ブースター ウインディ。 ポケモンソード シールドの質問です^ ^

ブースター使ってみて思ったのですが完全にウインディの劣化ではないでしょう...

ブースター ウインディ

ダイマックスを消費することで、こだわりはちまきの効果を気にせずに別のタイプの攻撃もできるので、非常に多くのポケモンに対して役割を持てます。 また、他のポケモンにこだわりハチマキを持たせている場合は、火力は少し「」をもたせるのもありです。 もくたんの場合は、こだわりはちまきより威力が低くなることと、炎技以外の威力は上がらないことには注意しましょう。 ウインディの広い技範囲も相まって、本来は不利な岩タイプや水タイプにも大ダメージを与えられます。 特性の「いかく」や持ち物の「とつげきチョッキ」の効果も相まって、多くの技を受けられます。 また、一応「ようきギャラドス」の「たきのぼり」や「こだわりメガネ」以外を持った「ウォッシュロトム」の「ハイドロポンプ」も耐えることができます。 素早さは最速の「ジュラルドン」「ゴリランダー」準速の「サザンドラ」「ミミッキュ」より先に行動できるように調整しました。 ウインディの役割と立ち回り バランスの良い炎タイプアタッカー 「ウインディ」は種族値の全体的に高く、アタッカーも耐久もできる優秀なポケモンです。 また、「」や「」「」などの優秀な他タイプ攻撃技も覚えるので、多くのポケモンに対して効果抜群の技をうつことができます。 ウインディの対策 タイプ相性の良い防御の高いポケモンで受けよう 「ウインディ」は物理型が多いので、防御の高い岩タイプやドラゴンタイプ、水タイプのポケモンで対処するのがおすすめです。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【ポケモン剣盾】ブースターの育成論と対策【不遇ブイズ】

ブースター ウインディ

注 H HP A 攻撃 B 防御 C 特攻 D 特防 S 素早さ ぶっぱ 努力値252振ること この型について 炎ポケモンが少なく、その中でも特殊が受けれるポケモンです 特殊アタッカーを大体受けることができ、リザードントゲキッスを見ることができるのは強み トゲキッスに関して言えば控えめ弱保csぶっぱのテンプレ型を完封できます 攻撃種族値130という圧倒的破壊力の剣 チョッキにより厚さを増した全てを受け止める盾 ソードシールドで使うに恥じないポケモンとなっています 持ち物 チョッキ 他の持ち物を持たせる場合、完全ではなくとも下位互換になってしまう気がする 特性 貰い火一択 説明する必要がないと思いますが、今回のコンセプトが特殊受けなので持ち物が固定されている なので、相手に依存する根性ではなく貰い火 努力値振り Aぶっぱと特殊耐久指数が高い振り方をしました 計算ミスがあったら教えていただきたいです *特殊耐久指数とは もしも努力値252を攻撃に降って、残りの256を特殊耐久に振りたい場合はHPと特防の実数値が出来るだけ近い数字になるように降ったほうがいい 詳しくはググって 性格 意地っ張りだと耐久無振りダイマトゲキッスをダイバーンで2確で倒せたり、バンギラスを馬鹿力で1確で倒せるので 意地っ張り安定 追記 HBぶっぱ性格補正ありバンギラスを 98. 5〜117. 5〜27. なんで噛み砕くにしないの? A. 砕けねえんだ... 泣 むしろ可愛いから覚えてくれなくてよかった これも使い勝手がすごくいい 大体使うときはダイアーク もしも変えるなら アイアンテール あなをほる くらい かみつくにしないとリザードン対面で厳しい これは仮想敵で書きます 追記 ブースターとウィンディの違い このでのウィンディはH4AD252慎重チョッキの最硬 そしてトゲキッスは弱保臆病H4CS252とします ウィンディのメリット• ブースターより技範囲により見れるポケモンが多い サザンドラなど• HPが多いのでフレドラが打ちやすい• 単純な特殊耐久が上 技が フレドラ インファ じゃれつく ワイルドボルト 神速 と インファをなくせばバンギラスがみれず じゃれつくをなくせばサザンがみれず ワイルドボルトをなくせばキッスが見れない のが欠点 ブースターのメリット• トゲキッスを安定して倒せる ウィンディの場合30. 単純な火力自体は上 全体的に特殊アタッカーをみたい場合はウィンディ トゲキッスメタとして使うならブースター を使うといいと思います 正直どうしてもブースターに贔屓目を使ってしまいそうなのでコメントでの指摘をお願いします 30. 2〜48. 1〜63. 4〜83. 3〜48. 1〜95. 3〜55. 4〜41. 9〜46. 7〜69. 8〜30. 7〜49. ところで、この型を使うならよりも慎重H4AD252ウインディの方が強いと感じました。 なぜなら、ウインディの方が技範囲が広く耐久指数がこちらの方が高いからです。 まず、H4D252慎重ウインディの特殊耐久指数は24070であり、この型のより1018高いです。 これに加えて威嚇による物理耐久もあり、ヒヒダルマへの後出し性能も上です。 また、技に関して言えばウインディはリザードンやキッスに抜群をとれるワイルドボルトやサザンドラに4倍をつけるじゃれつくを覚えます。 素の攻撃ステータスはブースターの方が高いですが、抜群込みの場合ウインディの方が攻撃性能が高くなってしまいます。 このようにフルアタチョッキブースターの場合、どうしてもウインディの下位互換になってしまうのではないでしょうか。 なのでやはり、ブースターには鈍いや欠伸・ねがいごとなどウインディが覚えない技を採用した方が良いと思いました。 トゲキッスには弱保含め、高乱数で耐えますね... 後続のバンギラスに確1入れられる以外は殆ど下位互換でした... 貴重なご意見ありがとうございます... 対面だとダイマックスが想定されますし、ダイマックスなしの受け出しはウインディも許さないからです。 最悪交換先への負担というのはありですが、むしろ役割対象への性能で差別化するべきではないでしょうか。 CSキッスに勝てるぐらいHDに振ったチョッキウインディの火力でも、今ここに挙がっているブースターの役割対象に対しては、フレドラじゃれつくインファワイボと持てば条件はそう変わらないように見えます。 他の技が必要になるか、等倍フレドラ・馬鹿力の火力で成否が変わるような役割対象はいませんか。 一応申し上げておきますが、私もずっと前にブースターを特殊受けで使ったことがありますし、特殊受けとしてウインディの劣化だとは思いません。 なぜなら例えば特防特化したならばウインディを特殊耐久でも火力でも両面で上回るからです。 しかし今の環境で特防特化はいまいち生きないでしょうし、ならばブースターのその性能が生きる調整ができるか、というのはまた別の問題です。 ですのでこの育成論についても楽しみにしております。 完全に思慮不足でした...

次の

唯一王 (ゆいいつおう)とは【ピクシブ百科事典】

ブースター ウインディ

突出した物理攻撃力を持つも、アンバランスな種族値配分と習得技の貧相さから、長きにわたって不遇ポケモンの代名詞とされてきた。 6世代では切望されていたフレアドライブを習得、7世代ではZワザによる恩恵も相まって地道に強化されてはいるが、根本的な解決に至っていないのが正直なところである。 ステータスについて 合計種族値は525と高いものの、配分バランスが悪い。 低防御かつ低HPであるため、物理攻撃はサブウェポンとして多い不一致の岩・地面はもちろん、等倍一致でも致命傷になりやすい。 素早さは中途半端で、補正有り・こだわりスカーフ持ちでも最速122族 までしか抜けず、トリパに組み込むにしてはやや速いので、が壁となる。 A130・C95と攻撃面の種族値は高水準だが、以上の理由により攻撃の機会自体を作ることが難しい。 習得技について 最大打点であるフレアドライブは火力こそ申し分ないが、HPの低さゆえ反動ダメージが痛く、持たせたいきあいのタスキとの相性も悪い。 アタッカーとして運用する場合は工夫してカバーする必要がある。 他のブイズ同様サブウェポンの選択肢は少なく、すてみタックル・アイアンテール・ばかぢから・あなをほるといった程度。 ジメンZによって使いやすくなったあなをほるは、第七世代ではわざマシン28がきゅうけつに置き換わって削除されたため過去作がどうしても必要となり、 アローラマーク付き限定ルール下では参戦出来なくなってしまうのは痛いところ。 競合相手について ・・といったタイプの物理アタッカーは単タイプの時点で層が厚く、それらを差し置いて採用する理由は見出しがたい。 複合タイプにも目を向けると、、と言った環境トップのエースの存在も無視できない。 攻撃範囲は勿論の事、前者は素早さで、後者は特性や技による器用さで大きな差をつけられている。 総じて扱いにくいポケモンだが、差別化の糸口となる要素を拾い上げていきたい。 たとえば、やや高めの特殊耐久により、H振りでのフィールドサイコキネシスを一耐えする程度の行動保証を持たせられる。 また、サブウェポンの扱いにくさもZワザによりある程度解消されており、ジメンZによりのようなポケモンを倒すことが可能にはなった。 個々の要素は細いものの、とにもかくにもライバルが非常に多いため、それらにない強みを見出していきたい。 ブースター ウインディ フレアドライブ > フレアドライブ 火力はブースターが上。 だがHPが低いので反動が痛い。 ホノオZで1回限りだが反動がなくなる。 でんこうせっか < しんそく 威力・優先度 共にしんそくが優秀。 PPは最大8だが十分。 かみつく < かみくだく かみつくは怯みを狙えるが、ブースターの素早さは低い。 ブースターの特防も高めなので負けてはいない。 きしかいせいは抜群を取れるが等倍範囲が狭い。 すてみタックル > すてみタックル のげきりん、インファイトも等倍なら同様。 ただし反動あり。 ねがいごとによる味方のサポートも可能だが、ブースターのHPは低い。 その他、のみが覚える技 ワイルドボルト、じならし、りゅうのはどう、ソーラービーム、げきりん 等 その他、ブースターのみが覚える技 ふんえん、シャドーボール、アシストパワー、あくび、あまえる、うそなき、くすぐる、 のろい、バトンタッチ、シンクロノイズ、こわいかお 等 フレアドライブの火力比較 (ちからずく@いのちのたま): 補正なし58406、 補正あり64186 ブースター(こんじょう@どくどくだま): 補正なし49140、 補正あり54000 (@いのちのたま) :補正なし39078、補正あり42822 (@いのちのたま) :補正なし37908、補正あり41652 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 もらいび 炎技読みで繰り出せるが、相手の炎タイプの弱点を突く為にはジメンZ あなをほる などが必要となる。 ちなみにメガリザードンYに対しては、ひでりとの相乗効果で、フレアドライブでも確定で倒すことが可能となる。 に注意。 こんじょう 隠れ特性。 炎タイプ唯一の持ちだが、元々タイプ耐性で火傷にはならない。 能動的な発動にはどくどくだまを持たせる必要があり、ターン毎にダメージ量が増えてしまう。 かえんだまで一定のダメージ量で抑えられる他の持ちと比べても、ミスマッチで扱いづらい。 発動できても鈍足かつ低耐久であるため、まともに行動回数を確保するにはトリックルームなどのサポートが必須。 バトンタッチするのもよい。 炎が通らない相手にもよく効く。 のレベル習得技。 おんがえし 無 102 100 - アタッカーならすてみタックルと選択のサブウェポン。 HPが高い状態ではじたばたより威力が出せる。 第3世代教え技限定。 じたばた 無 - 100 - 脆いのできあいのタスキで最大火力は狙える。 それなりに役立つ。 あなをほる 地 80 100 - ほぼZ技用だが、役割破壊としては優秀。 第3~第6世代わざマシン限定・VC産第1・第2世代では覚えない。 素早さの関係で怯みは狙いにくい。 教え技。 物理型でもほのおのキバより強い。 ほのおのうず 炎 35 52 85 拘束 あくびとセットで。 度々外れるので注意。 めざめるパワー - 60 100 - 主に氷、電気、草、岩辺りが狙い目。 相性補完、ピンポイント狙い等。 やのからやぶバトンなら威力140。 シンクロノイズ 超 120 100 - 炎タイプ以外に無効だが、炎・格闘タイプや特性もらいびに有効。 Zクリスタルで電気Zも可。 もらいびと両立できない。 変化技 タイプ 命中 備考 おにび 炎 85 耐久型、サポート、スリップダメージ狙い等用途は様々。 どくどく 毒 90 上と同じ。 炎にも撃てるが相手の火力を削れないのでどっちもどっち。 あくび 無 - 交代読みで撃ったり交代促進に使ったり。 優秀な流し技だが、・・など炎タイプでの習得者は多い。 ねがいごと 無 - 耐久型には必須。 まもるとセットで使いたい。 まもる 無 - 様子見、ねがいごとと併用、たべのこし・状態異常のターン稼ぎ等使い道はそれなりにある。 あまえる 妖 100 物理に対する嫌がらせ。 おにびと両方入れるとスペースが厳しい。 バトンタッチ 無 - ニトロチャージの引き継ぎにセットで。 こわいかお 無 100 ニトロチャージではできない努力値調整に。 後続のサポートにもなる。 ブイズ特有の豊富な補助技を捨てることになるが、フルアタでとつげきチョッキを持たせて特殊相手への繰り出し性能を上げるのも手。 ニトロチャージは最速でも130族を抜けない素早さが痛いが、とつげきチョッキを持ったままでも使える積み技として考えると調整範囲が増える。 ポケモンセンターお誕生日サービスのイーブイはZワザ化すると全能力上昇するおいわいを覚えている。 性格はようき固定。 ただ積んで殴るだけではの壁が厚いものの、ブースターを使う上で有用であることに変わりはない。 ASスカーフブースターに関して ブースターをASスカーフで運用した場合、フレアドライブの反動に関係するHも含め 同タイプのASスカーフヒヒダルマの劣化になる。 ブースターの差別化要素であるもらい火と特防の高さが生きる場面もあるが ブースターが最速122族抜きに留まり、主要なポケモンの耐久無振りに対して確1にならない一方 ヒヒダルマは準速で145族抜き、役割対象である鋼タイプ及び並みのH振りを確1する火力を両立し サブウェポンもスカーフで使いやすいとんぼがえり等良いものが揃っている。 しかし低速かつ物理低耐久であるブースターに相性のいい持ち物であることに変わりなく PGL統計上、ブースターにおいて最も使用されている型である。 ブースター以下の鈍足や耐久型への崩しを重視するならAS振り。 サイクルや撃ち合いを重視するならHA振りになる。 得られる火力は相当なものだが、物理面の脆さと中途半端な素早さがネック。 特に耐久面はもともとの脆さに加えて猛毒と反動ダメージによりさらに短命となるため、トリックルームやおいかぜなどのサポートが欲しい。 有用なサブウェポンがばかぢから程度しかなく範囲が狭いこともあって、運用難度はかなり高い。 加えてA特化こんじょうフレアドライブの火力指数は54000。 の無補正A252ちからずくフレアドライブのそれが44928。 さらにあちらは持ち物が自由であるため、いのちのたまの補正を加えると火力指数はブースターを超える58406に。 一致技の火力・素早さ・攻撃範囲ともヒヒダルマに劣ることになるため、普通に運用するだけなら見劣り気味に。 ニトロチャージの追加効果が作用すること、トリックルームの適性が比較的高めな点で差別化したい。 一応サブウェポン ばかぢから・からげんき の威力ではこちらが勝る。 とはいえからげんきが有効な相手や状況は限られ、ばかぢからは仮想敵に対する確定数が無補正A252@いのちのたまヒヒダルマのそれとほぼ変らないことに留意。 こいつの前に鋼は出てこないしフレドラ確定にする必要もないのでは短命なのが更に短命になるし。 むしろニトロと空元気のほうを確定技にするべきだと思うが。 ニトロは味方の素早さ補助ありきで運用するならばいらないし、火力的も微妙。 素早さ遅いから、トリルの選択肢がでてくるしね。 フレドラ習得したからからげんきは技スペとの選択になる。 フレドラ馬鹿力で倒せない相手がからげんきで倒せるわけではないしね。 でんじほうは金銀VC限定のため、使用不能な通常のルールではに見劣りしがち。 攻撃も素でそこそこ高いので、両刀もありか。 貰い火炎としてはに次いで特殊耐久が高く、4倍弱点のない炎タイプとしては、に次いで特殊耐久が高い。 特殊草や炎等を読んで出す。 交代で出てくる物理アタッカーには鬼火を撃てる。 第7世代ではやけどの定数ダメージが下がり、おにびだと遂行速度が遅くなった点に注意。 HP種族値が低いため、実際はやと耐久力はあまり変わらない。 補正なしだとブースター27864。 しかもウインディはあさのひざし・バークアウトを覚えることも可能なため、結果的にはウインディの方が汎用性は高め。 たべのこしと相性がよく、味方の回復もできることが利点。 しかしウインディのあさのひざしに比べると発動が遅く、まもるの所持により読み合いが発生し技スペースも圧迫することが欠点。 まもるとねがいごとの併用で天候特性やカプ系のフィールドのターンを消費させられるが、雨パ・砂パには繰り出しにくく、 にはフィールドでおにびも通らず、ちょうはつの採用率も高いため素直に退いたほうがよい。 耐久型でスリップダメージがメインの型になるため基本は特殊ベースのおだやかが安定。 ほのおのうずの採用や、他のポケモンによる状態異常撒きがあればより使いやすくなる。 対ブースター 注意すべき点 攻撃種族値130+こんじょう+フレアドライブの破壊力。 からげんき、ばかぢから、あくび、おにび。 特殊耐久も高いため、チョッキ持ちでニトロチャージを積んだり、ねがいごとでの耐久型も。 対策方法 足は遅く物理耐久も脆いので、素早い物理アタッカーで上から殴る。 高火力先制技で倒す。 攻撃範囲は狭いので炎+ノーマル+格闘が通らないポケモンなら比較的有利。 かみつくを覚えるが威力が低め。 反動技がメインなのでゴツゴツメット+回復技で粘れば勝手に削れていく。 カプ・レヒレならタイプ相性上でも有利で、おにび・あくび等の状態異常もシャットアウト出来る。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技05 ほえる - - ノーマル 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技35 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技38 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技43 ニトロチャージ 50 100 ほのお 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技49 エコーボイス 40 100 ノーマル 特殊 15 技50 オーバーヒート 130 90 ほのお 特殊 5 技61 おにび - 85 ほのお 変化 15 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の