グラブル ジーク フリート 火。 【グラブル】リミキャラも交換可能な6thアニバチケは今年も発売!武器交換チケはマジェスタス、支配の天秤も対象に!毎日豪華アイテムの当たる6thスクラッチなど盛りだくさんの内容に!【6周年記念ガチャ情報、キャンペーン情報まとめ】

【グラブル】火ジークフリートは恒常キャラながら攻守共に破格な性能、四騎士編成も一線級に!

グラブル ジーク フリート 火

火ジークフリート 火ジーク の強みや活躍する場面、注意点などを基本的な性能と合わせて解説します。 また、火ジークの実装によって組むことが可能となった『火属性四騎士編成』についても紹介します。 実際に運用している動画も掲載。 火ジークフリートの性能 火属性特殊タイプのヒューマン。 得意武器は剣と刀。 LB リミットボーナス 速度を出すのに重要な奥義上限UPがあるのが優秀。 火力期待値上昇率が高いクリティカルも2つあり、攻撃的なLBとなっています。 奥義「ゲヴァルト・ファング」 ダメージに加え、• フェアドレーゲンが発動• 自分のHP回復 最大1500 の追加効果を持ちます。 フェアドレーゲンとは1アビのこと 奥義後に自動で発動する「フェアドレーゲン」は1アビ。 敵に火属性ダメージ• 火属性防御累積 10%ダウン 最大30% の2つの効果。 ダメージ上限は天司武器込みで約55万。 奥義後にダメージアビリティが自動で発動するのは最近のトレンドであり、非常に優秀です。 他の効果は後述 奥義ダメージと上限がUPし、上限については30%UPと破格の効果量。 また、ダメージ自体もかなり出やすいので、ダメージが上限に届かない場合でもジークフリートは他キャラに比べて非常に高い奥義ダメージを出すことができます。 1アビ「フェアドレーゲン」 先ほど説明した通り• 敵に火属性ダメージ• 火属性防御累積 10%ダウン 最大30% の2つの効果。 CTは4。 奥義後に自動発動もします。 2アビ「ル・ミラージ」• 味方全体に風属性ダメージ70%カット 2ターン CTは8と若干長めですが、70%カットと効果量は高く、効果ターンも2ターン持続します。 3アビ「ザルヴァートル」 5ターンの間、火属性キャラ全体の• 弱体耐性 100%UP• 被ダメージ約20%軽減• 弱体耐性は100%UPなため、5ターンの間味方全体の弱体効果を完全に防ぐことができます。 効果が強力なため、CTは12と長め。 サポアビ 返り血の代償• 毎ターンダメージを受ける 最大800• 攻撃30%UP 別枠• 防御100%UP• DA以上確定• 奥義性能UP の効果。 攻撃30%UPは別枠なので非常に強力であり、マグナでもアグニスでも同じように恩恵を受けることができます。 防御100%UPは、簡単に言うと被ダメージが半分になります。 常にダブルアタック以上確定でさらに奥義も極めて強力なので、このサポアビの効果だけでも、ジークフリートはアタッカーとしてトップクラスの水準を持ちます。 なお、デメリットとして毎ターン最大で800ずつHPが減っていきますが、減る量よりも防御UPによって被ダメージが減少する分の方が基本大きいため、 実戦ではデメリットは全く感じません。 奥義の度に1500回復するのもポイント。 救国の忠騎士• 火属性剣得意キャラのアビリティダメージ性能UP 上限については10%上がります。 火属性の剣得意キャラ限定と効果対象は狭く、また効果量も控えめではありますが、ジークがフロントに立っているだけで効果があるので優秀です。 開幕奥義編成ではスタメン確定 ジークフリートの奥義は、• ダメージが非常に出やすく、上限も高い• 火ジークが奥義編成のスタメンから外れることは現状ありません。 普段使いでも筆頭スタメン候補• 奥義ダメージも極めて高い• DA確定なのでオメガ武器に頼る必要がない• 攻撃30%別枠UPなので、オメガ武器の第一スキルがなくても火力を出せる• 常時被ダメージ半減なので自身の耐久力もかなり高い と強さに溢れているため、奥義編成ではない普段の戦いにおいてもスタメンの有力候補です。 特に剣得意編成ならジークを抜く手はないでしょう。 プロキシモ編成でも活躍 以前紹介した、アーカルムを快適に周回できる「プロキシモ」編成でも活躍可能。 プロキシモを火属性で作った場合限定ではありますが、 サポアビの『火属性剣得意キャラのアビリティダメージ性能UP』が非常に便利です。 高水準でバランスが取れている 四騎士編成というと、一見して「キャラ愛重視のネタより編成」と思われがちですが、実際は違います。 3人それぞれ火力が高い• 特にジークとランヴェはDA以上確定で安定度も高い• ジークの累積火防ダウン、ランヴェの累積攻防ダウン、パーシヴァルの恐怖とデバフ面も〇• 全員虚空剣のスキルが乗るので、デバフの命中率も安心• ジークの全体吸収やランヴェの3アビでHP回復も可能• 基本どのクエストでもこの四騎士編成で行けると言っても過言でないと、実際に使ってみて感じました。

次の

【グラブル】火ジークフリートは恒常キャラながら攻守共に破格な性能、四騎士編成も一線級に!

グラブル ジーク フリート 火

ジークフリートの評価点 究極進化先 リーダー評価 サブ評価 5. 手持ちが充実していない序盤でお世話になる。 進化素材が少し難しいが、その分火ジークより攻撃倍率が高い。 火ジークフリートの使い道は? 光ジーク同様、つなぎで活躍するモンスターだ。 進化素材が簡単なので、こちらにする選択肢も十分ありだ。 結論:進化素材と自身の目的によって選ぼう! リーダーとして使えるモンスターが欲しいならば、光ジークがおすすめだ。 ただし進化素材がやや難しく、序盤のつなぎで変換要員として起用するならば、進化素材が易しい火ジークでも十分だ。 究極進化後の詳しい評価はこちら• ジークフリートの究極進化素材 輝龍皇帝・バスタージークフリート 進化先 究極進化素材 破龍皇帝・バスタージークフリート 進化先 究極進化素材 蒼覇王・カイゼルジークフリート 基本情報 属性 タイプ コスト 水 体力 30 レア 最大レベル 必要経験値 6 99 4,000,000 ステータス HP 攻撃 回復 レベル1 2111 1156 81 レベル最大 3919 1309 129 プラス297 4909 1804 426 リーダースキル ドラゴンブラッド 体力タイプの攻撃力が2. スキル 攻撃態勢・水 回復ドロップを水ドロップに変化。 ターン:11(最短:5) 覚醒スキル アイコン 効果 HPが500アップする 強化された水ドロップの出現率と ダメージがアップする 回復力が50アップする 入手方法 蒼剣の覇王・ジークフリートからの進化 進化素材 ベルセルク 基本情報 属性 タイプ コスト 水 体力 7 レア 最大レベル 必要経験値 4 50 265,165 ステータス HP 攻撃 回復 レベル1 72 76 9 レベル最大 1624 705 46 プラス297 2614 1200 343 リーダースキル 狂戦士の怒り 体力タイプの攻撃力が2倍。 スキル 攻撃態勢・水 回復ドロップを水ドロップに変化。 ターン:11(最短:5) 覚醒スキル なし 入手方法 ノーマルダンジョンにてドロップ• 勇者のアジト() スペシャルダンジョンにてドロップ• ゼウス・ディオス降臨! パズドラの関連記事 モンスターの評価一覧• テンプレパーティ一覧•

次の

ジークフリート (曖昧さ回避)

グラブル ジーク フリート 火

ジークフリートの評価点数 点数 9. 最終解放でLvを上げることでデメリットが消えて扱いやすさが格段に増す他、全体に水属性ダメカなど攻撃以外でも味方に貢献する。 効果時間が5ターンと長いため、高火力を維持したまま戦うことができる。 2:火力源として有用な奥義追加ダメージ 奥義に発生する追加ダメージが倍率、上限ともに優秀。 開放前はブレイク時のみだが、上限解放後に常時発生するようになる。 他のキャラと比べて高いダメージ値をお手軽に出す事ができ、前述の『マニガンス』との相性も抜群。 倍率も高いため、高ダメージを出しやすい。 3:水耐性UPで味方が受けるダメージ量を軽減 最終解放前は『ウーヴェ』の水耐性UPの効果が自身のみだが、Lv90以降は味方全体に付与できる点が有用。 効果が3ターンあるので味方のダメージを抑える手段として使い勝手が良い。 4:自身のダブルアタック確率を底上げ Lv95まで強化することで『デリリアム』に自身DA率UPが追加されるのも利点。 倍率自体はオマケ程度なため、単体ではメリットは少ないが、効果ターンが長いことに加えて 他のDA率UPと枠が別枠に設定されているため、効果を重複させることができる。 効果時間は非常に長い。 他メンバーと 奥義の足並みが揃っていない時の調整などで重宝する。 TIPS:『敵のゲージを減少させるアビリティ』の仕様 敵のモードゲージを減らすアビリティは、敵の最大HPが一定値以上の場合、減少値が減る仕様となっている。 またこれらのアビリティには、『デュレーション系』と『デリリアム系』の2種類が存在する。 そのため敵のモードゲージが減っていくと、その分効果が少なくなっていく。 そのため、敵の状態によらず減少値が一定で、直接ブレイクさせることができるというメリットがある。 ジークフリートの注意点 1. Lv100で防御UPに変更されるまでは打たれ弱いため、自身の水ダメカや他キャラの支援が必要となる。 ジークフリートの総合評価 1. 攻撃面は高い水準でまとまっており、汎用性も高いため、 何かに特化したPTを組むまでは非常に編成に入りやすいキャラ。 2:真価は最終解放後だが序盤からも活躍可能 段階的に性能が強化されるキャラなため、序盤は真価を発揮しにくい性能。 とはいえ攻撃UPの効果自体は最初から有用なため、序盤のアタッカーとしては十分役に立つ性能。 打たれ弱い点もあるが、キャラが揃うまではHPに気を配りながら運用したい。 ただし背はこちらに向けたまま…。 ジークフリートの主な使い方 1:解放前は『マニガンス』と『ウーヴェ』を併用 最終解放前の『マニガンス』のデメリットは『ウーヴェ』による耐性UPである程度カバーできるため、 この2つのアビリティは同時に使うのが基本。 加えてマキラは追撃効果も付与可能なので、火力を更に高めることができる。 カリオストロのクリア、回復とジークフリートの水防御UPでしっかりとした耐久支援も行える組み合わせ。 相性の良い武器 連撃率の補強ができる「闘争」がおすすめ。 2アビ効果中は奥義ダメが上限を叩きやすいので「奥義上限」、または奥義追加ダメがアビダメ扱いなので「アビダメ上限」が相性が良い。 リミットボーナスのオススメ振り分け リミットボーナスの強化内容.

次の