週刊ポスト 漫画。 週刊ポスト|小学館|雑誌・マンガ・るるぶの読み放題・無料試し読みならビューン!

【雑誌】週刊ポスト、「韓国なんて要らない」特集で謝罪 「韓国人という病理」「10人に1人は治療が必要」が物議、有名作家も多数批判★2│エンがちょブログ

週刊ポスト 漫画

公文書の改ざんを命じられ、自殺した赤木俊夫さんの妻・雅子さんが、国と佐川元理財局長を訴えた裁判が始まった。 寝たままできる体操で、姿勢を正してぽっこりおなかをぺたんこに! 第二特集は「家の中の除菌・ウイルス対策」。 外出先から帰って、まずすること 5 つ!でしっかりコロナ対策をして、この時期気になるカビ、細菌、ウイルスを除去していきましょう。 また、「旬を味わえる夏の漬物」や「尿漏れにもう悩まない!」など、今号も情報がぎゅっと詰まっています! ぜひご購読ください。 jpg 家の中の除菌・ウイルス対策 洗濯物の細菌を増やさない洗濯習慣や食中毒を防ぐ台所の除菌方法など、この時期にしっかりしておきたい家の中の除菌・ウイルス対策について専門家にお聞きしました。 その他特集 旬を味わえる 夏の漬物 村上祥子のおいしい! 健康! レシピシリーズ 暑さを吹き飛ばす! ゴーヤレシピとゴーヤ酢 足に青い血管が浮き出てきたら... 下肢静脈瘤を体操とマッサージで治しましょう 水分の摂り方や体操、最新治療で 尿漏れにもう悩まない! 好評連載 ・鎌田實さん「もっともっとおもしろく生きようよ」 ・岸見一郎さん「生活の哲学」 ・「わたしの体験記」麻木久仁子さん ・スマホお悩み相談室「声で検索できると聞いたのですが...... 先行き不透明な時代を 豊かに健やかに生きるためには、 マイナスのエネルギーを 除けることが不可欠です。 邪気、穢れ、悪縁を払い、 場や心身をクリアリングすれば、 運気が磨かれ、人生が輝き出します。 今こそ達人が教える、 お清め・浄化の秘法をお試しください! そして、世の中の枠組みに 大変動が起きている今こそ、 つながりやすくなっているのが 鳳凰・麒麟・神龍の3神獣です。 これまでたくさんの人々を 豊かで幸せな世界に誘ってきた 3名の達人が、それぞれとつながり 力をいただく方法を伝授します。 さらに、コロナ禍を予言した占い師芸人・ ゆうたろうさんが2020年後半を予測する 特集、幸せ富豪の斎藤一人さんが コロナ時代の疑問や不安に回答する 緊急特集など、必見特集が満載です! 貧乏神も退散! 「最強のお清め」 運気が磨かれ人生が輝く超秘法 場と心身を浄化する「いろは書画」カード付き! 特集2 大いなる力に守られる! うれしい奇跡が次々起こる! 「鳳凰・麒麟・神龍」とつながって富と幸せをつかむ! 「鳳凰とつながる誘導音声」を無料ダウンロード! 「麒麟の運勢診断」を全員プレゼント! 特集3 新型コロナ・オリンピック延期 ・株価暴落の予言が的中! 霊感タロット占いで話題沸騰の人気芸人が読み解く! ゆうたろう2020年後半「日本とあなたの運命」 特集4 旅立った魂に愛を届けると幸せが訪れる! 「ご先祖様に守られる習慣」 稀代の霊能者・大内真弓が語る「あの世」のしくみ 特集5 開運効果の報告続々! 世界を駆ける画家の不思議な絵2枚付録 亜凛。 「金運と癒やしを招く愛のアート」 特集6 緊急特集 幸せ人生の達人が伝授! 不安・恐れ・迷いが消え心が輝きを取り戻す! 斎藤一人「不透明な世の中をすずやかに生きる人生のコツ」.

次の

週刊ポスト 2016年9/2号 (2016年08月19日発売)

週刊ポスト 漫画

1960~1969 18• 1970~1979 514• 1980~1989 506• 1990~1999 496• 1990 49• 1991 48• 1992 50• 1993 49• 1994 48• 1995 49• ・ 独占インタヴュー--スーハースター カレカが語る「日本選手よ、もっとルタドールを! 1996 48• 1997 48• 1998 55• 1999 52• ndl. [28] 増刊 著者 小学館 [編] 出版者 小学館 出版年月日 1995-04 請求記号 Z24-190 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) DOI 10. ndl. jp2 独占インタヴュー--スーハースター カレカが語る「日本選手よ、もっとルタドールを! ndl. 印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。

次の

週刊ポストに掲載・連載された作品リスト

週刊ポスト 漫画

2019年9月2日発売の「週刊ポスト」13日号をめぐり、小学館は2日19時、同誌のニュースサイト「NEWSポストセブン」上に、週刊ポスト編集部名義で「週刊ポスト9月13日号掲載の特集について」と題した謝罪文を掲載した。 同号では「韓国なんて要らない」と銘打った特集記事に対し、ツイッターなどでは作家・ジャーナリストからの批判が相次いだ。 さらに第2特集「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」では、韓国人の10人に1人が、日本で「火病」とも揶揄される「間欠性爆発性障害」であるという韓国の医学レポートを根拠に韓国社会のストレス構造などを批判した。 この内容にネットでは批判が噴出し、同誌でリレー連載「作家たちのAtoZ」を連載していた作家の深沢潮氏は連載から退くことを表明し、小学館の「月刊!スピリッツ」に連載している漫画家のゆうきまさみ氏も「週刊ポスト、僕の漫画に出てくる週刊誌よりひどい」とツイートした。 作家の柳美里氏も同誌を批判するツイートを複数投稿している。 一連の指摘を受けて、小学館は9月2日19時に「NEWSポストセブン」サイト上に、週刊ポスト編集部名義で、 「週刊ポスト9月13日号掲載の特集『韓国なんて要らない!』は、混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたものですが、多くのご意見、ご批判をいただきました。 なかでも、『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました。 お詫びするとともに、他のご意見と合わせ、真摯に受け止めて参ります」 と謝罪文を掲載した。 J-CASTニュースでは2日午後、小学館広報に取材したが、これに対しても同様のコメントで回答した。 5ch.

次の