フェレット里親。 フェレットを飼いたいのですがペットショップと里親さんどっちがいい...

フェレットの飼い方と注意点|特徴・寿命・種類・値段【まとめ】

フェレット里親

フェレットには、里親というものがあります。 里親というのは、一度フェレットをペットとして迎えいれたものの、いろいろな事情があって、手放す必要が発生した場合に、新たに可愛がってくれる人に譲り渡すということです。 フェレットを入手する方法には、フェレットを取り扱っているショップで購入することが一般的ですが、里親に出されているフェレットを譲り受ける事も一つの方法となります。 里親にあるフェレットは、インターネットで数多く募集が出ていますので、里親でも良いという方は、一度検討してみるといいでしょう。 海外ではペットショップ購入よりもまずは里親から イギリスなどでは、ペットを飼う前には、かならず保護されている子の情報を探し、その中から優先的にペットを迎え入れるという状況があります。 ヨーロッパでは、日本のように動物を処分することを極力さけたいという気持ちから、これらの行動が当たり前になっていて、何かしらの原因で収容されている犬や猫、小動物のおよそ9割り程度が、里親制度で、別の飼い主に引き取られていると言われています。 日本では里親制度の知名度は低い 日本では、ペットを家庭に迎え入れる場合、すぐにショップから新しい動物を購入するというのは、一般的です。 その為保護されている動物は、フェレットに限らず多くの子たちが、受け入れ先がないことから、殺処分の対象になっているという悲しい現実があります。 また人が一度飼ってしまった、動物を受け入れるのは嫌だ、大人の動物よりも子供の動物が良い、血統書付きじゃなきゃ嫌だという国民の意識から起こっている現状で、人間の勝手な思いから日本では、多くの動物が尊い命を失う事になっているのです。 里親には手続きが必要 このような悲しい現実をできるだけ回避するためには、ペットとして迎え入れる前に、本当にこの子の一生を大切に責任をもって受け入れる事ができるのかもう一度考えてみる必要があります。 これは当然の事のように思いますが、こんな当たり前の事ができていない人間がすごく多いのです。 また今後フェレットなどペットとして迎え入れる際、里親制度から検討してみるのはどうだろうか。 里親になるには、これまで飼っていた飼い主や保護しているところへ直接あって、里親としての条件をクリアする必要があります。 若干の費用は、必要になることもありますが、ペットショップで購入するよりもはるかに安く入手できることは間違いありません。 目の前の命を救えるのは、人間でしかないのです。 捨てられてしまったフェレットなどは、特に深刻で、保護されている保健所では一定の期間を経過するとすぐに処分対象となります。 虐待されているフェレットも多い その他にもごく稀ではありますが、フェレットを含む動物をストレスのはけ口にし、虐待を与えている最低の人間も少なからず存在します。 動物はものではなく、しっかりと息をし、生きています。 このようなつらい状況から救えるのも残念ながら人間でしかないのです。 ペットショップでフェレット購入を検討している方は、一度ネットで里親制度について調べてみるのはどうでしょうか。

次の

フェレットの飼い方と注意点|特徴・寿命・種類・値段【まとめ】

フェレット里親

里親制度とはどういった制度なの?(里親を探す方法) フェレットを飼う場合、一般的にはペットショップで購入する方が多いです。 それ以外にも里親募集から探す方法があります。 里親制度は、飼い主が何らかの理由で飼えなくなった、保護したなど、様々な理由で新たに飼ってくれる人に譲り渡す制度です。 フェレットが単独で生きていくとは難しいです。 貰い手がみつからない場合は殺処分されてしまう子たちもいます。 里親でフェレットを探す場合はインターネット上に数多くの里親募集サイトはありますのでこちらから探してみるといいでしょう。 ただし、トラブルも多いので注意が必要です。 スポンサーリンク 実際にあった里親のトラブル。 動物はある程度の臭いがありますが、フェレットはとくに臭いが強いと言われています。 これはフェレットもまた肛門近くに臭腺という臭いを発する機能が備わっており、これが臭いの原因になります。 日本のペットショップで販売されているほとんどのフェレットは生まれてまもなく生殖腺除去手術(雌は避妊・雄は去勢)と臭腺を取り除く手術が行われています。 この手術をすることによって臭いの原因はほとんど取り除かれます。 未手術のフェレットをノーマルフェレットと呼びます。 ノーマルフェレットはオスは体臭が強くなりかなり臭うこともあります。 フェレットは交尾排卵動物なので、メスは交尾しない限り発情が続き、貧血を起こしてしまいます。 手術を受けていない場合は生後8ヶ月から1年以内には、遅くても手術を終えるのが理想だと言われています。 譲り受ける前の飼い主の方に手術が済んでいるかどうかを確認するといいでしょう。 また通常は手渡しです。 手渡しの際、購入時の金額を要求されたなど金銭トラブルもあります。 これらのトラブルにならないように譲り受ける方と事前によく話し合いをすることをオススメします。 里親になる際の注意点 里親は何らかの理由で飼えなくなったフェレットを譲り受けます。 大切なひとつの命です。 命を受け継ぐ覚悟はできていますか? 命あるものを最後まで育てていく決意はありますか? ご飯を食べたり、毎日のお手入れも必要です。 そして病気や怪我をしたときのことも考える必要があります。 ペットを飼うということはお金もかかります。 フェレットを家族に迎えると決めたら生涯にかかる飼育費用をあらかじめ把握しておくといいでしょう。 再び里親に出されてしまうことにならないように事前準備をしっかりして新しい家族を迎え入れましょう。

次の

フェレット専門店・フェレットワールド» フェレット里親募集

フェレット里親

フェレット・チンチラをはじめ、プレーリードッグ・フクロモモンガ・ハリネズミ・デグー・フクロウ・バード・おさる他、 珍しいエキゾチックアニマルを販売しております。 (チンチラ・フクロモモンガをはじめ、たくさんの動物のブリーディングもしております) たくさんの小動物を飼育、販売している専門店ですので、安心してお迎えして頂けます (フェレットのお迎えでは5800頭以上のお迎え実績もあります)。 また長年の経験のもと、ご相談(飼い方、しつけの仕方等)も受付けています。 好奇心旺盛で、何にでも興味を示します。 表情豊かで、愛嬌のある動物です。 フェレットの鳴き声は静かで近所迷惑になることはないと思います。 1日の大半は寝てすごし、短い時間に集中的に遊びます。 寿命は6年から10年程。 カナディアンフェレット 骨格がしっかりしており、大型のフェレットが多い被毛が密で、しなやかで美しい子が多い。 アンゴラフェレット 突然変異したの個体を固定化した種類で、ふさふさで柔らかい長い毛、鼻も上向き気味の子が多い。 ニュージーフェレット しっかりした骨格で、顔は丸くて太い子が多いパンダの様なポイント 模様 はNLフェレット特有。 また、ケージの底にはフェレットの爪がひっかかりにくい布を敷いてあげましょう。 フェレットはトイレの後お尻を拭いたり、汚れた口元を擦り付けて自ら綺麗にします。 また、余分な皮膚の油分や汚れを布が吸い取ってくれます。 綺麗な布をケージ内に敷くのは、綺麗なフェレットへの第一歩です。 お部屋での放し飼いは、様々な事故に繋がります。 外出時や睡眠時は 必ずケージに戻してあげましょう。 フェレットは遊び好きのため、エサ皿は、軽いエサ皿やお碗型のエサ皿はひっくり返されてしまいます。 また深すぎると食べにくいので、食べやすいお皿を選びましょう。 お水は給水ボトルを利用する様にしましょう。 ひっくり返されたり、ホコリや毛が入る事があるお皿に比べると衛生的です。 隅っこや角で排泄する習性を利用して、トイレを設置しましょう。 ウサギ用の三角形のトイレは体が入りきらず、嫌がる子が多く、 失敗する確立が高いです。 トイレ砂はたくさん敷き詰めると掘り返して遊び、散らかしてしまいます。 浅く、適度な量を入れましょう。 好奇心旺盛のフェレットが口に入れると、誤飲してしまい体内で詰まってしまいます。 同様に、ペットシーツにも水分を固める成分が入った製品が多く、掘りおこしたりして誤飲すると詰まる可能性があります。 また、木製のリターやチップ等はアレルギーを起こす危険があります。 体を丸くして寝る体制を自然ととる事ができます。 また体に自然とフィットする のも心地いいのでしょう。 ケージのサイズに合わせ、またその季節にあったハンモックを選びましょう。 乗っても少し浮く高さにつけてあげましょう。 ベビーや高齢のフェレットには高さを低くして付けてあげると乗りやすいです。 また、フェレットは瞼を閉じていても光を感じてしまい、副腎が働いてしまい ます。 副腎を少しでも休め、副腎疾患のリスクを少なくしてあげる為にも、潜れるタイプの物を付ける事をオススメします。 爪が長すぎるとケージや布・ハンモックなどに引っかけて、ケガをする可能性もあります。 フェレットの爪は半透明で、赤い部分は血管です。 血管を切らないように白い部分がある程度残るように切ってあげてましょう。 また、耳掃除を怠ると耳ダニ等の原因になります。 フェレットの耳にイヤーローションを数滴入れて、汚れを浮かせてから綿棒で掃除します。 中だけではなく、外耳のヒダの部分にも汚れが溜まりやすいので、綺麗にしてあげましょう。 その食事には、動物性タンパク質が必要不可欠になります。 そして、フェレットの消化器官は短く、 3時間程で排泄されます。 そのため、消化・吸収しやすい良質のフードをいつでも食べられるようにしてあげましょう。 ベビーの間はフードをふやかして与えましょう。 いわゆる離乳食です。 ふやかしたフードは傷みやすいので、1日に数回作り変えて あげましょう。 ジステンバーとは感染すると死亡率はほぼ100%で、治療法のない病気です。 主に感染が原因で発症します。 まれに、ワクチンの接種後にアレルギー反応が出るフェレットが居ます。 ワクチン接種後は必ず病院の待合室等で30分程様子を見てフェレットにアレルギー反応が出ないか確認しましょう。 フェレットのにおいが気になるからといって洗いすぎると、においの原因である皮脂がより 多く分泌されるようになってしまいます。 月に1度程度に留めておくようにしましょう。 フェレットも風邪をひきますので、お風呂のあとはしっかり乾かしてあげてください。 外の地面を歩くということは、ノミ・ダニの寄生、感染症の感染等、 さまざまなリスクがあります。 もしかしたら足の裏を怪我するかもしれない、ハーネスから上手に抜け出すかもしれない、 考え出すと尽きません。 フェレットの事を考えるのであれば、外での散歩は控え、室内でおもいっきり遊ばせてあげましょう。 扇風機は汗をかかないフェレットにとっては、ただ熱風が送られてくるだけでフェレットには涼しくはないです。 温度を記録する温度計などで、外出時の温度もチェックを行って、熱中症にならない様にしましょう。 基本的に人間が食べる物はフェレットには与えないで下さい。 正しく飼えば、めったに病気にかかりませんので、20年以上生きる強い動物になります。 寿命は15年から20年程。 元気なチンチラの被毛はとても美しく、光沢があります。 清潔で、臭いもほとんどないです。 夜行性で昼間は寝て過ごす事が多いです。 プラスチックやガラスケースで飼育してはいけません。 プラスチックは齧られ、ガラスケースでは湿気が籠ってしまいます。 エサ皿はペレットと牧草を入れる容器が必要になります。 一緒のお皿でも構わないですが、器用なチンチラは下の方に自分の食べたいものがあれば 上のものを全てひっくり返してしまいます。 牧草は立てた状態で与えるのがいいでしょう。 また、プラスチック製品は避けましょう。 チンチラに齧られてしまいます。 ケージ内でチンチラが走り回った時に動かない様に固定できるタイプもオススメです。 お水は給水ボトルを使用して与える様にしましょう。 ひっくり返されたり、毛や便が入ってしまうお皿に比べると衛生的です。 ケージの中にはしっかりと休める巣箱が必要です。 高くて狭い所が好きなチンチラには、上部に固定できる小屋もオススメです。 ケージ内にはステージや止まり木を付けてあげて、ケージ内の空間を出来るだけ有効活用する様にしましょう。 ステージやステップ、トンネルや小屋等は、木製のものを使ってあげましょう。 チンチラは必ず木製品を齧ります。 そうする事によって、とても良い気晴らしになりますし、 歯の伸びすぎなどの病気も防げられます。 チンチラの好きに齧らせてあげましょう。 また、これらを手作りする際には注意が必要です。 ベニヤ板等の合板には接着剤が使われており、有害です。 その他、一般に流通している木材は原木の状態で防虫液に漬けられているので使用しない様にしましょう。 安全なのは割り箸や、かまぼこの板です。 あまり小さいホイールだと走る際にチンチラの背骨に負担がかかります。 チンチラ用のホイールを選んであげましょう。 ホイールを付けても走らない子も居ます。 そんな子は、ホイールに乗せてあげて少し回してあげる様にして、チンチラに使い方を教えてあげるといいでしょう。 楽しさを覚えて走りだすと、とても良いストレス発散になります。 一つの毛穴から80~100本の毛が生えているのです。 その被毛を健康に綺麗に保つには、必ず砂浴びが必要になります。 小動物の砂は数種類ありますが、チンチラの被毛に合う砂はとても細かい砂です。 粒か大きい砂では皮膚まで届かないのです。 チンチラ用の細かい浴び砂を選んであげましょう。 基本的にブラッシングはしない方がいいでしょう。 チンチラの毛は、とても抜けやすくなっているからです。 天敵に襲われた時などに、大量に抜けた毛に気を取られている隙に逃げる、という生きる知恵なのです。 そのため、チンチラのブラッシングをしたりすると必要な毛も抜けてしまいます。 基本的に被毛のケアは清潔な砂で定期的な砂浴びで十分です。 あまり長時間の砂浴びはチンチラの皮脂の油分が取れすぎて良くないです。 出来れば毎日10~15分程行いましょう。 また、チンチラはかなり質素な繊維質のエサだけでも生存できるように進化してきました。 高カロリーのエサは消化しにくい体質なのです。 そんなチンチラには高繊維・低脂肪の食事が必要です。 飼育下で高繊維・低脂肪の食事条件に一番合う主食は、干した牧草です。 チンチラには乾牧草を出来るだけ多く食べてもらえるように工夫(味や食感の違う牧草を数種類与える等)してください。 ペレットは与えすぎないように心がけ、少々のペレットを副食として与えましょう。 扇風機は汗をかかないチンチラにとっては、ただ熱風が送られてくるだけで涼しくはないです。 だいたい26度以上にならない様に注意が必要です。 それ以上になると熱中症の危険性があります。 野生のチンチラが生息する環境は湿度がほぼ0%です。 そのため、梅雨時など多湿になる時には湿度にも注意しましょう。 温度・湿度を記録する温度計などで、外出時の温度も必ずチェックして、熱中症にならない様にしましょう。 外の地面を歩くということは、ノミ・ダニの寄生、感染症の感染等、さまざまなリスクがあります。 また、逃げ出したチンチラを捕獲する事は、とても困難です。 もしかしたら足の裏を怪我するかもしれない、事故を起こすかもしれないと考え出すと尽きません。 チンチラの事を考えるのであれば、外での散歩は控え、室内でおもいっきり遊ばせてあげましょう。 チンチラをお部屋で遊ばせる時には、電気コードやゴム製品、観葉植物等なんでも齧ってしまい、誤飲する可能性があります。 目を離さない様にしてください。 また、野菜や果物等の生のものは、与えすぎると下痢の原因になります。 どうしても与えるのであれば、乾燥した野菜や果物を少量に留めて与えましょう。 そして、とても良く懐きます。 警戒心が強い部分もありますが、信頼関係が出来ると素晴らしいパートナーになるでしょう。 夜行性の動物で、日が暮れてから行動を開始します。 木から木へ滑空するための飛膜を持ち、野生では50m程の距離を滑空する事もあります。 上下運動が出来る様なものを選んであげましょう。 また、ステージや止まり木、モモンガ用のハンモック等を付け、ケージ内の空間を有効に使いましょう。 あまり網目が大きいケージだと抜け出してしまいます。 十分に確認して準備してください。 エサ皿は、樹上性の生態に合わせて、木の枝に乗った状態で食事出来るタイプの物を使用するのがオススメです。 お椀形のお皿やプラスチック等の軽いお皿だと、お皿に体重がかかった時にひっくり返ってしまうので注意してください。 お水は給水ボトルを使用して与える様にしましょう。 ひっくり返されたり、毛や便が入ってしまうお皿に比べると衛生的です。 ケージの中にはしっかりと休める巣箱が必要です。 木の巣箱はリス用やインコ用も代用する事が出来ます。 巣箱の中には柔らかい牧草など、巣材を入れてあげましょう。 布製品のポーチも落ち着ける場所になります。 暗くて体を包んでくれる様な場所だと安心する様です。 ポーチを使用する際には注意が必要です。 布を齧っていないか、糸がほつれて爪が引っ掛かったりしないか頻繁にチェックしてください。 ホイールはあまりに小さい物だと走る際に背骨に負担がかかります。 モモンガ用の物を選んであげましょう。 ホイールを付けても走らない子も居ます。 そんな子は、ホイールに乗せてあげて少し回してあげる様にして、使い方を教えてあげるといいでしょう。 楽しさを覚えて走りだすと、とても良いストレス発散になります。 野生下では、昆虫や樹液、果物、花の蜜や花粉、クモやトカゲなどの小さな生き物等、色々な物を食べます。 フクロモモンガは食べ物の選り好みが特に多い動物です。 動物質・植物質をバランスよく与えてください。 1つの物を、よく食べるからといって与えすぎないように気を付けてください。 偏食で栄養が偏れば、フクロモモンガに良くみられる代謝性骨疾患の原因になります。 暑さ対策にはエアコン、寒さ対策にはペット用ヒーター等が必要です。 扇風機は風通しを良くするのには使えますが、汗をかかないモモンガにとっては、ただ風が送られてくるだけで涼しくはありません。 室温が高温にならない様に注意が必要です。 湿度も高い日本の夏は熱中症の危険性があります。 外の地面を歩くということは、ノミ・ダニの寄生、感染症の感染等、さまざまなリスクがあります。 ハーネス・リードを付けても器用なモモンガは抜け出したりします。 逃げ出したモモンガを捕獲する事は、とても困難です。 また、俊敏な動きをリードで制限するには危険が伴います。 モモンガの事を考えるのであれば、外での散歩は控え、室内でおもいっきり遊ばせてあげましょう。 お部屋で遊ばせる時には、電気コードやゴム製品、観葉植物等なんでも齧ってしまい、誤飲する可能性があります。 目を離さない様にしてください。 生の大豆も与えてはいけませんし、果物の種子にも与えてはいけない物があります。 十分に注意しましょう。 背中は針で覆われていますが、その下の顔はクリクリとした目を持つ愛らしい顔立ちです。 身の危険を感じた時等は体を丸め、針を逆立てて身を守ります。 慣れた子なら素手で抱っこする事も出来ます。 小さな声で鳴く事がありますが、近所迷惑になるような声ではありません。 寿命は5年から8年程。 快適なケージを用意してあげましょう。 ハリネズミの足は小さく、床が網だと足をとられてしまいます。 底網は取り外しましょう。 衣装ケースなどの石油化学商品はアレルギーの原因となる事があります。 注意が必要です。 床には床材を敷いてあげましょう。 ウッドチップ等を使用する際には、原料に注意が必要です。 スギやマツ等の針葉樹が原料の物は香りがいいのですが、アレルギー症状を引き起こしたり、体に悪影響与える場合があります。 ポプラ アスペン 等の広葉樹が原料の物を使用してください。 またペットシーツも掘り返したりして誤飲してしまうと、窒息してしまいます。 直接触れる箇所には使用しない様にしましょう。 紙のチップや小動物のトイレ砂等、床材として使えますが、一番安全なのは柔らかい牧草です。 エサ皿は、丈夫で清潔な物を選びましょう。 お椀形のお皿やプラスチック等の軽いお皿だと、お皿に体重がかかった時にひっくり返ってしまうので注意してください。 お水は給水ボトルを使用して与える様にしましょう。 ひっくり返されたり、床材や毛が入ってしまうお皿に比べると衛生的です。 ケージの中にはしっかりと休める巣箱が必要です。 木の巣箱はウサギ用やチンチラ用を代用する事が出来ます。 寝袋を好んで使用する子も居ます。 布製品を使用する際には布を齧っていないか、糸がほつれて爪が引っ掛かったりしないか頻繁にチェックしてください。 ホイールはあまりに小さい物だと走る際に背骨に負担がかかります。 ハリネズミ用の物を選んであげましょう。 ホイールを付けても走らない子も居ます。 そんな子は、ホイールに乗せてあげて少し回してあげる様にして、使い方を教えてあげるといいでしょう。 楽しさを覚えて走りだすと、運動量が非常に多いハリネズミには、とても良いストレス発散になります。 昆虫や小さな両生類、まれに鳥の卵や、柔らかい植物などを食べます。 野生下で極端に硬い物を食べている訳ではありません。 そのため、ドライフードなどの硬いフードは歯やアゴに負担がかかってしまいます。 専用のフードをふやかし、食べやすいウェットフードにしてあげましょう。 昆虫食なので、植物性の食べ物は不要だと思われてきましたが、最近の研究では、他の肉食動物よりも多くの繊維質が必要ではないかとされています。 そもそも昆虫等の動物質を食べるといっても、昆虫類の消化器官内容物 つまり植物 も食べているのです。 野菜や果物など、繊維質の含む物を少し与えてあげましょう。 ハリネズミは体のわりに大食漢なので、消化吸収を助けるために消化酵素を与えてあげましょう。 暑さ対策にはエアコン、寒さ対策にはペット用ヒーター等が必要です。 扇風機は風通しを良くするのには使えますが、汗をかかないハリネズミにとっては、ただ風が送られてくるだけで涼しくはありません。 室温が高温にならない様に注意が必要です。 湿度も高い日本の夏は熱中症の危険性があります。 外の地面を歩くということは、ノミ・ダニの寄生、感染症の感染等、さまざまなリスクがあります。 ハリネズミの事を考えるのであれば、外での散歩は控え、室内でおもいっきり遊ばせてあげましょう。 ハリネズミを遊ばせる時には、電気コードやゴム製品、観葉植物等を齧ってしまい、誤飲する可能性があります。 目を離さない様にしてください。 十分に注意しましょう。

次の