話題 cm。 【動画あり】長澤まさみ激似で話題!『エネワン』CMセクシー美女の意外な正体<黒田有彩>

「がんばるな、ニッポン。」サイボウズのCMが話題。その意図は?

話題 cm

中島啓雄氏が考えたもので、1969年に日本デザインセンターによって制作されている。 当時は新聞がおもな媒体だった。 このコピーが「大きいことはいいことだ」(森永エールチョコレート)と「ハッパふみふみ」(パイロット萬年筆)のあいだに入っている。 1980年代からはとくに、バブル経済を控えて、自動車企業が数おおくのテレビコマーシャルを作成した。 「1」CMは注目されてなんぼの世界もあるので、有名人を出して、注目度を高める。 2)有名人の良いイメージ(メジャー、知性、爽やかさ、美しさ、鮮度等)を商品に付与できる。 3)話題を作ることができる(あの有名人を起用するの?! なぜこの有名人を起用するの?等)。 4)ターゲットと同世代の有名人を活用することで、ターゲットを明確にして共感性を高める」 上記は、多くの自動車メーカーをクライアントに持つ、大手広告代理店に勤務する知人が挙げてくれた有名人を起用する理由である。 ただしネガティブな側面は当然ついてまわる。 おなじひとは言う。 井上陽水氏が出演した初代「セフィーロ」のテレビコマーシャル(1988年)である。 セフィーロのサイドウィンドウがするするっと開いて、笑顔の陽水氏が顔を出し、「みなさんお元気ですかぁ〜?」と、いきなり呼びかけるものだ。 あまり深い意味は感じられないセリフである。 ふつうに考えれば、キメの言葉が流れないのだから、広告効果が半減するわけだ。 でも、この自粛が雑誌などでとりあげられた結果、かえって話題になり、そして、記憶に残る自動車コマーシャルとなったのである。 新型コロナウィルス感染拡大を経て、自動車業界は変化を余儀なくされるだろう。 世界的な販売の落ち込みを経験したあと、販売店に頼った従来の売り方でなく、より効率よく、そしてコストカットできる販売法を編み出さないと生き残りが難しくなるかもしれない。 「車の販売システムが大きく変わるかもしれません。 外部のイーコマースとの連動なども出てくるかもしれません」 IT企業でプランナーを務める友人の意見だ。 2020年3月、オンライン販売への全面移行を報じられたテスラも例にあがった。 難をいえば、デザインの思い切りの悪さである。 パーソナル・サルーンなるコンセプトとは裏腹に、ボディスタイルは後席の存在を強く感じさせるものだった。 「6ライト(リアクオーターピラーにもウィンドウがある)はないな」と、当時は残念に思った。 ちなみにセフィーロが登場した1988年は、日産のクルマが多くの場面で話題になった。 1月に3ナンバーボディにハイパワーのV型6気筒エンジンを搭載した「シーマ」と、スタイリッシュな2代目にフルモデルチェンジしたミニバンの「プレーリー」を発表している。 つづく5月に凝ったメカニズムでスポーティクーペとしての本領を発揮した5代目「シルビア(S13)」、10月には「ブルーバード」の上を行く高級セダン「マキシマ」を送り出したのだ。 1980年代の特徴といえば、多品種少量生産が始まったこと。 ターゲットを細かく設定しても、ちゃんと元がとれるほど販売は好調だった。 好例が1984年発売の2代目「アルト」だ。 このクルマの特徴は、女性をターゲットに据えたところ。 「アルトは47万円」のキャッチフレーズで大ヒットした初代は1979年の発売だから、モデルライフが尽きる時期だった。 くわえて、ダイハツ「クオーレ」のように販売力のある競合他車も追い上げてきていた。 そこで、2代目アルトは、都会的なものを好む若い女性をターゲットにしたところがあたらしかった。 フランスのパリを連想させるナンバープレートをつけたアルトが走るテレビコマーシャルに登場したのは、『雨音はショパンの調べ』が大ヒットした女優の小林麻美だった。 改良されたGT-FOURは、225psの2. 0リッターエンジンによるパワフルさと、センターにビスカス式、リアにトーセン式LSDを採用した4WDシステムによる、安定して、かつ速い速度でのコーナリングを楽しめた。 室内の作りも、4代目に較べるとうんとクオリティが向上した。 同時期に、たとえばフルタイム4WDをセリングポイントにしていたアウディは「クーペクワトロ」を発表している。 でもセリカはけっして負けていない、と、思わされたものだ。 世界ラリー選手権のホモロゲーションモデルとして開発された「GT-FOUR RC」も迫力満点だった。 235psのパワーもさることながら、じっさい、1993年の同選手権ではランチア「デルタ・インテグラーレ」を破って、メイクスおよびドライバーズ選手権を獲得するという快挙を成し遂げたのだった。 日本では、浅野ゆう子をTVCFに起用したローバー「スターリング」は、ローバーとホンダの共同開発モデルのローバー「800シリーズ」の最高級仕様。 全長4698mmの4ドアボディに、初代ホンダ「レジェンド」の2675ccV型6気筒ガソリン・エンジンを搭載した前輪駆動モデルだ。 エンジンはホンダの常でとにかくスムーズ。 177psの最高出力を6000rpm で発生する、けっこうスポーティな性格だった。 がんがん上の回転域を使うと、じつに気持いいのだ。 たとえば、かつてはローバーよりも下のクラスだったジャガーの「XJシリーズ」のほうが、しなやかに足が動き、ボディの重さをうまく使った、気持いい乗り味を提供してくれていた。 そんななか、浅野ゆう子が出演したスターリングのTVCF(1989年)は、クルマ好きには「えっ」と驚くほど意外な組み合わせだったのは事実。 「キャスティングは広告代理店が持ってきてくれたもので、決めたのは日本法人の責任者でしょう」と、当時、ローバーの日本法人でマーケティングを務めた人が教えてくれた。 ちなみに起用期間は短かった。 当時、昼帯に放送されていた人気バラエティ番組に出演した本人が、ホストから、「最近外車のCMもやっているよね」と、話題を向けられたとき、車名を言えなかったというハプニングがあったのだ。 それでTVCFは予定より早く終了になったという。 車名を言えなかったのは、クルマの存在感が希薄だったせいかもしれない。 ALL RIGHTS RESERVED. gqjapan. gqjapan. jp","requestIp":"37. 252. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. gqjapan. analytics. analytics. analytics. relatedSites. relatedSites. relatedSites. relatedSites. sharingLinks. 0","typename":"Shar.

次の

キウイに涙うるうる…なぜか泣けると話題のテレビCM意図は?

話題 cm

「健康にいいからっていろいろやってみたら、このザマですよ」。 ぼそっとしたナレーションで始まるキウイのテレビCMが話題になっています。 筋トレ、ランニング、山登り……、体に良いとされる様々な運動に挑戦する「グリーン」と「ゴールド」のキウイブラザーズ。 読売新聞の掲示板サイト「発言小町」には、このCMを見ると「なぜか泣ける」という書き込みがありました。 何がツボなのでしょうか。 なんでーーーー? 「キウイのCMをご覧になった方はいらっしゃいますか?」と発言小町に投稿したのはトピ主の「レイニア」さん。 走るなどのつらい運動は続かないし、足つぼは痛い。 キウイブラザーズのそんな体験を描きながら、軽快な音楽に乗って「ヘルシーは、好きなことを楽しみながら」と訴えるキウイのCMについて、「見るだけで涙が出てくるのです。 なんでーーーー?」と自分自身でも驚いています。 「涙が出るポイントなんて人それぞれかもしれませんが、想像つく方いらっしゃいますか?」と尋ねました。 この投稿に対し、「毎回、くぎ付けになり、うるうるします。 私だけじゃなかったー」(「ヘムレン」さん)、「私も泣けてきます。 キウイが一生懸命なところに泣けます。 周りの仲間が優しいところにも、最後は大団円でみんなで楽しそうに踊るところにも」(「きの」さん)、「まさか、同じように感じていらっしゃる方がいるとは思いませんでしたので、ビックリしました」(「ウィズ森林浴」さん)など、共感の声が相次いで寄せられました。 キウイたちになぐさめられた なぜ、キウイのCMが多くの人の心に刺さるのでしょうか。 このトピの中では様々な考察も繰り広げられています。 「すーざん」さんは、「私も(CMを見て)涙が出てきました。 自粛のまっただ中で、少し不安定になっていた頃だったのですが、キウイたちになぐさめられたというか、共感させてもらったというか」と新型コロナウイルスによる影響を指摘しました。 「あんな」さんは、「ジョギングだめ、筋トレだめ、いろいろ試すけどだめ。 でも、好きなことなら続く。 そんな内容が、人生のいろいろな出来事、つまずいたり、うまくいかないことはたくさんあるけど、あなたらしく生きよう。 みたいなメッセージに思われるからかなあ」と思いを巡らせます。 「ゆるこ」さんは、「やっぱり『好きなことをしよう』のメッセージが胸に刺さったのではないかと思いますね。 魂の奥からの、自分の本当に好きなことって……?の問いなのかもしれません。 私はこのCMクリエイターさんの『みんな我慢ばかりしていないで好きなことしようよ、本当に今までよく頑張ってきましたよ』のメッセージに感じます」と書き込みました。 写真はイメージです 好きなことを楽しむ方法見つけて CMを制作した、キウイの輸入販売を行うゼスプリインターナショナルジャパン(東京)によると、キウイブラザーズのテレビCMは2016年に第1弾がスタート。 「恋のマイアヒ」の替え歌や「アゲリシャス」という独特なキャッチフレーズで知られ、今年5月から「好きなことを楽しみながら篇」が放送されています。 同社は今回のCMについて、「体に良いと言われることも、ストイックに無理をしてしまうと挫折してしまいます。 新型コロナの影響で外出自粛が続くなど、不自由な生活の中でも、ポジティブにできることを工夫することが大事です。 そのためには、好きなことを楽しむ方法を見つけてほしいというメッセージを込めています」と説明します。 「涙が出た」「感動する」などの視聴者の反応について、同社の担当者は「コロナの影響で先行きが見えず、不安に感じている方も多いでしょう。 キウイブラザーズの姿に、少しでも前向きな気持ちになって、困難な状況を乗り越えていけるといいですね」と話しています。 ゼスプリインターナショナルジャパン提供 このCMが泣ける理由について、「ひこにゃん」や「佐世保バーガー」などのヒットを手がけたPRプロデューサーの殿村美樹さんは、コロナの感染防止で人々が常にマスクを着用し、社会的距離を保つなど息苦しい思いをしている状況と関係があると指摘します。 「CMの中で、キウイは大きな口を開けて、走ったり、筋トレをしたり、サウナに入ったりしています。 そのどれも、今ではおいそれとはできません。 自粛生活で汲々としている人々に、思いっきり口を開いたキウイブラザーズは、懐かしいような、うらやましいような姿に映り、切ない気持ちにもさせるのでしょう」と解説します。 CMやヒット曲は時代を映し出す鏡とも言われます。 コロナの自粛生活で、やりたいこともできずに我慢を強いられる中、健気にがんばるキウイブラザーズの姿がどこか自分に重なったのかもしれませんね。

次の

ACジャパンのCM「にゃんぱく宣言」がとてもイイと話題 / 作詞作曲はさだまさしさん

話題 cm

武井咲・小泉孝太郎・舘ひろし編(「ハズキルーペ 公式チャンネル」より) 俳優の 渡辺謙が、「本当に世の中の文字は小さすぎて読めない!」という絶叫で始まるテレビCM。 あなたも一度は観たことがあるだろう。 メガネ型拡大鏡「ハズキルーペ」のCMだ。 このCMの続編が今、物議を醸している。 新CMは、今年3月に第一子を産んだ武井咲の復帰第一弾として話題だが、それ以上にCMの中身そのものがネットをざわつかせている。 今回は舞台が高級クラブとなり、武井咲がママ、常連客として小泉孝太郎と舘ひろしが登場する。 武井咲は、かつて主演したテレビドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)さながらに、艶やかな和服姿で、お店で働く美女たちを仕切っている。 常連客の小泉孝太郎と舘ひろしとの掛け合いの後、やおら武井ママが「みんなハズキルーペを置いて」と女性たちに指示。 すると、4つの椅子にハズキルーペが置かれ、3人の女性が次々に上から座っていく。 最後にはなんと和服姿の武井ママもハズキルーペの上に座る。 椅子シーンは、前CMでも菊川怜が演じていたことで話題となったが、今回は4人に増えた。 このシーンがセクシー過ぎるとして、ネットでは「セクハラではないか」「悪趣味」などの批判もある一方で、「面白くなってきた」「どんどんやってくれ」という賞賛もあり、世間を騒がせ始めている。 芸能界でも話題となっており、タレントの伊集院光は、9月24日放送のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』 TBSラジオ系 で、「ハズキルーペの新しいCM、どうかしてんのよ、もうね」と感嘆しつつも、「誰も止めるな」「いけ!いけ!」と推しまくっている。 優れたマーケティング手法 賛否はともかく、筆者はマーケティングの視点から、このCMを、ある意味で評価している。 前CMでは、渡辺謙が「世の中の文字は小さすぎて読めない!」と絶叫することで中高年の共感を誘い、さらに菊川怜がハズキルーペをお尻で踏むというインパクトで、ハズキルーペの存在を強烈に印象づけた。 耐久性をアピールするCMとしては、イナバ物置の「100人乗っても大丈夫」という有名なセリフや、古くは「象が踏んでも壊れない」筆入れとして、昭和40年代に大ブームとなったサンスター文具の「アーム筆入」などがある。 しかし、ハズキルーペのCMは、ただ耐久性をアピールするだけでなく、美女がお尻で踏むという、前代未聞のセクシーさを加えているところが特色だ。 もし、今回のCMが、渡辺謙と菊川怜のバージョンの前に放送されていたら、今の騒ぎどころではなく、セクハラとして大問題になっていたかもしれない。 しかし、前CMで菊川怜の椅子シーンに見慣れた視聴者は、4人連続で座るシーンが放送されても、「ハズキルーペのCMだから」と、あまり抵抗感なく観てしまう。

次の