ごま うふふ。 ごま豆腐にイメージソングが誕生!おもわず笑顔になる「ごまうふふ」

ごまうふふ|うおっち|note

ごま うふふ

現在報告会の準備や動画の編集作業などを力を合わせて進めております。 遅ればせながらリターンの準備も進めており、発送準備が整いつつあります。 御礼の気持ちを込めて大切にお送りいたします。 もうしばらくお待ちくださいませ。 リターンによっては、ご連絡させていただき日程調整などをさせていただきたいと思います。 ご返信のほど宜しくお願い致します。 改めまして、クラウドファンディングへのご支援、本当にありがとうございました!! これからも頑張りますので、見守ってくださると幸いです!! 支援者:0人 お届け予定:2020年01月 このプロジェクトは、 All-In方式です。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の

電柱広告のキムラブログ

ごま うふふ

どうも、達也です。 皆さん ごまうふふ ってご存じですか? 新潟市江南区亀田にある、 石本商店さんで作られているゴマ豆腐です。 数年前に 大島史也さん【】がおじいさんの跡を継ぎ、 現在、「ごまうふふ」を製造しています。 僕が知ったのは昨年大島さんがクラウドファンディングをしていた頃。 (当時のことはをご覧ください) 今って結構クラウドファンディングしてる人っているじゃないですか。 でも僕の中のクラウドファンディングをしている人のイメージって、 「行動力のある人」「おもしろい人」っていうイメージがあって。 笑 「すごいなぁ」と思いながらTwitterを見ていたのですが、 この前初めて購入させていただきました! ビッグスワン近くのいくとぴあで売ってます! どうやら第1、第3月曜日は大島さんがキッチンカーで販売しているっぽい。 その他キッチンカーでの販売場所は。 僕は普通にキラキラマーケット内で買いました!!! ひとつ300円。 これは高いのでしょうか。 僕はそこまで気にならないですけど・・・ というのも、 僕も仕事上、どうしても価格競争になりがちです。 ネットプリントなども増え、手軽に格安で印刷ができます。 笑 うまく言葉にできませんが、 Twitterを見たりしているだけでも、 大島さんが作るゴマ豆腐が300円のことに納得できます。 人柄もありますよね。 大島さんもnoteに の記事をあげています。 しかも 味もめちゃくちゃ美味しいんですよ! 人生で食べたゴマ豆腐の中で一番うまい。 ペロっと食べて、「もっと買えばよかった」と後悔・・・笑 葛粉・白胡麻・砂糖のシンプルな材料で作られる優しい甘さのスイーツ 胡麻に含まれるタンパク質や鉄・カルシウム・食物繊維・ビタミンEなど、 美容と健康をサポートする豊富な栄養を気軽に摂取可能。 低カロリーなので、ダイエット中のおやつにもおすすめです。 とのこと!!! こんなおいしくて身体にもいいんだ・・・ 皆さんも是非食べてみてください!!! 僕が新規訪問チームになって、 初めて 会いたい人ができました。 仕事が欲しいとかじゃなくて、 シンプルにお会いしてみたい。 せっかく新規チームにいるんだから、 会いたい人に会えるように努力したいと思います。 カレー屋さんも始めるようなので、 絶対食べに行きます!!! ps. 3食ごまうふふでいい。

次の

優しい甘さで笑顔があふれる「ごまうふふ」

ごま うふふ

1993年2月21日生まれの現在25歳。 大学卒業後、東京で就職しましたがじいちゃんのごまどうふ屋を継ぐため3ヶ月で退職し新潟へ帰省しました。 その"じいちゃんのごまどうふ"はお世辞抜きに本当に美味しいんです。 こんな美味しいごまどうふがあるってみんなに知ってほしいし食べて欲しい。 じいちゃんは1人で半世紀近くその味を守ってきました。 じいちゃんが辞めちゃったら誰も作れなくなる。 なら僕が受け継ぎその味を守りたい。 そんな想いで継ぎました。 僕の世界一大好きなごまどうふです。 それを皆さんに届けるためのクラウドファンディングに挑戦しています。 【実現したいこと】 キッチンカー 移動販売車 を作りたい! 日々の配達やイベント出店、時にはキッチンカーを走らせ、今まで届けられなかった方々に、じいちゃんから受け継いだ味を届けたい! 【キッチンカーを作りたい理由】 1. 日々の配達業務 新潟という土地柄車は最高の広告です。 走れば走るだけみなさんの目に留まります。 イベント出店 今でも毎月数回どこかしらのイベントに出店させていただいています。 キッチンカーで出店出来れば、その場で気軽に食べてもらえるなど、より身近に感じてもらえるんじゃないか考えています。 お店の前に置いてもサマになる おばあちゃんの金物屋で、僕の作るごまどうふを販売しています。 しかしお店の前に車を置かざるを得ない状況で、「お店の入り口にフタ」をしちゃってます。 その車がキッチンカーになれば、フタからディスプレイに変身し、おばあちゃんの金物屋さんにお客さんが入りやすくなります! 【資金の使い道】 「目標金額は1,000,000円です!」 車体購入費用見積額600,000円(下取り費込み) キッチンカー仕様DIY費用300,000円(発電機、冷蔵庫が高い・・・) シルクハット手数料を足すと約1,000,000円になります。 【こんな方に支援していただいています】 新潟でごまどうふを作ってる小さな商店ですが、そのごまどうふは絶品です。 僕も子供の頃からおやつに食べていました。 絶対子供たちも喜ぶ味です。 親子で食べてほしいし、3世代で食べてくれたらもっと嬉しい。 ただただ食べてみたい方、手作りの体験をしてみたい方、僕の想いに共感してくれる方、番組を観て面白がってくれる方、日本の食や地域で根付いた商品を大切に思う方。 応援してくださる方が少しずつ少しずつ増えてきています。 本当にありがとうございます。 【最後に】 ごまどうふなんてあまり好んで食べない、食べる機会がそもそもない、そんな声を多く頂いてきました。 しかし、そんな声を覆すだけの自信があります。 本当に美味しいごまどうふをじいちゃんから受け継ぎました。 だから届けたいです。 もっと身近に感じてもらいたいです。 可愛いキッチンカーを走らせ地域の皆さんに愛されるごまどうふ屋を目指しています。 そこに繋がる本当に貴重な機会を頂きました。 ニシノコンサルに出れたことで今までお伝えできなかった方々に知ってもらう事が出来ました。 そして僕自身も新しいことへの挑戦にワクワクしています!まだまだやらなきゃいけない事が山積みですが、1つ1つ進んでいきます。 いろんな方々のアドバイスを受けながら成長し続けるこのプロジェクトをどうか温かく見守っていてくださると幸いです。 ここまでお読みいただき本当にありがとうございます! クラウドファンディングに挑戦するキッカケをくださった、キングコング西野亮廣さん、SHOWROOM前田裕二さん、AbemaTV「株式会社ニシノコンサル」のスタッフの皆様本当にありがとうございます。

次の