。 ここでお互い巨人になって戦っても例え勝っても区内にいる 大勢のエルディア人は死にます。 もちろん ライナーの母親も。 かつて自分達が エレンの母親やトロスト区や壁内の無数の人々を 虐殺しまくってこうなってることをライナーは痛感せずにいられません。 精一杯声を搾り出して 「何しにここに来た?」と問うとエレン氏 無表情で 「お前と同じだよ」。 怖すぎます! ご丁寧にエレンは手のひらに傷を作ってて、銃の安全装置を外してあとは引き金を引くだけの状態だとアピール! まーもちろんエレンが「ここにいるエルディア人を皆殺しにしても構わない」と思っているとはちょっと考えにくいですが、ライナーのほうは「 エレンは俺を殺す際に俺がやったことと同じことを報復するのではないか」と怯えるのは当然のことです。 エレンは大人になって恐らく世界の情勢も把握して、かつて子どもだったライナー達が壁内の人々を虐殺したのは単なる 実行犯にすぎないことも承知している様子。 でも実行犯なだけだからという理由で許すつもりがあるとはこれも考えにくい。 かつてライナーに「お前を殺す」と宣言したエレンの中の 怒りの炎がこの4年でもう消えてるってことはさすがにないでしょう。 大人なエレンの冷静で無表情な語り口が逆に「宣言通りお前を殺すぞ」という 静かで確固たる決意にも見えます。 ライナーは自殺してたほうがよっぽど楽に死ねたかもしれません。 もう彼には大人しくエレンに殺されるか、収容区の人々を犠牲にして巨人化して戦うかの2択しかない感じ(実質選択肢は無し)。 昔のすぐ熱くなるエレンに勢いで殺されるより今の冷静なエレンに淡々と(間接的に)死の宣告を下されるほうが 精神的な追い詰められ度は桁違いにきつい! エレン(達)はこの舞台の日にどこまで用意周到に事を仕掛けているのでしょう? ライナーは知らないけど私たち読者は、舞台で世界の真相を語るのに異様に緊張している タイバー公、なんかスパイを察知してるっぽい マガト隊長、思わせぶりな ヒィズル国(ミカサのルーツ?)の キヨミ・アズマビトの一族、どこかと電話してた ジーク、落とし穴に隔離された ポルコ、隔離される前 パンツァー隊と何かを交わした ピーク、「平和の反逆者」と名指しされても平然としている エレン、ここ2,3話だけですごい量の情報を与えられていて、これらのうちのどこからどこまでがエレン達が噛んでいることなのかまだ全然わからない状況。 めっちゃくちゃ続きが気になります。 まだ登場してない アルミンや ミカサや ハンジや リヴァイ達も収容区にもう来ている? 女型も含め全ての巨人が今この舞台に集結してたら超熱いんだけどなあー。 進撃の巨人は今月で通算99話ですが、今までで一番面白いかもしれない。 来月の 第100話が楽しみです。 ライナーはどうなるのか(どう死ぬのか)!?.

次の

ライナー・ブラウンという進撃の巨人作者のお気に入りキャラ : あにまんch

ライナー 作者

ライナー・ブラウンとは、・作品「」の登場人物である。 : 人物 第期訓練兵団の生で、である達とは(ただし年齢は彼らより上)にあたる。 同じ訓練兵の中では、特に同郷であると仲が良い。 た体格との持ちで、期訓練兵の中での成績はに次ぐ。 はと、の成績上位10名の中では2番の高さ(1番はの1)を誇り、 体重もkgあるが、見かけが特別太っているわけではないのを見るに、その量が想像できる。 さらに体格だけでなく、精・人格面においてもされており、体で他に劣るを教官にバレないように手助けしようとしたり、スト区の戦いでは危険なを前に「をに込む」と冗談を言って場を和ませようとしたりと、どんな時でも周りにを配り、困難にタフさを持つ。 以上の理由から期生たちの的存在であり、教官からも「屈強な体格と精を持ち、からの信頼も厚い」と評される。 頭の回転がやや鈍い、積極性に欠ける、技術はあるが性格に難がある…等々、曲者いのの面々の中では数少ないまともな評価を受けていると言えるだろう。 彼がになった理由は「失われた故郷に帰るため」。 これは上述したように同郷であるとも共通する的であり、同じく強い決意と的意識を持つという点でには共感を覚えている様子。 また、本人は自分の「」という立場に誇りを持っているようで、に「」とは何かを臭く説いたり、訓練をっているアニにとしての使命感から突っかかっていくなど、その言動の節々からは感の高さも伺える。 …と、こんなよく出来たである彼だが、その故なのか、(本人は意図していない)では吹き出してをにかけてしまったり、体格で勝るアニに見事に返り討ちに遭ったり、記事冒頭にあるように恒例の巻末予告で特に理由のいに襲われたりと、どこかな笑いをしてくれるため、・からされている。 余談だが、上述した「に込む」発言や、に「女の方にがあるとは思えない」と言われて「ああ……」と答えたことから一部では疑惑が浮上しているが、のを「いい」と言ったり、に心の底で婚したりしているので、彼が異性者であることはのにも明である。 ネタバレ 以下は重要な のため。 その正体は、五年前にウォール・を体当たりで突破・破壊した「の」である。 よく見てみれば確かにのとは格、ヘ共に似通っていたのだが、この衝撃のは多くのを驚かせた。 これによりのではないかと疑いがかけられることになるのだが、実際のところその通りで、とのでもに立ち回るフリをしつつ、裏ではを攫わせるために暗躍していた。 そしてウトでの戦いの後にその秘密をに打ち明け、に自分達と一緒に来るよう促すが、事のを伺っていたにりかかられて重傷を負う。 全てが潮時だと悟った彼はと共に化し、戦の末にを攫って外に消えたのだった。 彼が言うには「さえ一緒に来てくれれば、自分たちはを壊さない」とのことだが、彼らが何故でしてを攫おうとするのか、そして一体どこに向かおうとしているのか、まだまだは多い。 以下、さらなる。 「さんよ…何を言ってんだ…?」 46話にて、 精が軽くぶっ壊れていることが判明。 「」としてを破壊し、内に潜入していただったが、達期生と生活していくうちに、だったはずの 「」としての自分が「本当の自分」と呼べる程に根付いてしまう。 元々感の強い性格だったことも災いし、彼はとして活動する一方で、達を欺いていることへの罪の意識に耐え切れなくなり、遂には「」と「」の人格が半ば分裂して頻繁に切り替わるまでになってしまった。 自身の裏切りをにするまでたちと気さくに接していたり、ウトで体をってコニーを助けたりしたのはこのためである。 同じく「」であるからは、「はもうではない」と半ば呆れられている。 関連動画 関連静画 関連項目• (いつも一緒にいる同郷の人)•

次の

特に理由の無い暴力がライナーを襲う!!とは (ライナーとは) [単語記事]

ライナー 作者

スポンサーリンク 【進撃の巨人】母親が名字を呼んだのは作者ミス? 原作では、第一話でモーゼス・ブラウンが巨人との戦いで戦士した後、モーゼス・ブラウンの母親が彼を探しに調査兵団の近くに来ますが彼の姿は見えません。 モーゼス・ブラウンの母親は「 あの…息子が…ブラウンが見当たらないんですが…」「 息子はどこでしょうか…」と近くの調査兵団にひざまずきながら必死に聞いている場面があります。 お母さんが苗字で呼んでしまっている。 これは諫山さんのミスです。 アニメでは修正されました。 生きていればハンジやエルヴィン・スミスと同等の地位を獲得していた可能性も十分あるとみられています。 それだけの実力者を殺したその巨人は ただの巨人ではなかった可能性もあります。 もしモーゼス・ブラウンがミケ・ザカリアス並みの実力を持っていたとしたら、無垢の巨人の通常種に負けることは考えにくいです。 ミケ・ザカリアスは実際に数体の無垢の巨人を同時に相手にしても生き残っていました。 モーゼス・ブラウンを殺した巨人には隠されている謎があるのかもしれません。 偶然同じ名字であるということは考えにくいためモーゼス・ブラウンとライナー・ブラウンは何かしらの関係があると考えるのが自然かもしれません。 現在の段階ではモーゼス・ブラウンとライナー・ブラウンの血縁関係などは描かれていないためまだどのような関係であるかは分かっていません。 ライナー・ブラウンは九つの巨人の力の一つである鎧の巨人の継承者ですが、エルディア人の血を引いているかどうかは分かりません。 九つの巨人の力を継承できるのはエルディア人の血を引いている者のみではないかという説があります。 もし モーゼス・ブラウンとライナー・ブラウンが親族の関係であれば、ライナー・ブラウンはエルディア人の血を引いているということになるので、九つの巨人の力を継承できるのはエルディア人の血を引いている者のみという説も有力になりますね。 またもう一つの可能性としては、 元々モーゼス・ブラウンとライナー・ブラウンの関係の設定があったが、途中で取り消された可能性もあります。 物語を進めていく中で当初用意していた設定を取り消すということは考えられます。 スポンサーリンク まとめ 今回は進撃の巨人に登場するキャラクターであるモーゼス・ブラウンについて紹介させていただきました。 進撃の巨人は伏線が多い漫画なので、モーゼス・ブラウンの謎は伏線なのではないかと疑っているかたも多いようですね。 第1話で巨人と戦い戦死しているので、何も関係がないということも考えられますが、今後のストーリーに関わってくる可能性も否めません。 今後モーゼス・ブラウンの謎は解き明かされるのでしょうか。 注目です!.

次の