魔トカゲ 弱い。 第1話

第1話

魔トカゲ 弱い

草陰からガサゴソと物音がする。 そこからひょこっと顔を出したのは小さなトカゲの頭。 トカゲは左右を見渡し、何もないことが分かるとゆっくりと進んでいく。 トカゲは進みながら辺りを見渡している。 それは獲物になるものを探しているのだが、どうやら見つからないようだ。 しかし、諦めることなくトカゲは進んでいくと、前方に何か見えた。 見えたものは10cmくらいの大きさのある、丸い水色のゼリーのようなもの。 それは、 所謂 ( いわゆる )スライムという魔物だ。 スライムは、魔物の中でも最弱といってもいいほど弱い魔物だが、全長——尻尾を含めても——20cmを少し超えたくらいしかないトカゲからしてみれば、スライムは巨大な生き物だ。 スライムを捕食しようと噛み付こうとしても、逆に捕らわれ餌食となるのが目に見えている。 だからか、トカゲはUターンし、その場から離れる。 スライムも、トカゲには興味がなかったのか、追うことはしてこなかった。 トカゲは、スライムから離れたはいいが、獲物となるものが見つからない。 時間が経ち、夕暮れに染まり始め、このまま食事にありつけないのかと諦めかけていた時、前方にキラリと光る物が目に入る。 トカゲは、その光っているものに近づいていく。 そこにあったのは、1cmほどの小さな魔石だった。 魔石とは、魔物の魔力が体内で結晶化したものだ。 魔石の大きさは、魔物によって異なり、強い魔物ほど大きく鮮やかな魔石となる。 しかし、ここにあるのは1cmほどで薄い青い色をした小さな魔石だ。 この大きさとなると、最弱と呼ばれるスライムの魔石だろう。 おそらくなんらかの理由で力尽きたスライムがいて、魔石だけが残ったと思われる。 トカゲは、その魔石をじっと見つめると、何を考えたのか口を開けパクッと咥えると、そのままゴクリと飲み込んでしまった。 魔石とは、先ほど述べたように、魔物の魔力の塊で、魔物以外が口にすれば毒でしかない。 そんなものを食べてただで済むはずがなく、しばらくするとトカゲは倒れてしまい全身が震え始めた。 どうやら、先ほど口にした魔石が溶け出し、トカゲの体を侵し始めたようだ。 このまま放っておけば、そう経たないうちにトカゲは命を落とす事になるだろう。 どれくらいの時間が経っただろうか。 トカゲは、口を開け舌がダランと垂れ下がり、時折ビクビクと痙攣していたのだが、それがなくなる。 命を落としたかのように見えたのだが、しばらくすると、トカゲは目を開き、開いていた口を閉じて立ち上がる。 トカゲは立ち上がると、フラフラとしていたが、足を前に出し歩き始める。 どこへ向かうのかと思ったのだが、近くにあった石と石の隙間に入り込むと、目を閉じ眠り始めた。 トカゲはそのまま目を開けることなく深い眠りに落ちていたのだが、体に大きな変化があった。 10cmほどしかなかった体が一回り、いや、二回りほど大きくなっていた。 おそらくだが、トカゲが取り込んだスライムの魔石が、成長を促し二回りも大きくなったのだろう。 トカゲが寝込んでから、数日経つとようやく目を開けた。 体が大きくなったトカゲは、石の隙間にピッタリとはまり込んでしまったのか、足を動かすもののなかなか抜け出すことができなかったが、懸命な足掻きによってどうにか抜け出すことができた。 今まで石の隙間にいたため分からなかったトカゲの体の大きさは、石から抜け出したことにより鮮明となり30cmは超える大きさとなっていた。 多分だが、ここら一帯では——トカゲとしてはだが——一番の大きさとなっただろう。 石から抜け出したトカゲは、体が大きくなったことなど全く気にもせず、歩き始める。 どうやら、お腹が空き獲物を探し始めたようだ。 獲物を探し始めてしばらくすると、前の時と違い簡単に見つけることができた。 見つけた獲物は、小さなアリだ。 トカゲは、見つけたアリへと近寄りパクリと食べてしまう。 しかし、1匹だけでは物足りないのか、近くにいた他のアリたちも次々に咥えては飲み込んでいく。 そして、近くにいたアリを全て平らげると、また歩き始める。 しばらく歩くと、今度はスライムが現れる。 このスライムは、以前見たスライムより小さい、とトカゲは思った。 実際は、以前見たスライムとあまり大きさは変わらず、ほんの僅かに——1mmか2mm程度——小さいくらいなのだが、それなのに小さく見えたのは、トカゲが大きくなったためなのだが、そのことに気づいていない。 トカゲは、しばらくじっとスライムを見つめていたかと思うと、いきなり走り出しスライムに噛み付く。 以前のトカゲならば、スライムに噛み付いても、僅かに噛み跡を残すことができたかどうか、という程度だっただろう。 だが、体が大きくなった今ならば、その程度では済まない。 トカゲは、スライムに噛み付くと、ブチッという音とともにスライムの体の一部を噛み千切った。 流石にこれにはたまらなかったのか、スライムは飛び跳ねてトカゲから距離を取る。 一方のトカゲはというと、噛みちぎったスライムの体を飲み込み、再びスライムめがけて走り出す。 スライムは、そんなトカゲを見て慌てて逃げ出したが、トカゲの方が速い。 二者の距離はどんどん縮まり、ある程度まで縮まるとトカゲは跳んでスライムに噛み付くことに成功する。 そうなれば、トカゲはまた、スライムの体を噛みちぎり飲み込む。 スライムは、食われた分の体積を減らし、体が小さくなってしまった。 その影響か、先程よりも動きが鈍り、移動速度が遅くなる。 そうなると、トカゲはスライムを追いかけるのが容易となり、簡単に追いつき食らっていく。 そして、スライムの体を半分近く食べるとトカゲは満足したのか、逃げるスライムを追わず、別の場所へと向かった。 向かった先は、木の根元にある隙間だ。 木の隙間は直径で50cm程はあり、トカゲが入っても余裕があった。 トカゲは、木の根元の隙間に入り込むと目を閉じて、深い眠りに落ちていった。 眠りについたトカゲは気づかなかったが、また、体が大きくなっていく。 以前と比べると、体の成長は僅かばかりではあるが、それでも1cm近く大きくなる。 体の成長が僅かだったのは、魔力の塊であった魔石ではなく、体の方を食べたためだろうか? それとも、他の理由があったのためだろうか? 理由ははっきりとはわからないが、僅かばかりではあるが体が大きくなったことは間違いない。 それと、以前と比べて違いがもう一つある。 以前は数日も寝込んでいたのだが、今回はまる1日と経たずにトカゲが目を覚ましたことだ。 目覚めたトカゲは、また腹を満たすために木の根元の隙間から這い出し、獲物を探し出す。

次の

ドッガフォーム (どっがふぉーむ)とは【ピクシブ百科事典】

魔トカゲ 弱い

真理刻印とは 真理刻印は、恒常クエスト(曜日クエスト)で入手可能であり、 ユニットに装備させることで各種ステータスをUPさせることができます。 刻印の装備は着脱可能なので、どちらかというとユニット自体を強化するというよりも刻印そのものを強化させるイメージになります。 尚、この真理刻印の機能を開放するには、ユニットLv150が必要です。 真理刻印の種類と基本ステータス ユニットに装備可能な枠が6箇所あるため、 刻印の種類も合計6種類あります。 刻印の種類に応じて、装備できる箇所と基本ステータスの種類が決められており、同じ刻印種でも基本ステータスの種類とパラメータ(初期値)が異なっています。 また、上表のように、初期値は刻印のレアリティごとにも異なります。 基本ステータスの変更 刻印入手時に抽選された 基本ステータスは、ゼニーや幻晶石を使用することで何度でも変更することが可能です。 基本ステータスの変更に必要な素材は、下表のようにレアリティによって変動します。 ユニットに装備できる刻印は6枠ですが、その6枠のうち 同じモチーフの刻印を必要個数装備することで、モチーフごとのセット効果が発動します。 例えば、強攻のモチーフによるセット効果を受けようとすると4個のセットが必要となり、堅牢であれば2個必要となります。 そうすると、強攻の刻印を嫉妬、怠惰、暴食、憤怒にセットし、堅牢の刻印を色欲、強欲にセットした場合は、上の画像のようなセット効果を受けることが可能です。 強化には、 「刻印強化石」とゼニーを使用することで強化することができます。 また、強化には成功率があり、強化に失敗することもあります。 強化成功率は、強化ボタンの下部に黄緑字で表示されています。 真理刻印の覚醒 刻印の強化レベルが3になると 「刻印錬金鉱」とゼニーを使用することで刻印を覚醒することができます。 武具でいうところの「進化」みたいなものですね。 刻印は最大3回まで覚醒が可能でき、覚醒をすると強化レベルが0に戻るため、再度、刻印の強化が可能です。 下表のとおり、刻印の種類によって決められた候補の中から覚醒ステータスが割り当てられます。 基本ステータスとは異なり、本機能は覚醒ステータスの種類自体も変更されるため、上昇値まで狙いをつけるのは非常に闇が深いのでオススメできません。 獲得可能な刻印強化石は、刻印の覚醒回数に比例します。 分解結果には「成功」「大成功」「超成功」があり、この結果によっても、刻印強化石を獲得できる量が増加します。 さらに、「超成功」の場合のみ、刻印の覚醒に必要な「刻印錬金鉱」を獲得することができます。 タガタメ4周年の生放送を見る限り、オート周回機能の対象として刻印クエストも考えられていそうな感じですし、時間の無駄にもなるかもしれないので様子を見ながら徐々に集めるのが良いのではないでしょうか。 また、刻印クエスト自体もEXまでリリースされていますが、今後EX極や地獄級などといったクエストが出てくる可能性も頭の片隅に入れておくといいかもしれません。 真理刻印の機能仕様については、やり込み要素として面白いとは思いますが、ゲームとしては少し複雑すぎる気がします。 (特に新規ユーザーにきつい) 運営は、セット効果的に刻印を育成しなおすような事になれば大きなクレームになるという考えで段階的リリースを避けたのかもしれませんが、もう少しどのユニットに何の刻印を付ければ良いか、直感的に分かるようにして欲しかった気がしますね。 ということで、そのあたりの混乱しがちな刻印選びについては、「」記事で紹介しています。

次の

ドッガフォーム (どっがふぉーむ)とは【ピクシブ百科事典】

魔トカゲ 弱い

ハンターとのチェイスや仲間の救助を率先して行い、チームを勝利へと導くことが主な役割となる。 衝突でハンターを突き放そう 野人が相棒に乗った状態で怒り値をためると、突進移動ができるようになる。 突進中にハンターにぶつかると、怒り値がなくなるか障害物にぶつかるまで ハンターを強制的に移動させることが可能だ。 野人の外在特質 パーク 野人の外在特質 野生の絆 相棒 イノシシ の状態を、好きなタイミングで切り替えられるようになる 【附随状態】 野人の移動速度が少し遅くなる。 相棒に雄叫びを上げさせ、10秒間ハンターのリッスン効果を打ち消すことができる。 【騎乗状態】 相棒の上に乗る。 解読や救助が行えないかわりに、ハンターとの距離に応じて相棒の怒り値をためられる。 怒り値に応じて、野人の移動速度が上昇する。 ただし90秒以上連続して騎乗することはできない。 チーム内にいる野人の数に応じて、連続して騎乗できる時間は短くなる。 怒り値が最大までたまると、衝突スキルが使用可能となる。 衝突スキルでハンターを他の障害物にぶつけた場合、クールタイムをリセットしつつ怒り値を大幅に回復する。 自然守護 相棒に騎乗している間は、相棒がハンタの攻撃から守ってくれる。 相棒のHPが0になると、相棒を使ったアクションは一定時間行えなくなる。 ハンターが相棒に騎乗中の野人を攻撃した際、硬直時間は発生しない。 野生の勘 相棒に騎乗している間は、一部の低い地形をまたいで渡ることができる。 ただし、地形をまたぐと3秒間のクールタイムが発生するので連続使用はできない。 騎乗中に残した足跡は、消滅までの時間が普段より2秒長くなる。 野人の立ち回り方 ハンターを妨害しよう 野人はハンターの妨害に特化した性能を持っているため、ただ暗号機を巡っているだけだと効率が悪い。 野人使う際はなるべくハンターの注意を自分へと向け、 仲間が解読を進めやすい状況を作ろう。 仲間が狙われていたら助けに行く もし仲間がハンターに狙われている場合、相棒に乗って助けに向かおう。 突進スキルを使って仲間を逃してあげれば、ハンターの注意を自分へと向けやすくなるぞ。 状況によっては解読を進めること 基本的にはハンターの注意を自分へと向けることが主な役割だが、相棒のクールタイム中などの間は解読を進めるようにしよう。 相棒に乗っていない間は野人の強さを活かせないため、仲間の足を引っ張ることになりやすい。 突進スキルは硬直後に当てること ハンターに突進スキルを当てる際は、ハンターの硬直モーションが終わった後に当てるようにすると確実だ。 板壊しや窓枠越え、仲間を風船に結ぶ際などに突進すれば、突進スキルを当てやすい。 そのため、終盤戦でハンターが「引き留める」を装備していても脱出できる可能性が高まるぞ。 解読終了後に1段階自動回復! 5つの暗号機が解読されると、 現在の状態から1段階状態が回復する。 ダウン状態であっても負傷状態として復活できるため、逃げられる可能性が高まるぞ。 チェイスが安定しやすい! 「寒気」を取得しているため、 36メートル内にいるハンターが近づいてくる方向が分かる。 逃げる方向を間違えにくくなるため、チェイスがさらに安定しやすい。

次の