世にも奇妙な物語 あらすじ ネタバレ。 世にも奇妙な物語の寺島が超怖い!ネタバレ あらすじや原作や結末は?

『世にも奇妙な物語』怖いランキングをまとめたよ~ん【ホラー・最恐・トラウマ】

世にも奇妙な物語 あらすじ ネタバレ

簡単なあらすじ 1 日本ではクーデターが起こり、憲法も変えられた。 1人の指導者が率いるようになり、異を唱える者は「再教育」されるため、施設に送られてしまうのだという。 日本の体制が変わる中、学校の教育制度にも変革が起きていた。 2 印象的な緑色のワンピースを着た鈴木マリ(賀来千香子)は、生徒たちを「指導・教育」するため、9時に生徒たちの前に現れる。 マリは優しく、諭すような物言いで、次第に心を掴んでいく。 父親を施設に送られてしまったトシユキは反抗するが、次第に言いくるめられ、学級委員長にされると、マリの言うことを聞くようになる。 3 トシユキは、マリに言われて「自由 平等 平和」と書かれた額を、校庭に投げ捨てる。 マリは、腕時計を見ると9時23分を示していた。 たった23分間で、マリは完全に子供たちの心を掌握する。 4 マリは、今までの教科書を生徒たちに破らせる。 「教科書を破れた子から、あたらしい服と教科書をとりにきて」と言うと、最初はマリの言葉に疑いを持っていた生徒も、我先にと教科書を破るようになるのだった。 詳細なあらすじ 中年の女教師・安西は、小学校の教室で生徒たちの目も憚らず泣いていた。 9時になり、そこに印象的な緑色のワンピースを着た女性・鈴木マリ(賀来千香子)がやってくる。 マリは、安西に「他の先生方は校長室に行きましたよ」と言い、そこに行かせようとする。 だが、安西は「子供たちは、どうなるんです?」と問い、生徒たちに身を案じる。 マリは優しく、にも関わらず有無を言わさない様子で、安西を教室から出て行かせる。 マリは自己紹介し、新たな担任教師となったことを告げる。 生徒たちは戸惑い、疑問を口にする。 だが、マリは生徒たちの氏名、特徴、親の職業などを言い当てて、次第に生徒たちの心を掴んでいく。 さらに、マリはテープレコーダーで『アメージング・グレイス』を流す。 そして、「今日から、朝にこうした外国の音楽を流すわ。 みんな、この曲は好きかしら」と言う。 そんな中、1人の男子生徒・トシユキがマリに反抗的な態度や言動を行う。 彼は、新聞の切り抜きを持っており、「クーデターが起きたんだ!それで憲法が変えられてしまったんだ!」と言う。 彼の父親は、収容所に入れられ、「再教育」を受けているのだという。 「行きたくもないところに、お父さんは連れて行かれたんだ!」と彼は訴える。 マリは、クーデターについて「憲法でも、間違っていたら変えなきゃね」と言う。 さらに、「大人も学校に行くの。 間違った考え方をしているなら、大人でもそれを変える必要があるわ」と優しく諭すように言う。 トシユキが黙ったところで、マリは「今日から、皆さんにはお泊りをしてもらいます。 綺麗なところで、ご馳走が食べられるわ」と言う。 生徒たちは喜ぶが、反抗的な少年だけは、疑いの目をマリに向けていた。 さらに、マリは「お菓子がもらえるように、お祈りをしましょう。 さぁ、目を閉じて。 『神様、お菓子をください』と言ってみましょう」と言う。 だが、祈りで何も起こるはずがない。 さらにマリは、「神様を、指導者様に変えてみたらどうかしら?目を閉じて、『指導者様、お菓子をください』と言ってみましょう」と言う。 マリは、生徒たちの机に、お菓子を配って回る。 配り終えたマリは、「さぁ、目を開けて」と言う。 生徒たちは、お菓子がもらえて喜ぶ。 だが、トシユキは「僕は薄目を開けて見ていたんだ。 先生がお菓子を配ってた!」と言う。 マリは、「そうね。 先生、ウソをついていました。 ごめんなさい。 お菓子は私が置いたの。 誰かにお祈りして、何かがもらえるなんてことはないの。 お菓子でもなんでも、誰かが用意するといった他の人の力によるものなの」と言う。 マリは、「自分の考えをはっきり言うことができる。 トシユキ君は、立派ね」と言う。 その言葉に呼応するかのように、他の生徒たちもトシユキを褒め始める。 そこでマリは、「学級委員長を決めなきゃね。 クラスを導くことができるよう、はっきりと発言できる子がいいんじゃないかしら」と言う。 結果、「それなら、トシユキが良いんじゃないか?」と生徒たちは言い、トシユキが学級委員長となる。 そこで、最初の仕事として「自由、平等、平和」と書かれた額を外し、校庭に投げ捨てるように言う。 戸惑うトシユキに、「大事なことは、書かれている言葉でしょ。 それは、胸に留めておけばいいのよ」と言う。 「トシユキがやらないのなら、俺がやる」と言う生徒が現れるが、トシユキは「これは俺の仕事だ」と言い、額を窓の外に投げ捨てる。 額のガラスは割れ、校庭に散乱する。 その時、マリは腕時計を見る。 時刻は9時23分。 彼女はたった23分間で子供たちの心を完全に掌握するのだった。 マリは、緑で統一された服と、新しい教科書を取り出す。 そして、「古い教科書は、もう要らないわよね。 破り捨ててしまいましょう。 破れて子から、新しい服と教科書をとりにきてちょうだい」と言う。 もう既に疑問を口にする子供はおらず、我先にと教科書を破り始めるのだった。

次の

『世にも奇妙な物語』怖いランキングをまとめたよ~ん【ホラー・最恐・トラウマ】

世にも奇妙な物語 あらすじ ネタバレ

その日、中村美保 柊瑠美 は父・真一 樋渡真司 と母・陽子 深浦加奈子 と一緒に、ある病院にやってきた。 寝たきりになっている祖母 草村礼子 を見舞いにきたのだ。 祖母はもう、そう長くないらしい。 母の陽子は、普段はとても優しいのに、祖母のことになるとどうも冷たい態度をとり、今日もあまり気乗りがしないようだ。 そんな中、美保と祖母がふたりだけになる瞬間が訪れる。 すると祖母から思いがけない提案があり…。 キャストは? 主要登場人物を演じるキャストを紹介します。 ラストの悪魔的思考に身を委ねます。 父方の祖母で、母は祖母に面会に行くのを嫌がって不機嫌だった。 美保も母の機嫌の悪さを察して神妙になっていた。 美保はまだ祖母に会ったことがなかった。 父は祖母が亡くなる前に美保を合わせてあげたいのだという。 美保は赤ちゃんの時にあったことがあるが、当然覚えていない。 【承】 病院につき病室に入ると、管でつながれたしわだらけの祖母と面会する。 美保は初めて見る亡くなる寸前の状態の老人を見て恐怖を感じる。 祖母は寝たきりで一切反応がなかった。 祖母の手がピクリと動くと、美保は怖がっていた。 医師がやってきて両親が別の部屋に連れていかれる。 美保は祖母と二人きりで病室に残される。 医師によると、祖母はこのまま意識が戻らず亡くなる様子だった。 美保は病室から出ようとすると、頭の中に声が届く。 声の主は祖母のようだった。 美保は怖がるが、一応は自分の祖母なので恐る恐る近寄って話を聞く。 【転】 祖母には心残りがあるのだという。 生き別れになった弟がいて、少し離れた場所に住んでいた。 一目会って話をしたいため、1日だけ体を貸してほしいという。 美保は怖がって嫌がる。 しかし、美保は祖母のことを想い体を貸すことに同意する。 美保は気を失う。 気が付くと美保と祖母は入れ替わっていた。 美保は祖母の体に入ると苦しさと痛みにもだえ苦しむが、一切体が動かなかった。 翌日 祖母は美保の体で学校に行くフリをして家を出る。 学校には行かず、弟に会いに行く。 道中で昔を思い出し、遊んでいた。 弟がいる家に行くが、弟も寝たきりだった。 娘らしき女が怪訝な表情をしながら弟の世話をしていた。 祖母は弟に声をかけると、席を外した女が戻ってくる。 女は不審に思って祖母を警察に突き出す。 母親が警察に迎えに来て、ヒステリックに祖母を殴る。 祖母は出血するが、隙を見て抜け出して美保の元に向かう。 【結末】 祖母の肉体は死亡する寸前で、美保は恐怖に震えていた。 祖母はギリギリで病床に間に合う。 美保は安心する。 祖母は弟に会えたことを報告して感謝を述べる。 祖母は美保の体で、横たわって動かない自分の手を握る。 30年後 美保の母の葬儀が行われていた。 父はすでに亡くなっていた。 美保は喪主をしている。 美保は母の最期の3年間は手厚く看護していた。 まだやり残したことがあったから。 だって不公平だろう、この女にも苦しい思いをさせなきゃ。 この作品は最後の方の演出が本当に見事でした。 ギリギリで間に合ったような描写をさせておいて、数十年後の美保の母親の葬式になります。 子供の教育に使える良作だと思いました。 無料で「世にも奇妙な物語」の動画を観る方法 無料で「世にも奇妙な物語」の動画を観る裏ワザ! 「忙しくてテレビ観れなかった…」 「見逃した話がある…」 「違法アップロードサイトは怖い…」 と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。 そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。 実はなら 無料で「世にも奇妙な物語」の動画を観ることができます! とはフジテレビの動画配信サービスです。 FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントを使用して「世にも奇妙な物語」を 実質無料で観ることができます! 「世にも奇妙な物語」を扱っている動画配信サービスはだけです。 ポイント消費なしの見放題作品も豊富に揃っています。 初回1カ月無料の期間に解約した場合は 月額料金はかかりません。 PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。 無料お試し期間のサービスは いつ終わってしまうのかはわかりません。 スマホから簡単に登録できるので、この機会に 無料でお試ししてみるのをお勧めします!.

次の

「サプライズ」のあらすじと感想 世にも奇妙な物語2014

世にも奇妙な物語 あらすじ ネタバレ

朝井リョウ・作者情報 1989(平成元)年、岐阜県生れ。 早稲田大学文化構想学部卒業。 2009年『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。 2011年『チア男子!! 』で高校生が選ぶ天竜文学賞、2013年『何者』で直木賞、 2014年『世界地図の下書き』で坪田譲治文学賞を受賞。 ほかの著書に『もういちど生まれる』『スペードの3』『武道館』『世にも奇妙な君物語』『死にがいを求めて生きているの』などがある。 shinchosha. 実際にありそうでないような話を描く現代の風刺短編集。 書き出し紹介 ガン、とグラスの底が鳴る。 カウンター越しにいる店員が、一瞬、眉をひそめる。 ストーリー ネタバレあり この先、ネタバレがあります。 ご注意ください。 ネタバレ部分は赤字で表記します。 立て!金次郎 幼稚園で働く孝次郎は頭を抱えていた。 学年主任の須永から、「クラスの子全員が年間で均等に目立つように」と言われている中で、クラスの中で目立つことを嫌う学人を文化祭で主役にすることが出来なかったのだ。 「残る運動会で絶対に目立つ役割を与えるように」と言い残し去っていく須永を見ると、孝次郎の胃はぎりぎりと締め付けられる。 こんな須永だが、なぜか子供たちの母親からの評判はいいから不思議だ。 近年、幼稚園の先生たちは、子どもたちの親からの評判を恐れて、幼稚園を運営している。 というのも、子どもたちの母親に嫌われたら、全く立場がなくなってしまうのだ。 須永のいう子供たちを均等に目立たせることも子供たちの親からクレームが出ないようにすることが目的だった。 実際、母親たちからのクレームの威力は強く、幼稚園に置かれていた二宮金次郎像が「歩きながら本を読むなんて、子どもがまねしたら困る」という母親のクレームによって座りながら本を読む像に変えられたほどだった。 孝次郎は、幼稚園では珍しい若い男性ということもあり、母親たちから好かれている自信があった。 しかし、2か月ほど前から、一部の母親が孝次郎に挨拶を返さなくなり、クレームが入ることも出てきていた。 原因が分からず悩む孝次郎だったが、須永の言う通り、「人前に出たくない」という学人を無理やり運動会で前に出させることはできなかった。 そんな孝次郎に、須永は1年間の行事と、行事で目立たせる子供をランダムに選び星印で示した表を渡してきた。 それに対し、孝次郎は呆れかえり、自分のやり方で親たちと戦うことを決めた。 運動会当日、孝次郎は、学人を主役にすることはせずに、学人に放送を担当させることにした。 人前に出ることなく、目立つことのできた学人は大喜びで、孝次郎と学人の絆は深まったようだった。 その様子を見ていた母親たちも孝次郎を褒め、独断で行動した孝次郎を責める須永を批判した。 これにより、孝次郎と須永の関係は逆転した。 そんな母親の手には1枚の表が握られていた。 その表には、園の先生たちの名前と年間スケジュールが書かれ、それぞれの横に星印が書かれていた。 母親たちもランダムで先生を選び、園の運営を怠けないよう、アメとムチで対応していたのだった。 5文字しか集中して読めな 香織は、ネットニュースの記事のライターを行っている。 香織のサイトでは主に、有名人のゴシップ情報等を中心に扱い、13. 5文字の見出しに、3行の要約文を経て、やっと本文にたどり着くという形式をとっている。 この方法はマーケティング部の調査によるもので、アクセス数を最も集められる方法だという。 実際この方法の記事はアクセス数が多く、手法をたたかれることもあったが、香織はアクセス数が伸びることがただ誇らしかった。 香織のサイトでは、真実をありのままに伝えるというより、視聴者の望む形に真実をゆがめて報道するものも多かった。 しかし、香織はそれが「見たい、知りたいと思うことをできるだけ多くの人に届けることで、物事への注目度を高めること」につながると考えており、ためらいなく記事を手がけていった。 そんな頃、夫の帰宅時間の遅さから、香織は夫の浮気を疑うようになった。 そこで自らが手がけた記事の浮気調査法に基づいて、こっそり夫のレシートを漁っていると、甘いものが苦手なはずの夫の財布からスイーツのレシートがでてきたのだった。 夫の浮気を確信した香織に更なる追い打ちがかけられた。 香織が尊敬し、自分を応援してくれていると思っていたネット記事部門の室長である板谷から「香織のような記事の書き方でアクセス数を稼ぐのはもうやめたい」と伝えられる。 それを聞いた香織はショックを受け、ついに元カレであった社内の同僚岡田とご飯に行ってしまう。 岡田との浮気を考えた香織だったが、夫や息子の直喜のことを考え、踏みとどまった。 その夜、家に帰ると夫の会社の社内報が机に置かれており、夫が社内報の特集でスイーツを買っていたことが判明した。 直喜からどうしても来てほしいと頼まれ、午後休を取って直喜の授業参観に駆け付けると、直喜が将来の夢について発表しており、直喜は「ママのようにニュースを発信する人になりたい」と述べていた。 何か違和感を感じ、発表資料を見てみると、そこには「ママ浮気疑いパパの財布強奪」や「家庭放り同僚と不倫息子暴露」等、自分が手がけてきた記事と同様13. 5文字の見出しが躍っていた。 怒り狂う香織を前に、直喜は「ママのマネだよ」ときょとんとした顔で言った。 まとめ・感想 作者が『世にも奇妙な物語』に憧れて描いたというのにも納得の、少し気味が悪く、それでいてくせになるような不思議な作品です。 普段の朝井リョウさんの若者の心情を繊細に描くような作品ではなく、一風変わった作品となっています。 各話で登場人物が全く異なる短編集となっていますが、どの作品も読み始めたら止まらなくなるような先が気になる展開となっています。 モンスターペアレンツやネットニュースの質の問題等、現代を風刺する内容も多く含まれており、読みながら考えさせられる作品です。 この作品は、朝井リョウさんの他の小説とは雰囲気が異なり、他の作品とのつながりもないため、朝井リョウさんの作品を全く読んだことがないという方にもおすすめの作品です。 また、1話完結の短編集となっているため、移動時間の読書等、まとまった時間が取れない方も是非読んでみてください。 お付き合いありがとうございました。

次の