新宿 ラーメン はやし だ。 らぁ麺 はやし田 新宿本店

新宿で一番行列のできる「らぁ麺 はやし田」で絶品の特製醤油らぁ麺

新宿 ラーメン はやし だ

おなかすいたー ラーメン食べたいー と連絡が来たのが、 21時頃。 この時間でやっているところを探すと、はやし田さんを発見。 行列覚悟で早速行ってみることに。 「らぁ麺はやし田」は新宿三丁目ビックロのそば 最寄りは新宿三丁目駅ですが、新宿からも徒歩圏内。 ビックロのすぐそばにあります。 ビックロの裏口って言うんですかね? メイン通りじゃない方の入り口が見える位置のココ。 この路地を入っていきます。 「BODY SHOP」と 「EDIFICE」の間です。 すると、すぐ見えますね。 新宿三丁目駅の B4出口からだと 徒歩1分ってところでしょうか。 奇跡的にほぼ待ち時間なし! 着いたのは 21時過ぎくらい。 1人しゃがんでるから見えにくいけど、4人ほど並んでました。

次の

ラーメン激戦区「新宿」に新オープン!『らぁ麺はやし田』のラーメンが極上すぎた

新宿 ラーメン はやし だ

【総評】 鴨と大山鶏が織りなす旨味・コク全開のスープ。 具材一つ一つの完成度も非常に高く、美しくまとまった一杯。 食べログ百名店 (ラーメンTOKYO):17軒目 JR新宿駅から5分ほど らぁ麺 はやし田 14時半 待ち無し 早速店内入口の券売機で食券を購入。 カウンターのみの店内。 清潔感溢れる店内 カウンター上に給水機があるタイプ。 五分で着丼 (着丼時に紙エプロンの要否を聞かれる点もGood!) 【特製醤油らぁ麺 1000円 】 表面を覆う鶏油の光沢感!! 【スープ】 鴨と大山鶏を惜しげもなく使ったスープ。 表面をたっぷりと覆う鶏油がそれを物語っている。 鶏油のコクと旨味が全開 醤油は切れ味鋭い系ではなく、マイルド。 美味い。 【麺】 中細ストレート、加水率若干低めのパツパツ系。 全粒粉で小麦が香る。 しかしスープは負けてないため絶妙なバランス。 コシはしっかりしており、つるつる喉越しで美味しい。 【チャーシュー】 チャーシューは2種 低温豚肩ロース肉 スープで煮えてしまうほど繊細。 柔らかしっとりで肉本来の甘み。 鶏むね肉 薄切りで柔らか。 こちらもしっとりで雑味全く無し。 【メンマ】 立派な極長メンマ。 柔らかでホロホロ。 味付けしっかりで超好み。 【味玉】 卵黄が濃い!まさに黄金色。 それもそのはず。 「マキシマムこいたまご」という銘柄を使用している。 スープに溶け出さないギリギリの茹で具合。 味付けしっかりで美味しい。 麺の爽やかな喉越し。 鶏油のコクと旨味を楽しんでいると あっという間に完食。 美味しかった。 ごちそうさまでした。 店舗情報 コート掛け:カウンター後 水:カウンターに給水機あり 紙ナプキン:無 紙エプロン:着丼時に店員さんから要否を聞かれる 荷物置き:椅子下に小さめ買い物カゴ有 背もたれ:無(固定丸椅子) 【以下、食べログより引用】.

次の

らぁ麺 はやし田 新宿本店(新宿・新宿三丁目)

新宿 ラーメン はやし だ

はやし田のセカンド店!金目鯛と真鯛を使ったラーメンが食べられる『らぁ麺 鳳仙花』 新宿駅東口から徒歩6分くらいのところにある『 らぁ麺 鳳仙花 ほうせんか 』。 金目鯛のアラをメインに、真鯛のアラを加えてダシを取った鯛塩系のラーメンが食べられるとのこと。 元々『らぁ麺 はやし田』が『煮干し中華そば 鈴蘭』のセカンドブランドなので、セカンドブランドのセカンドブランドというなんかもうごちゃっとした肩書きですが、まぁそこは気にしない方向で。 告知がTwitterだけだったからか、オープン30分くらい前でも10名並んで居ないくらいでした。 初日の券売機はこんな感じ。 店内に入ると左手に券売機が。 今のところ「らぁ麺」と「つけ麺」の2メニューみたいです。 チラッと小耳にはさみましたが、落ち着いてきたら限定メニューもやる予定とのこと。 とりあえず今回はメインであろう「らぁ麺」と、Twitterで推されてた「金目鯛茶漬け」をポチり。 席からの景色はこんな感じ。 ややお寿司屋さんチックというか海鮮系の居酒屋チックというか、明るい和の雰囲気です。 ここら辺は『はやし田』と同じ感じですね。 席数は16席と、新宿エリアの個人店 Notチェーン店の意味 にしては結構あるほうじゃないでしょうか。 卓上調味料は一切なしというこだわりも『はやし田』を彷彿とさせます。 到着までの時間はこだわりが書かれたポップで予習しながら待ちます。 待つこと数分。 金目鯛の香りと共に「特製らぁ麺」が到着! 特製らぁ麺 1,000円 今回いただいたのは「 特製らぁ麺」 1,000円 と「 金目鯛茶漬け」 200円。 まずは金目鯛の良い香りと共にラーメンが到着、茶漬けはタイミングを見て言ってくださいとのこと。 濁りのある黄金色系のスープに全粒粉入りの細麺が泳ぎ、豚肩ロースのレアチャーシュー・鯛のほぐし身・穂先メンマ・ねぎ・味玉などがトッピングされています。 さっきからしつこいくらい名前出して申し訳ないですが、トッピングの配置も『はやし田』チック 当たり前っちゃ当たり前ですが。 まずはスープから。 品と迫力を兼ね備えた金目鯛の旨味がグワッと押し寄せてきた! まずはスープから一口。 口に含んだ瞬間、鯛の旨味がグワッと押し寄せてきました。 かなりインパクトのある味ながら 鯛の生臭さなどはなく、品と迫力を兼ね備えている感じです。 真鯛を使ったラーメンとはまた違った濃厚な美味しさです。 ちなみに味の余韻はかなり長め ドーピング旨味調味料使ってるかも ですが、ジャンクさはあんまり感じません。 炙った鯛のほぐし身が時折香ばしさをチラつかせて来るのもニクい。 麺は全粒粉入りの細ストレート。 小麦の風味がしっかり立ってて美味い! 麺は菅野製麺製の全粒粉入り細ストレート。 写真を見ていただければ分かると思いますが、結構たっぷり全粒粉入りです。 多加水麺らしくしなやかで柔らかめの食感。 この手のスープによく合うタイプですね。 細麺ですが 小麦の風味はしっかり立っていて、噛むごとに増幅するような存在感のある麺です。 チャーシューは豚肩ロースを低温調理したレアタイプ。 しっとりとしてやわらかな食感。 比較的レア味は少なめで、どちらかと言うと旨味を強く感じました。 なので、もしかしたらスープで熱を入れて食べた方が美味しいかもしれません(あくまで個人の見解です。 評論家がなんちゃら酸によって旨味の掛け算が~とかいうアレでしょう。 知りませんが)。

次の