花 と ゆめ パクリ。 花とゆめ

花のゆめ

花 と ゆめ パクリ

映画「メアリと魔女の花」が8月31日金曜ロードショーで放送されますが「声優が下手」「パクリでジブリ全部乗せ」など厳しい評価が。 でもやっぱり見てしまいます。 「メアリと魔女の花」原作はの児童向け文学「The Little Broomstick」。 ジブリ出身の米林宏昌監督が立ち上げ「スタジオポノック」で製作されましたが、原作にはないジブリのパクリが満載。 赤毛の少女メアリはある日、7年に1度しか咲かない禁断の魔法の花『夜間飛行』を発見。 花の力で一晩だけ魔法の力を授かりホウキに乗って魔法大学エンドアに迷い込むが、メアリのついたある嘘が原因で大切な人を巻き込む大事件に発展してしまう・・・「一歩踏み出す勇気」を描いた壮大なファンタジー! 声優は豪華俳優陣が結集したのに「棒読みで下手」と評価されています。 調べてました。 また「パクリでジブリ全部乗せ」という、何がどんな風にパクリで、なぜそうなったのかも調べてみました。 声優も豪華なので見る価値ありそうと期待する人も多かったです。 しかし視聴者からの評価は「棒読みばかりで下手」「感情の起伏が表現できてない」「声に張りがない」「話題性だけ」「キャラクターが声が合ってない」と厳しいものが多いです。 絵がアニメ絵なのに棒読みは、痛々しく感じる人さえいます。 また声優を務めた俳優陣に声の特徴がありすぎる人がいると、その俳優の顔が浮かんでしまって、キャラクターが声に食われてる状態になってしまうという評価も。 何をしても失敗ばかりで不安を抱えるなか、森で『夜間飛行』を見つけてエンドア大学へ迷い込む。 主人公メアリの声優は、女優の杉咲花さん。 声優経験はジブリ映画「思い出のマーニー」でヒロインを杏奈と親しくなるメガの少女・彩香役を務めましたが、主演は今回が初めて。 そんな杉咲花さんのメアリの評価は「今まで聞いた芸能人声優のなかで最低の棒読み」「下手くそ」など「棒読みで下手」という評価が多いです。 メアリは多感な11才なので喜怒哀楽が激しく、セリフも多い難しい役でした。 全身で演じる実写と違い声優は声だけの演技なので、アフレコでは意識的にメアリと同じ動きをして感情の起伏の表現に挑戦したのですが、うまくいかなかったみたいです。 メアリがついた小さな嘘によって大事件に巻き込まれ一緒に冒険をする。 神木隆之介さんの声優経験はジブリ映画『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『借りぐらしのアリエッティ』、細田守監督の『サマーウォーズ』、新海誠監督の『君の名は。 』など多くの大ヒット映画で声優を務めどれも高い評価を得てる俳優です。 ヒロインのメアリが酷評される一方で、ピーターを演じた神木隆之介さんは「神ってる声優」だと評価が高いです。 大竹しのぶさんは、米林監督作品では『借りぐらしのアリエッティ』に続く2作目の声優。 天海祐希さんはジブリ映画『崖の上のポニョ』や『名探偵コナン 純黒の悪夢』でも声優経験があり、今回は悪役演技。 大竹しのぶさんも天海祐希さんも評価は良かったです。 だからでしょうけど「下手、棒読み、顔が浮かんでしまう」と評価が低いです。 女優としては評価の高い満島ひかりさんでさえ、「あんまよくないと思った」「せっかくの山場で棒読みが残念」と評価されてます。 声優経験はピクサー映画『インサイド・ヘッド』のビンボン役などあるのですが、キャラクターに声は合ってるまでは良かったものの、やっぱり「棒読み」という評価です。 声優経験もたくさんあります。 セリフは上手なのですが、声の特徴がありすぎて顔が浮かんでしまい、キャラクターが声に食われてる状態になってしまいました。 「ミスキャスト」だと評価されてます。 もののけ姫とハウルとラピュタと魔女の宅急便と… とりあえず今までのジブリをぜんぶ混ぜたらできました。 — ヒデ eri9san 映画「メアリと魔女の花」は、「直球のファンタジーだった」「昔のジブリっぽくて嬉しい」という好意的な意見の一方で、「歴代ジブリのつぎはぎ」「ジブリのパクリ」という厳しい評価が多いです。 魔女は西村義明プロデューサーのアイデアで、米林監督は『魔女の宅急便』と比べられるから嫌がったのですが、原作小説を読んだら面白くて採用。 でも結果、パクリといわれることに。 魔女、ホウキ、黒猫が登場。 『魔女の宅急便』のパクリといわれても仕方ないです。 『夜間飛行』が青く輝くシーンが飛行石のパクリ。 メアリとピーターは、シータとパズーを連想させる。 そんな「スタジオポノック」を立ち上げたのは、スタジオジブリ出身の米林宏昌監督と西村義明ロデューサーです。 『思い出のマーニー』の米林監督。 4年後の2014年には西村義明プロデューサーと製作した映画『思い出のマーニー』が邦画1位の大ヒット! しかしその年、前年に宮崎駿監督が引退したことでスタジオジブリ制作部は解散・・・ 米林宏昌監督と西村義明Pの2人は宮崎駿監督から3つ教えを受けていました。 面白いこと 2. 作る意義があること 3. 映画を作り続けるためにちょっただけ儲かること スタジオジブリ無きあと、2人で2015年に「スタジオポノック」を起業して、ゼロからスタート。 あるのはジブリで20年間に渡って培った技術だけ。 東京都・武蔵野市にある机が3つしか小さなアニスタジオでした。 「スタジオポノック」のPONOCの意味は、クロアチア語で「新しい一日」の始まりである「午前0時」という意味。 ゼロからスタートにふさわしい言葉です。 「スタジオジブリの志を継いだ作品を作りたい(西村P)」「子供ちに見せるのであれば一番最初の一歩だからできるような力強い作品を作りたい(米林監督)」という想いのもと、役3年をかけて製作したのが、第1作目の長編アニメ年『メアリと魔女の花』でした。 米林監督が描きたかったのは「一歩踏み出す勇気」でした。 だからメアリという元気な女の子を描きました。 そして「ジブリの志を継いだ作品を作りたい」という想いから、原作にはない「ジブリ感」をオマージュとして演出。 これがパクリと呼ばれましたが。 絵がパクリと言われのも同じ理由で、ジブリ出身の2人が中心となり、ジブリと同じ手描きの表現にこだわって製作したから。 実は米林監督の作品は、淡々と進んでいくような展開のタイプです。 宮崎駿監督の愛弟子ですが、すべてを引き継いだわけではないようです。 宮崎駿監督が作っていたらきっと全然違うものになったと思います。 「サビの最後2行をもっと前向きにしてほしい」など歌詞の打ち合わせでは西村Pから注文が入ったり、SEKAI NO OWARIのメンバーは何度も打ち合わせを重ねて制作したそうです。 その甲斐あって主題歌は映画の世界観に合った素敵な曲になりました。

次の

少女誌「花とゆめ」、掲載作品めぐり謝罪 有名作家と絵柄酷似...「本来なら掲載を中止しなければならなかった」: J

花 と ゆめ パクリ

少女漫画雑誌『花とゆめ』(白泉社)の編集長は2019年7月5日、掲載した作品で他の作品と酷似した表現があったとして謝罪した。 お詫び文では、編集部が率先し表現を似せるよう誘導したとして、「すべて編集部の意識・認識の甘さによるものです」と説明する。 種村有菜さんとの類似指摘... 本人もSNSで反応 公式サイトに掲載された編集長名義のお詫び文によれば、6月20日発売の『花とゆめ14号』の読みきり作品で、主人公の女性キャラクターが、ほかの作品のキャラクターと酷似しているとの指摘があったという。 作品名は明かしていないものの、同号に掲載された『ロマンスとバトル』をめぐっては、人気・種村有菜さんと絵柄などが似ているとして、SNS上ではさまざまな声が寄せられていた。 公式サイトでは、「少女漫画の主人公が少年漫画に異世界転生!?」とのキャッチで紹介されていた。 ツイッター利用者の「これは種村先生的にはいいの? 私は種村先生のファンだからなんか引っかかるものがある」などとの質問に、種村さんは「ちょっと驚いています。 全く知らない方です... 」とツイートしていた。 種村さんは白泉社から多数の作品を刊行している。 お詫び文では、「編集部が率先して先生の絵柄に近しい方向へと誘導した結果のものであり、本来なら掲載を中止しなければならない程、酷似していたにも関わらず、雑誌に掲載するという過ちをおかしてしまいました」と経緯を説明し、 「この度読者の皆様をお騒がせしてしまった原因は、すべて編集部の意識・認識の甘さによるものです。 花とゆめをご愛読頂いている皆様の信頼を損なってしまいましたこと、誠に申し訳ありませんでした」 などと謝罪した。 『花とゆめ14号』は電子版でも配信されていたが、5日までに販売ページで「紙版に掲載されていたよみきり『ロマンスとバトル』は未掲載となります」と記載された。 外部サイト.

次の

神様はじめました 1 (花とゆめコミックス)

花 と ゆめ パクリ

前もってのお知らせがまったくなかったこともあり、今号の別花を見て驚いた方が多いと思いますが、別冊花とゆめは本日発売の7月号で休刊になります。 私個人のお仕事については、「桜の花の紅茶王子」は今月号で最終回を迎えるので問題ないとして。 同じく別花に不定期に掲載されていた「in JACK out」の方は、掲載場所を変えて描き続けさせてもらえることになっています。 新しい掲載誌が決定し次第おしらせいたします。 同じく別花で製作、マンガParkで公開、という形式をとっていた「金色のマビノギオン」は、今後もマンガParkで公開されます。 一時休載などの予定もありません。 それ以外は、今後「花ゆめAi」(今年の秋に刊行される白泉社の新しいWeb雑誌)で新作の連載を開始する予定も立っているので、そちらも情報公開できる時期になったら、すぐにこのブログや公式ツイッターでおしらせします。 私個人の今後の話は以上です。 ここからは別花の休刊のお話。 別花の休刊、寝耳に水だった人がほとんどだと思います。 私が本誌の花ゆめから別花に移ってきたのは、隔月刊から月刊化に、サイズもそれまでのA5版からB5版に上がった、2006年のリニューアル号の時でした。 作品的には「空色海岸」の連載スタート時期です。 それから12年もの間お世話になっていた雑誌でもあるし、40年以上続いた雑誌の休刊に立ち会うことになってしまったことも残念です。 白泉社さんの雑誌に初めて掲載してもらったのが17歳か18歳の時で、それから28年ほどお仕事を頂いていましたが、自分が連載をしていた雑誌が休刊になるというのは実は初めての経験で、知らせを聞いてから気持ちを落ち着けるまでにだいぶかかりました。 最近厳しいという話は知っていたものの、歴史のある雑誌だしまだ頑張れるんじゃないか、微力ながら私も頑張ってお仕事しよう、と思っていたところに休刊のお話を聞いたので、とても残念でしたし、それ以上に色々と申し訳なさを感じました。 12年もの間途切れず連載をさせて頂いていた作家の一人として、力になれなくてすみませんでしたという気持ちが強く、編集部にもですが、毎月別花を買い続けてくださっていた読者さんに対して一番そう感じました。 桜紅茶の連載を終了させるためのスケジュールは別花の休刊が決まるだいぶ前から決まっていて、お話できないこともあって上手く言えないのですが、休刊号と桜紅茶の最終回の号をあえてそろえていただけたのがありがたいと思いました。 今月号に掲載された桜紅茶の最終回は、自分でもとても納得いく内容に描けました。 別花の休刊の号にそんなふうに自信を持って出せる原稿を描けたことにも満足しています。 休刊の報告を受けた当初は、40年以上続いた雑誌でも休刊になってしまうんだ、漫画業界の先細り怖い、と咄嗟に感じてしまいました。 でも先細りなのではなく、紙から電子媒体へ向けての転換期なのだと考えようと、すぐに切り替えました。 気持ちが追いついていないだけで、多分事実だろうとも思うし。 だって我が家で一番のマンガ読みの私だって、今は紙より電子でコミックス買う方がちょっと多いよね?と我が身を振り返ってみたりもしました。 いま、紙の少女漫画雑誌を買う人はどんどん減っています。 SNSがなかった時代、雑誌だけが若手作家の宣伝媒体でした。 その頃の紙の雑誌は、人気のある連載作品目当てに買う読者さんに若手の作品が認知されるための唯一の場所で、私もそうやって読者さんに名前を覚えてもらった新人作家の一人でした。 それだけに、これから読者さんを獲得していかなければならない若手の人たちにはほんとに大変な時代になったなと思います。 雑誌が紙から電子に移行する流れになっただけで、紙の雑誌の時と同じように電子雑誌にも若手の作品は載るのだから同じことでは?と思いきや、紙の雑誌と違って電子雑誌は、目当ての作家さんの作品を単体で買ったり読んだりができてしまうので、やはり紙の雑誌の時代のような宣伝効果は薄れます。 でも逆に今は昔と違って、SNSでセルフプロデュースして注目を浴びて、という名の売り方はできます。 そういうのが苦手だ、できれば漫画だけ描いていたい、と言う根っからの作家さんには厳しい環境でもありますが、それも本当に時代の流れと割り切るべきなんだろうな。 紙の雑誌やコミックスは、今後もなくなりはしないです。 音楽のDL購入が主流になってもCDもアナログレコードも売られているし、交通手段として車や電車しか使われなくなったとしても、馬車も馬も人力車も消えていません。 いまよりも懐古趣味的な位置づけになってしまうとは思いますが、それでも紙の本は残ると思うし、もうそれでいいかな、今後はそういう時代なんだな、と思います。 手元に置いてパラパラ眺める楽しみ方もしたい大事な漫画は、今後も手に入れられるのなら私は紙で買い続けるし、私の読者さんにも「山田さんの作品は紙で読みたい」と言ってもらえたら幸せだから、ますますがんばろうという気持ちになれるかもしれない。 私は作家として、これからも精一杯面白い漫画を描くことで漫画業界のすみっこで貢献していきたいですし(私自身凄い漫画読みなので、買って読むほうでもきっと貢献してるけども)、読者さんは買って読むこと、新しい作家さんを発掘すること、好きな作品を大事にすることで貢献していただけたらな、と思います。

次の