飛脚 メール 便 遅い。 飛脚メール便が届かない!?不安になったので問い合わせてみました

飛脚メール便が届かない!?不安になったので問い合わせてみました

飛脚 メール 便 遅い

2015年の4月からヤマト運輸のメール便サービスに変わってスタートしたクロネコDM便は、ヤマト運輸と契約した法人、団体、個人事業主向けにDMを含む販促物などを安価で送ることができるサービスです。 取扱い荷物の大きさは、3辺60cm以内、1kg以内です。 メリット:送料は、定価を設けず、契約する会社ごとに異なります。 上限は、メール便の時と同じ、164円です。 全国料金は統一なので、地域を気にせず、送ることができます。 また、直接事業所に荷物を持ち込むことも可能ですが集荷サービスもあります。 荷物の追跡サービスも付いているので、荷物の行方を追うことでき、安心です。 荷物は365日いつでも発送することができます。 デメリット:普通郵便に比べて、発送日数がかかります。 発送地から400km圏内は3日、 それ以外は4日になります。 遅延に関しての補償などはありません。 また、荷物の紛失や破損などの補償は、運賃の返金と大替品の無償運送までなので、大切なものは送ることができません。 また、発送日時や曜日指定ができず、郵便私書箱宛ての荷物も受けつけてもらえません。 日本郵便「ゆうメール」 郵便局で差し出すことができるゆうメールとは、3kgまでの冊子や印刷物、CDやDVDを、普通郵便の料金より安く送ることができるサービスです。 信書や印刷されていない、手書きの手紙などは送ることができません。 メリット:重量によって料金が分けられており、それぞれが全国一律の料金なため、荷物の重量さえわかっていれば、送り先の地域を考えずに差し出すことができます。 受領印を必要としないため、ポスト投函が可能なので、普通郵便のように気軽に出すことができるのもメリットです。 たくさんのゆうメールを送る場合には、個数に応じて特別運賃を利用することができるので、法人には、便利なサービスと言えるでしょう。 また、有料にはなりますが、ゆうメールには多くのオプションサービスがついています。 (速達、書留、発送証明、引受時刻証明、特定記録、本人限定受取、代金引換、配達日指定、着払いなど) 発送日数も他社のサービスと比べて短いので、速く届けたい場合に適しています。 また、転居や移転などの住所変更の最新情報が郵便局には集まるので、送り先の事情合わせて発送することができますので安心と信頼があります。 デメリット:追跡番号がつかないため、荷物の追跡をすることができません。 また信書を送ることもできません。 佐川急便「飛脚メール便」 雑誌やカタログなど、受領印を必要としない荷物をポストインで発送するサービス。 3辺の合計が70cm以内で重量は1kg以内であれば発送することが可能です。 1つの荷物から格安。 激安で送ることができます。 メリット:バーコードがついているため、貨物追跡をすることができます。 しかし、Web上で確認するシステムが導入されておらず、担当営業所に問い合わせる必要があります。 カタログ制作から印刷、加工、発送まで一括して佐川急便が請け負ってくれ、法人のお客様にとっては、魅力的なサービスになっています。 デメリット:現金での支払いができず、元払売掛のみのサービスです。 また、荷物追跡のバーコードがついているものの、Web上で確認ができないため、担当の営業所に確認する必要があります。 佐川急便「飛脚ゆうメール便」 預かった荷物をそのまま発送するのではなく、荷物を佐川急便が差出人になって、郵便局に差出し、郵便局がゆうメールとして配送するサービスです。 雑誌やカタログ、CDやDVDなどを扱うことができます。 縦34cm・横25cm・高さ3. 5cm、重量は3kg以内の荷物が対象になります。 メリット:郵便局の宛先の転居、移転などの最新情報が反映されるため、安心しておくることができます。 郵便局で差し出すゆうメールより、送料が格安です。 重さによって料金が決まっており、日本全国一律の料金になっています。 大量に発送する時には、料金割引を受けることができます。 デメリット:追跡番号がついていないため、発送状況を確認することができません。 荷物を郵便局に差し出してからの配送になるため、郵便法令に基づいた一般郵便物の発送日数より3日ほどプラスして時間がかかります。 そのため急ぎの発送には適していません。 内容物に対する補償がないので、信書や有価証券など再発行が不可能なものなどは、預かってもらえません。 差し出す際に内容物の確認が必要という、面倒な部分もあります。

次の

飛脚ゆうメール・・こんなのあり?

飛脚 メール 便 遅い

大切な荷物が今どこにあるか、あとどれくらいで到着するかって気になりませんか? 私もよくネットショッピングを利用するので、頼んだ荷物がいつ届くのかわくわくします。 その反面、早く来ないかなと荷物が今どのあたりにあるか気になってしまいます。 また、予想していた到着日数以上経っても届かないと何かあったか不安になってしまいませんか? 私は結構心配性なので、「まだ来ない…まだ来ない」と遅れると不安になります。 そんなときに便利なのが宅配便の追跡機能です。 今ではどの宅配業者でも取り入れている追跡機能ですが、使用したことはありますか? 使用経験がない、使い方が分からないって方…もったいないです!! 今回は国内の主力宅配業者の佐川急便の追跡機能についてご紹介します。 追跡機能を知って荷物を安心して待ちましょう!! 飛脚宅配便で発送された荷物は追跡可能! 商品を頼んだ際、配達途中の荷物の現在地を確認することができるのが追跡機能です。 最近では簡易な宅配便以外は追跡機能がついている配送方法が多いですよね。 日数が指定できる商品はその指定日に届くことが当たり前です。 でも、商品によっては日付を指定できないものもあります。 イベントなどの繁忙期に商品を頼むと日付指定できないことが良くあります。 そうなるといつ頃届くか分かりませんよね? たまたま外出しているときと被ってしまい再配達になり、手元に届くのに時間がまたかかってしまう…なんてことを避けたいですよね。 そんなとき追跡機能を使うことで今どこの営業所にあるのかが分かるので、あとどのくらいで到着するかの目安にもなりますよ。 荷物は手元に届くまで見えないので、確認手段があるのは本当にありがたいですよね。 予定も組みやすくなりますよ。 心配性の私にはとってもありがたい機能です! 荷物の現在地を確認して「よかった~今ここまで来てる」と安心しています。 それでは、そんな便利な追跡機能の使い方をご紹介します! 飛脚宅配便の追跡機能を使いこなそう• 送り状 伝票 の『お問い合わせ送り状NO. 』に記載されている数字を確認• 佐川急便の『お荷物問い合わせサービス』の入力ボックスに1の番号を入力する• 『お問い合わせ開始』のボタンを押す• 問い合わせ結果が表示されます 以上が荷物を追跡する簡単な流れです。 どうですか? とっても簡単ですよね! インターネットが苦手…という方も大丈夫なくらいとっても簡単なので使わない手はないですよ。 では、さらに細かく説明します。 画像有り! 追跡はこの流れでばっちり!! まずは、各荷物にふられる『お問い合わせ送り状NO. 』が分からなくては追跡はできません。 そのためには、送り状の控えを用意します。 配送する際に荷物に貼る配送伝票のことです。 お店などで配送を頼む際には、配送伝票に送り先の住所や自分の住所を記入しますよね。 そこから複写された配送伝票をお客様控えとして渡されます。 そこには、『お問い合わせ送り状NO. 』として番号がふってあります。 こちらの画像の赤い四角部分に記載されているナンバーがそうです。 引用: ネットショッピングなどで商品を購入した際は、すべてインターネット上のやり取りになるので配送伝票の控えはありません。 その代わり、発送されたら店舗からその通知のメールが届きます。 大抵の店舗はそのメールの本文に送り状ナンバーが記載してあるので安心してください。 私も、以前ネットショッピングで購入した際に店舗から送られてきたメールにもきちんと送り状ナンバーの記載がありました。 そちらでもしっかりと調べることができます! 次に、インターネットで『飛脚宅配便 追跡』と検索してください。 佐川急便の公式ホームページの『輸送状況を調べる』というページが表示されます。 そのページの一番下に『お荷物問い合わせサービス』というボタンがあるのでそちらを押してください。 そうしますと『お荷物問い合わせサービス』画面に遷移します。 私のネットショッピングの店舗からのメールには『お荷物問い合わせサービス』画面のURLが載っていました。 そちらからすぐに問い合わせ画面へ行くことができます。 様々なネットショップで買い物をするのでそれぞれの発送完了のメールを見てみました。 すると、ほとんどの店舗が運送会社、送り状のナンバー、荷物検索画面のURLが記載してあったのです! 今まで何気なく見ていましたが、ショップの対応の優しさがそこにはありました…! 引用: では、表示された『お荷物問い合わせサービス』画面を見てみましょう。 入力ボックスが複数ありますよね。 この入力ボックスに送り状ナンバーを入れましょう。 複数の荷物を確認したい場合はそれぞれの入力ボックスに入れるだけでOKです。 配送伝票から確認する際は間違えないように注意しながら入力を行いましょう。 ネットでの買い物の場合はスマートフォンやパソコンで送り状ナンバーをコピーして貼り付ければOKです。 私はほとんどこの方法でぺたっと貼り付けます。 間違える必要も手間もなし! 入力したら画面下の方の『お問い合わせ開始』ボタンを押しましょう。 これで待ちに待った荷物の追跡開始です! 追跡結果の画面では出荷日、集荷営業所、荷物の個数など詳細が記載されています。 その下には荷物の状況が細かく表示してありました。 とても細かく見やすく書いてあるので状況が分かりやすいです。 荷物の状況が自宅の近くの営業所で『配達中』になっていると荷物はあと少しで届くと予測もできます。 飛脚ラージサイズ宅配便も追跡可能! 佐川急便の追跡サービスは飛脚宅配便だけではありません! 大型の荷物でも届けることができる、飛脚ラージサイズ宅配便も追跡の対象です。 大型の荷物は高価なものもあるので、高価なものだからこそ届くまでが不安になるのは仕方のないことです。 引っ越しの際に家具もネットで買ったことのある私は、到着までドキドキしながら待っていました。 商品が届く楽しみといつ頃届くのかという不安で、何とも複雑な気分になったことを覚えています… 笑 また、大型の荷物は届くときの運び入れも準備が必要です。 日にち指定ができればそれに合わせて準備が可能ですが、商品によっては指定ができずに困ることがあります。 思いがけず早く到着して運び入れの時にもたもた…配達してくれた業者の前でそんな恥ずかしいことは避けたい! そんなときに追跡サービスを使えば大切な荷物が今どこかがきちんと把握できますし、届く日にちを把握することも可能です。 荷物の現在の状況が分からず不安になることもありませんし、到着に合わせて荷物が通りやすく部屋を片付ける準備もできます。 追跡の仕方は飛脚宅配便でのやり方と同じです。 荷物の問い合わせ画面で送り状ナンバーを入力すればOK。 飛脚ラージサイズ宅配便の送り状は飛脚宅配便と同じなので送り状ナンバーの位置も同じです。 これで大型荷物をそわそわしながら待つ日々とおさらばしましょう! 飛脚宅配便の意味は佐川急便の発送方法のことだった! そもそも飛脚宅配便とはどんな宅配便のことかご存知ですか? 私はこの名称を聞いたとき「飛脚宅配便? 特殊な宅配便のこと? 」と思っていました。 でも、実際は違いました。 飛脚宅配便とは、佐川急便の発送方法の名称です。 サイズや配送する場所で料金が設定される、いわゆる一般的な発送方法を佐川急便では飛脚宅配便といいます。 他の有名な宅配業者ですと、ヤマト運輸の宅急便、日本郵便のゆうパックに該当します。 各配送業者それぞれ発送方法に名称を付けて差別化していたんですね。 飛脚メール便は自分で追跡ができない!? 飛脚宅配便の追跡に並んで、飛脚メール便の追跡について疑問に思っている方が多かったのでお答えします! 飛脚メール便は残念ながら飛脚宅配便と同じ手段での追跡ができません。 そもそも飛脚メール便とは、受領印を必要としない荷物を安価な送料でポストに入れて届けます。 送料が安価であるがゆえ自分で追跡することができません。 残念ながら追跡システムに反映させるにもお金がかかるということですね…。 そんな飛脚メール便ですが、追跡する方法がひとつあります。 それは、荷物が遅延している場合に営業所に追跡してもらうという方法です。 佐川急便では飛脚メール便は、一部地域を除き3~4日ほどで届くとのことです。 しかし、実際の利用者の口コミを見たところ結構時間がかかって配達されるとのこと…。 いくら遅い配達とはいえ1週間過ぎても届かない場合は、最寄りの佐川急便の営業所に連絡しましょう。 そこで追跡をしてもらうことで荷物の現在地を調べてもらえます。 荷物が届かないときの最終手段でしか追跡をすることができないは残念ですね。 送料が安いので仕方のないことだと思いますが…。 追跡と早く届くことをあきらめて送料を安く抑えたい方は飛脚メール便を利用してみてはいかがでしょうか。 私は荷物が気になってしまうのであまり利用することはないかもしれません…。 まとめ• 飛脚宅配便の荷物は追跡可能! 佐川急便の『お荷物問い合わせサービス』から荷物の送り状ナンバーを入力することで追跡できる• 送り状ナンバーは配送伝票か、ネットショッピングの場合は店舗からのメールに記載されているので分かりやすい• 追跡結果には出荷日や集荷時間だけでなく、現在の荷物の状況が日時と担当営業所と一緒に確認ができる• 飛脚ラージサイズ宅配便も追跡可能• 飛脚宅配便とは佐川急便の発送方法のことだった• 飛脚メール便は遅延などのトラブル時以外では追跡ができない! しっかりと届けてくれると分かっていても、届くまで見えないのが荷物です。 そんな大切な荷物の現在の状況が分かる追跡機能はとっても便利ですよね。 荷物の追跡はスマートフォンでもパソコンでも確認ができますし、結果が出るまで時間もかかりません。 便利なので私はよく届くまで何回か追跡機能を使って確認してしまいます 笑 今まで、飛脚宅配便の追跡機能を使ったことが無いという方、是非活用してみてください!

次の

お届けについて/ご利用ガイド|アイリスプラザ│アイリスオーヤマ公式通販サイト

飛脚 メール 便 遅い

小型のDMでは利用できない ハガキや長3形などの小型のDMに頻繁に使われる形状のものは飛脚メール便では利用できません。 ただし、上述したような小型のDMを送付する場合、日本郵便のほうが確実に安価なので、そもそもハガキや小型の封筒を送るのに佐川急便を利用する必要もありません。 法人のみの取り扱い 飛脚メール便は個人では取引ができず、法人のみの取り扱いとなります。 そのため、個人事業主では登録ができないので注意が必要です。 荷受人は個人でも問題ないので、このサービスは法人専門でDMを送るために開発されたサービスということがわかります。 それでは次に、飛脚メール便の規格と料金について解説します。 規格と料金 飛脚メール便の規格規定については下記の表にまとめましたので参考にしてください。 規格規定• 最長辺が40cm以内であること• 厚さが2cm以内であること• 重量が1kg以内であること 最大規格例• また、規格に対する料金設定は一個の荷物に対する重量によって定められています。 そして、飛脚メール便の料金は全国一律となっています。 設定は下記の通りです。 料金 300g以下 168円 600g以下 220円 1kg以下 325円 しかし、あくまでも法人専門のサービスで、発送個数が多くなればなるほど、上記の金額から割引がきくようなので、個数が多い場合などは一度佐川急便へ連絡して問い合わせるのが良いでしょう。 そして、飛脚メール便では1kgまでしか取り扱えませんが、もし1kgを超えるDMを送付する場合は「飛脚ゆうメール便」という扱いになります。 この飛脚ゆうメール便は、日本郵便の「ゆうメール」としての扱いとなり、佐川急便がその発送手続きなどを代行するという方法です。 そのため、規格は飛脚メール便と若干異なり、日本郵便のゆうメールの規格となります。 以下がその規格規定です。 5cm以内• 重量3kg以内 そして、飛脚ゆうメール便の料金設定は全国一律で、下記の通りです。 料金 200g以下 115円 500g以下 168円 1kg以下 299円 2kg以下 330円 3kg以下 456円 ちなみに上記の金額は固定ですので、大量送付につき割引といったことはありません。 しかし、普通にゆうメールを利用するよりも佐川急便を通したほうが圧倒的に安いのでゆうメールを利用する際はかなりおすすめです。 また、飛脚ゆうメール便を利用する場合は封筒などの表面に「料金後納」「ゆうメール」の2つの文章の記載が必要なので注意してください。 差出人欄表記はなくても大丈夫です。 次に飛脚メール便に同梱可能なものなどについて解説します。 入れられるもの、入れられないもの 飛脚メール便では、基本的に、カタログ冊子や雑誌などの紙媒体のものを中心に入れることができます。 この場合、送れないものを知っておいたほうがDMを作成する際にも、送付する際にも注意しやすいかと思いますので、送付できないものを全て挙げておきます。 DM送付の際に参考にしてください。 入れられないもの• 信書、現金、小切手、再発行困難、および再生不可能なもの• 危険物(毒物や引火性、着火性、揮発性のあるもの)• 貨幣や有価証券など代替品がないもの• クレジットカード、キャッシュカードなどのカード類• 個人情報や高額品など 上記のようなものは飛脚メール便にも飛脚ゆうメール便にも入れることができません。 ただし、これらは基本的にどの運送会社のダイレクトメール用のサービスでも同様です。 また、飛脚メール便の保証限度額は運送料金相当なので、内容品の保証は出来ません。 高額なものを送付する際は十分注意しましょう。 しかし、DMを送る際に、そこまで高価なものを入れることも一般的にはありませんので、そこまで深く考える必要もないかと思いますが、あくまで予備知識として参考にしてください。 基本的には、小さめのカレンダーや、カタログ冊子、返信用封筒、アンケート用紙、申し込み用紙など、紙媒体のものが中心であれば入れられるということです。 一つだけ注意が必要なのは、「CD類などの電磁記録媒体」は飛脚メール便ではなく、飛脚ゆうメール便になるということです。 つまり、DMにこれらの媒体を入れて、佐川急便を利用するのであれば、飛脚ゆうメール便となります。 次に、配達方法や追跡番号、配達希望日時などについて解説します。 配達方法、追跡番号、配達希望日時などについて まず、集荷や送り状、配達方法などについて「配達の流れ」を通して解説します。 配達の流れ 飛脚メール便、および飛脚ゆうメール便はともに、法人のみの取り扱いであるので、佐川急便との契約が第一に必要です。 この契約は地域の担当ドライバーや店舗に問い合わせることで簡単に行うことができますが、受付から送付可能になるまで1週間程度かかるので注意が必要です。 その後はドライバーや店舗から送り状をもらって記載し、それを荷物に貼り付け送付という形になります。 ただし、DMですから大量に送付することが基本で、手書きで送り状を書く手間が煩わしいと思います。 そのため、飛脚メール便や飛脚ゆうメール便では、自社で使っている宛名ラベルなどをそのまま利用することもできます。 そうして出来上がった荷物をドライバーに連絡して集荷してもらうか、店舗に直接持って行って「飛脚メール便」もしくは「飛脚ゆうメール便」であることを伝えましょう。 また、飛脚メール便、飛脚ゆうメール便ともに、ポスト投函ですので、受領印などはもらえません。 そして、表札がない場合などは返却されます。 追跡番号や配達希望日時について まず、飛脚メール便には追跡番号があります。 ただし、これはネット上では検索できず、佐川の店舗へ直接問い合わせるまた、飛脚ゆうメール便には追跡番号はありません。 これは配送が日本郵便の管轄になるためです。 配達希望日時についてですが、基本が「ポスト投函」なので、希望はできません。 そして、土日祝の配達は「飛脚メール便」は365日休まず配達、お届けには一部地域を除いて3~4日程度かかります。 一方、飛脚ゆうメール便は、日本郵便の管轄となりますので、配達に5日程度、さらに日・祝は郵便局の配達はありません。 その間の営業がストップするので、たいていの場合1週間程度はかかります。 以上が佐川急便の飛脚メール便の特徴となります。 最後にこれらの特徴を図や表でまとめておきますので参考にしてください。 飛脚メール便の規格と料金 規格• 最長辺が40cm以内であること• 厚さが2cm以内であること• 重量が1kg以内であること 最大規格例• 信書、現金、小切手、再発行困難、および再生不可能なもの• 危険物(毒物や引火性、着火性、揮発性のあるもの)• 貨幣や有価証券など代替品がないもの• クレジットカード、キャッシュカードなどのカード類• 基本的に、飛脚メール便では「紙媒体」を中心にしたDMを送る際に利用すると良いでしょう。 配送・その他 詳細 配達方法 ポスト投函 追跡番号 有(直接店舗に問い合わせることでのみ可能) 配達指定日時 土・日・祝の配送可(ゆうメール便は土のみ配送可)時間指定不可 受領書 無 送り状 集荷時に必要(自社で扱う送り状のラベルでも問題なし) 個人事業主 不可 支払い 後納のみ 補足情報• 送り状は佐川の店舗やドライバーからもらえる• 受取人の住所に表札がない場合は送り返される可能性が高い• 法人のみの取り扱いで掛売しかできない• 飛脚メール便は3~4日程度で配送(土日祝含む、一部地域を除く)• 飛脚メール便はA4サイズ程度のカタログなどのDMを安く大量にお送付するのにとても便利です。 また、個数によっては割引されますし、荷物が少し大きい場合や、電磁記録媒体を入れる場合など、佐川急便を通してゆうメールを利用すると安くなるので大変便利です。 別記事で日本郵便、ヤマト運輸、西濃運輸の記事、それらのメリット・デメリット比較の記事も用意しております。 企業や店舗によって、送付するDMの種類や、大きさ、重さ、量が違いますので、飛脚メール便以外の記事もよくお読みになってベストな配送業者を探してください。

次の