おしり おでき 黒ずみ。 お尻の黒ずみケアのポイントは?

おしりのできもの~薬局で買える!おしりのケアグッズまとめ

おしり おでき 黒ずみ

この記事の目次• お尻にできる黒ずみの原因 気がつかない間にお尻が黒ずんでいた!もしかしてみんな黒ずみだらけなの?と思う方もいるかもしれませんがそんなことはありません!ちゃんとした原因があり、当てはまる人が黒くなっているのです! 刺激を受けすぎている 一番多い原因だといえるのが、座りっぱなしのためお尻に負担がかかっているという原因です。 例えばデスクワークでパソコンの前に座りっぱなしの人や、通勤時に自転車移動している人はどうしてもお尻にかかる負担が多くなってしまいます。 お尻が外部から刺激を受けると、肌が負けないようにメラニン色素をだして守ろうとします。 このメラニン色素が蓄積することで黒くみえてしまうのです。 仕事などの場合は毎日のお尻への刺激を避けづらいので、黒ずみができやすいといえます。 さらにお尻への刺激が継続的に続いているようであれば、体がお尻を守ろうと働くためにターンオーバーの周期を早めてしまいます。 それにより過角化が行われて、お尻がゴワゴワに硬くなったり黒ずんでしまうなどの現象が現れるのです。 下着のサイズが合っていない パンツのサイズが合っていなくて、お尻を締め付けていることが原因で黒ずみができている場合があります。 締め付けているためにお尻との間に摩擦が生じやすいため、お尻が刺激を受けやすくなっているためです。 摩擦によって発生してしまう黒ずみを「摩擦黒皮症」といいます。 摩擦が起きる事で皮膚の奥側に黒ずみができてしまうために、なかなか改善されにくいのが特徴的です。 サイズが小さいと下着の内部が蒸れやすくなってしまいます。 蒸れてしまうとお尻のバリア機能が弱まってしまい、少しの摩擦でも負担が大きくなってしまうのです。 またきつすぎるとお尻部分の血の流れが悪くなってしまい、新陳代謝がうまく行われない可能性もあります。 女性の方などはストッキングを履いてる人も多いと思います。 ストッキングも締め付けがきつきものを使用していると黒ずみが発生しやすくなるので注意してください。 乾燥している お尻が乾燥していると外部からの刺激に弱くなってしまうので、肌を守ろうと角質層を厚くする「過角化」という働きをします。 これにより角質が厚くなりザラザラした感触や黒ずみが現れるといったことが起きます。 特に冬場は乾燥しやすく、すぐに過角化が起こってしまいます。 これは外部からの刺激がなくても乾燥することが原因で起きる現象です。 生理前やストレス 生理前やストレスが溜まると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。 ホルモンバランスが崩れてしまうと、皮脂が多く分泌されてしまうのが原因です。 また、出産や妊娠などで一時的にホルモンバランスが崩れた時なども黒ずみが発生する場合がありますが、時間がたってホルモンバランスが安定すれば、黒ずみも消えることもありますので、心配はいりません。 ニキビ お尻にニキビできて、そこから黒ずみが発生する場合があります。 特にお尻という場所は刺激が多いうえに、ムレやすい場所であることからニキビはできやすい場所なのです。 ニキビができると、炎症後に色素沈着が行われてしまうことがあります。 このお尻でできたニキビはアクネ菌が増えやすい環境にあり、黒ずみになりやすいといえます。 またお尻ニキビは治りづらいのでいつまでも残ってしまい、黒ずんでいくということがあります。 十分に洗えていない お尻は体の後ろ側にあるために、十分に洗いきれておらず汚れが残りやすい部分になります。 そのため汚れが毛穴に残りやすいためにニキビができ、黒ずみが現れるということも多くあります。 またしっかり流したつもりでも、洗剤が残っていたりすると皮膚に負担がかかってしまうので、黒ずみができやすくなってしまいます。 お風呂に入った際は気をつかって洗うようにしましょう。 また黒ずみが気になるあまり、お尻をゴシゴシと洗いすぎるのも逆効果になるので注意しましょう。 肌へ刺激を与えすぎることで黒ずみが増えてしまうことがあります。 お尻の黒ずみ解消方法 お尻が黒ずんでいるからといって諦めてはいけません。 改善することはもちろん可能です。 すぐに実践できる改善方法を紹介します! 保湿メインのスキンケアをする 黒ずみが気になる方はスキンケアをしっかりしましょう。 特に意識してほしいのが、お尻が乾燥しないように保湿をしっかりすることです。 保湿をすると、乾燥により厚くなった角質層を正常に戻してくれるうえに、ターンオーバー機能が働いて古い細胞を排除してくれるので、自然と黒ずみが解消していくといえます。 もちろん時間はかかりますが、じっくりと治すことで再発防止にもなります。 睡眠をとる 人間は寝ている間に成長ホルモンという成分を体内で生産しています。 この成長ホルモンはターンオーバー機能が正常に働くように促してくれ、黒ずみの解消のためには欠かせない成分なのです。 また成長ホルモンは、夜の10時から深夜2時までの間に寝ると、多く分泌されるようになっています。 この時間帯にしっかりと睡眠をとることを意識してください。 寝る前は保湿すること忘れずに。 ピーリングをする ピーリングとは古い角質を取り除いてターンオーバーの手助けをすることです。 お尻のピーリングには「ケミカルピーリング」の方法が向いていると思われます。 ケミカルピーリングとは酸の力で古い角質を取り除くことで、ピーリングの石鹸やクリームを直接患部に塗ることで効果が期待できます。 また黒ずみだけではなく、ニキビやざらつきにも効果が期待できます。 またメラニン色素が増えるのを抑制する働きもあり、お尻の黒ずみをピーリングで改善する方は多くいます。 ハイドロキノンが入ったクリームを塗る ハイドロキノンとはメラニン色素の元となるメラノサイトを減少させる効果のある成分です。 普段座りっぱなしなどで刺激を受けて積み重なったメラニン色素が原因の黒ずみには、このハイドロキノン入りのクリームは効果が期待できるといえます。 しかしハイドロキノンは効果が強い分使用しすぎると、「白班」という肌が一部分だけ白くなる現象が現れるので、使用する際は適量を守るようにしましょう。 食事で黒ずみのケアをする 黒ずみを改善してくれる成分を含むものを食べることで、体の内側から改善しましょう。 黒ずみに効果的な成分は、メラニン色素の色を透明にしてくれる 「ビタミンC」ターンオーバーの働きを正当にしてくれる 「ビタミンB2」皮脂の分泌量を整えてくれる 「ビタミンB6」の3つの成分です。 ビタミンC ピーマン・ブロッコリー・アセロラ・いちごetc ビタミンB2 レバー・すじこ・納豆・かつおぶしetc ビタミンB6 にんにく・とうがらし・さんま・ピスタチオetc 以上が3つの成分が含まれている食品です。 意識的にこれらを摂取するようにすると黒ずみを徐々に改善できるようになります。 また、糖質や脂肪分が多い食品はニキビができやすくなり、黒ずみの原因にもなるので控えるようにしましょう。 刺激を与えないようにする 原因にもあるように刺激が加わりすぎると、黒ずみができてしまいます。 改善するためには日頃の刺激を減らしてあげる必要があります。 長時間パソコン作業をする人は座布団を使用したり、1時間に一回は立ち上がってお尻が蒸れるのを防ぐようにしましょう。 また下着をシルクや麻の素材のものにすることで、通気性が増して蒸れにくく負担かかりにくくできます。 さらにお風呂に入った後にお尻を拭くときに、ゴワゴワのタオルを使っていると摩擦が強くなり黒ずみやざわつきの原因になります。 なるべくフワフワのタオルで優しく拭くようにしましょう。 専門的なアイテムを使用する 黒ずみの原因である、「毛穴の開き」に特化して、保湿と引き締め効果が高い美容液です。 「酵素ローズはちみつ」という成分により毛穴の汚れと角栓を分離させる効果が高く、黒ずみにも高い効果が期待できます。 高濃度の炭酸を凝縮させている泡パックです。 炭酸により、毛穴の奥の老廃物や古い角質を浮き上がらせ除去します。 さらに、美容成分を毛穴の奥まで浸透させるので、アンチエイジングの効果も期待できます。 ・ これらは黒ずみを解消するためにオススメのアイテムです。 なかなか症状が改善されないという方は、ぜひ試してみましょう。 病院へ行って改善する 自分で黒ずみを改善するのに限界を感じて、いてもたってもいられないという人は思い切って病院へ行って治療を受けてみるのも選択肢の一つです。 皮膚科に行くことで、レーザー治療を受けることができます。 光治療レーザーにより、積み重なったメラニン色素を除去することができるほか、ピーリングレーザーにより角質を除去することができます。 実際に受ける際は、医者が判断して適切な処置を行ってくれます! しかし、保険が適用されないそうなので価格が高くなってしまうのが難点だといえます。 黒ずみの量や症状にもよりますが、5万円前後費用がかかる場合があります。 まとめ お尻に黒ずみができる原因 ・刺激を受けてメラニン色素が蓄積されている ・下着のサイズが合っていないため ・乾燥して角質層が厚くなっている ・生理やストレスによりホルモンバランスが崩れている ・お尻のニキビが黒ずんでいる ・十分に洗えていないため汚れが残っている お尻の黒ずみ改善方法 ・保湿メインのスキンケアをする ・睡眠をとりターンオーバーを正常化させる ・ピーリングをして古い角質を除去する ・ハイドロキノン効果でメラニン色素を現象させる ・食事で体の内側から改善する ・お尻に負担をかけないようにする ・病院へ行く 以上が今回の記事のまとめになります。 お尻の黒ずみは様々な原因により、メラニン色素が蓄積されてしまうことが主な原因です。 自分ではあまり黒ずみに気づいてない人も多いですが、一度気になってしまうと除去したいものですよね。 実際に自分の努力しだいで黒ずみを改善したという人は多くいます!諦めずに根気強く改善していきましょう。 関連記事として ・ ・ ・ ・ こちらの記事も合わせてお読みください!.

次の

おしり黒ずみケアしてる?汚尻を美尻に導く人気ケアクリームランキング

おしり おでき 黒ずみ

[2]お尻の黒ずみの原因とは メラニン色素の沈着 黒い色素であるメラニン色素が過剰に分泌し、肌に定着して黒ずみが起こります。 このメラニンは、肌に刺激を受けた時に肌を守るために作用するもので、繰り返し肌へのダメージを受けると黒ずみになりやすくなります。 肌のターンオーバーの乱れ 肌のターンオーバーが正常に行われていない場合、古い角質がはがれおちることなく肌の表面に留まることで、黒ずみの原因となります。 メラニン色素も同様に、肌を守るためにできてしまったとしても、ターンオーバーが正常であれば自然と排出されていくのです。 ターンオーバーが乱れることで、古い角質が留まったり、メラニン色素が排出されなくなりして黒ずみとなります。 こちらの記事もおすすめ! お尻に圧がかかる デスクワークなど、長時間同じ姿勢で座っていることでお尻に圧がかかり、黒ずみの原因となります。 お尻に圧がかかり続けることで肌への刺激となり、メラニン色素が肌を守るために生成され、黒ずみとなるのです。 摩擦や刺激 ごしごし力を入れて洗ったり、肌を締め付けるような服を着るなど外部からの肌への刺激や摩擦も黒ずみの原因となります。 これらはすべて肌へのダメージとなり、メラニン色素の生成を促す結果となるのです。 ホルモンバランス 生理不順や妊娠、出産などで女性ホルモンのバランスが乱れたり変化することによって、黒ずみが発生することもあります。 ただし、妊娠や出産よりホルモンバランスの変化で起こる黒ずみは、出産した後に女性ホルモンの分泌が正常に戻ることで落ち着くこともあります。 その場合は、お尻の黒ずみも数ヶ月で消えるのでそこまで対処も必要ありません。 しかし、生理不順による黒ずみの場合には、基礎体温をつけて高体温期と低体温期を確認して、異変があったり心配な場合には婦人科を受診してください。 肌のかぶれや炎症 肌がかぶれてしまうと、かゆみを伴う場合もありますよね。 そこで搔いてしまうことでかぶれが悪化し、炎症してしまいます。 肌に炎症がおこると刺激となり、メラニン色素の生成を促すこととなるので黒ずみの原因となります。 お尻にできたニキビ跡も炎症となり、黒ずみの原因となるので注意しましょう。 [3]お尻の黒ずみをケアする方法 生活習慣を見直す• バランスよく栄養を摂る 肉や魚、大豆製品などのたんぱく質やビタミンをバランスよく摂取することで、肌のターンオーバーを正常に行う効果があります。 肌のターンオーバーには、たんぱく質やビタミンB、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンAといった栄養素が重要であり、ジャンクフードやコンビニ弁当はなるべく避けましょう。 ちなみに、アルコール類は栄養素の吸収を妨害する作用もあるので注意してください。• 質の良い睡眠をとる 睡眠時間をしっかり確保することで、お尻の黒ずみのケアにつながります。 睡眠中には成長ホルモンが分泌され、肌の古い角質や老廃物の排出を促してくれます。 理想は6時間の睡眠時間を確保することで、できるなら22~24時までに就寝するようにしてください。• 長時間座らないようにする デスクワークの仕事をしていると、長時間座ることも多いですよね。 座ったままの状態でいると、お尻の血流を悪くして老廃物を溜まりやすくしてしまいます。 お尻の血行を良くするためにも、椅子にクッションを敷くようにしてお尻の負担を軽減してみましょう。• 長時間同じ姿勢はしない 自宅で長時間テレビを見る際に同じ姿勢で見ていませんか?お尻に負荷がないよう、寝転んでみる場合もあると思います。 しかし、ずっと同じ姿勢でいるとお尻の血流が滞り、ターンオーバーの乱れの原因ともなります。 適度に姿勢を変えてみたり立ちあがったりしながら、血流を促すように意識してみてください。 角質ケアを行う お尻の黒ずみの原因である、ターンオーバーを正常に戻すためには古い角質を剥がすことが重要です。 そのために有効なのがピーリングやスクラブです。 ピーリング ピーリングとは、クエン酸やリンゴ酸、シトラス酸などのフルーツ酸の力を利用して、こびりついた古い角質を剥がす方法です。 比較的肌への刺激も少なく、敏感腹の方や肌が弱い方でも使用できます。 フルーツから抽出した成分を使用しているので、肌に優しく角質を除去するだけでなく、ターンオーバーも促進してくれます。 さまざまなピーリング化粧品が販売されてますが、ジェルタイプのものが肌と馴染みやすいのでおすすめです。• スクラブ — 2018年 4月月19日午前6時24分PDT スクラブとは、塩や砂糖の細かい粒子によって古い角質を削る方法です。 粒子を肌にこすりつけるようにして角質を落とすため、ピーリングに比べると肌への負担がかかります。 肌が強い人におすすめです。 塩と砂糖だと、砂糖のほうが粒子も細かく、肌への負担は少ないと言われています。 ただ、粒子の大きい塩を使用するほうが頑固な角質には効果があるので、肌の体質や状態をみて使用してください。 ピーリングやスクラブは、角質が柔らくなっている入浴中に行うことで、角質が落ちやすくなります。 週に1~2回程度で行うと肌への負担も少なく、効果が高くなりますが、ご自身の肌の状態を見ながら行ってくださいね。 角質ケアを行った後は、肌が乾燥しやすくなっているので、保湿ケアを行います。 こちらの記事もおすすめ! 保湿ケアを行う 保湿ケアは、美白成分を含んでいる保湿剤を使用してケアを行いましょう。 お尻の黒ずみやメラニン色素沈着が改善しない理由として挙げられるのが、「肌の乾燥」です。 潤いを保つ「セラミド」や「ヒアルロン酸」が減少して、肌を外部刺激から守るバリア機能が低くなってきます。 肌のバリア機能を保つためにも、保湿ケアには「セラミド」や「ヒアルロン酸」を含んだものを選ぶようにしましょう。 また、お尻の黒ずみを完全するためには美学成分である「トラネキサム酸」「ビタミンC誘導体」「アルブチン」が含まれているものがおすすめです。 保湿剤を1日に2回塗りこむことで、お尻の黒ずみが改善します。 保湿ケアに必要な成分 セラミド、ヒアルロン酸、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、アルブチン• 保湿ケアは美容液?クリーム? 保湿ケアを行う保湿剤には、美容液タイプとクリームタイプがあります。 保湿剤を選ぶ際の選ぶポイントとして、美容液とクリームの違いをみていきます。 【美容液の場合】 美容液タイプの保湿剤は、主にお尻の黒ずみが発生した後の改善目的として使用します。 保湿ケアに必要な油分などの配合量は少なく、美肌有効成分の割合が多いのが特徴です。 できてしまったお尻の黒ずみに対し、美容液タイプの保湿剤を使用することで早期の改善が期待できます。 【クリームの場合】 クリームタイプの保湿剤は、お尻に黒ずみができにくいように予防を目的として使用します。 美肌有効成分よりも保湿成分の方が多く含まれており、しっかり保湿することで肌のバリア機能を高めてくれます。 そのため摩擦などのダメージから肌を守り、黒ずみができないように予防してくれます。 お尻ケアの保湿剤を購入するときには、すでに黒ずみができてしまった場合には美容液タイプのものを、お尻ケアや黒ずみ予防が目的の場合にはクリームタイプのものを選ぶようにしてくださいね。• 保湿ケアで効果がでるまでの期間 — 2018年 1月月25日午後7時44分PST 美白成分を含んだクリームで保湿ケアを行ったからといっても、すぐにお尻の黒ずみが改善するわけではありません。 少しずつメラニン色素が作られにくい肌へとなっていくので、1日2回の保湿ケアを続け、効果が実感できるのは最低でも3ヶ月は見ておきましょう。 お尻の黒ずみがなくなり、きれいになったからといってケアをやめるのではなく、1年以上継続することで、ターンオーバーも整い乾燥のない潤った肌になることができます。 お尻を清潔に保つ お尻を清潔に保つことも、黒ずみを防止する方法です。 お尻を適当に洗っていると、稀にすすぎ残しがあるので気を付けましょう。 また、運動した後や夏の暑い季節など汗をかいたら早めにシャワーで流すようにしてください。 汗が原因でおこる湿疹や炎症は、色素沈着を引き起こし黒ずみの原因となります。 またかゆみを伴う場合もあると、炎症がひどくなる場合もあります。 お尻もデリケートな部分なので、刺激を与えず清潔に保つようにしましょう。 皮膚をしめつける下着や服は避ける お尻の黒ずみをケアするためにも、普段の服装にスキニーデニムなど肌を締め付ける衣服や下着は避けておきましょう。 肌をしめつけることで、肌がかぶれたり、衣類と肌の間で摩擦が起き炎症を起こしたりと、皮膚にとってはよいものではありません。 また、肌に直接触れる下着の素材にもこだわりましょう。 生理用品にも注意する 生理中に使用するナプキンも、摩擦の原因となったり、お尻のかぶれにつながる場合があります。 ナプキンはこまめに変えるようにし、肌への刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。 [4]早く治したい場合には皮膚科で治療も可能 お尻の黒ずみを早く改善したい場合には、皮膚科での治療も可能です。 しかし、自宅ケアよりも価格は高くなります。 レーザー治療 レーザー治療は、メラニン色素を破壊して黒ずみを改善するものです。 効果が高いため、1回の施術でも満足のいく結果となります。 1回のレーザー治療で黒ずみが消えない場合には、2~3ヶ月後にレーザー治療を行うこととなります。 ケミカルピーリング ケミカルピーリングとは、薬剤を使用して強制的に肌のターンオーバーを起こす治療法で、肌に留まっている古い角質や毛穴の詰まりを綺麗に取り除いてくれます。 ケミカルピーリングは、肌の黒ずみだけでなくにきびやたるみ、シミにも効果があります。 処方される薬を使う こちらの記事もおすすめ! [5]なかなか改善しない場合は皮膚疾患の可能性もある? 保湿剤などの専用クリームを3カ月以上使用しても、お尻の黒ずみが改善しない場合には、皮膚疾患の可能性も考えられます。 その場合は、色素沈着が原因ではなく、毛孔性苔癬(モウコウセイタイセン)や毛孔角化症(モウコウカクカショウ)といった疾患が原因かもしれません。 二の腕など、身体のさまざまな場所に2~3mmの赤褐色のぶつぶつが広範囲にできるものです。 多くの場合が健康に害はなく、命にかかわるものではありませんが、完治は難しいといわれています。 このような可能性もあるので、一度皮膚科を受診してください。 [6]黒ずみのない綺麗なお尻を目指そう お尻の黒ずみとなると、自分ではなかなか気付かないケアできない部分ですよね。 友人と温泉や銭湯に行った時に、お尻がぶつぶつと黒ずんでいたら恥ずかしいものです。 しかし、お尻の黒ずみもきちんとケアを行うことで改善できるものです。 日々の生活習慣を変えたり、お尻ケアを欠かさず行ったりすることで、ツルツルの綺麗なお尻を手に入れることができます。 生活習慣を変えることはお尻の黒ずみケアだけでなく、健康面でもメリットの大きいものですし、保湿ケアもシミやたるみ予防にもつながります。 始めのうちは毎日のケアは大変かもしれませんが、すぐに慣れてきます。 ツルツルスベスベのお尻を手に入れるためにも、頑張ってみてください。

次の

おしりニキビはやっぱり汚い…。原因と治し方を知ってキレイなお尻に!汚いおしりにさようなら!ニキビや黒ずみの原因と治し方を徹底ガイド!

おしり おでき 黒ずみ

ニキビといえば、顔にできるイメージが強いと思いますが、 アクネ菌は全身の皮膚に常在しており、条件さえ揃ってしまえばどこにでも発症する可能性があります。 今回は、誰にも言えない皮膚トラブルとしてありがちな おしりニキビについて詳しく解説します。 【目次】 ・ ・ ・ ・ 【おしりニキビ】が出来る理由 おしりにニキビ!? と思われる方も多いかもしれませんが、 実はおしりはニキビができやすい部位なんです。 ニキビは以下のような3つの条件が揃うとできやすくなります。 ニキビができやすくなる3つの条件 1. 皮膚常在菌のアクネ菌が多く存在する 2. 皮脂の分泌が多い 3. 毛穴汚れなどによる詰まりがある おしりはニキビができやすい環境が揃ってる! おしりは下着や衣類などによって通気性が悪く、汗や皮脂などが 蒸れやすいため、雑菌が繁殖しやすい部位です。 このため、汗をかきやすい夏場などは特にアクネ菌が大量に繁殖し、ニキビができやすい環境となります。 また、 おしりの毛穴は長時間の座位などによって圧迫されやすく、汗や皮脂の分泌が妨げられて毛穴詰まりを生じることも少なくありません。 このように、おしりはニキビができる条件が揃いやすく、実はニキビができやすい部位なのです。 c Shutterstock. com しかも、雑菌が繁殖しやすいおしりにできるニキビは、詰まった毛穴内で化膿することも多く、 押すと強い痛みを伴うニキビに悪化しやすいのが特徴です。 長時間のデスクワークをしている人などは、座っているだけでおしりのニキビが痛くてつらいという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか? 【おしりニキビ】の治し方 では次に、おしりのニキビはどのように治していくべきかについて解説します。 ドラッグストアや薬局にはニキビの治療薬が数多く販売されています。 多くは 炎症を鎮める成分が含まれており、詰まった毛穴内に浸透して炎症を改善することで、ニキビの治りを促す効果が期待できます。 c Shutterstock. com クリームタイプや ジュエルタイプなど様々なものがありますので、お好みに合わせて使用してよいでしょう。 市販のニキビ治療薬が効かないときは… しかしながら、おしりのニキビは強い炎症を生じているケースが多く、 市販のニキビ治療薬では効かないことも少なくありません。 市販薬を使用して2~3日ほど経っても症状が改善しない場合は、 抗生物質入りの塗り薬など医師でなければ処方できない薬が必要になることもありますので、放置せずに早めに病院を受診しましょう。 また、 おしりのニキビは再発を繰り返すこともあります。 ニキビができやすい人は、以下のような生活習慣を心がけましょう。 おしりニキビを作らないために出来ること ・入浴時はおしりを丁寧に洗う ・湯船に浸かって、毛穴内の汚れを浮き上がらせる ・スキニージーンズなど身体のラインに密着するような衣類は長時間着用しない ・運動後などに多量の汗をかいたときにはこまめに着替えをする ・長時間の座位は避け、デスクワーク中でもこまめに歩くなどおしりが蒸れやすい環境を避ける c Shutterstock. com 【おしりニキビ】跡を消すには? おしりのニキビは 重症化することがあります。 重症化したニキビは、毛穴周囲にまで炎症が波及して皮膚に大きなダメージを与えます。 その結果、治った後に皮膚にでこぼこの クレーターのような痕を残すことも少なくありません。 また、炎症によって皮膚のメラノサイトが活性化されると、メラニンの産生量が増え、 色素沈着を引き起こしてシミになることもあります。 ニキビ痕のシミは、皮膚の正常なターンオーバー(新陳代謝)が行われれば数か月で自然と改善することもあります。 一方、皮膚の一部がへこんでしまうクレーター痕は完全に元の状態に戻すのは難しいと考えてよいでしょう。 おしりニキビの跡を目立たなくするためには… おしりは下着で隠れる場所なので、ニキビ痕が残っても気にならないと言う人も多いでしょう。 しかし、水着や下着で隠れない位置にできてしまった場合には、痕が気になって精神的にも大きなダメージを受ける可能性があります。 少しでもニキビ痕を目立たなくするためには、おしりの 乾燥を防いで皮膚の弾力性を維持し、おしりに刺激を与えないことが大切です。 おしりニキビ跡のセルフケア ・入浴後には保湿効果の高い化粧水や乳液を使用する ・長時間の座位は避ける ・密着度の高い矯正下着は避ける c Shutterstock. com 上記のセルフケアを心がけましょう。 また、おしりのニキビ跡が気になって水着になれない、入浴施設に行けない、恋人の前で裸になれないなど、日常的な楽しみや行動に制限が生じているような場合には、 皮膚科や美容外科でレーザー治療などを受けるのも一つの方法です。 【おしりニキビ】ができたら何科に? 市販薬などのセルフケアを行ってもおしりのニキビが改善しない場合は、 重症化する前に皮膚科を受診しましょう。 診察を受けるのが恥ずかしいという場合は、事前に女性医師の在籍するクリニックを探しておくと安心です。 c Shutterstock. com また、 目立つニキビ跡ができた場合は、皮膚科を受診してもよいですが、美容上の皮膚トラブルを専門に扱う 美容外科や美容皮膚科、形成外科などを受診するのがおススメです。 おしりのニキビは女性にとって非常にデリケートな皮膚トラブルです。 病院に行くのに抵抗がある人も多いと思いますが、 おしりニキビは悪化すると一生消えない跡を残すことがあり、跡を目立たなくするには長期間の治療や根気強いセルフケアが必要になります。 そうなる前に安心して受診できる病院を探し、適切な治療を受けるようにしましょう。

次の