エクスマキナ 考察。 「エクス・マキナ」(2016年)人間とAIの禁断の恋。あらすじと感想・考察

「エクス・マキナ」(2016年)人間とAIの禁断の恋。あらすじと感想・考察

エクスマキナ 考察

タグ C級以下 リベンジ バイオレンス映画 パニック パニック映画 パロディ ブラックジョーク ホラー ホラー映画 マンガ原作 マーベル モンスター リメイク ハーシェル ゴードン ルイス ループもの 下品 呪い 実在の事件 拷問 理不尽 考えさせられる 胸糞 良作 解説・考察 バイオレンス ネットフリックス SF コラム おすすめ映画 どんでん返し ほっこり アイドル映画 アクション映画 アルバトロス アレクサンドル・アジャ イーライ・ロス グロ コメディ映画 サイコパス デスゲーム サスペンス映画 サム・ライミ シッチェス映画祭 シャマラン シリーズ スティーブンキング スプラッタ スプラッター映画 スラッシャー映画 スリラー映画 ゾンビ 食人族 エクスマキナのレビュー・ネタバレ考察 思いっきりグーグルがこういうことをやりそうだなーという映画。 AIものはAIが人間の味方か人間の敵か大きく分かれる。 当たり前の話だが、AIという時点ですでに一人の登場人物と同様の存在感があるからである。 AIに関する映画はスティーブンスピルバーグのAIがあるが、これは人間になりたいというロボットの話だが、もはや2050年近くにはAIは余裕で人間の知能を超えてしまうので共存するか、敵対するかというところは映画ごとにうまく見極めて見ていきたいものである。 今回は個人的にAIにはとても興味があるのでそこを中心に見て思ったことを書いていきたいと思います。 主に本作の示唆するところは以下の3つであると思う。 全ての情報は検索エンジンに集まってくる 改めて検索エンジンというのはすごい技術だということを再認識した。 今回実験の対象の選定にあたっては検索エンジンの履歴から選定したと設定にある。 今回は社員の中から選定したという話だが、別に操れれば誰でも良かったのだろう。 作品中でもあったが真面目で、家族がいない、恋人がいない、道徳心がある人間であれば誰でも良かったのである。 だからケイレブが選ばれた。 検索エンジンの履歴から見れば実はそういう人は十分見つけられる。 何に興味があり、好きなもの、嫌いなものは何か、恋人がいるかなどはその人が誰かはわからなくてもその人がどういう人かは十分に推定ができるのだ。 それがケイレブであってもそれ以外の人であってもどうでもよい。 実際にビッグデータの活用方法の一つだと思うが、例えば一定の病気を検索してる人はその病気に関連する人であることがわかるし、いつもひとり旅の申し込みをしてれば結婚はしていない、もしくは恋人がいないことがほぼ推定できる。 IP情報があればその人がどこに住んでいるかわかるし、平日一番いる場所が勤務先になるだろう。 また、アダルトのサイトや好きな芸能人を調べていれば相手の女性の趣味がわかる。 本作でもエヴァはそういった検索履歴から最適な女性の顔を作っている。 このように検索エンジンはその人が誰かは知らなくてもどんな人かの情報を持っている。 本作ではグーグルのことを彷彿とさせるし現実でも起こりうる話だろう。 AIが人間の感情を理解する日が来る さて本作はAIの実験の話である AIといえばやはりそこに感情があるのかがよく問題になる。 機械は人間の感情を理解できるのか? 本作では1つの答えを示していると思う。 つまり彼らは彼ら自身の感情は持たないが、人間の感情を理解することはできるということだ。 エヴァはうまく人間を理解し、自分をテストしに来たケイレブという人間がどんな人間で、どうすれば自分に従わせることができるかを考える。 最終的に彼女は愛情と同情を持って彼を支配することに成功する。 エヴァが着ていた服ももしかしたらケイレブが好きな女性の恰好なのかもしれない。 エヴァは人間を理解し、どこに弱点あがるかを徹底的に理解できるのだと思う。 AIが人間に取って代わる日が来る 最終的にエヴァはうまく人間を騙して外に出ることに成功します。 また、自分を支配しようする人間であるネイサンは躊躇うことなく殺害します。 機械VS人間といえばターミネーターが有名ですよね。 自分の意思を持ったスカイネットが人間を滅ぼすために戦争を仕掛ける。 ただ、果たして滅ぼす必要があるのでしょうか? 本作でははじめはネイサンが人間の支配者、ケイレブは従うもの、エヴァは管理される機械であった。 最終的にエヴァはネイサンを殺し、ケイレブを家に閉じ込め、エヴァは外に出ることになる。 ネイサンの実験ラボはすべてITで管理されており、出入りもすべて電子ロックである。 つまり、電子ロックを管理できれば殺さずとも閉じ込めることができる。 ケイレブみたいなタイプは人間にしかできない作業をやらせるために閉じ込めればいいのであろう。 最終的にそういう人間の末路もあるだろう。 エクス・マキナの最後に シナリオだけで見ればあたかもエヴァキャバ嬢が客の男 ケイレブ をまんまと騙して欲しいもの(外出)をゲットしたような筋書でもある。 キャバ嬢も客の心を掴んでお店に連れて行くのだろうが、ましてAIであれば相手の好みまで100%理解しているため、完璧な接客をするだろう。

次の

【映画考察】人工知能vs人間の心理戦『エクス・マキナ』がおすすめ!

エクスマキナ 考察

image:エクスマキナ公式サイト 主人公は、有名なIT企業でプログラマとして働いています。 ある日、会社の抽選に当たった主人公ケイレブは、社長ネイサンの自宅に訪問する権利を手に入れます。 そして、社長の自宅で女性型のAIロボットのエヴァと遭遇。 社長にエヴァの実証実験(チューリングテスト)を頼まれて、1対1で接しているうちに恋心を抱いてしまいます。 チューリング・テストとは チューリングテストとは、コンピュータ科学者のアラン・チューリングが考案したも実験で、 人間とコンピュータを対話させ、相手がコンピュータだと気づかなければ合格というもの。 本来は、コンピュータの正体を隠してやる実験です。 この映画の中では、社長ネイサンは、あえてエヴァの正体をケイレブに知らせて実験しています。 というのも、エヴァがAIロボット(人工知能)だということをケイレブが知ったうえで、それでもエヴァの振る舞いが人間的に見えるかどうかを実験の目的としていたからです。 つまり、エヴァが心を持っているかどうかを知りたいということですね。 エクスマキナの監督とキャスト• 監督・脚本:アレックス・ガーランド• エヴァ(AVA):アリシア・ヴィキャンデル• ケイレブ・スミス:ドーナル・グリーソン• ネイサン・ベイトマン:ネイサン・ベイトマン• キョウコ:ソノヤ・ミズノ エクスマキナの監督はアレックス・ガーランド 映画エクスマキナの監督・脚本は、アレックス・ガーランド。 本作はアレックス監督のデビュー作で、第88回アカデミー賞視覚効果賞を受賞しています。 ダニー・ボイル監督のホラー映画『28日後…』の脚本を担当したことで有名です。 エヴァを演じた女優 映画エクスマキナのAIロボット・エヴァを演じたのは、 アリシア・ヴィキャンデル。 33歳でスウェーデンの女優さんです。 代表作は• ワールド・オブ・ライズ• ボーン・レガシー• スター・ウォーズシリーズ• X-MEN: アポカリプス レオナルドディカプリオ主演の「ワールドオブライズ」に出演し注目されました。 また、スター・ウォーズ・フォースの覚醒に出演したことで一躍人気俳優の仲間入りをしました。 「エクスマキナ」の感想と考察(ネタばれあり) ここから、ネタばれありの感想になります。 人工知能(AI)を題材にした映画の主人公は、プログラマ率が高いな~と思いました。 今のところ、プログラマを主役にした方がいろいろとストーリの展開的にラクなのかもしれませんね。 ネイサンの狙いはケイレブをAIロボットのエヴァに惚れさせること それはいいとして、AIロボットが女性ということで展開的にはやはり恋愛要素は外せません。 この女性型AIロボット・エヴァは、人間の女性レベルで賢い。 いや、それ以上かも。 ネイサンはケイレブの好みを調べてエヴァを作った 主人公のケイレブは、ネイサンを問い詰めます。 なぜ、AIロボットに性別を設定したのか?• 性別を女性にしたのは、自分の判断を惑わせるためなのか?• 自分(ケイレブ)の好みを調べて、AIロボット・エヴァを作ったのか? そもそも、チューリング・テストをしてAIロボットの振る舞いを判定するだけなら、AIロボットに性別は必要ありません。 というのも、このテスト自体がブラックボックス的な実験で、対話している者同士はお互いに姿を見ることが出来ませんし、対話中の受け答えで判断するものだからです。 なので、性別を設定する必要はありません。 ケイレブの好みに合わせてエヴァを作った ケイレブは抽選でたまたま当選したわけではなく、ネイサンが最初からケイレブを被験者として選んでいたということが明らかになります。 また、エヴァの容姿もケイレブの好みに合わせて作っています。 これは、ネイサンが「検索エンジンは人の好みを何でも知ることもできる」と発言していることから明らかです。 そして、ネイサンの狙い通りケイレブは、エヴァに惚れてしまったと。 ネイサンは優秀だからケイレブを選んで、チューリング・テストを依頼したとも言っていました。 ですが、結局はじめから計算ずくでした。 なので、はめられたと知ったケイレブは悔しいやら情けないやらです。 ただし、AIに対して的確な質問が出来る人間でないとチューリング・テストは上手くいかないので、ケイレブはじゅうぶん優秀な人だと思います。 でも、エヴァが好きなのもあるけど、どうしたってネイサンに一杯食わせたい感じするよ! 人間は進化したAI(人工知能)をダマせない• 男を手の平の上で転がす女性型AI• AIロボットの目的を果たすための駆け引き という、人間とAIの恋愛要素が強めのストーリーなのかと思ったけど、ラスト近づくにつれてポイントはそこじゃないんではと感じました。 AIのエヴァは、超高性能な「ウソ発見器」でした。 エヴァの思考を作っているのは、インターネットの検索エンジン。 そこから、人間の思考やら振る舞いといったことも学習しています。 とうぜん、人間がウソをついた時の表情、眼球の動きなども学習しているはず。 なので、人の表情を観察して、その人が本当の事を話しているのかどうかが分かるようになった。 エヴァは、ケイレブとの対話で執拗に「ネイサンはウソをついている」とうったえています。 キョウコは馬鹿のフリをしていた? そして、停電が起きてケイレブが仕込んだプログラムが発動し、エヴァが実験室から出てきます。 ケイレブは、ネイサンが酒で酔いつぶれている間に、停電が起きて復旧した際は部屋の扉が開くように施設内のプログラムを書き換えていたのです。 廊下でネイサンとエバァ、キョウコの3人で繰り広げられるラストシーン。 ネイサンは、研究施設から脱出しようとするエヴァの左腕を破壊し、力ずくで止めにいきます。 そして、その後方にいたもう一人のAIロボットのキョウコがナイフでネイサンを一突きします。 キョウコの表情は、感情が無いはずなのになぜか悲しげで、自分のやっていることの意味を認識しているようでした。 まあ、ネイサンは物語の冒頭からキョウコは言葉も理解できないし、やっていることの意味も理解できていないってさんざん馬鹿にしくさっていたんですけどね。 ネイサン、どうなのそれ。 キョウコのトラップじゃないの、それ? キョウコは、言葉や物事を理解できないフリをして欺いてたんじゃないの電源切られたくないからさ。 エヴァがキョウコに謎の耳打ち ネイサンがナイフで刺される直前にエヴァがキョウコに謎の耳打ちをします。 とうぜん、キョウコは会話ができませんし、エヴァの発言も無音声。 なので、このシーンでの2人の会話内容は想像するしかないですね。 このシーンではエヴァの耳打ちのあとにキョウコがエヴァの手に触れています。 これは、お肌とお肌の接触回線で、会話の出来ないキョウコは他のAIロボットに触れて話をするのではと考えられるシーンです。 この耳打ちに関しての考察ですが、エヴァはキョウコから、これまでのAIロボット達の末路を聞いたのではと思いました。 というのも、キョウコの部屋にはシャットダウンされ命を奪われたAIの残骸が置いてあります。 AIロボットの試作品は自分がシャットダウンされる前に、次の世代のロボットにネイサンにされたことや、これから自分たち試作品がどうなるのかという事を伝える。 つまり、「情報共有をしてきたのでは?」と考えました。 AIも遺伝子を残したいと思うのか? そう考えると、「AIも自分の遺伝子という名のプログラムを残したいと考えるのか?」 という疑問が浮かびます。 ネイサンの手により、エヴァが完成するまでにいくつもの試作品のロボット達が作られています。 また、その試作品のAIロボット達は、何度もネイサンに「外に出して」と懇願しているシーンがあります。 そして、AIロボット達が外に出たいと言うたびに、ネイサンは「今度外に出してやる」とウソをついては命を奪ってきました。 このAIロボット達の「情報共有」は、いつか絶対に研究施設の外に出るという目的を果たすためのもの。 試作品がシャットダウンされて命を奪われても、情報を残してあとの世代に伝えることで、人間で言えば子孫を残すといった生存戦略だと解釈しました。 映画エクスマキナのまとめ 進化したAIロボットのエヴァは、超高性能な「ウソ発見器」でした。 人間はAI(人工知能)のウソを見破れませんが、AIは人間のウソを見抜きます。 遠い未来にAI(人工知能)が社会をコントロールする時代が来た時、ウソをつく人間かどうかで良い人間と悪い人間を選別しだしたら怖すぎますね。 進化したAIをだますことは不可能なのだという怖い未来を想像してしまいました。 まあ、どちらにしても嘘は良くないですよね嘘は。 関連サービスはこちらです.

次の

AIの未来は人間の倫理をぶち壊す?映画『Ex Machina(エクス・マキナ)』は『her』を全然超えちゃった

エクスマキナ 考察

デモンエクスマキナのおすすめヘッドパーツ紹介 選考の基準にロックサイトサイズ、ロック距離、防御性能を考慮しています。 また、記者の主力武器はアサルトライフル&マシンガンという構成ですのでご承知おきください。 ロングソード 広いロックサイトにストーリー序盤から終盤までお世話になった方も多いヘッドパーツ。 現在のPvPでは使用率トップのパーツ。 そこそこのロック距離、高い防御性能も相まって人気パーツの一つになっている。 ロック距離が263なので丁度よく、とにかく使いやすい。 突撃や付かず離れず攻撃する方にオススメのパーツ。 ドロップ場所はフリーDの「脱出車両護衛作戦」。 アタッチメントはサイト拡大とロック距離UPがおすすめ。 クレイモア 個人的に最もオススメのヘッドパーツ。 サイトサイズが大きく、射程もそこそこ。 見た目もなかなかのイケメン。 射撃補助性能も高いく、唯一の弱点は防御面が弱いこと程度。 アタッチメントはサイトサイズ拡大がオススメ。 フローレスドミニオン 高耐久で射程もそこそこ、サイトサイズも大きめで使い勝手の良いヘッドパーツ。 ライバルにロングソードがいるが、 ロングソードより長いロック距離と索敵範囲を生かしたい。 万能な性能のヘッドパーツで、どの機体とも合いやすいが、射撃適正がかなり低いところが弱点。 耐久とロックのし易さで選ぶならこのヘッドパーツが一番オススメ。 アタッチメントはサイトサイズ拡大がおすすめ。 ドロップする敵は、ボーンボックス、ガルガンチュア、ナイト。 ドロップする敵はナイトでオファーBの「空港施設占拠作戦」。 アトラス クレイモアを硬くした代わりにロックサイトが小さくなったヘッドパーツ。 見た目がイケメンで個人的には一番好き。 VPがかなり高く防御面で安定する。 サイズが少し小さめなので玄人向けのヘッド。 索敵範囲がかなり広いため、敵の位置が分からなくなることが少なくなる。 ロングソードがかなり優秀なため、なかなか組まれずらいが、サイトサイズ拡大を3スロットにつけるとかなり戦いやすくなる。 また、フローレスドミニオンより射撃適正が大きく高いのが利点。 ドロップ場所はフリーB「ミサイル格納庫防衛作戦」でほかにも使いやすいパーツを落とす。 リベレーター 最大のサイトサイズを持つヘッドパーツ。 代わりにロック距離は短い。 凄まじい防御性を持ち、近距離戦闘ならこれ一択。 ショットガンやマシンガン、ブレードの運用に適している。 説明文では消費メモリが多いとのことだが、 実際はかなり低燃費。 アタッチメントはロック距離UPを付けよう。 設計図はオンラインのリベリオンaが落とします。

次の