ひき肉 丼。 ナスとひき肉のそぼろ丼。ぶっかけそうめんや春巻きの具にも

簡単そぼろ親子丼のレシピ/作り方:白ごはん.com

ひき肉 丼

なので、鍋にひき肉を入れて、Aの調味料をすべて合わせます。 箸で調味料とひき肉をしっかり混ぜ合わせてから火にかけます。 火をかけている間も箸4本くらいを手にもって動かしながら火を通します。 鶏肉に火が通れば火を弱め、 アルコールを飛ばすために1〜2分ほど火を通します。 それから火を止め、5〜6分そのまま味をなじませます(すぐに卵でとじるよりも鶏肉に味がしみ、美味しくなります!)• さっと煮るだけではアルコールが少し残るので、鶏肉に火が通ってからも少し煮るとよいです。 全部入れたら、卵がまわりから固まってくるので、かたまったものを箸でやさしく中央によせて火を止めます。 すぐに蓋をして2分ほど蒸らして卵に火を通します。 2分蒸らしている間にご飯を丼ぶりによそいます。 蓋を開けると大きな白身くらいは少し生っぽいかもしれません。 私はそのくらいも好きなのですぐに丼によそって、刻みねぎをちらします。 好みで一味唐辛子をふっても美味しいです!•

次の

チンゲン菜とひき肉の人気レシピ!炒め・和え物・丼・スープ!作り置きも

ひき肉 丼

【材料】• 卵 6個• 塩コショウ 少々• ひき肉 合いびき肉 150g• ピーマン 2個• 酒 大さじ1• 醤油 大さじ1• サラダ油 適量• バター 適量 【レシピ】• フライパンにサラダ油をひき、粗みじん切りにした玉ねぎとピーマンを炒めます。 野菜に油が回ったらひき肉を加えて炒めます。 ひき肉の色が変わったら、酒、醤油、砂糖を加えて水分がなくなるまで炒めます。 バターを加えて溶き卵を流し入れます。 混ぜながら加熱して半熟にし、具材を卵で包みます。 フライパンごとひっくり返してお皿に盛り付ければ出来上がりです。 【材料】• ひき肉 合いびき肉 160g• すりおろしにんにく 1片• カレールー 2かけ• ウスターソース 小さじ1• 砂糖 小さじ1• 塩コショウ 少々• バター 10グラム• ご飯 400g• 卵 2個 【レシピ】• 耐熱容器にみじん切りにした玉ねぎ、ひき肉、トマト缶、すりおろしにんにく、砂糖、ウスターソース、塩コショウを入れてよく混ぜます。 カレールーとバターを加えてふんわりとラップをかけ、600wの電子レンジで12分程度加熱します。 加熱が終わればスプーンでよく混ぜてルーを完全に溶かします。 お皿にご飯とキーマカレーを盛り、真ん中を窪ませて卵黄を乗せれば出来上がりです。 【材料】• ご飯 茶碗2杯• サラダ油 適量 ハンバーグ• ひき肉 合いびき肉 200g• 塩コショウ 少々• パン粉 大さじ4• 卵 1個• 牛乳 大さじ2• 小麦粉 大さじ1 グレイビーソース• 顆粒コンソメ 小さじ1• 小麦粉 大さじ1• バター 15g• 醤油 小さじ1• 塩コショウ 少々 トッピング• 卵 2個• レタス 適量• ミニトマト 適量 【レシピ】• ボウルにひき肉と塩コショウを入れて粘りが出るまで混ぜます。 みじん切りにした玉ねぎ、パン粉、卵、牛乳、小麦粉を加えてよく混ぜます。 タネを小判型に成形し、サラダ油をひいたフライパンで両面を焼きます。 ひき肉に火が通ったら取り出し、肉汁に顆粒コンソメを加えてよく混ぜて容器に移しておきます。 フライパンの汚れをキッチンペーパーで拭き取り、小麦粉とバターを入れて弱火で加熱しながらよく混ぜます。 薄く色づいてきたら5の肉汁を少しずつ加えながら混ぜ、醤油と塩コショウで味を調えます。 器にご飯を盛り、野菜、ハンバーグ、目玉焼きをトッピングしたら7のソースをかけて出来上がりです。 【材料】• 豚ひき肉 100g• ニラ 2本• ごま油 大さじ1• 卵 1個• ラー油 お好みの量• 醤油 大さじ1• 砂糖 小さじ2• みりん 大さじ1• フライパンにごま油をひき、みじん切りにした玉ねぎをしんなりするまで炒めます。 豚ひき肉を加え、ほぐしながら火を通します。 すりおろしにんにく、醤油、砂糖、みりん、酒、甜麵醬を入れて全体になじませながら炒め、汁気がなくなったら3cm幅に切ったニラを入れてさっと炒めます。 器に盛ったご飯の上に3の具材を乗せ、卵黄をトッピングしてラー油をかければ出来上がりです。 【材料】• ご飯 茶碗1杯 (鶏そぼろ• 鶏ひき肉 700g• 醤油 大さじ4• みりん 大さじ4• 酒 大さじ2• 三温糖 大さじ2• あご出汁 4倍濃縮 大さじ1• すりおろし生姜 少々 (炒り卵)• 卵 8個• あご出汁 4倍濃縮 大さじ1• 三温糖 大さじ1 【レシピ】• フライパンに鶏ひき肉、醤油、みりん、酒、三温糖、あご出汁、すりおろし生姜を入れて混ぜてから加熱して水分を飛ばします。 ボウルに卵、あご出汁、三温糖を入れてよく混ぜ、加熱した別のフライパンに流しこみます。 菜箸で混ぜながら中火にかけ、卵が固まってきたら火を弱めてパラパラになるまで炒めます。 丼にご飯を盛り、鶏そぼろと炒り卵を乗せれば出来上がりです。 【材料】• 鶏ひき肉 150g• 砂糖 大さじ1• 醤油 大さじ1• 酒 大さじ2• すりおろし生姜 10g• 卵 2個• みりん 大さじ1• 塩 少々• 野沢菜の漬物 適量• 白ごま 少々• ご飯 150g• 焼き海苔 適量 【レシピ】• 鍋に鶏ひき肉、砂糖、醤油、酒、すりおろし生姜を入れてよく混ぜます。 火にかけて混ぜながら加熱し、水分が飛んだら別の容器に移しておきます。 フライパンに卵、みりん、塩を入れて混ぜながら加熱し、パラパラになったら別の容器に移しておきます。 焼き海苔に塩をふり、ご飯を乗せて薄く広げます。 鶏そぼろと炒り卵、刻んだ野沢菜の漬物、白ごまを彩りよく乗せ、上に薄くご飯を乗せて塩をふります。 焼き海苔の四方を中心に折り畳み、包丁で半分に切ったら出来上がりです。

次の

納豆丼に鶏肉をプラス!子どもスクスク鶏ひき納豆丼

ひき肉 丼

我が家だけでしょうか? 年長の娘は何でも自分でやりたい年頃。 納豆を食べるときはフタを開けるところからやりたがり、食べる前からすでに色々なところがベタベタに…。 でも納豆は栄養があるから食べさせたい。 ならば調理をして、丼として提供しようと思って作り始めたのが、この納豆丼です。 納豆には、 葉酸という栄養素が豊富に含まれます。 葉酸というと、 妊婦さんに必要な成分というイメージがあるかもしれませんが、葉酸は 正常な細胞を作るために欠かせない働きをしているため、 成長期のお子さんにも欠かせない成分になります。 そして葉酸は、それ単体ではスムーズに体内で活用されにくいという性質があります。 ビタミンB6や ビタミンB12といった成分と一緒にとると、体内で使われやすくなるのです。 このビタミンB6やビタミンB12を多く含む食べ物が、 お肉。 鶏肉には ビタミンB6が多く、豚肉や牛肉には ビタミンB12が多く含まれます。 なので私は、娘の健やかな成長を目指し、納豆と鶏ひき肉を炒めた納豆丼にしています。 お肉は豚ひき肉でも牛ひき肉でもいいのですが、納豆の素朴な味わいには、あまり主張しすぎない鶏肉が合うような気がして、もっぱら鶏ひき肉で。 2、フライパンにごま油を熱し、 1 と鶏ひき肉を炒める。 3、火を止め、納豆を入れてほぐし、醤油とみりんを入れて火をつけ、炒め合わせる。 4、器にごはんを盛り、 3 をのせ、お好みで七味唐辛子をかける。 もし作られる際は、栄養の組み合わせ的にはどれもおすすめなので、お好みのお肉でどうぞ。

次の