動物占い isd。 個性心理学で営業力を底上げするための3つのポイントとは

[mixi]今年の運勢(リズム)

動物占い isd

こじか こじかは人懐っこく、愛くるしい性格で人間が近づいても怖がらない性格の動物です。 その由来の通り、こじかタイプの人は、好奇心が旺盛で、性格も明るく誰とでも仲良くなれるタイプと言われています。 性格もストレートな正確なため、飾り気もなく正直者で、人によって性格が変わるという事もなくありのままの自分を表現でき、人によって性格が変わるタイプの方を嫌いになってしまうそうです。 性格がストレートなため、感情も豊かで喜怒哀楽がはっきりしており、機嫌が悪いとまるで子供のようにわがままな性格になり、逆に機嫌がいいと常に人にかまってかまってと言わんばかりの愛情表現を注ぐタイプと言えます。 愛されるタイプではありますが、意外と人見知りが激しく、初対面の人に対しては接し方が静かなタイプで、慣れてくると自分を表現できるタイプとされています。 また、オシャレには鈍感なタイプなため、流行り物とかにも興味がなく、女性の方はノーメークで過ごしている方が多いとされています。 芸術家にはこじかタイプが多いとされており、趣味に没頭するととことん没頭するタイプなため、それを生かした仕事につく方が多いそうです。 いわゆる組織にはまるというより1人で創作する力が優れていると言われています。 コアラ コアラはのんびり、ゆったり、いかにもおっとりした性格の動物です。 その由来の通り、コアラタイプの人は、おとなしくて優しい性格の人が多いとされています。 しかし、性格ははっきりしており、好きになった人はとことん好きになり、逆に嫌いになった人は全くと言っていいほど相手にもしなければ、会話をすることもないでしょう。 ケンカをしても争うとはしますが、争う意欲が少ないため、すぐあきらめてしまうタイプなため、なんとも言えないおっとり感が人から好かれる要因だとされています。 おっとりそうに見えて実は計算高く、常にどうしたらいいのか。 どうしたら嫌われないのか。 と考えており、意外にも一番疑り深く、慎重派な性格といっていいでしょう。 おっとりな性格なため、急がされる様な仕事は好まず、団体行動よりは1人でマイペースにいける仕事につくことが多いと言われています。 母性本能が強いとされており、母親向きな性格とも言われています。 こじかとコアラの相性は? こじかタイプにとって、甘えさせてくれる、頼りになるという性格の ベストパートナーといって良いほど、 コアラタイプの人との相性は抜群とされています。 なぜかというと、こじかの性格は甘えさせてくれる人を好みます。 こじかの性格の中には勘違いして優しくしてくれる人は自分のことが好きだと思いこんだりします。 そこでコアラタイプの性格がのんびりで誰にでも優しい性格がこじかにとっては居心地がいい空間となるからです。 スポンサードリンク まとめ こじかタイプは甘えたい。 でもコアラタイプは誰にでも優しい。 といった勘違いからでも生まれる恋愛があるのだと感じました。 そしてそれが一番の長続きする恋愛に発展するのだと思います。 動物占いの魅力は、自分がその動物と同じ性格なのだという事。 それに対して、どのような動物と相性がいいのかというのはまず動物の性格を知ることが大事なのだと解りました。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

一般社団法人 ISD個性心理学協会|協会概要・沿革

動物占い isd

個性心理学とは動物占いの基(もと) 一昔前に「 動物占い」というものが流行ったのをご存知でしょうか。 動物占いとは 生年月日などからその人ごとに合った動物とその性格の傾向がわかるというものです。 そして「 個性心理学」とはその動物占いの基となっているものです。 ですから、スピリチュアルなイメージがする占いと言うよりも、実は「心理学」「統計学」「分類学」といった学問的・科学的な側面を持っているのです。 ちなみに自分が何の動物に当てはまるかは「動物占い 無料」等で検索すればサイトがいくつも出てきますが、私が参加した体験講座の講師が「ISD」という所の方でしたので、 (外部サイト)を紹介しておきます。 特に勧誘のメールなども来ません 私が占った結果は「MOON」・「磨き上げられたたぬき」で、性格は以下の通りでした。 何事も経験と実績を重んじる• 古いものを大事にする• 究極の逸品に弱い• 根拠のない自信がある 「基本性格」など長くて全部は書ききれないので気になった方はご自分の性格を診断してみてください。 個性心理学における3つのポイントとは では本題の「 個性心理学における3つのポイント」とは何かについてご紹介します。 個性心理学では「月・地球・太陽」の3つに分類される 先ほどご紹介した私の診断結果に「MOON」とあった様に、各動物は 3つのカテゴリーに分類されます。 それが「 月(MOON)・地球(EARTH)・太陽(SUN)」です。 実はこの文字自体にも性格の傾向にちなんだ意味があります。 3つそれぞれの特徴を掴んでそれぞれに合った対応をすれば、自ずとあなたの営業力も上がるというわけです。 では 月(MOON)・地球(EARTH)・太陽(SUN)の順番に特徴と対応方法をご紹介します。 個人心理学における月(MOON)の特徴と対応方法 月(MOON)に分類される人の特徴と対応方法についてご紹介します。 月(MOON)の動物• 月(MOON)の性格• 月(MOON)のくせ・口癖• 月(MOON)の褒める時、叱る時 月(MOON)の動物とは 月(MOON)に分類される動物占いの動物は• こじか• 黒ひょう• たぬき• ひつじ になります。 月(MOON)の性格とは 月(MOON)に分類される人は• 相手軸、つまり相手の依頼をなかなか断れない• 他人との競争を好まない• ムダが多い といった性格である場合が多いです。 月(MOON)のくせ・口癖とは 月(MOON)に分類される人は• すぐ謝る• 笑い方は抑え気味• 何故? どうして? と事ある毎に理由を問う といったくせや口癖を持つ傾向にあります。 月(MOON)の人を褒める時の対応方法とは 月(MOON)に分類される人を褒める時は、 結果よりも過程を褒めるといった対応方法を取ると良いです。 例えば「 ずっと見ていたよ」「 最後までよく続けたね」というような言い方をすると喜ばれます。 月(MOON)の人を叱る時の対応方法とは 月(MOON)に分類される人は 周りと較べられたり、煽(=あお)られたりするのを嫌います。 なので叱る(=しかる)時は、「 理由を説明する」「 人前では叱らない」といった対応をすると良いです。 個人心理学における地球(EARTH)の特徴と対応方法 続いて、地球(EARTH)に分類される人の特徴と対応方法についてご紹介します。 地球(EARTH)の動物• 地球(EARTH)の性格• 地球(EARTH)のくせ・口癖• 地球(EARTH)の褒める時、叱る時 地球(EARTH)の動物とは 地球(EARTH)に分類される動物占いの動物は• 子守熊(コアラ) になります。 地球(EARTH)の性格とは 地球(EARTH)に分類される人は• 自分軸、つまりマイペース• 競争して勝ちたい• ムダを嫌う といった性格である場合が多いです。 地球(EARTH)のくせ・口癖 地球(EARTH)に分類される人は• 言い訳が上手い• クール・ニヒルな笑い方• 「メリットは?」「いくら?」 と現実的なことをまず尋ねる といったくせや口癖を持つ傾向にあります。 地球(EARTH)の人を褒める時の対応方法とは 地球(EARTH)に分類される人を褒める時は、 過程よりも結果を褒めると良いです。 例えば「 全部できて偉い」というような言い方をすると喜ばれます。 地球(EARTH)の人を叱る時の対応方法とは 地球(EARTH)に分類される人を叱る時は「 冷静に順序立てて話す」「 ストレートに伝える」という対応をすると良いです。 個人心理学における太陽(SUN)の特徴と対応方法 最後に太陽(SUN)に分類される人の特徴と対応方法についてご紹介します。 太陽(SUN)の動物• 太陽(SUN)の性格• 太陽(SUN)のくせ・口癖• 太陽(SUN)の褒める時、叱る時 太陽(SUN)の動物とは 太陽(SUN)に分類される動物占いの動物は• チーター• ライオン• ペガサス になります。 太陽(SUN)の性格とは 太陽(SUN)に分類される人は• 気分軸• 掴みどころがない• 全ての中心でいたい といった性格である場合が多いです。 太陽(SUN)のくせ・口癖とは 太陽(SUN)に分類される人は• 1度謝った後はもう別の事を考えている• 豪快に笑う• 「すごい!」「めんどくさい」と思ったことをすぐ口にする といったくせや口癖を持つ傾向にあります。 太陽(SUN)の人を褒める時の対応方法とは 太陽(SUN)に分類される人を褒める時は とにかく褒めると良いです。 例えば「完璧!」「さすが!」などの様に、わかりやく褒めると喜ばれます。 太陽(SUN)の人を叱る時の対応方法とは 太陽(SUN)に分類される人を叱る時は、「 対等な目線で話す」「 プライドを傷つけない言い回し」といった配慮をした対応方法が良いです。 また、 切り替えが早いのでその場ですぐ叱る方が伝わります。 月(MOON)・地球(EARTH)・太陽(SUN)に謝罪する時は 実はそれぞれの「営業の仕方」など他にもたくさん講座ではあったのですが、普段は有料セミナーで話している内容も含まれているので、あまり大っぴらにするのは避けてほしいという意向もあり、資料や写真は割愛し内容も制限をしました。 申し訳ありません。 代わりと言ってはなんですが、1つ面白かった話をご紹介します。 それは、月(MOON)・地球(EARTH)・太陽(SUN)、 3つのタイプごとに対する謝罪の仕方です。 3つのタイプ、それぞれ価値観が全く異なります。 例えば相手が謝罪をする場合では• 月(MOON)は 『誠意などの気持ち』• 地球(EARTH)は 『物・形』• 太陽(SUN)は 『権威』 を重視する傾向があります。 ですので何か謝罪が必要な時は• メールや電話だけでなく 直接謝りに出向き(誠意=月タイプに対して効果的)• 商品券や菓子折りを用意し(形にした物=地球タイプに対して効果的)• それを 責任者や上司が持っていく(権威=太陽タイプに対して効果的) こうすると、どのパターンにも当てはまり怒りが収まりやすいとのことです。 なるほどと思いませんか? 個性心理学の団体「ISD」とは 今回私が教わった講師の所属する「 ISD」とは、「 Institute of Self Discovery 」の頭文字をとった、統計学や分類学で仕分けた103万6800通りの個性を動物キャラで表現し、それぞれに合った診断・アドバイスで色々な悩みの解決を行っている団体で、各種セミナーやイベント、資格やインストラクター育成なども行っている様です。 余談ですが、より詳しい個別の診断はその講師の方が有料で行っているとのことでしたが、1項目1,000円と特別高いものではありませんでした。 個性心理学であなたの営業力を底上げするための3つのポイント:まとめ ご自身には当てはまりましたか? 講座では最後にもう1つ、大事なことを仰っていました。 それは 『 あきらめる』です。 …どういうことかと言うと、『あきらめる』とは 『 あきらかにみと める』、つまり各々の違いを 受け入れる。 これが大事だという訳です。 性格や傾向の違いを予め踏まえてさえおけば、自分との考えの違いで口論になったり商談が上手くいかないような事態を避けやすくなり、逆に相手の心に響く話をする事も可能という訳ですね。 より詳しく知りたい方は先ほどの (外部サイト)をご覧ください。

次の

一般社団法人 ISD個性心理学協会|協会概要・沿革

動物占い isd

レールについて ISD個性心理學では、ヒトがもっている決して変えられないもの、または、決して無視してはならないものを 生き方や ポリシーと考え、『 レール 』という名称で表現しています。 よく『生き方がカッコイイ』とか『あのヒトはポリシーをもっている』という言葉を耳にします。 生き方やポリシーといったものを一つの概念にまとめると、環境で出来上がるものなのか、はたまたま努力によって培われるものなのか、人生経験によって積み上げられたものなのか、どれをとっても賛同できるのではないでしょうか。 同じキャラクターなのに人生観が違うと感じる場合のほとんどがこの『レール』の違いが原因となってきます。 3分類・12分類・60分類が同じ人で、価値観や思考が同じであっても『レール』が異なれば感じたり考える矛先が変わってくるということです。 全く異質のキャラクター同士であっても『レール』によって人生観が分ち合えたり、協調し合えるということです。 このレールで、どのキャラクターが何処に向かって生きているのかということが分かります。 レールには下記の10種類があります。 しかし、独立精神旺盛な性質が内在しています。 自分の意志とか感情を押し隠すので、周囲にソフトな印象を与えます。 お金がなければないで工夫して生活できる器用さを持っている。 表現者、伝達者として素晴らしい才能を発揮する方も多い。 普段は、冷静沈着で心の中は暖かく、涙もろい人情家です。 コツコツと実績を積み上げる性格なので、人から信頼され信用も生まれてきます。 スパッと竹を割ったような一本気なところがあり、意地と度胸が備わっており、逆境にも強い性格といえます。 常識や世間体などを気にする一方、責任と役目を与えられると、もてる力をフルに発揮して、頑張っていく責任感の強い性格です。 その為周囲からは、掴み所がないようにみられがちです。 孤独な部分を表面に出さないのが特徴です。 特に歴史や古典といった分野に関心を持つのが特徴です。

次の