エンペラー タイム。 グリパチのエンペラー設定とは?エンペラーにするにはどうすればよい?

絶対時間(エンペラータイム)

エンペラー タイム

このコラムを開かれた方、どうも てんてんです。 そこの人、誤クリックしたからってすぐブラウザバックしないで;; というわけで、今日は逆エンペラータイムに入ってしまったなーというこれまたオカルトじみた話です。 さぁ、話を進める前にエンペラータイムってまずなんだよ!という人もいると思います。 発動時には瞳が緋の目と呼ばれる赤いような色になり、自分の習得したものであれば100%能力を発揮することができるというものです。 元ネタは上記に書いたものですが、パチやスロでのエンペラータイムは大体次の状態だと思うんです。 (そう呼んでいるだけで明確な定義はなかったと思うので) つまりは、ゾーン抜けてるからもうほぼ天井?設定の値が1としか考えられない?そんな細かいことは知らん!!っといって座って大勝ちしたり、その日4万~5万負けの状態でさすがにとりかえすのは厳しいんじゃないかい?なんて状況でもなぜかちょっとプラスで終われたり。 引きがおかしいぐらい強いとかいつもかみ合わない部分がかみあって大きな波がつくれたりとかっていう日が続く。 ざっくりと言ってしまえば、どんな立ち回りしても最終的にはなぜかプラスで終わっている。 上記のことが数日間なり続く。 打てども打てども負けない!そんな状態がエンペラータイム。 なんて素晴らしいんだエンペラータイム! しかしですね、ここでタイトルをみていただきたい。 逆エンペラータイム。 「逆」エンペラータイム。 大事なことなので2回書きました。 ついでに2回目のは強調してみました。 そう、そんななにやっても調子いい!ヒャッハー!な状態とは違い この逆エンペラータイムはなにやってもどうやっても駄目!! ゾーン狙い?抜ける! 天井狙い?天井にそれなりの恩恵があるなら天井直前であたる、なければ天井までもってかれる。 そのあとはもちろん何もなく駆け抜け! パチでも、初当たりが100%通常。 20%とかぐらいしか振り分けないはずなのにそれが7~8回続く、そして確変なんてものは拝むことができない。 もっとひどいと当たりすらしない。 スロのAタイプなら青天井、写メレベルのハマりを叩き出す。 そんな状態が続く、続く、続く!!今パチだったら擬似4ですね。 逆エンペラータイム当選したかもですね。 どうやらこの逆エンペラータイムなる能力を現在100%発揮できてしまっているのか習得してしまったのか、1パチの甘スペックで10k突っ込んでも 当たりません。 もう一回言いますね。 「当たりません」。 3日連続でそうなっている私が言います、当たりません。 そのかわり熱い演出はたくさんみせてくれます、台が煽ってきます。 やばいよ激アツだよ~、4大演出の一つでちゃってるよ~、役物完成させちゃうよー、保留の色もおまけだ熱いやつにしてやるよー、しょうがないから擬似3もつけちゃうってな具合に演出はみれます。 でも当たりません。 見たことない激アツ演出が見たい人でお金に余裕がある人は逆にこのタイミングがチャンスなわけです。 本家のエンペラータイムでは瞳の色が赤いような色になりますが、逆エンペラータイムではもう血走ったような目になって白目のところが赤くなってしまうかもしれない。 さて、何が困るって当たらないとかそういうのも困るといえば困るんですが、それはホールに行かなきゃ良いで対応ができるんです。 なんとか。 でもですね、この逆エンペラータイム、本家さんと違って任意でなんて発動していません。 つまり解除方法がわかりません。 お手上げです。 まぁ、みんなこんなことぐらい経験したことがあるだろうと思ってコラム書く内容じゃないなって思ってたんですけどね・・・。 このパチ7のサイトに会員限定のポイントで景品応募できるパチポイントのコーナーあるじゃないですか?あそこでポイントと時間でもらえるコインでスロットの擬似遊戯っぽいことができるんですよ。 まぁプッシュボタンを押したらリールが動いて勝手にとまってっていうやつですけど。 まぁ、レートが一番高いの選びますよね? いつもは画面にほどほど?とか激アツ!?とか表示されるのに 確定!!ドーン!!って白マスクの人が言っているんですよ。 ええ、7揃いましたよ。 揃いましたとも。 揃っちゃいましたとも。 これね、嬉しいことじゃないって言える人は幸せな人です。 ここでただでさえ枯渇してる運つかったらだめじゃああああんってなるのが逆エンペラータイムになっている人の状態です。 発狂するか、布団にくるまって枕を涙で濡らすぐらいの悲しさです。 ホールでやれよおおおって叫びたくなる状態です。 くそ~、白マスクめ・・・。 白マスクめ・・・。

次の

絶対時間(エンペラータイム)

エンペラー タイム

絶対時間の発動と能力 絶対時間(エンペラータイム)。 クラピカが緋の眼の時に 発動することが出来る能力。 能力と言っても、 これは覚えたものではなく、 先天的にオーラの質が 緋の眼の時と通常時で 異なることに起因する。 通常時は、 具現化系の能力者である クラピカ。 しかし、 緋の眼の時は、 特質系の能力者となる。 その能力の中身は、 クラピカが最初に使用した 時に説明している。 「どの系統の能力も100%引き出せる」(9巻より) これは各能力を 修得に合わせて 使用出来るというもの。 よく勘違いされがちなのは、 各念能力者が最高値まで極めた レベルまで使用できる というものではないということ。 要するに、 エンペラータイムでも 強化系でネテロ会長みたいな 強さになるのかと言えば そういうことではない。 あくまでも自分が修得した レベルをMAXで引き出せる。 隣同士の関係で言えば、 ど真ん中の強化系なら 修得率は以下になる。 強化を100 変化と放出が80 操作系と具現化系が60 特質系は0となる。 特質系については、 修得という概念がないもので 操作系や具現化系の 隣にいる系統の者でも 修得率はゼロとなる。 クラピカは具現化系。 となれば、 イズナビが説明していた通り、 修得率で言えば 具現化系 100 変化系 80 操作・強化系 60 放出系 40 これがクラピカの 修得率。 修得率というのを簡単に言えば、 素材が全く同じだとして、 全く同じ修行をした時に 得られる能力の差という発想で 間違っていないだろう。 100の修行をして、 100の修得が可能なのが 具現化系ということになる。 (クラピカの場合) 同じように100の修行をしても、 80しか能力として修得出来ない。 つまり、 80%分しか強くなれないのが 変化系ということになる。 ゴンの場合は、 放出系よりの強化系なので、 強化系が95くらいで 放出系が85くらい、 変化系は75くらいって 感じになるのだろう。 念の使用率。 これが、 エンペラータイムでは 大きく関わってくる。 修得率については、 今の様に隣同士で同じ修行でも 得られる強さが異なる というのが分かった。 続いて使用率。 これも、 同じようなもの。 隣同士で、 同じ割合になる。 クラピカなら、 具現化系 100 変化系 80 操作・強化系 60 放出系 40 となる。 これが何を示しているのか。 修得したものを どの程度の割合で 使用出来るかというもの。 この場合クラピカなら、 100の修行で得た、 100の修得した念を、 100引き出すことが出来る。 つまり、 具現化系の能力なら、 100%引き出せるということに なってくる。 RPGなどの発想におきかえると わかりやすいかもしれない。 クラピカは 修行で経験値を100得るとする。 その100という経験値で 具現化系のLVが100になる。 この具現化系は攻撃技で LV100だと相手に100のダメージを 与えることが出来る。 クラピカは100%引き出せるので そのまま相手に100のダメージを 与えられる。 しかし、 これをキルアでやってみると こうなる。 キルアは変化系。 変化系は具現化系の隣なので、 80の修得率となる。 クラピカと同じ修行をした キルアは同じように 経験値を100得る。 しかし、 キルアについては、 LVが上がりにくい (修得率が低い)ので、 具現化系のLVは80までしか 同じ経験地でも上がらない。 更に、 使用率も80%となるため、 本来ならLV80は80の ダメージが与えられるのだが、 80の80%で64のダメージになる。 こう考えると、 同じ修行をして、 クラピカとキルアの ダメージの差は 100と64。 約3分の2まで減少する。 これが2つ隣になると、 致命的と言える差になる。 強化系のゴンが 具現化系になると、 この差は 100と36。 目も当てられない。 ちなみに、 クラピカとレオリオが 放出系勝負をしたら悲劇。 レオリオは放出系なので 先の例なら100。 しかし、 クラピカは真逆。 40の修得率に 40の使用率。 16と100。 もはや覚えるのが無駄 と言えるレベルにまで 落ち込んでしまう。 だからこそ、 鎖を切り離して使う(放出) ジャッジメントチェーンは 緋の眼のエンペラータイムを 利用することでしか 使えなかったのだ。 これは、 前述した使用率の部分を 100%にすることが出来る。 それが、 エンペラータイムになる。 先程の例だと、 16にまで下がってしまった クラピカの放出系。 16と40では2. 5倍の開きがある。 緋の眼の時は 特質系という 話だったからこの状態で 修練すれば 放出系などは2つ隣で 60まで修得率を 引き上げられるのでは という風に考えられなくもない。 しかし、 エンペラータイムの制約は それを許すものではなかった。 そのエンペラータイムを 利用した時に、 初めて分かったこの 絶対時間の制約。 かなり有効な技だけに、 使っているとフラついたり、 寝込んだりしていたクラピカ。 実は、 疲れてしまうといった 燃費に関するものだけでなく、 大きなリスクを伴っていた。 それが、 「寿命の短縮」 実は、 エンペラータイムは 1秒継続すると1時間寿命が縮む。 60秒で60時間、 2. 5日の寿命短縮。 1時間使用すれば、 150日。 1日使用すれば、 9年と315日。 (うるう日は計算せず) 1週間使用すれば、 約69年。 使用時間が増えれば、 それだけクラピカはシに 近づくことになる。 旅団編でも かなりの時間で エンペラータイムを 使用していた。 王位継承の前にも 同じようにあらゆる場面で 利用していたのだと すれば、 ひょっとしたらすでに 合計で一週間ほどは 使っているのかもしれない。 だとすれば、 クラピカの残りの寿命は そこまで多くないとも 考えられる。 念能力者はいつまでも 若々しく、 かなりの長寿というのも また事実。 150歳くらいまで 生きられるのだとすれば、 まだまだ余命はあると 言えそうだが、 それでも同じペースで エンペラータイムを 使用したらそうもいかない。 やはり、 暗黒大陸にある希望は 各メンバーのために用意 された伏線なのか。 ニトロ米。 長寿食であるこれ。 クラピカの寿命が残り 僅かとなり、 救うために誰かが取りに行く。 そんな展開は十分に 考えられるだろう。

次の

【モンスト攻略】エンペラータイムSSが強力!クラピカの評価と適正クエスト [ファミ通App]

エンペラー タイム

絶対時間の発動と能力 絶対時間(エンペラータイム)。 クラピカが緋の眼の時に 発動することが出来る能力。 能力と言っても、 これは覚えたものではなく、 先天的にオーラの質が 緋の眼の時と通常時で 異なることに起因する。 通常時は、 具現化系の能力者である クラピカ。 しかし、 緋の眼の時は、 特質系の能力者となる。 その能力の中身は、 クラピカが最初に使用した 時に説明している。 「どの系統の能力も100%引き出せる」(9巻より) これは各能力を 修得に合わせて 使用出来るというもの。 よく勘違いされがちなのは、 各念能力者が最高値まで極めた レベルまで使用できる というものではないということ。 要するに、 エンペラータイムでも 強化系でネテロ会長みたいな 強さになるのかと言えば そういうことではない。 あくまでも自分が修得した レベルをMAXで引き出せる。 隣同士の関係で言えば、 ど真ん中の強化系なら 修得率は以下になる。 強化を100 変化と放出が80 操作系と具現化系が60 特質系は0となる。 特質系については、 修得という概念がないもので 操作系や具現化系の 隣にいる系統の者でも 修得率はゼロとなる。 クラピカは具現化系。 となれば、 イズナビが説明していた通り、 修得率で言えば 具現化系 100 変化系 80 操作・強化系 60 放出系 40 これがクラピカの 修得率。 修得率というのを簡単に言えば、 素材が全く同じだとして、 全く同じ修行をした時に 得られる能力の差という発想で 間違っていないだろう。 100の修行をして、 100の修得が可能なのが 具現化系ということになる。 (クラピカの場合) 同じように100の修行をしても、 80しか能力として修得出来ない。 つまり、 80%分しか強くなれないのが 変化系ということになる。 ゴンの場合は、 放出系よりの強化系なので、 強化系が95くらいで 放出系が85くらい、 変化系は75くらいって 感じになるのだろう。 念の使用率。 これが、 エンペラータイムでは 大きく関わってくる。 修得率については、 今の様に隣同士で同じ修行でも 得られる強さが異なる というのが分かった。 続いて使用率。 これも、 同じようなもの。 隣同士で、 同じ割合になる。 クラピカなら、 具現化系 100 変化系 80 操作・強化系 60 放出系 40 となる。 これが何を示しているのか。 修得したものを どの程度の割合で 使用出来るかというもの。 この場合クラピカなら、 100の修行で得た、 100の修得した念を、 100引き出すことが出来る。 つまり、 具現化系の能力なら、 100%引き出せるということに なってくる。 RPGなどの発想におきかえると わかりやすいかもしれない。 クラピカは 修行で経験値を100得るとする。 その100という経験値で 具現化系のLVが100になる。 この具現化系は攻撃技で LV100だと相手に100のダメージを 与えることが出来る。 クラピカは100%引き出せるので そのまま相手に100のダメージを 与えられる。 しかし、 これをキルアでやってみると こうなる。 キルアは変化系。 変化系は具現化系の隣なので、 80の修得率となる。 クラピカと同じ修行をした キルアは同じように 経験値を100得る。 しかし、 キルアについては、 LVが上がりにくい (修得率が低い)ので、 具現化系のLVは80までしか 同じ経験地でも上がらない。 更に、 使用率も80%となるため、 本来ならLV80は80の ダメージが与えられるのだが、 80の80%で64のダメージになる。 こう考えると、 同じ修行をして、 クラピカとキルアの ダメージの差は 100と64。 約3分の2まで減少する。 これが2つ隣になると、 致命的と言える差になる。 強化系のゴンが 具現化系になると、 この差は 100と36。 目も当てられない。 ちなみに、 クラピカとレオリオが 放出系勝負をしたら悲劇。 レオリオは放出系なので 先の例なら100。 しかし、 クラピカは真逆。 40の修得率に 40の使用率。 16と100。 もはや覚えるのが無駄 と言えるレベルにまで 落ち込んでしまう。 だからこそ、 鎖を切り離して使う(放出) ジャッジメントチェーンは 緋の眼のエンペラータイムを 利用することでしか 使えなかったのだ。 これは、 前述した使用率の部分を 100%にすることが出来る。 それが、 エンペラータイムになる。 先程の例だと、 16にまで下がってしまった クラピカの放出系。 16と40では2. 5倍の開きがある。 緋の眼の時は 特質系という 話だったからこの状態で 修練すれば 放出系などは2つ隣で 60まで修得率を 引き上げられるのでは という風に考えられなくもない。 しかし、 エンペラータイムの制約は それを許すものではなかった。 そのエンペラータイムを 利用した時に、 初めて分かったこの 絶対時間の制約。 かなり有効な技だけに、 使っているとフラついたり、 寝込んだりしていたクラピカ。 実は、 疲れてしまうといった 燃費に関するものだけでなく、 大きなリスクを伴っていた。 それが、 「寿命の短縮」 実は、 エンペラータイムは 1秒継続すると1時間寿命が縮む。 60秒で60時間、 2. 5日の寿命短縮。 1時間使用すれば、 150日。 1日使用すれば、 9年と315日。 (うるう日は計算せず) 1週間使用すれば、 約69年。 使用時間が増えれば、 それだけクラピカはシに 近づくことになる。 旅団編でも かなりの時間で エンペラータイムを 使用していた。 王位継承の前にも 同じようにあらゆる場面で 利用していたのだと すれば、 ひょっとしたらすでに 合計で一週間ほどは 使っているのかもしれない。 だとすれば、 クラピカの残りの寿命は そこまで多くないとも 考えられる。 念能力者はいつまでも 若々しく、 かなりの長寿というのも また事実。 150歳くらいまで 生きられるのだとすれば、 まだまだ余命はあると 言えそうだが、 それでも同じペースで エンペラータイムを 使用したらそうもいかない。 やはり、 暗黒大陸にある希望は 各メンバーのために用意 された伏線なのか。 ニトロ米。 長寿食であるこれ。 クラピカの寿命が残り 僅かとなり、 救うために誰かが取りに行く。 そんな展開は十分に 考えられるだろう。

次の