せ ッ クス オンザ ビーチ カクテル 作り方。 2005年12月: 今日のカクテル

ウォッカのカクテル: 「食」って一番大切♪

せ ッ クス オンザ ビーチ カクテル 作り方

スクリュードライバー 名称にあるドライバーとはまさしくネジ回しとして使用するドライバーを意味します。 この名の由来は、カクテルの誕生にも関わってくるのですが、そもそもこのカクテルは 油田で生まれたと言われています。 場所についてはイランあるいはテキサスと定まっていませんが、ここで働いていたアメリカ人作業員が喉の渇きを癒すために、ウォッカを使って即席で作ったカクテルだそうです。 この際、ウォッカとオレンジジュースをステア(混ぜ合わせる)するときに、 ドライバーでかき混ぜて飲んだことから、この名が付けられたと言われています。 本来は無味無臭のウォッカにオレンジジュースを混ぜているので、ウォッカの辛口に甘味が加わり、 中甘辛口でほのかにオレンジの香りがする口当たりのいいカクテルになっています。 カクテルタイプ:ロング• グラス:タンブラー• テイスト:中甘辛口• 色:オレンジ• 使うものは非常に単純です。 こちらで出てくるステアについては混ぜ合わせると言うことになりますので、 カクテルの製法であるステアとは違うことに注意してください。 タンブラーに氷を入れる。 タンブラーに材料を入れてステアする。 ソルティドッグ 名称のソルティドックについてですが、塩を使っていることからソルティの名がついていると思われている方も少なくないですが、元々の由来は全く違います。 このソルティドックという名称はイギリス海員達のスラングで「 甲板員」のことを指しています。 潮風や波浪を浴びならが船上の甲板で仕事をする姿から塩辛い野郎と呼ばれ、そこから派生したスラングとなっています。 ここから分かるように、このカクテルはイギリス生まれです。 ただイギリスは元々ジンの発祥の地でもあり、このカクテルの 原型は今とは違うレシピでした。 ジンをベースにグレープフルーツを加え、塩を一摘まみ加えてシェークし、カクテルグラスに注いで飲むというものでした。 そのカクテルが、かつてはイギリスの植民地で、そのころには独立してウォッカの消費量も多かった アメリカに渡ったことにより、現在のスタイルに生まれ変わったのです。 製法がシェークからビルドに変わったことにより簡単に作れるようになり、カジュアルなスタイルとなったこと、そしてそのさっぱりとしたグレープフルーツの口当たりと縁の食塩の組み合わせの絶妙によって一気に世界へ広がり、現在も 多くのバーや居酒屋などで飲まれるほどの人気を博しています。 カクテルタイプ:ロング• グラス:タンブラー• テイスト:中甘辛口• 色:薄黄色• ベースとなるのはウォッカとグレープフルーツのみですが、ソルティドックの名称の元ともなった 食塩は外せませんので、必ず準備しましょう。 食塩:少々• レモンの輪切り:1つ ソルティドッグの作り方 続いては作り方です。 こちらでは 食塩を用いるスノースタイルでご紹介しています。 食塩さえ付けてしまえばあとは2つの材料を混ぜるだけになります。 グラスの縁をレモンで濡らして食塩を付ける。 (スノースタイル)• グラスに氷を入れる。 グラスに材料を入れてステアする。 スポンサーリンク モスコミュール このカクテルは 食前食後問わず飲めるオールデイカクテルとしてメジャーなものであり、スタンダードなカクテルとしても有名なものの1つになります。 その誕生は1946年のハリウッド・サンセット大通り店を構えたレストラン・コックンプルで、その口当たりの強さからラバに蹴飛ばされたように効いてくることから、「 モスクワのラバ(強情者)」という意味として、このモスコミュールという名が付けられたとされています。 ただこれは諸説の1つで、他にも同年に ハリウッドのバーテンダーであるジャック・モーガンが大量に仕入れたジンジャービアの在庫処分のために考案されたという説や、スミノフ製のウォッカの販促活動の一環として、スミノフを使用した手軽なカクテルをスミノフの製造元のヒューブライン社が紹介したという説、あるいはジャック・モーガンとヒューブライン社が手を組んでこのカクテルを生み出した説など様々なものがあります。 その味や香りは上記にもありますが、中甘辛口でありながらもウォッカの 苦みがきいた口当たりは強くパンチがあり、香りは爽やかなライムの香りが漂うものとなっています。 カクテルタイプ:ロング• グラス:タンブラー• テイスト:中甘辛口• 色:透明• そのため 分量の配合には注意してください。 ライムの輪切り:1つ モスコミュールの作り方 それでは作り方に移りましょう。 上記の 配分さえ間違えなければ、簡単に作れます。 タンブラーに氷を入れる。 タンブラーに材料を入れて軽くステアする。 ライムの輪切りを添える。 ブラッディメアリー このカクテルの名は16世紀のイングランド女王・メアリー1世の異名に由来すると言われています。 歴史の話になってしまいますが、プロテスタントとはこの頃、汚職にまみれたカトリック教会あるいは西方教会から分離し、福音主義を理念とするキリスト教諸宗派を指します。 このような活動をしていた人々が、 彼女の命によって処刑されたと言うことです。 この名を借りて血のように赤いこのカクテルが、そう呼ばれたと言われます。 ただこのカクテルの生まれははっきりとせず、この 名付けだけが独り歩きしている状態です。 また異説もあり、禁酒時代に飲まれていたとされるジンベースのブラッディ・サムに対して名付けられた、ともされています。 いずれにしてもその血のように赤いカクテルは、そのイメージとは似ても似つかぬほどの美味しいカクテルになります。 ウォッカをベースに、トマトを使用していることもあり、その旨味と甘味を受けて、 トマト特有の香りにまろやかな口当たりで、塩や胡椒で味を調えているので、ピリッと引き締まった味わいにまとまっているのが特徴です。 カクテルタイプ:ロング• グラス:タンブラー• テイスト:中甘辛口• 色:オレンジ• こちらもモスコミュール同様に配分を間違えると、 トマトの味が強くなってしまうので注意して下さい。 レモンジュース:少々 ブラッディメアリーの作り方 それではブラッディメアリーの作り方を見ていきましょう。 こちらも作り方自体は非常に簡単です。 ただ 材料を入れる順番があるので気を付けてください。 タンブラーに氷を入れる。 タンブラーにトマトジュースを注ぐ。 さらにトマトジュースとレモンジュースを注いでしっかりステアする。 バラライカ バラライカは元々スピリッツとホワイトキュラソー、レモンジュースのバリエーションの1つであり、ブランデーベースのカクテルである サイドカーから派生し、誕生したカクテルの1つです。 ウォッカをベースとしたものは他のバリエーションと比較しても無味無臭のウォッカを使う分、レモンジュースから香る 柑橘類の風味や甘さが味に強く出る傾向にあります。 バリエーションと言うこともあり、スピリッツをジンに変えれば「ホワイトレディ」、テキーラに変えてスノースタイルにすると「マルガリータ」、ラムに変えると「XYZ」になります。 またレモンジュースをライムジュースに替えロックスタイルに変えることで「カミカゼ」にもなるため、バリエーションが豊富なカクテルです。 バラライカの名の由来は、ロシアの 三角形の共鳴胴を持つ弦楽器から来ています。 ウォッカのイメージがロシアであることからこの名が付けられていますが、バラライカはカクテルタイプがショートであり、カクテルグラスに入れてあることから、その形状から見立てられているとも言われています。 日本では「 ドクトル・ジバゴ」という映画で使われていたことから有名となり、その爽やかな風味と甘さから今なお人気のカクテルとなっています。 カクテルタイプ:ショート• グラス:カクテルグラス• テイスト:中甘辛口• 色:白色• こちらも材料が3つあり、配分を間違えると味や アルコール度数がかなり変わってしまうので注意しましょう。 こちらは シェーカーが必要になり、こつが必要になります。 それさえできれば美味しいカクテルが作れます。 シェイカーに材料を入れシェイクする。 グラスに注ぐ。 シェイカーがない場合はステアも可。 スポンサーリンク カミカゼ カミカゼとは第2次世界大戦時に日本の戦闘機に付けられた名であり、神風特攻隊はあまりにも残酷な戦術で有名です。 カクテル自体の発祥はアメリカであり、その切れ味の鋭さから、かつて辛酸を舐めさせられ、命を擲つ特攻に畏怖さえ感じされた 神風特攻隊を彷彿とさせることから名づけられたとされています。 ただこれも異説があり、米軍占領時代に日本の横須賀基地で作られたものが初めてとする説もあります。 その名とは裏腹に、 爽やかな風味と切れ味の鋭さから人気となり、アルコール度数が高いながらも飲みやすいカクテルとして、よく飲まれているものになります。 カクテルタイプ:ロング• グラス:ロックグラス• テイスト:中甘辛口• 色:白色• 製法:シェーク カミカゼの材料 それではカミカゼの材料を見てみましょう。 バラライカと材料は同じですが、分量の配分が違いますので注意してください。 こちらも シェーカーが必要であり、シェイクにコツが必要になりますので、何度か練習は必要かもしれません。 シェイカーに材料を入れてシェイクする。 氷を入れたグラスに注ぐ。 ウォッカ・マティーニ 名称からも分かるように、こちらはジンベースで作られ、 カクテルの王様とも称される「マティーニ」のベースをウォッカに変えたアレンジカクテルです。 癖が少ないウォッカで作ることで、より滑らかな味わいとキレを生み出しています。 ジンベースのマティーニはその誕生から現在に至るまでに甘口から辛口へとレシピをかえながら時代を生きてきたカクテルとしても有名です。 ウォッカベースにすることで 淡白な味わいが、マティーニの違った表情を見せてくれると好評のカクテルとなっています。 カクテルタイプ:ショート• グラス:カクテルグラス• テイスト:辛口• 色:透明• 製法:ステア ウォッカ・マティーニの材料 それではウォッカ・マティーニの材料をご紹介しましょう。 レモンピールはお好みの量を入れて調整してください。 レモンピール ウォッカ・マティーニの作り方 それでは最後に作り方になります。 こちらは 製法がステアになりますので専用の器具が必要になります。 材料と氷をミキシンググラスに入れてステアする。 氷意外とカクテルグラスに注ぐ。 レモンピールを搾り、カクテルピンに刺して飾る。 カクテルの用語について それでは説明の上でいくつか出てきた カクテルの用語についてこちらでは扱っていきたいと思います。 ご存知の方もいるかと思いますが、初めて聞く用語があるという方もいるかと思うので、こちらで知っていただければと思います。 カクテルタイプ まずはカクテルタイプです。 こちらはロングとショートどちらかになりますが、この名称と使っているグラスから、ついついグラスの大きさ、あるいは長さと 誤解されがちですが、大きな間違いです。 そう思って語ると恥をかきます。 実際にはそのグラスで 全て飲み干すために最適な時間をロング、ショートで分類しています。 そのためグラスの大きさと対応していますのです。 基本としては以下の分け方になります。 これはある程度時間がかかっても適した冷たさや味が損なわれることが少ないためです。 アルコール度数が低めのものが多く、量が多いのが特徴です。 そのため 丈の長いグラスに作ることが多いため、グラス内で直接混ぜたり、シェーカーで混ぜたものをグラスにて炭酸やジュースと混ぜ合わせたりする作り方が一般的です。 アルコール度数が高めで、 冷たさと味が損なわれやすいものがこのタイプに当たります。 味や香り、アルコール度数が強いお酒を混ぜ合わせることが多いので、専用のシェーカーなどを使い、まろやかになるよう冷やしながら混ぜ合わせ、グラスに注ぐため、氷もほとんど入っていないのが特徴です。 それ故に アルコール度数も高くなり、冷たさが保たれる時間も短いのです。 カクテルの製法 カクテルの製法は「ビルド」「シェーク」「ステア」「ブレンド」があります。 今回ご紹介した中にはブレンドはありませんが、こちらも一緒に簡単にですがご紹介しておきます。 ビルド ビルドは最も簡単な製法で、特に器具を必要としません。 基本的にはグラスに氷とベースとなるお酒を入れ、ジュースやリキュールなど必要な分量で満たし混ぜるだけになります。 ただしこの方法ができるのは ロングタイプのカクテルだけですので注意してください。 シェーク こちらは名前の通り、シェイクをしなければいけないのでシェーカーが必要となります。 シェーカーの使い方には 多少コツがいりますが、基本はシェーカーに氷とベースとなるお酒、その他の材料を必要分入れ、振って作ります。 ドラマなどで見るバーテンダーの振り方ですが、強く振りすぎたり長く振りすぎたりすると水っぽくなるので、 慣れるまでは難しいかもしれません。 ステア ステアはマティーニを作る時に使われる方法ですが、こちらも ミキシンググラスとストレーナーという器具を使います。 ステアとは混ぜるという意味になるのですが、この器具を使って混ぜる技法がステアになります。 ミキシンググラスに氷と材料を入れ、バースプーンで混ぜ合わせ、氷を取り除くためにストレーナーをミキシンググラスにセットして、グラスに注ぐ際にカクテルと氷を分離しながら注ぎます。 シェーカーと違い、 器具さえあれば比較的簡単に作れます。 ブレンド こちらはブレンダー、つまりミキサーを使って作る技法です。 こちらで出来るカクテルはシャーベット状になるのですが、作り方は クラッシュドアイスと材料をブレンダーに入れ、ブレンドするという方法になります。 ブレンダーからは直接注ぐのではなく、バースプーンを使ってグラスにいれ、短くカットしたストローを2本添えて完成です。 フローズンカクテルを作るのに使う技法になります。 カクテルの分量 最後にカクテルの分量についてです。 比率としてご紹介しましたが、基本的に カクテルは1杯分を毎回量って作ります。 そのため分量自体は大体決まってきます。 例えばカクテルグラスに注いだ時の 適量60mlを「1」とした時、それに対してどれくらいかを表したものになります。 カクテルグラスを使用し、 複数の材料を必要とするバラライカを例に考えてみましょう。 バラライカの材料は、• よって60mlで計算しています。 他のグラスであっても氷を入れることでかさが増すため、基本的にはカクテルの分量は 60mlを基準として考えていただくといいです。 しかしカクテルによって差がありますし、スクリュードライバーのように8オンスや10オンスのタンブラーに注ぐ場合は、 全体の分量も120mlや180mlとなり変わりますので計算の際にはお気を付けください。 tsp:1tspは約5ml• dash:1dashは1ml またグラスの大きさではオンスが出てきます。 正確には液量オンス(計量法では液用オンス)といい、単位は floz(fluid ounceから)が使用されます。 さらにイギリス(英液用オンス)とアメリカ(米液用オンス)で違いがあります。 4134 ml(イギリス法定で正確には 28. 413 0625 ml)• 5735 ml(アメリカ法定で正確には29. 573 529 5625 ml) しかしここまで細かいと分かりにくいため、大まかに容積を把握するために、 1オンスを約30mlとして換算しています。 タンブラーなどのグラスには6オンス、8オンス、10オンスがあるので、それぞれ以下のようになります。 グラスを購入する際の参考にしてください。 6オンス:180 ml• 8オンス:240 ml• 10オンス:300 ml.

次の

おすすめ 「おうちで楽しむ」 での検索結果1ページ目 カクテルレシピ

せ ッ クス オンザ ビーチ カクテル 作り方

あ行 [ ] あ [ ]• Eye Opener 【】• (アイスブレイカー) Icebraker 【】• Irish Coffee 【】• Blue Coral Reef (あおいさん• Acacia 【gin】• Agatha Cocktail 【rum】• Acapulco 【rum】• (アクダクト) Aqueduct 【判別難】• Earthquake (別名:アブ・ジン・スキー) 【判別難】• Up To Date 【判別難】• Apple Car 【】• Apple Pie 【判別難】• Addington 【】• Adonis 【wine】• Affinity 【判別難】• Abdough 【】• Americano 【wine】• American Lemonade 【wine】• Around The World 【gin】• Alaska 【gin】• Arabian Night 【rum】• Arawak 【rum】• Algonquin 【whisky】• Aldila 【rum】• Alexander 【】• Alexander 【gin】• Ambassador 【tequila】 い [ ]• Yes and No 【brandy】• Yellow Sunset 【】• Yellow Gin - のバリエーションとして紹介 【gin】• Yellow Parrot 【】• Italian Screw Driver 【liqueur】• Incredible Hulk, Green Eyed Monsterまたは Hip and Henとも。 【brandy】 う [ ]• ヴァージン・コラーダ Virgin Colada - の略称 【】• Virgin Chi-Chi - のバリエーションとして紹介 【non alcohol】• Virgin Pina Colada - のバリエーションとして紹介 【non alcohol】• Virgin Breeze - のバリエーションとして紹介 【non alcohol】• Virgin Mary - のバリエーションとして紹介 【non alcohol】• Whiskey and Coke , Whisky and Coke 【whisky】• Whiskey Side Car , Whisky Side Car 【whisky】• Whiskey and Soda , Whisky and Soda 【whisky】• (ウィスキー・トディー) Whiskey Toddy , Whisky Toddy - のスタイル、トデーの1つとして簡易的に紹介 【whisky】• Whizz Bang 【whisky】• Vesper (ヴェスパー・マティーニ) 【gin】• Vodka Iceberg 【vodka】• Vodka and Tonic - のバリエーションとして紹介 【vodka】• Vodka Rickey - のスタイル、リッキーの1つとして簡易的に紹介 【vodka】 え [ ]• Exposition 【liqueur】• (エクス・ワイ・ズィー) 【rum】• Exocist 【tequila】• (エッグ・ビア) Egg Beer 【beer】• El Diablo 【tequila】• Angel's Wing 【liqueur】• Angel's Kiss 【liqueur】• Angel Face 【判別難】 お [ ]• (オーベルニュ) ("Auvergne") 【gin】• Orgasm 【liqueur】• Olympic 【brandy】• Old Pal 【whisky】• Old Fashioned 【whisky】• Orange Sakini 【】• Orange Fizz 【gin】• Orange Blossom 【gin】 か行 [ ] か [ ]• Caipirinha 【】• Caipiroska - のバリエーション 【vodka】• Cowboy - のバリエーション 【whisky】• Cactus Banger - のバリエーション 【tequila】• Cassis and Orange 【liqueur】• Cassis and Soda 【liqueur】• Cardinale 【wine】• Colonel Collins - のバリエーション 【whisky】• Caffe Galliano 【liqueur】• Cafe Calypso 【判別難】• Caffe corretto 【判別難】• Cafe Royal 【brandy】• Kamikaze 【vodka】• ( Kalimotxo)【wine】• Kahlua and Milk 【liqueur】• Calmitch 【liqueur】• Caledonia 【liqueur】• Campari and Orange 【liqueur】• Campari and Grapefrouit 【liqueur】• Campari and Soda 【liqueur】• Campari and Beer 【判別難】 き [ ]• Kiss in the Dark 【判別難】• Kiss of Fire 【判別難】• Kitty 【wine】• Gibson 【gin】• Gimlet 【gin】• Carrol - のバリエーション 【brandy】• Cucumber 【liqueur】• Cuba Libre 【rum】• Cuban Screw (別名:ラム・オレンジ) 【rum】• Kir 【wine】• Kir Imperial - のバリエーション 【wine】• Kir Cardinal - のバリエーション 【wine】• Kir Royale 【wine】• King's Valley 【whisky】 く [ ]• (クォーター・デッキ) Quarter Deck 【rum】• Grasshopper 【liqueur】• Grand Marnier and Orange 【liqueur】• Grand Marnier Side Car 【brandy】• Kriss 【brandy】• Green Alaska - のバリエーション 【gin】• Green Star 【】• Green Fields 【liqueur】• Greyhound - のバリエーション 【vodka】• Kleopatra 【rum】• Grog - 単なるラムの水割りを指すこともある 【rum】• Clover Club 【gin】• Clover Leaf - のバリエーション 【gin】• Klondike Cooler 【whisky】 け [ ]• Cablegram 【whisky】• Gaelic Coffee - のバリエーション 【whisky】 こ [ ]• Cointreau and Orange 【liqueur】• Cointreau and Tonic 【liqueur】• (別名:ヘミングウェイ・カクテル) 【wine】• Cossack 【判別難】• Cosmopolitan 【vodka】• 【日本酒】• God Father 【whisky】• Godmother - のバリエーション 【vodka】• Coffee Grasshopper (別名:メキシカン・グラスホッパー) - のバリエーション 【liqueur】• Coffee Grog - のバリエーション 【rum】• Corpse Reviver 【判別難】• Copenhagen 【】• Commodore 【判別難】• Corkscrew 【rum】• Golden Cadillac - のバリエーション 【liqueur】• Golden Clipper 【判別難】• Golden Slipper 【liqueur】• Golden Dream 【liqueur】• Golden Fizz - のバリエーション 【gin】• Golden Friend 【判別難】• CoNCA D'oRO 【gin】• Conclave 【non alcohol】• Conchita 【tequila】 さ行 [ ] さ [ ]• Side Car 【brandy】• Silent Third - のバリエーション 【whisky】• Zaza 【gin】• Southern Comfort Screw 【liqueur】• Summer Delight 【non alcohol】• (別名:酒・ライム) 【日本酒】• Saratoga 【brandy】• Saratoga Cooler 【non alcohol】• Sangria 【wine】• Xanthia 【liqueur】• Sambuca con Mosca 【liqueur】• San Francisco 【wine】 し [ ]• Cyclamen 【tequila】• Sicilian Kiss 【liqueur】• Citron Wedding 【liqueur】• Citron Swing 【liqueur】• Sea Breaze 【vodka】• Jack Rose 【apple brandy】• Jamaican Mule - のバリエーション 【rum】• Jamaica Joe 【liqueur】• Jamaican Coffee 【判別難】• Shamrock 【判別難】• Shirley Temple 【non alcohol】• Chartreuse and Orange 【liqueur】• Chartreuse and Tonic 【liqueur】• Changuirongo 【tequila】• Shandy Gaff 【beer】• Chanpagne Cocktail 【wine】• Chanpagne Julep - のバリエーション 【wine】• (しゅんぎょう) 【日本酒】• (しょうようじゅりん) 【liqueur】• Georgia Mint Julep - のバリエーション 【brandy】• John Collins - のバリエーション 【whisky】• Silk Stockings - のバリエーション 【tequila】• Silver Fizz - のバリエーション 【gin】• Silver Streak - のバリエーション 【gin】• Silver Bullet 【gin】• Sylvia 【rum】• Gin and Bitters 【gin】• Singapore Sling 【gin】• Gin Julep - のバリエーション 【gin】• Cinderella (サンドリヨン) 【non alcohol】• Gin and Tonic 【gin】• Gin Buck 【gin】• Gin Fizz 【gin】• Gin and Lime 【gin】• Gin Rickey 【gin】 す [ ]• Sky Diving 【rum】• Scarlet Lady 【判別難】• Scandinavian Coffee - のバリエーション 【aquavit】• Screwdriver 【vodka】• Scotch kilt 【whisky】• Scorpion 【rum】• Suze Spumoni - のバリエーション 【liqueur】• Suze and Tonic 【liqueur】• Stinger 【brandy】• Straw Hat 【tequila】• Stone Fence 【whisky】• Snowball 【判別難】• Spumoni 【liqueur】• Spritzer 【wine】• Spring Feeling - のバリエーション 【gin】• Zoom 【brandy】• Sledgehammer 【vodka】• Sloe Gin Cocktail 【判別難】• Sloe Tequila 【tequila】• Sloe Driver 【liqueur】 せ [ ]• Sex on the Beach 【vodka】• Seventh Heaven 【gin】• Century 【brandy】• Central Park - のバリエーション 【whisky】 そ [ ]• Soul Kiss 【wine】• Sonora 【判別難】• Sol Cubano 【rum】• Salty Dog 【vodka】 た行 [ ] た [ ]• (ダイキュリー) Daiquiri 【rum】• Dirty Mother - のバリエーション 【brandy】• Turning Point 【liqueur】• Derby 【判別難】• (たまござけ) 【日本酒】• (タワリッシ) Tovarisch 【vodka】 ち [ ]• Cherry Blossom 【判別難】• Chi-Chi - のバリエーション 【vodka】• China Kiss 【liqueur】• China Green 【liqueur】• China Blue 【liqueur】• 【焼酎】- 【vodka】使用の物もあり。 つ [ ]• Czarine 【判別難】 て [ ]• Diki Diki 【apple brandy】• Diesel 【beer】• Dita Spumoni - のバリエーション 【liqueur】• Tiffin Tiger 【liqueur】• ( Tinto de verano) 【wine】• Tijuana Sunrise - のバリエーション 【tequila】• Tequila Sunstroke 【tequila】• Tequila Sunset 【tequila】• Tequila Sunrize 【tequila】• Tequila and Tonic - のバリエーション 【tequila】• Tequonic - のバリエーション 【tequila】• Danish Mary - のバリエーション 【aquavit】• Tennessee Cooler 【whisky】• Devil - のバリエーション 【brandy】• Depth Bomb 【判別難】• Tailless Dog - のバリエーション 【vodka】• (でんき-) 【brandy】 と [ ]• Tom and Jerry 【rum、または、brandy】• Tom Collins 【gin】• Dry Negroni - のバリエーション 【gin】• Dragonfly - のバリエーション 【gin】• Trojan Horse (-もくば) 【beer】 な行 [ ] な [ ]• Night Cap 【brandy】• Neapolitan 【liqueur】 に [ ]• Nikolaschka 【brandy】• New York 【whisky】 ぬ [ ] (Wikipediaに記事なし) ね [ ]• Negroni 【判別難】 の [ ]• Nocello Shake 【liqueur】• Knockout 【判別難】 は行 [ ] は [ ]• Bahia 【rum】• High Life 【vodka】• Bacardi 【rum】• Passenger List 【判別難】• Panache 【beer】• Panama - のバリエーション 【rum】• Honeysuckle 【rum】• Papagena 【liqueur】• Barbara - のバリエーション 【vodka】• Harvey Wallbanger 【vodka】• Bourbonella 【whisky】• Paraisoni 【liqueur】• Balalaika 【vodka】• Valencia 【liqueur】• Valencia Cobbler 【判別難】• Baron 【gin】• Hunter 【whisky】• Pancho Villa 【判別難】• Bamboo 【wine】 ひ [ ]• Beer Spritzer - のバリエーション 【beer】• (ビー・アンド・ビー) 【判別難】• Pierre Collins - のバリエーション 【brandy】• Picador - のバリエーション 【tequila】• bijou 【判別難】• Bee's Knees 【gin】• Better Orange 【beer】• Peachtree and Tonic 【liqueur】• Big Apple 【vodka】• Big Apple 【判別難】• Between the Sheets 【判別難】• Pina Colada 【rum】• Beautiful - のバリエーション 【rum】• 【日本酒】• Pink Gin 【gin】• Pink Gin and Lime 【gin】• Pink Squirrel 【liqueur】• Pink Daiquiri 【rum】• Pink Pineapple 【gin】• Pink Lady 【gin】 ふ [ ]• Fuzzy Navel 【liqueur】• Faux Kir 【non alcohol】• Faux Kir Royal 【non alcohol】• Falkland Island Warmer 【liqueur】• 42nd Street - のバリエーション 【wine】• Fallen Angel 【gin】• Bosom Caresser 【brandy】• Pousse Cafe 【liqueur】• Pussy Cat 【non alcohol】• Pussyfoot 【non alcohol】• Brasil 【wine】• Flag 【liqueur】• Black and White 【beer】• Blackthorn 【判別難】• Black Tornado 【判別難】• Black Velvet 【判別難】• Black Hawk 【判別難】• Black Russian 【vodka】• Black Rain 【wine】• Bloody Sam - のバリエーション 【gin】• Bloody Caesar - のバリエーション 【vodka】• Bloody Bull 【vodka】• Bloody Mary (または、ブラッディ・メアリー) 【vodka】• Blood Transfusion 【rum】• Bloodless Mary - のバリエーション 【vodka】• Francis Albert 【判別難】• (ブランデー・エッグ・ノッグ) Brandy Eggnog 【brandy】• Brandy Sour - のスタイル、サワーの1つとして簡易的に紹介 【brandy】• Prince Charles 【判別難】• Princess Mary 【gin】• Bull shot 【vodka】• Fruity Dita 【liqueur】• Bull dog - のバリエーション 【vodka】• Blue Hawaii 【rum】• Blue Hawaiian - のバリエーション 【rum】• Blue Monday 【vodka】• Blue Moon 【gin】• Blue Lagoon 【vodka】• Brave Bull - のバリエーション 【tequila】• Prelude Fizz 【liqueur】• French Cactus 【tequila】• French Connection - のバリエーション 【brandy】• Frozen Daiquiri - のバリエーション 【rum】• Broadway Thirst 【tequila】• Florida 【non alcohol】• Bronx 【gin】 へ [ ]• Hair of the Dog - のバリエーション 【whisky】• (ペア・クーラー) Pear Cooler 【liqueur】• (ペア・フラワー) Pear Flower 【liqueur】• Peyton Place 【liqueur】• Pedro Collins (別名:ラム・コリンズ) - のバリエーション 【rum】• Bellini 【wine】• Velvet Kiss 【gin】• Velvet Hammer 【liqueur】 ほ [ ]• Boiler Maker 【beer】• Boston Cooler 【rum】• Horse's Neck 【whisky】• Horse's Neck 【brandy】• Boccie Ball 【liqueur】• Hot Italian 【liqueur】• Hot Kahlua and Milk - のバリエーション 【liqueur】• Hot Dram 【liqueur】• Hot Buttered Rum 【rum】• Hot Buttered Rum Cow - のバリエーション 【rum】• Bohemian Dream 【liqueur】• Polar Short Cut 【判別難】• Volga 【vodka】• Volga Boatman 【判別難】• White Wings (ホワイト・ウィング) - のバリエーション 【gin】• White Way - のバリエーション 【gin】• White Cargo 【gin】• White Satin 【liqueur】• White Spider - のバリエーション 【vodka】• White Lily 【判別難】• White Russian 【vodka】• White Lady 【gin】• White Rose 【gin】• Pompier 【wine】• (ほんなおし)【焼酎】 ま行 [ ] ま [ ]• Miami 【rum】• Miami Beach 【rum】• (まいおとめ) 【焼酎】• MAI-TAI 【rum】• Mgnolia 【brandy】• Mgnolia Blossam 【gin】• Mother Sherman 【判別難】• Matador 【tequila】• Mackinnon 【liqueur】• Martini 【gin】• Malibu and Orange (別名:マリブ・ビーチ) 【liqueur】• Margarita 【tequila】• (マーキー) Marquis - のバリエーション 【wine】• Manhattan 【whisky】 み [ ]• Misty 【liqueur】• Misty Nail 【liqueur】• 【whisky】など• Midori and Milk - のバリエーション 【liqueur】• Mimosa 【wine】• Million Dollar 【gin】• (ミルク・シェーク) Milk Shake 【non alcohol】• Mint Julep 【whisky】• Mint Beer 【beer】 む [ ]• Moonlight 【判別難】• Moonlight Cooler 【apple brandy】 め [ ]• Mexican 【tequila】• Mexican Mule - のバリエーション 【tequila】• Mexicola - のバリエーション 【tequila】• Merry Widow 【判別難】• Melonhopper - のバリエーション 【liqueur】• Melonball 【liqueur】 も [ ]• Mocha and Milk - のバリエーション 【liqueur】• Moscow Mule 【vodka】• Mockingbird 【tequila】• Mojito 【rum】• Monte Carlo 【whisky】 や行 [ ] や [ ]• (やなぎかげ)- 本直しの上方での呼び方【焼酎】 ゆ [ ]• (ゆきぐに) 【vodka】 よ [ ]• Yang Kuei Fei (ようきひ) 【wine】 ら行 [ ] ら [ ]• Litchi and Grapefruits 【liqueur】• Litchi and Soda 【liqueur】• Rusty Nail 【whisky】• Last Kiss 【rum】• Rum Julep - のバリエーション 【rum】• Rumlet - のバリエーション 【rum】 り [ ]• Little Princess - のバリエーション 【rum】 る [ ]• Russian Quaalude 【liqueur】• Russian Nail - のバリエーション 【vodka】 れ [ ]• Lake Queen 【判別難】• Reggae Punch 【liqueur】• Red Eye 【beer】• Red Viking 【aquavit】• Red Bird - のバリエーション 【vodka】• "REMY MARTIN" 【brandy】• Lena 【判別難】• Rail Splitter 【non alcohol】 ろ [ ]• Royal Clover Club - のバリエーション 【gin】• Royal Coffee - のバリエーション 【brandy】• Royal Fizz - のバリエーション 【gin】• Road Runner 【vodka】• Robert Burns 【whisky】• Rob Roy 【whisky】• Long Island Iced Tea 【判別難】 わ行 [ ] わ [ ]• Wild Mule - のバリエーション 【liqueur】• Word Eight 【whisky】 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

マルガリータ

せ ッ クス オンザ ビーチ カクテル 作り方

由来 [ ] マルガリータはの女性人名である。 元々の語源は、の margarite (。 の語源でもある)から。 このカクテルにマルガリータの名が付けられた由来には、何種類かが挙げられている。 にの、が考案。 1949年のUSAナショナル・カクテル・コンテストで3位に入選したことで広く知られるようになった。 ジャン・デュレッサーの若き日の恋人マルガリータが、狩猟場で流れ弾にあたり亡くなったのを偲んでつけられたと言われている。 どんな酒も塩をなめながら飲むガールフレンドのために、にメキシコのホテルのバーテンダーが作り、ガールフレンドの名前をとって名付けた。 標準的なレシピ [ ]• 上記材料をに入れシェイクする。 縁をレモンなどで湿らせ、そこにをつけたに注ぐ()。 レシピの変化 [ ] 上記にもある通り、1936年にメキシコのバーテンダーが考案したとの説もあり、その時は食塩でスノースタイルにしたカクテルであったという。 ジャン・デュレッサーが、1949年のカクテルのコンテストで発表した時のレシピは、• テキーラ = 45ml• ライム・ジュース = 30ml• レモン・ジュース = 30ml• ホワイト・ = 7ml を、食塩でスノースタイルにしたシャンパングラス(容量120ml以上)に入れていた。 したがって、少なくとも1949年のレシピと現在の標準的レシピとでは、違いがあることが判る。 バリエーション [ ] 色とりどりのマルガリータ• ホワイト・キュラソーの代わりにブルー・キュラソーを使ったものは ブルー・マルガリータと呼ばれる。 また、上記材料とをミキサーで混ぜ、状にしたものは フローズン・マルガリータと呼ばれる。 この場合は冷たさで甘みが弱く感じられるので、を小さじ1杯加える。 備考 [ ] (または、、、、)のバリエーションと考えることと、のバリエーションと考えることがあり、それによってレシピが変わる。 サイドカーのバリエーションと考えると、• テキーラ = 30ml• ホワイト・キュラソー = 15ml• ライム・ジュース = 15ml となり、ダイキリのバリエーションと考えると、• テキーラ = 45ml• ライム・ジュース = 15ml• ホワイト・キュラソー = 1 となる。 なおこれは、容量約90mlのカクテル・グラスに作る場合の分量。 カクテル・グラスのサイズが小さい場合は、比率を保ったまま減量する。 このように、単純に何のカクテルのバリエーションだと言えない側面がある。 ただベースのカクテルであるもマルガリータ同様サイドカーのバリエーションと考えることとダイキリのバリエーションと考えることがあるので、マルガリータはカミカゼのバリエーションともいわれることもある。 関連項目 [ ]• - 名前がよく似ているので間違えられやすい 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の