千葉 県 コロナ ウイルス 感染。 新型コロナウイルス感染症について/千葉県

新型コロナウイルス感染症について/千葉県

千葉 県 コロナ ウイルス 感染

【新型コロナウイルス感染症とは】• ウイルス性の風邪の一種です。 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染から発症までの潜伏期間は1日から12. 5日(多くは5日から6日)といわれています。 相談・受診の前に心がけていただきたいこと• 発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控える• 発熱等の風邪症状がみられたら、毎日、体温を測定して記録しておく• 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずはかかりつけ医等に電話で御相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です)• 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の 強い症状のいずれかがある場合• 上記以外の方で発熱や咳など 比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ず御相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 <妊婦の方へ> 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまでどおり、検査については医師が個別に判断します。 医療機関にかかるときのお願い 1)複数の医療機関を受診することにより、感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。 2)医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 【千葉県の新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口】• 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 感染拡大防止を目的に以下の調査票による調査を実施します。 調査項目が多岐に渡るため、感染が確認された方は、事前に各項目について御確認をお願いいたします。 参考:コロナウイルスとは• 海外渡航を予定されている方へ 渡航前の注意事項• 渡航前に必ず事前に渡航先の感染症発生状況に関する情報や注意事項を確認しましょう。 併せて、麻しんなど予防接種が有効な疾患について、予防接種歴や罹患歴を確認し、予防対策が不十分なものがあれば、予防接種を検討しましょう。 必ず事前に渡航先の感染症発生状況に関する情報や注意事項を確認しましょう。

次の

千葉県 新たに3人の感染確認 新型コロナウイルス

千葉 県 コロナ ウイルス 感染

千葉県は14日、県内の新たな新型コロナウイルスの感染者がゼロだったと発表した。 感染者なしの発表は3月30日以来、45日ぶり。 一方、緊急事態宣言の解除の対象から千葉は除外され、森田健作知事は「東京都の状況も踏まえたものと受け止める。 今ここが踏ん張りどころ」との談話を出し、外出自粛や休業要請を継続する考えを示した。 県内で発表された1日あたりの感染者数は、東庄町の障害者福祉施設「北総育成園」での集団感染が明らかになった3月28日の62人が最多だった。 次いで4月16日の58人。 4月26日~5月13日は1桁台が続いていた。 県などの発表には、前日や2日前に陽性が確定した患者も含まれる。 これまで県は、4月7日に県内全域で終日の外出自粛を要請した。 14日にはナイトクラブといった遊興施設やパチンコ店などを対象に休業要請を出し、18日からは飲食店に夜間の酒類提供の自粛要請に踏み切るなど、感染拡大を防ぐ対策を強化してきた。 新たな感染者がゼロになったことについて、疾病対策課の担当者は「県民の外出自粛の効果が出た。 ただ、安心せずに気を引き締めてほしい」と話した。 こうした状況のなか、休業や外出自粛の要請はいつまで続くのか。 森田知事は14日の定例記者会見で、「検討しているが、ここで緩みが出たら元も子もなくなる。 あえて言わない」と具体的な解除の基準は示さなかった。 その上で「(解除は)隣接する東京の動向をみながら対処しないといけない」と話した。 記者から東京都と足並みをそろえるのかと問われると、「東京が解除しなければ、解除しないということでもない。 動向は参考にする」と述べるにとどめた。 小池百合子都知事との連携については「(直接)相談はしていない。 それは事務方同士でやっている」と語った。 (寺沢知海).

次の

新型コロナウイルス感染症について/千葉県

千葉 県 コロナ ウイルス 感染

【新型コロナウイルス感染症とは】• ウイルス性の風邪の一種です。 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染から発症までの潜伏期間は1日から12. 5日(多くは5日から6日)といわれています。 相談・受診の前に心がけていただきたいこと• 発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控える• 発熱等の風邪症状がみられたら、毎日、体温を測定して記録しておく• 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずはかかりつけ医等に電話で御相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です)• 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の 強い症状のいずれかがある場合• 上記以外の方で発熱や咳など 比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ず御相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 <妊婦の方へ> 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまでどおり、検査については医師が個別に判断します。 医療機関にかかるときのお願い 1)複数の医療機関を受診することにより、感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。 2)医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 【千葉県の新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口】• 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 感染拡大防止を目的に以下の調査票による調査を実施します。 調査項目が多岐に渡るため、感染が確認された方は、事前に各項目について御確認をお願いいたします。 参考:コロナウイルスとは• 海外渡航を予定されている方へ 渡航前の注意事項• 渡航前に必ず事前に渡航先の感染症発生状況に関する情報や注意事項を確認しましょう。 併せて、麻しんなど予防接種が有効な疾患について、予防接種歴や罹患歴を確認し、予防対策が不十分なものがあれば、予防接種を検討しましょう。 必ず事前に渡航先の感染症発生状況に関する情報や注意事項を確認しましょう。

次の