ドコモ光 支払い。 【初心者向け】ドコモ光のペア回線とはどんな意味なの?

ドコモ光の支払い方法はクレジットカード払いがおすすめ!口座振替なら今すぐクレジット払いへ変更!

ドコモ光 支払い

パソコンのブラウザでMy docomoを開く• 「ログイン」をクリック、dアカウントのIDやパスワードを入力してログインする• 「料金」を開く• 一括請求合計に切り替える• 画面をスクロールすると、「回線ごとの利用料金」にドコモ光の利用料金が記載されている 注意したいのは、docomoでスマホ等を契約している場合 「自回線」の項目だとスマホ代のみが表示されることです。 「一括請求合計」に切り替えることで、ドコモ光単体の利用料金を確認できます。 アプリからドコモ光の料金明細を確認する方法 スマートフォンの アプリからも、ドコモ光の料金を確認できます。 Androidアプリを例にご説明しますと、以下の手順で確認可能です。 アプリを開く• dアカウントでログイン(初回のみ)• 「料金」をタップ• 一括請求合計に切り替える• 画面をスクロールすると「ドコモ光」単体の月額料金が確認できる 基本的に流れはWebサイトと変わらず、 一括請求合計の項目でドコモ光の利用料金を確認できますよ。 料金明細送付サービスを利用する ドコモでは、利用料金を書面で確認できる「料金明細送付サービス」が提供されています。 ただし書面で利用料金を確認する場合は、 毎月料金がかかってしまうので注意しましょう。 料金明細送付サービスを利用する場合の料金は、以下のとおりです。 <料金明細送付サービスの料金> 作成料 税抜100円 郵送料 税込77円 紙面で手元に残しておきたい場合は、料金明細送付サービスの利用がオススメです。 料金明細発光サービスは ドコモショップかWebの「ドコモオンライン手続き」から申込可能です。 料金明細発光サービスの利用料金は、以下のとおりです。 <料金明細発光サービスの利用料金> 作成料(Web) 無料 作成料(郵送) 税抜100円 郵送料 税込77円 My docomoからはPDFファイルを無料で作成し、申込みの5日後に確認可能です。 郵送してもらう場合は申込みの10日後くらいに届き、別途77円の郵送料がかかりますので注意しましょう。 ドコモ光の料金内訳は? ドコモ光の料金明細を見ると、下記のツイートのように契約しているパケットパックの「パケット定額料」の下に内訳項目があります。 以下の表で、内訳項目の意味を解説しますので参考にしてくださいね! <ドコモ光の料金内訳> 項目名 項目の意味 シェアパック5(小容量)定額料 スマホの料金 ドコモ光基本使用料 光回線の基本料金 割引料 スマホ代に反映されるすっと割引 なお、ツイート画像にあるシェアパック5の部分は、契約しているパケットパックによって名称が違いますので確認の際は注意してください。 一番確認される項目としてドコモ光単体の利用料金がありますが、確認箇所としては「光シェアパック5」を契約している場合、(内訳)シェアパック5(小容量)定額料の下に記載されていることがわかりますね。 上記のように、 記載されている項目が何の料金を指しているかわかるようになると、必要のないオプション料などが分かって費用削減につながるのではないでしょうか。 ドコモ光の回線ご負担額とは? ドコモ光の料金内訳を見るとドコモ光基本使用料と同額が「ドコモ光回線ご負担額」として引かれているので、一見「実質0円になっている!」と思ってしまいますよね。 しかしパケット定額料等の項目をちゃんと計算してみると、結局ドコモ光の利用料金と同じ金額は別にかかっていることがわかります。 つまり、ドコモ光回線負担額とは、 ドコモのスマホ回線側の料金にドコモ光の月額料金が合算される際に、別に単体で発生していたドコモ光の月額料金分を帳消しにしているものです。 ドコモ光回線ご負担額は あくまで料金の調整のために記載されているだけの項目で、とくに重要な意味はないと考えて良いでしょう。 ドコモ光の料金はプロバイダごとに変わる ドコモ光の月額料金は、選ぶプロバイダによって変わることに注意が必要です。 タイプごとの料金を表にまとめたので、参考にしてくださいね! <タイプ別料金表> 戸建住宅(税抜) 集合住宅(税抜) タイプA 5,200円 4,000円 タイプB 5,400円 4,200円 現在タイプBのプロバイダでドコモ光を契約しているなら、 タイプAのプロバイダに切り替えれば月額料金を削減できますよ。 ドコモ光の料金について詳しく知りたい方は、以下の記事も見てください。 ドコモ光の料金はセット割で更にお得になる! ドコモ光では、 セットで契約しているスマホ代を割引にできます。 パケットパックごとの割引額を表にまとめたので、参考にしてくださいね! <パケットパック別割引額> パケットパック 割引額(税抜) ウルトラシェアパック100 3,500円 ウルトラシェアパック50 2,900円 ウルトラシェアパック30 2,500円 シェアパック15 1,800円 シェアパック10 1,200円 シェアパック5 800円 ウルトラデータLLパック 1,600円 ウルトラデータLパック 1,400円 データMパック 800円 データSパック 500円(最大1年間) ケータイパック 500円(最大1年間) 以上のとおり、 最大3,500円 税抜 の月額割引を受けられますよ。 実際に、ドコモ光のセット割でスマホ代を削減できている口コミも見つかりました。 みんなスマホ料金高いとか言ってるけど、そんなに高い? 俺が安すぎるんかな…?ちなみにドコモ光シェアパック10でお父さんとかタブレットとシェアしてるけど、俺がいるから実質11GBになって、でも5GBは残るから15GBぐらい。 — 村人B LiSAっ子👹 goukhit1021 ドコモ光のセット割はとてもお得だということがわかりますね。 ドコモ光の申し込みを検討している方はぜひ、以下のサイトをご覧になってくださいね。 ドコモ光の料金を確認するうえでチェックしたい項目 ドコモ光の利用料金を定期的に確認するメリットは、余分なオプションがついていないかチェックできることです。 余計なオプションが付属されていた場合は解約することで、月々の支払料金を削減できますよ。 ちなみに プロバイダで余計なオプションを契約していた場合は、プロバイダから別途請求がくるケースもあるようです。 フレッツ光をドコモ光に替えてからもNTTファイナンスからOCNプロバイダー料金の請求があるのでおかしいと思って調べてみたら、OCNの必要のないオプション料金が別途請求で来ていた。 ネットですべてを解約してすっきり いらない機能ばっかりだった。 一ヶ月千円の無駄として五万円の損w — 笹山登生 keyaki1117 上記の口コミはOCNで必要のないオプションが契約されていたケースですね。 余計なオプションを解約することで通信費を大幅節約できる場合もあるので、定期的にドコモ光の利用料金を確認しましょう。 まとめ ドコモ光の 料金確認はMy docomoのWebサイトやMy docomoアプリからすぐにます。 定期的に料金を確認して、不要なオプションが付いていた場合は外しましょう。 不要なオプションを解約することで、通信費を大幅節約できる可能性もありますよ。 またタイプBのプロバイダを契約していた場合は、 タイプAに切り替えて月額料金を下げることもできますので検討してみてはいかがでしょうか。

次の

dカード GOLDでさらに「ドコモ光」をおトクに

ドコモ光 支払い

ドコモ光の支払い方法について 今回はドコモ光の支払いをクレジットカード払いにする方がおすすめな点をご紹介しますが、これからドコモ光を契約する人はどんな支払い方法があるかが解らないと思います。 そこで、まずはドコモ光にはどんな支払い方法があるのかをご紹介します。 ドコモ光を契約する際に毎月の支払い方法を選択しなければなりません。 ドコモ光の月額料金を支払い方法としては 以下の3つの方法のみです。 クレジットカード払い• 口座振替(銀行自動引き落とし)• 請求書払い(払込取扱票) 上記3つの方法でドコモ光の月額料金などを支払う事が出来ます。 各支払い方法には特徴がありますので簡単に以下でご紹介したいと思います。 1、クレジットカード払い ドコモ光で利用できるクレジットカード 出典: 上記にドコモ光の支払いで利用可能はクレジットカードをご紹介していますが、 基本的に「JCB」「VISA」「Master Card」のログが付いているクレジットカードであれば利用可能です。 しかし、クレジットカード払いの 注意点が2つ程あります。 1つ目がクレジットカードの名義です。 ドコモ光の契約者名義人のクレジットカードでなければ支払う事が出来ません。 例えば、ドコモ光の契約者が子供でクレジットカードの名義人が親の場合、名義が違うのでクレジットカードで支払う事が不可なのです。 2つ目がデビットカードです。 クレジットカードのような機能をする 「デビットカード」ではドコモ光の支払いは出来ません。 デビットカードはクレジットカードとは異なり、支払いと同時に指定した銀行口座から引き落としされる「即時決済」です。 銀行口座に残高がない場合には支払い出来ませんので、デビットカードでの支払いはNGです。 ドコモ光の支払いをクレジットカードでする場合、契約者名義でなければならない点とデビットカードでは支払い登録が出来ない点は注意しておくべきですね。 2、口座振替(銀行自動引き落とし) 次にご紹介するドコモ光の支払い方法は「口座振替」です。 口座振替は説明不要かもしれませんが、 あなたの銀行口座から毎月自動でドコモ光の月額料金が引き落としされる支払い方法です。 ドコモ光の口座振替が利用可能な金融機関は以下です。 都市銀行 みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行 地方銀行 北海道銀行・青森銀行・みちのく銀行・秋田銀行・北都銀行・荘内銀行・山形銀行・岩手銀行・東北銀行・七十七銀行・東邦銀行・群馬銀行・足利銀行・常陽銀行・筑波銀行・武蔵野銀行・千葉銀行・千葉興業銀行・きらぼし銀行・横浜銀行・第四銀行・北越銀行・山梨中央銀行・八十二銀行・北陸銀行・富山銀行・北國銀行・福井銀行・静岡銀行・スルガ銀行・清水銀行・大垣共立銀行・十六銀行・三重銀行・百五銀行・滋賀銀行・京都銀行・近畿大阪銀行・池田泉州銀行・南都銀行・紀陽銀行・但馬銀行・鳥取銀行・山陰合同銀行・中国銀行・広島銀行・山口銀行・阿波銀行・百十四銀行・伊予銀行・四国銀行・福岡銀行・筑邦銀行・佐賀銀行・十八銀行・親和銀行・肥後銀行・大分銀行・宮崎銀行・鹿児島銀行・琉球銀行・沖縄銀行・西日本シティ銀行・北九州銀行・北洋銀行・きらやか銀行・北日本銀行・仙台銀行・福島銀行・大東銀行・東和銀行・栃木銀行・京葉銀行・大光銀行・長野銀行・富山第一銀行・福邦銀行・静岡中央銀行・愛知銀行・名古屋銀行・中京銀行・第三銀行・みなと銀行・トマト銀行・もみじ銀行・西京銀行・徳島銀行・香川銀行・愛媛銀行・高知銀行・熊本銀行・宮崎太陽銀行 その他 イオン銀行・ゆうちょ銀行 出典: ドコモ光の支払い方法である「口座振替」は、クレジットカードのように ドコモ光の 契約者本人の名義の銀行口座はもちろんの事、その他にも 法定代理人名義やドコモ光契約者の 家族名義の銀行口座でも利用可能です。 ただし、法定代理人名義や契約者家族名義の場合は、ドコモ光の契約者との関係が証明できる書類の提出が必要なので結構面倒です。 ドコモ光の支払いを請求書払いにすると、毎月100円も発行手数料が別途必要になるので、非常にもったいないですよね。 ドコモ光はクレジットカード払いがおすすめの理由 上記でご紹介したように、ドコモ光の月額料金の支払い方法は「クレジットカード」「口座振替」「請求書払い」の3つがあります。 さて、ここからが本題となります。 もし既にドコモ光を契約中の人で口座振替などで支払っている場合は クレジットカード払いへの変更をおすすめします。 また、これからドコモ光を新規契約する人も契約時の 支払い方法の選択はクレジットカード払いをおすすめします。 そこでここからは、私が何故ドコモ光の支払い方法をクレジットカード払いにする事をおすすめしているのかの理由をご紹介したいと思います。 クレジットカード払いならポイントが貯まる 現在、あなたが持っているクレジットカードは 支払額に応じてポイントが貯まるはずです。 今回は 「楽天カード」でドコモ光の支払いをした場合で例えます。 貯まったポイントは楽天市場のお買い物で「1ポイント=1円」で利用可能なので、楽天市場でお買い物をする機会がある人にはおすすめです。 ただ単にドコモ光の支払いを銀行口座からの自動引き落としにすると何も加算されませんが、クレジットカード払いにするだけでポイントが貯まるからお得ですね。 ・ dカード ゴールドなら更にお得に支払える 上記でご紹介したように、ドコモ光の支払い方法をクレジットカードにするとポイントが貯まってお得になりますよね。 しかし、さらにドコモ光の支払いで お得になるクレジットカードがあります。 そのお得なクレジットカードとは 「dカード GOLD」です。 このdカードとは 株式会社NTTドコモのクレジットカードです。 年間にすると48,000ポイントにもなります。 貯まったポイントは「ローソン」や「マクドナルド」などの店舗や大手ネットショップ「アマゾン」で「1ポイント=1円」で利用可能です。 また、NTT docomoの携帯代・スマホ代にもポイントは利用出来ます。 ドコモ光の申込はGMOとくとくBB 契約後にdカード GOLD申込で ドコモ光のクレジットカード払いへの変更方法 上記でご紹介したように、毎月のドコモ光の支払い方法をクレジットカードにするだけで、ポイントが自然と貯まって行くのでおすすめです。 ただ、現在ドコモ光を契約中でクレジットカード払い以外の「口座振替」や「請求書払い」にしている人もいると思います。 そこで、最後にドコモ光の支払い方法をクレジットカードに変更する方法をご紹介します。 クレジットカード払いへの変更は簡単 現在契約中のドコモ光の支払い方法を クレジットカードで支払う方法へ変更する方法は、 My docomoへログインすれば24時間いつでも可能です。 ・ My docomoへログインすると、下の画像のようなページになります。 支払方法を変更できるMy docomo My docomoへはパソコンやスマホなどでもログイン可能です。 上記画像はパソコンでMy docomoへログインした時の画像です。 「契約内容・手続き」というボタンがありますのでクリック(タップ)します。 すると、 「お支払い方法の変更」というボタンがありますのでクリック(タップ)します。 そこで、ドコモ光を支払うクレジットカード情報を入力すれば完了です。 ドコモ光の支払い方法をクレジットカード払いへ変更方法は、My docomoへログインすれば簡単にいつでも変更出来るんですね。 まとめ この記事ではドコモ光の毎月支払う月額料金の支払い方法はクレジットカード払いがおすすめの理由をご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。 ドコモ光の支払い方法は銀行口座から自動で引き落としされる「口座振替」やコンビニや金融機関で支払える「請求書払い」がありますが、一番おすすめの支払い方法は断然クレジットカードである事がご理解頂けたと思います。 クレジットカードで支払うとポイントがいつの間にか貯まっているのでいいと思いませんか。 ドコモ光の支払い方法の変更はMy docomoで24時間可能なので、もし現在口座振替や請求書払いにしている人はぜひこの機会にクレジットカード払いへ変更してみてくださいね。

次の

料金のご請求とお支払い

ドコモ光 支払い

ドコモ光料金の3つの支払方法 ドコモ光の月額料金は、NTTグループが100%出資をしているNTTファイナンスという会社が徴収業務を行っています。 よって請求はNTTファイナンスから届きます。 NTTファイナンスへドコモ光の利用料金を支払う方法は3つで、1つは請求書による支払い、1つは口座振替による支払い、1つはクレジットカードによる支払いです。 NTTドコモは口座振替やクレジットカード払いが便利だと推奨していますが、請求書による支払いでも問題はありません。 それぞれの支払方法について詳しく解説します。 毎月10日頃に請求書が発行され、それを近くのドコモショップや金融機関、コンビニに持参します。 【ドコモ光の請求書払い対応窓口】 《ドコモショップ》 ・近隣のドコモショップ 《金融機関》 ・銀行 ・ゆうちょ銀行 ・信用金庫 ・信用組合 ・農林中金 ・商工中金 ・労働金庫 ・農業協同組合 ・漁業協同組合など 《コンビニエンスストア》 ・セブン-イレブン ・ローソン ・ファミリーマート ・サークルK ・ミニストップ ・デイリーヤマザキ ・ヤマザキデイリーストアー ・セイコーマート ・スリーエフ ・ポプラ ・セーブオン ・ココストア ・エブリワンなど 請求書には支払期限までに忘れずに支払いましょう。 期限が過ぎていると、これらの窓口で取り扱いできない場合があるので注意が必要です。 多忙で支払いに行く時間が惜しい人は口座振替やクレジットカード払いがおすすめです。 口座振替は、毎月自動的にあなたの銀行口座から月額利用料が引き落とされるので、支払いを忘れてしまうリスクもありませんし、わざわざ請求書を持って払いに行く手間も省けます。 オンラインで手続きする場合の手続き方法は特に準備するものはありませんが、ドコモショップで手続きする場合は、口座振替依頼書や預金通帳の口座番号、金融機関等届出印が必要です。 用意が面倒だという場合には、本人名義のキャッシュカードでも手続きすることが可能ですので、ドコモショップに持参しましょう。 ちなみに、口座振替の手続きができるのは、契約者本人名義のみとなっていますので、家族が名義の申し込みの場合には、契約者との関係が分かる書類が必要となります。 また、クレジットカードでの支払いの場合、カード会社ごとに設定された利用ポイントが貯まります。 あなたのクレジットカードと照合していただければと思います。 【対応可能なクレジットカード一覧】 ・dカード ・DCMX ・UCカード ・JCBカード ・MUFGカード ・DCカード ・UFJカード ・NICOSカード ・NTTグループカード ・三井住友カード ・マスターカード ・アメリカンエキスプレスカード ・ダイナースクラブカード ・セゾンカード ・セディナカード ・ジャックスカード ・アプラスカード ・オリコカード ・ライフカード ・楽天カード ・イオンカード ・日専連カード ・ティーエスキュービックカードなど その他にもクレジットカードの券面にVISAやMasterCardのロゴが入っているクレジットカードで対応が可能となっています。 請求書不要のeビリングってなに? 利用料金を確認するには、送られてくる請求書を見ることで確認ができます。 請求書がなくても、インターネット上で利用料金が確認できる「eビリング」というサービスがあります。 そして、現在は「eビリング」の方が標準で、請求書発行は別途料金が必要となっています。 請求書払いを選択している場合の請求書発行手数料は100円で、口座振替とクレジットカード払いを選択している場合の請求書発行手数料は50円必要です。 なるべく請求書ではなく、eビリングで確認しましょう。 支払い方法の手続きはオンラインでもできる? 支払い方法の手続きはオンラインからが便利です。 パソコンやスマホ、携帯電話から簡単に手続きが可能です。 手続きする場合は「ドコモオンライン手続き」で申し込みが可能で、「dアカウント」が必要になるのですが、dアカウントは「新規登録・再発行」ページで簡単に発行してもらえますので、初心者でも安心です。 スマホやドコモ携帯に限っては、ドコモ入会時に発行されたネットワーク暗証番号が必要ですので、手続きの前に用意しておきましょう。 支払方法は途中で変更可能? 支払い方法は途中で変更することが可能です。 ただし、パターンによっては変更ができないパターンもありますので注意が必要です。 請求書払いの場合、支払忘れや支払窓口に行く手間がかかるので、口座振替やクレジットカード払いが便利です。 特にクレジットカード払いは、カードポイントが貯まります。 支払い方法を途中で変更することはできますが、口座振替やクレジットカード払いから請求書払いに変えることはできませんので注意が必要です。

次の