ピン 留め サイト。 これは便利!Windows 7+IE 9の「ピン留め」機能 [Internet Explorerの使い方] All About

IE11でピン留めでないショートカットを作れない。

ピン 留め サイト

普段よく使うサイトはどのように管理させていますか? ほとんどの場合、ブラウザの「おきにいり」「ブックマーク」などに登録していたりしていますよね。 他にも、ダイレクトにサイトを表示させたい場合にはを作ったりしているはずです。 ですが、サイトのショートカットアイコンを作りすぎてしまうとデスクトップ画面にアイコンが増えすぎて、使い勝手が悪くなることもあります。 Windows 10 では、スタート画面にタイル表示でアプリやサイトのアイコンを登録することができるので、サイトのショートカットアイコンはスタート画面にピン留めましょう。 デスクトップも広くなり、サイトのアイコンも管理しやすくなります。 この記事では、サイトのアイコンを作って、スタートにタイル表示をさせる方法を紹介します。 Google Chrome スタート画面にサイトのアイコンを作る方法 1 サイトのアイコンを作る Google Chromeを起動させ、目的のサイトを表示します。 ショートカットを作成する確認画面が表示されます。 デスクトップ画面にサイトのアイコンが表示されます。 スタート画面にサイトのアイコンが出来ているか確認してみましょう。 画面左下のスタート「Windowsマーク」をクリックまたは、キーボードから「Windowsキー」を押すと、スタート画面が表示されます。 「最近追加されたもの」の削除方法 サイトのアイコンが追加できれば「最近追加されたもの」は必要なくなります。 一覧から削除する手順を紹介しておきます。 Microsoft Edge スタート画面にサイトのアイコンを作る方法 Microsoft Edge を起動させ、目的のサイトを表示します。 タイルをスタートにピン留めする為の確認画面が表示されます。 「 はい」をクリックしてスタートにピン留めを行います。 スタート画面にサイトのアイコンが出来ているか確認してみましょう。 画面左下のスタート「Windowsマーク」をクリックまたは、キーボードから「Windowsキー」を押すと、スタート画面が表示されます。 Microsoft Edge で起動するサイトのアイコンが追加表示されました。 まとめ 以前、サイト内の記事でを紹介しました。 デスクトップにアイコンを作っても使い勝手は良いのですが、Windows 10では、スタート画面にタイル表示でアイコンを置くことができます。 デスクトップを広く使う事ができるので、用途によってはスタート画面にアイコンを置く方がいい場合もありますね。 もちろん、ブラウザに対応したアイコンを作りますので、表示されるサイトはブラウザごとに表示されます。 私の場合には、ブログの表示をブラウザごとに確認したい時に使っています。 非常に便利です。 スタートを表示させてから起動させるので、デスクトップのアイコンよりも起動に一手間かかりますが、キーボードの【Windows】キーを押すだけなのであまり負担にはなりません。 誤クリック防止と考えています。 以上、Webサイトをスタート画面にピン留めする方法の紹介記事でした。

次の

Windows 10 : タスクバーにフォルダをピン留めする方法

ピン 留め サイト

Windows 7 や Windows 8 では、Internet Explore 9 以降のバージョンで表示したサイトをデスクトップのタスクバーに「ピン留め」できます。 いったんサイトをピン留めすると、次からはそのピン留めされたアイコンをクリックするだけで既存の Internet Explrer のウィンドウとは別に直接 Web サイトのウィンドウを開くことができます。 ピン留めサイト自体については以下のように色々と資料があるので、そちらをご覧ください。 Internet Explorer 9 の新機能 ピン留めサイト• Web サイトをタスク バーに表示する• サイトの固定• 「ピン留め」を使って 1 クリックで Web サイトにアクセスする IE9• Internet Explorer 9 とピン留めサイト• 固定サイト: Windows 7 デスクトップの Internet Explorer 9 との統合• この WebSite ショーカットは従来の URL ショートカットと異なり、ピン留めされたサイトと同様、既存の Internet Explrer のウィンドウとは別に直接 Web サイトのウィンドウを開きます。 参考 : IE9で従来と同じインターネット・ショートカットを作成する タスクバーにピン留めしたサイトや WebSite ショートカットからは、通常に起動した Internt Explorer とは以下の点が異なります。 右側の [ホーム] ボタンが削除され、Web サイトのアイコン お気に入りアイコン が [ 戻る] [ 進む] ボタンの左側に表示されてます。 サイトのアイコンをクリックすると、サイトのホーム ページに戻ります• [戻る] ボタンと [進む] ボタンには、サイトのアイコンの基調色が使われます。 この色はサイトの制作者がサイトのメタデータで色を指定できます• 起動したすべてのウィンドウとタブは、他の Internet Explorer のインスタンスとは別に、タスク バー上で 1 つのグループとして扱われます• BHO やツール バーなどが読み込まれません Flash などの ActiveX は利用可能です こうした「ピン留めされた」サイトについての追加情報 Tips を二つ解説します。 ホームページを追加する ピン留めされたサイトでは、通常の Internet Explorer のホーム ページの設定に関わらず、常にピン留めしたサイトがホームページとして機能します。 ページを開いてから別のページに移動し、その後で [ 戻る] [ 進む] ボタンの左側に表示されるサイトのアイコンをクリックすると、最初に表示したピン留めしたサイトのページが表示されます。 この「ピン留め」されたホームページを追加することができます。 ホームページを追加すると、最初にピン留めしたサイト以外の別のページも、タスクバーにピン留めしたアイコンや WebSite ショートカットから一緒に開くことができます。 ピン留めサイトにホームページを追加するには、ピン留めサイトを開き、[ ツール] — [ インターネット オプション] を選択して [ インターネット オプション] の [ 全般] タブを開きます。 「 さらにホーム ページを追加するには、それぞれのアドレスを行を分けて入力してください」と表示されているので、普通にホームページを設定する場合と同じ手順で追加します。 これで次にピン留めサイトを開くと、元々のピン留めしたサイト以外に追加したページのタブも同時に開きます。 ウィンドウの設定を変更する 通常の Internet Explorer のウィンドウと、ピン留めしたサイトのウィンドウは、別々にウィンドウの設定を行うことができます。 別々にできるのは以下のような設定です。 常にメニューバーを表示するかどうか• コマンド バーを表示するかどうか• お気に入り バーを表示するかどうかなど、お気に入りバーの設定• お気に入りセンターを常にウィンドウの右側に表示するか、などお気に入りセンターの設定• タブ バーをアドレスバーと別の行に表示するかどうか• 特定のピン留めサイトだけ設定を変える、という事はできません。

次の

ピン留めサイトの Tips

ピン 留め サイト

サイトを固定(ピン留めサイト) IE9 のお気に入りバーに追加とサイトを固定 の続きです。 Internet Explorer 9(インターネット エクスプローラー 9)の使い方を見てみたいと思います。 Internet Explorer を起動したときに複数のページが表示されて困る場合は、ホームページに URL が複数設定されていないか確認して下さい。 複数ページを開いたほうが良い場合は、ホームページを追加で設定することもできます。 スポンサーリンク メニューバー部分のカスタマイズ ブラウザ上部の 空白部分を右クリックすると、上の画像のとおりメニューが表示されます。 チェックを入れると表示されます。 ツールバーを固定するのチェックを外すと、バーをドラッグ&ドロップで移動することができます。 頻繁に訪問するウェブサイトは、 お気に入りバーに追加しておくとアクセスしやすくなります。 「メニューバーを右クリック」-「お気に入りバーにチェック」-「お気に入りバーに追加(星のアイコン)を選択」で、次々とお気に入りバーに追加できます。 お気に入りバーの表示がいっぱいになると、右端のプルダウンメニューから追加したウェブサイトを表示できます。 1回のクリックで目的のウェブサイトへ移動できるので便利です。 お気に入りバーへの追加は、 URL 左横のアイコン(ファビコン)をドラッグ&ドロップすることでも追加できます。 お気に入りバー内のアイコンも、ドラッグ&ドロップで順番を入れ替えることができます。 タスクバーにサイトを固定(ピン留めサイト) お気に入りバーへの追加は、ブラウザを開いているときに素早く目的のサイトにアクセスできる機能です。 タスクバーにサイトを固定(ピン留めサイト)は、タスクバーから直接アクセスできるのでブラウザを先に開いておく必要はありません。 タスクバーにサイトを固定する方法は、 URL 左横のアイコン(ファビコン)をタスクバーにドラッグ&ドロップするだけです。 タスクバーまでファビコンをドラッグすると、上の画像のように 「タスクバーに表示する」と表示されます。 タスクバーからピン留めしたサイトを起動すると、アイコンの基本色が反映されたブラウザが開きます。 タスクバーに追加することで、お気に入りのウェブサイトにより早くアクセスできる便利な機能です。

次の