田宮陽子さん。 田宮陽子さんのプロフィールページ

田宮陽子さんのブログについて読んでいる方いますか?他の方も質問されてたと思...

田宮陽子さん

スポンサードリンク 人生で何が嫌なことや大変なこと、困難な事があると、人は不安になったり怖くなったりして、問題が更にこじれる悪循環が起こると言われてました。 あーまさに。 私のこじれるパターンは全てこれ。 無駄に考えすぎる事で小さな問題だったのがいつのまにかどでかい問題になってる。 こんがらがって手が付けられないくらい。 そんな時に、一つ神様は宿題を出したそう。 それは、「困難な時ほど、安心する材料を見つける事。 」 スポンサードリンク 具体的に我が家では• 息子がまた部活で頭を強打した。 娘がスマホを8時間も見ていて不安になったから、注意したら心を閉ざされた。 また体調悪くした中学生の頃がよぎる。 先ずは体調見て安静に。 次の日も痛みがあったら病院へ。 と言うか判断が出来るようになってる。 あと、昔は休ませると言えなかったけど、子供の健康第一で、母親が参加するか欠席するかを決めなきゃいけないと気付けている。 そして、休ませますと連絡する勇気が持てた。 進歩!=母力上がってる。 安心した。 また傷つけるダメ母だと責める。 何でスマホ画面を週に8時間も見てるのかも、理由を教えてくれたし、なるべくスマホを見なくても大丈夫なように、自分なりに工夫してる事も教えてくれた。 私に刃向かってくれれば良いと伝えたら、泣けるようになったし、涙を流せるようになって、前よりは出せるようになったんだと教えてくれた。 逃げなくなったな。 どんな娘も受け止める覚悟だけは出来た。 母として成長した事も確認出来た。 娘が以前よりは苦しかった事や悲しかった事を話してくれるようになった。 昔は溜め込んでて辛かっただろうな。 人の話を聞くことは難しいなぁ。 私も成長出来るから。 と言う感じに、最悪の事態から希望を持てるようになって、安心したんだ。 スポンサードリンク 「最悪の事態が起こったらその中の良かったことを見つけて安心しよう!」これ、すごく良い。 おススメです。 子供にあれこれ言いたくなるときは自分のこと大切に出来てない時だ。 不満が溜まってる時。 人生上がったり下がったりみんな色々あって当たり前。 楽観的に受け止められるようになりたいな。 鬱になりやすい思考の持ち主、私の心の変化を書いていきたいと思う。 良かったらお付き合いください。 私の心をご機嫌にしてくれるもの、最近はリフ編み。

次の

「わかちあいの会」というセミナーに参加して~田宮陽子さん~

田宮陽子さん

【田宮陽子(たみやようこ)/プロフィール】 エッセイスト。 ㈱光出版 代表取締役。 雑誌・書籍の編集者時代、1000人を超える「成功者」を取材。 その後、斎藤一人氏の本の編集協力を経て、エッセイストとして独立。 毎日更新しているブログが1日平均30万アクセスを集め、アメーバ人気ブログランキング「占い・スピリチュアル部門」で1位を獲得。 著書に『運命の人…あなたに愛の奇跡を起こす本』(マキノ出版)『見た目を磨くとすべてがうまくいく!』(永岡書店)『なぜか神様が味方する すごい!金運の引き寄せ方』PHP研究所)などがある。 パートナーの西田普氏と共に㈱光出版を立ち上げ、インターネットマガジンを「アマテラス!」を2019年2月に創刊。 田宮陽子ブログ インターネットマガジン「アマテラス!」 【西田普(にしだあまね)/プロフィール】 1972年生まれ。 早稲田大学卒業。 ㈱光出版 代表取締役。 月刊『ゆほびか』編集長を務めるとともに、季刊誌『ゆほびかGOLD幸せなお金持ちになる本』を創刊し、編集長を兼務 〜2019年9月、ともにマキノ出版。 書籍ムックの企画編集も手がける。 健康・開運をテーマしたブログがアメーバ人気ブログランキング「自己啓発ジャンル」で1位を獲得。 現在、アメーバオフィシャルプロフェッショナル部門で、月間のアクセス数は315万。 著書に「あなたがお空の上で決めてきたこと」(永岡書店)。 パートナーの田宮陽子氏と共に㈱光出版を立ち上げ、インターネットマガジン「アマテラス!」を2019年2月に創刊。 西田普ブログ インターネットマガジン「アマテラス!」 【有料コラボワークショップ】「スピリチュアルパートナーシップの見つけ方・育て方」 2019年夏は あなたの運気に 「変化のきざし」が訪れるとき。 あなたのパートナーシップも 受けとる準備が整った人から 動き始めることでしょう。 いま、この文章を目にしているあなたは 「スピリチュアルパートナーシップ」 という、 人生において最も謎に満ちた 大切なテーマを学ぶことになるかもしれません。 「スピリチュアルパートナーシップ」 というのは あなたの「運命の人」と出逢うことから始まります。 その「運命の人」と プライベートやライフワーク、仕事において… 共に助けあい、響きあい、わかちあいながら 魂を向上させるパートナーシップを築くことです。 あなたは 「スピリチュアルパートナーシップ」を知り、 それを意識して パートナーシップを深めることで… かつてないほどパワフルになり 運気が勢いよく上昇していきます。 いままで時間がかかっていたことが スピーディに回り出し… いままでどうしても完成しなかった パズルのピースが ピタリとうまることでしょう。 ひとりではどうしてもできなかったことを 「スピリチュアルパートナーシップ」を知ることで 愛するパートナーと一緒に 完成させることができるのです。 「スピリチュアルパートナーシップ」を知ることで… あなたの心の奥底にある 「愛に関する傷」も、 癒す方向へ導かれるのです。 そして、いま… 「運命のパートナーと出逢うことを ワクワクしながら待っている!」 という方は… 2019年の夏から なにかあなたの人生に 大きな変化が起こってくるかもしれません。 「運命のパートナー」は あなたの「使命」(お役割)や 「天職」と結びついています。 要はあなたの 「天職」や「使命」に関することの近辺に 「運命のパートナーはいる」ということです。 だからこそ… 「運命のパートナー」と結ばれるまでに さまざまな「宇宙のサポート」が入ります。 そして 「運命のパートナー」と出逢った後、 そのパートナーシップを育てていく軸になるのは 「共同創造」 になります。 どんな共同創造をしていくかは そのカップルにもよりますが… 「運命のパートナー」と 助けあい、響きあい、わかちあいながら 一緒に使命を果たすことで… お互いのエネルギーのバランスがよくなります。 そして、 たくさんの人を幸せにするような お手伝いができるのです。 さて、パートナーを望むあなたに 知っておいていただきたい話があるので お伝えしたいことがあります。 「こんなに望んでいるのに なぜ運命の人が出てこないの?」 「運命の人だと 私は思っているのに なかなかうまくいかない!!!」 …など 恋愛やパートナーシップのことで 悩んでいる人は いらっしゃると思います。 実はあなたの幸せなパートナーシップを はばんでいるのは… 「パートナーシップへのブロック」 が原因になっているのかもしれません。 このことが腑に落ちれば あなたのパートナーシップの流れは 確実に良くなっていくと思います。 そして… 「運命のパートナーと出逢うための内緒のワーク」 というワークも 参加してくださった方と やってみたいと思っています。 ただし、このワークは 「できるだけ正直になること」 がポイントになるので… 心をオープンにして 参加していただくことを希望します。 今回のラインナップはこちらになります。 (アファーメーション) その後、私の「宣言どおり」の流れになっていった。 これをキャッチしてください。 このワークをやった方から 「気になる人が出てきた!」 「現実に変化が出てきた!」と さまざまな嬉しいご報告が届いています。 それほどパワフルなワークとなりますが… 「自分の気持ちに正直になること」が基本となります。 ********************** (講師の紹介) 【 西田普 (にしだあまね) 】 1972年生まれ。 早稲田大学卒業。 ㈱光出版 代表取締役。 月刊『ゆほびか』編集長を務めるとともに、 季刊誌『ゆほびかGOLD幸せなお金持ちになる本』を創刊し、 編集長を兼務 〜2019年9月、ともにマキノ出版。 書籍ムックの企画編集も手がけ、 累計部数は300万部を突破。 健康・開運をテーマしたブログが アメーバ人気ブログランキング 「自己啓発ジャンル」で1位を獲得。 現在、アメーバオフィシャルプロフェッショナル部門で、 月間のアクセス数はおよそ315万。 物語創作がライフワークで、 第1作の「あなたがお空の上で決めてきたこと」(永岡書店)は 大好評を得ている。 パートナーの田宮陽子氏と共に㈱光出版を立ち上げ、 インターネットマガジン「アマテラス!」を2019年2月に創刊。 西田普ブログ インターネットマガジン「アマテラス!」 【 田宮陽子 (たみやようこ) 】 エッセイスト。 ㈱光出版 代表取締役。 雑誌・書籍の編集者時代、 1000人を超える「成功者」を取材。 その後、斎藤一人氏の本の編集協力を経て、 エッセイストとして独立。 毎日更新しているブログが 1日平均30万アクセスを集め、 アメーバ人気ブログランキング 「占い・スピリチュアル部門」で1位を獲得。 著書に 『運命の人…あなたに愛の奇跡を起こす本』(マキノ出版) 『魂が輝く人間関係のつむぎ方』(永岡書店) 『見た目を磨くとすべてがうまくいく!』(永岡書店) 『なぜか神様が味方する すごい!金運の引き寄せ方』PHP研究所) などがある。 パートナーの西田普氏と共に㈱光出版を立ち上げ、 インターネットマガジンを「アマテラス!」を2019年2月に創刊。 田宮陽子ブログ インターネットマガジン「アマテラス!」 **********************.

次の

田宮陽子さんのブログ実践!「安心を見つける」

田宮陽子さん

田宮陽子さんのブログについて 読んでいる方いますか? 他の方も質問されてたと思いますが、 クレームなどをねちねちネット上に書く、 人に感情的になる、暴言を吐くなどの言動をする人は、 「邪気」が憑いている、 その邪気を払うためには、笑顔と言葉でバリヤーを作る ピカピカしていたり明るく光があるところには邪気はいられないから 、もしくはそういった人達をちょっとよける、 などの方法があり、それらの方法をまとめて本にもされてますよね。 すごく疑問に思うことがいくつかありますが、 1つ目は、ブログには、質問をいただいてもお答えできませんし、読者さんの心の中での気付きのために書いています、とありますが、本当に疑問に思った時には、陽子さんに直接質問ができる、わかちあいの会に参加する以外の方法はないですよね。 そのように、集客に繋げているのでしょうか。 収益の為には大事なことですので、決してその方法が悪いというわけではありません。 単純に、疑問に思っただけです。 2つ目は、本当にお店などのミスで、お店に言うべきだと判断したことでも、お店にそれを伝えたりすることは、邪気が憑いている、と陽子さんは解釈されているのでしょうか。 言わなければいけない場合もあると思いますが、 ネガティブな気持ちではなく、伝えにいく、ということでしょうか。 3つ目は、本当の意味での引き寄せの法則ならば、素粒子物理学との深い関係もあります。 よく、ブログ内で「所謂見える人が言うには~」という言葉が出てきますが、では、陽子さんは誰に助言を求めているのか、全てのブログ記事を読んだわけではありませんので、昔からの読者さんで知っている方がいたら教えていただきたいです。 なぜなら、陽子さんは心の世界のことをみなさんに分かりやすく、とおっしゃっていますが、その記事のネタとなる元の方のお話のほうが聞きたいと思ったからです。 4つ目、斎藤一人さんなど、数々の著名人と関わりがある陽子さんてすが、斎藤一人さんの話は大変よく理解できます。 引き寄せの法則にしても、これだけのことをしていて悪いことは起こらないだろう…という感じに見えますが、陽子さんはネガティブな意見を言う方に対して、ご自身のグループではない方 要はネガティブなことを言う人 という言い方をされて、ご丁寧に指摘してくれることもありますがとおっしゃっていますが、陽子さん自身が完全に無視できない、指摘したいという気持ちの現れなのではないかと思いますが、読んだ方どう思われているのか気になりました。 また、こういった指摘を回避するために、私もまだ未熟なので、と言っているのでは、とも考えていまします。 なぜなら、その頻度が多いからです。 このように質問をすると、では読まなければ?という回答もありますが、読んで為になっていることが多いからこそ、疑問を解決したいのです。 また、私はプロのカウンセラーでもブロガーでも斎藤一人さんに関わっていることも一切ありません。 ただの会社員の読者ですので、陽子さんに不利益になることをしよう、という意図は一切ございません。 単純に上記の疑問を解決したいのです。 どなたかご回答いただけますか? そうですよね、 ただ、唯一ご本人に質問ができる「わかちあいの会」ですが、たくさんご参加されたい方がいる中、その為だけに参加するのもどうかとも思いますし、何回か参加しましたが、事前に受け付けていた質問を会場で陽子さんが読み上げてくれて、私の質問にも回答いただきましたが、抽象的で、では具体的に何をするのか、ということはブログと同じでご本人にお任せする、というスタンスなんですね。 それは当然なのですが、本気で陽子さんのおっしゃることを実践しているからこそ、もどかしい…。 本当であれば、対面でしっかりとお話しできることが理想ですね。 理由は、読者さんの中で同じような疑問を持つ方がいるので、その方のためにも自分が行動しなければと思います。 ブログ内で、陽子さんもよく人前に出ることの照れをなくして、今こそ人のお役に立てるよう立ち上がるとき!というようなことを書いています。 私には、その役目があると感じています。 私も田宮さんのブログをよく読んでます。 ん??と思うことやなるほどーと思うことがあります。 ん??と思う話しはあまり読まない様にして、自分の為になりそうな事だけを聞き入れるようにしてます。 田宮さんの事全ては理解はできませんが、あまり深く考えずに今の自分にぴったりなお話があって参考になりそうな事だけを聞き入れるだけでいいのではないかなと思っています。 クレームが悪いとは言ってるのでは無く、時には間違っている事や伝えなければいけない事は言った方がその人の為になると思いますよ…と私は解釈しています。 私は何年も前から田宮さんのブログを読んでますが、一時期ブログのコメント欄を解放してたくさん質問が来てた事を覚えています。 その時のコメントでちょっと悩むような質問がありそこからコメント欄を閉鎖したことを覚えています。 不特定多数の方からたくさんの質問が来ると答え切れない部分もあるんだとおもいます。 田宮さんは本当に素敵なかただと思います。 だけど田宮さんの話しがこうだったから絶対にこうが正しいって事はないと思いますよ。 たまには違う方の本も読む事もありですよ。 私は斎藤一人さん、永松茂久さん、柴村恵美子さんの本をよく読みますが堀江貴文さんの本もよく読みます。 田宮陽子さんとまた違った感じで面白いですよ。

次の