カボチャ 煮物。 カボチャの冷凍保存方法とほっこりおいしい煮物レシピ

かぼちゃのレシピ

カボチャ 煮物

5(お好みで2) ・砂糖・・大さじ2 ・みりん・・大さじ1 ・水・・140cc 元のレシピでは、醤油大さじ1~1. 5となっていましたが、我が家ではちょっと濃いめに大さじ2入れました。 調味料は、お好みで微調整してもらったら、と思います。 【作り方】 1. かぼちゃの綿と種を取る 2. 面取りする方はここでしておきましょう。 面倒であれば、そのままでも。 耐熱容器に、調味料を入れて混ぜる 砂糖が全然溶けてませんが・・・チンしている間にきっと溶ける。 かぼちゃを、重ならないようにして 皮を上にして並べる 5. ふんわりラップをして700Wで約6分加熱する 加熱時間は、W数で変わります。 我が家は今回、600Wで挑戦しましたので、 次回はW数を落として味を比べてみたいと思います。 煮汁が少なかったので、味が染みるのか心配してましたが、ちゃんと染みてました。 むしろ、鍋で作る時は煮込み過ぎて柔々になってしまうことが多かったので、 きちんとかぼちゃの歯応え(?)があって、しかも 煮崩れもせず、レンジの方が断然良い仕上がりになりました。 ただ、厚めのかぼちゃは、少しだけ皮が固めだったので 厚いかぼちゃだけでも面取りした方が良かったかな?と思いました。 あ、でもこの後に温め直して食べる場合は、少し固めくらいが食べる時に丁度良くなるくらいかもしれません。 時間ズラして食べる人がいる場合は、調節してみてください。 カテゴリー一覧• 279• 101• 233•

次の

かぼちゃのレシピ

カボチャ 煮物

かぼちゃの煮物をホクホクさせるためには かぼちゃの煮物は、とても人気のある料理ですがホクホクとした状態にするためには慣れとコツが必要となってきます。 やっぱり、ホクホクとした食感のかぼちゃの煮物を作るのは難しいと考えられてしまいがちですが、3つのコツを押さえておくと意外に簡単に作ることが可能です。 煮物の作り方によっては、かぼちゃが予想よりもベチャベチャとしてしまいます。 その原因は、かぼちゃが内部にたくさんの水分を含んでいて、後から少しずつにじみ出てきてしまうからです。 この対策をすれば、かぼちゃの煮物をホクホクとした状態に仕上げられます。 では、かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツを3つのポイントでご説明していきます。 かぼちゃの煮物を作る前にまず蒸してから煮る かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツの1つ目のポイントは、一度カボチャを蒸すことです。 かぼちゃの余分な水分を抜く方法として、煮物にする前に先に蒸して下ごしらえをしておく方法があります。 まずは、一番簡単な蒸し方として圧力鍋に一口大に切ったかぼちゃと少量の水を入れて一度圧力が上がりきるまで加熱するというのが簡単な方法です。 蒸し鍋を使ってカボチャを蒸しても構いませんが、かぼちゃの芯まで火が通るまで蒸さないといけないから意外と時間がかかってしまいます。 蒸し用すのこや網を入れた容器にかぼちゃを入れて、ラップなどでふんわりと蓋をした状態で電子レンジで加熱しても蒸してカボチャの余分な水分を減らすことが可能です。 蒸し上がったかぼちゃはすぐに調味料の中に入れ、加熱して煮立つ寸前に火を止めて冷ますと中まで味がよくしみ込みます。 また、カボチャの煮物を加熱して一度冷えた状態から、もう一度弱火で炊いてあげるとさらにカボチャ芯まで味がさらに染み込みます。 かぼちゃの煮物を作る前にまず砂糖や塩をまぶして水分を抜く かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツの2つ目のポイントは、蒸す前に砂糖や塩をまぶすことです。 ホクホクの食感のかぼちゃの煮物を作るためには、調味料による別の下ごしらえも有効的です。 かぼちゃの余分な水分を抜くという観点では全く同じ方法ですが、かぼちゃを蒸す前に砂糖や塩をまぶして放置するというだけでもできます。 かぼちゃ四分の一に対して大さじ一程度の砂糖か、小さじ一程度の塩をまぶして1時間ほど常温で置いておくだけでカボチャの余分な水分がにじみでてくるのです。 その状態になったら、かぼちゃの内部からかなり水分が減っています。 そのまま調味料を入れて煮ることもできますが、かぼちゃに付いている砂糖や塩の量が問題なときには一度洗い流してしまっても問題ありません。 水を少なめにして調味料を入れ、煮崩れしないように弱火で加熱を始めて煮きる形で調理すればホクホクとした仕上がりになります。 小さめにかぼちゃを切っておくと、よりホクホクしやすいというのもポイントです。 かぼちゃの煮物を低温調理で済ませる かぼちゃの煮物をホクホクさせるコツの3つ目のポイントは、低温でカボチャを調理することです。 かぼちゃの煮物がホクホクとしなくなってしまうパサつきの原因の1つは、高温で加熱しすぎたことが考えられます。 そこで低温調理をしてかぼちゃの煮物を作る方法は、余分な水分を抜くという下ごしらえをしなくてもホクホクとした煮物を作れる有用な選択肢です。 ホクホクさせるためのかぼちゃの煮物の火加減の目安として、80度から90度程度に温度を保ち続けることが重要なコツになります。 ここで、温度調節のための専用の調理器具を持っていると失敗がありません。 フリーザーバッグなどに調味料とかぼちゃを入れて湯煎するようにして煮ることで、煮汁が十分にあるにもかかわらずホクホクとしたかぼちゃの煮物ができあがります。 まとめ• かぼちゃの煮物をホクホクさせるにはコツがいる• かぼちゃの煮物は事前に蒸してあげると良い• かぼちゃの煮物は蒸す前に塩や砂糖で余分な水分を抜く• かぼちゃの煮物をホクホクした食感にするために低温料理が良い.

次の

かぼちゃの煮物|レシピ|ゆとりの空間

カボチャ 煮物

解凍せずそのまま使えるので、時短調理にもつながります。 冷凍方法さえマスターしておけば、丸ごと1個のカボチャを買ってももう安心です。 調理する際は、解凍しないで凍ったまま使います。 天ぷらや炒め物に使う予定なら、スライスして冷凍しましょう。 こちらは短時間で調理することになるので、電子レンジで解凍してから使ってください。 保存期間は、冷凍庫でおよそ1カ月が目安です。 カボチャを切る カボチャの種とワタをきちんと取り除き、水でさっと洗います。 キッチンペーパーで水気をしっかりと拭き取ります。 食べやすい大きさにカットします。 冷凍する ジップ付き袋に重ならないように入れ、中の空気をしっかりと抜きます。 冷凍庫に平らな状態で格納します。 カボチャの煮物をつくる 鍋にAの材料を入れ、混ぜ合わせます。 カボチャを冷凍庫から取り出し、皮を下にして鍋の中にぎっしりと並べ入れます。 鍋を中火にかけ、沸騰したら弱火にします。 アルミホイルで落とし蓋をし、さらに上から蓋をして、弱火で10〜15分ほど煮ます(カボチャの大きさで加熱時間を調節してください)。 カボチャがやわらかくなったら火を消し、蓋と落とし蓋を外して鍋の中で冷まします。 器に盛り付ければ完成です。 料理の味付けだけでなく、刺し身や冷や奴などの「つけ・かけ」にも最適のひと品。 色・味・香りのバランスが良く、あらゆる料理に役立ちます。 みりん風調味料 1000ml 価格:本体188円(税込203円) 料理に照りと甘味を与える、上品な味わいのみりん風調味料です。 日々の調理に活用しやすいひと品。 アルコール度数が低いので、煮切らなくてもそのまま酢の物やあえ物に使えます。 すぐに使う予定がないなら、冷凍保存してしまいましょう。 下処理して冷凍しておけば、忙しい時の時短調理にも大活躍。 食材を買い忘れた時や、急な来客時のおもてなしにも役立ちます。

次の