インスタ 検索 できない。 Instagram(インスタグラム)をアカウントなしで、またはログインせずに見る方法!

Instagram(インスタグラム)をアカウントなしで、またはログインせずに見る方法!

インスタ 検索 できない

ハッシュタグの検索ができない場合 インスタを使っている方ならご存じかと思いますが、例えば「 パンケーキ」とハッシュタグのあとに画像に関連するワードを記載することで、他のユーザーがハッシュタグ検索を行ったときに自分の投稿が検索結果に表示されるようになりますよね。 しかしハッシュタグ検索を行ったにも関わらず検索結果が表示されない、その原因について見ていきましょう。 ハッシュタグが間違っている よく間違えてしまう方がいるようですが、ハッシュタグは半角[ ]です。 全角で入力してしまうと、該当するワードの投稿があっても表示されません。 ハッシュタグ検索をする場合は、必ず半角で入力するようにしましょう。 ワードにヒットする投稿がない 例えばパンケーキのようなワードの場合、かなり多くの投稿がヒットします。 しかしあまりにマイナーなワードや、文章のように長いワードではヒットしません。 「一致するハッシュタグは見つかりませんでした」という検索結果が出ている場合、単にヒットするワードがないということです。 ワードを短くしたり、他の言葉に言い換えて再度検索をしてみましょう。 通信環境が悪い インスタグラムはキャリア通信やWi-Fi接続がないと、投稿を読み込むことができません。 そのため通信環境が悪いと、ハッシュタグを検索しても結果は表示されません。 また、多くのユーザーが使っていますから、時間帯によっては接続しにくいということも考えられます。 一度時間をあけるか、iPhoneの通信環境を確認した上で再度試してみましょう。 ユーザーの検索ができない場合 インスタのプロフィール名またはアカウントIDのどちらかから、ユーザーを検索することができます。 ユーザー検索ができない場合はどのような原因が考えられるのかについて、見ていきましょう。 相手にブロックされている 非公開アカウントの場合は、検索結果に表示される仕組みになっています。 フォロー承認申請を行いましょう。 しかし相手にブロックされている場合、残念ながら検索結果にも表示されません。 Twitterなどと同じように、インスタにもブロック機能が存在します。 相手がブロックを解除しない限りはこちらから接触することはできません。 ユーザー名が間違っている プロフィール名やアカウントIDを間違えて検索していると、もちろん結果には表示されません。 SNSは必ずしも本名でやっているとは限りませんから、あだ名など考えられる別の名前でもう一度検索をしてみましょう。 またアカウントIDで検索を行う場合は、スペルに間違いがないか、スペースなどが入っていないかを確認しましょう。 1文字でも間違えていると結果には表示されません。 自分のアカウントを検索できないようにするには 自分のアカウントを知人以外に見られたくない、もしくはSNS上だけの友人と楽しみたい、という方もいると思います。 では自分のアカウントを検索できないようにするにはどうすればいいのかについて、見ていきましょう。 非公開設定にする 自分のアカウントを特定の人にしか見られたくない場合、非公開設定にしてしまうのがいいでしょう。 しかし非公開の場合はハッシュタグ検索にもヒットしなくなりますので、その点だけ注意しましょう。 非公開設定をするには、マイページ右上にある三本線のアイコンをタップし、[設定]を開きます。 下にスクロールして[アカウントのプライバシー設定]を開きましょう。 [非公開アカウント]とありますので、こちらをオン(青色)にすれば完了です。 フォロー申請がきた場合、投稿を見られてもいいユーザーだけ自分で許可することができるようになります。 連絡先の同期をやめる 連絡先の同期をしていると、アカウント登録に使ったメールアドレスや電話番号を知っているユーザーに、自分のアカウントがバレやすくなってしまいます。 知人には知られたくないという場合、設定からから[連絡先の同期]を開いて[連絡先をリンク]の項目をオフ(白色)にしましょう。 以上でおすすめユーザーなどに自分のアカウントが表示されにくくなります。 捨てアドレスを使う 知人には絶対知られたくない!という方におすすめなのが、普段使っていない捨てアドレスでインスタアカウントの登録を行うことです。 GoogleやYahooなどのフリーメールアドレスを作成し、そのアドレスでインスタアカウントを作りましょう。 またユーザー名も本名とは違うものに設定することで、知人にアカウントを知られる可能性が低くなります。 インスタをより便利に使いこなそう! 以上、インスタの検索ができない場合の原因と自分のアカウントを検索できないようにする方法についてご紹介しました。 今回ご紹介した内容を参考に、インスタをより便利に使いこなしましょう!.

次の

インスタでハッシュタグやユーザー名が検索できない!自分のアカウントを検索できないようにするには?

インスタ 検索 できない

ブロックをされた事により相手の投稿自体が非表示になってしまうのでそれは見られないのですが、ある方法が残されています。 それは自分の投稿にされた相手の「いいね」や「コメント」から相手のプロフィールページに行く、という事です。 自分の投稿にされた「いいね」や「コメント」はそのまま残っていますから(相手はそれを別途削除する権限があるので、削除されていたらダメ)、そこにある相手のユーザーネームをタップすれば相手のプロフィールページに行く事が出来ます。 instagram. 相手が頻繁に投稿をしているのであれば、検索エンジンで「Instagram (相手のユーザーネーム)」と検索すればプロフィールページが表示される場合もあります。 上の方法はスマホのInstagramアプリでは使えないので、SafariやChromeなどのブラウザを使う様にしましょう。 その場合はあくまで「ブロックされたのとは別のアカウント」なので、以下で説明する「ブロック返し」などは出来ません。 ブロックされた相手のプロフィールページに行って何が出来るの? ブロックされた相手のプロフィールページに行って何をするのか?と言えば、以下の2つの事が思い浮かびます。 本当にブロックをされているかどうかの最終確認• ブロック返し 上の2つの方法に関しては以下の記事でご紹介します。 ご参照下さい。 【関連】 【関連】.

次の

Instagram(インスタグラム)をアカウントなしで、またはログインせずに見る方法!

インスタ 検索 できない

インスタグラムを使っている人たちは インスタグラム内での検索方法に主にハッシュタグを使っていますが実は検索方法はこれだけではありません。 意外と他の検索方法を知らない人が多いですが、知っていればインスタグラムでの世界も広がることは間違いなしです! いったい、 インスタグラム内の検索方法には他にどのようなものがあるのでしょうか? インスタグラムはどこから検索できる? まずインスタグラムでの検索は画面したにある 虫眼鏡マークの画面から検索できます。 虫眼鏡マークをタップしたら自分に関連性のある投稿やアカウントの一覧が表示されます。 一番上には検索フォームがあるのでそこから インスタグラムないの様々な検索方法ができます。 まずはハッシュタグによる検索! まずはみなさんにおなじみの ハッシュタグによる検索方法をお伝えします。 最初に虫眼鏡マークの画面に行くと検索フォームのしたに 「上位検索」「ピープル」「タグ」「スポット」の順に並んでいるところがあるので「タグ」をタップしましょう。 そしたら今まで検索したハッシュタグの一覧が並びますが、ここから検索フォームで気になるハッシュタグを検索してみましょう。 「クリスマス」と検索すれば クリスマスのハッシュタグが付けられた投稿がズラリと並びます。 一番上に出てくる投稿は「 クリスマス」で最も人気を得ている投稿の一覧です。 その下からはずっと最新の投稿が並んでいます。 ハッシュタグは季節やその時によって流行るワードが異なり、また芸能人がオリジナルで使っているハッシュタグもあるので時折気になるハッシュタグをチェックしてみましょう! スポット検索! 最後はスポット検索です。 これまでと同様に虫眼鏡マークから「スポット」を選択し気になるスポットの名前を検索します。 ここでは最近インスタ映えするスポットとして日本のみならず海外でも話題を集めている「伏見稲荷」を検索してみます。 検索してみると伏見稲荷に関するスポットの一覧が表示されます。 一覧に見つけたいものが見つかったらそこをタップします。 そしたら人気投稿から最新投稿まで数多くの投稿が表示されます。 インスタ映えは今年流行語大賞になるほどの人気ぶりでインスタグラムが生んだ最大の流行となりました。 スポット検索で気になるインスタ映えスポットを検索して友達と出かけてみてはどうでしょうか?.

次の