ピット ブルテリア。 どこが違う?アメリカン・スタッフォードシャー・テリアとアメリカン・ピット・ブル・テリアの特徴とは|docdog(ドックドッグ)

みんなの犬図鑑

ピット ブルテリア

アメリカン・ピット・ブル・テリア 愛称 ピット(Pit)、ピットブル(Pit Bull)、APBT 原産地 特徴 体重 オス 15. 8—27. 2 kg (35—60 lb) メス 13. 6—22. 6 kg (30—50 lb) 体高 オス 45—53 cm (18—21 in) メス 43—50 cm (17—20 in) 外被 艶やかな短毛 毛色 全ての色と模様 出産数 5-10 匹 寿命 約 8-15 年 主要畜犬団体による分類と標準 Terrier Group Canis lupus familiaris アメリカン・ピット・ブル・テリア(: American Pit Bull Terrier)とはで改良された用のである。 通称は ピットブル等で、アメリカン・ブル・テリア、スタッフォードシャー・テリアなどとも呼ばれる。 断耳された個体 アメリカン・ピット・ブル・テリアは、にからに輸入された闘犬用の から作出された犬種である。 などを厳選して交配し、四肢の長い大型の犬となった。 、同年に創設されたにより、犬種として公認された。 アメリカ合衆国ではに闘犬が禁止されたが、非合法な賭博を伴う闘犬はを通じて盛んに行われ、1990年代でも年間約1500頭のピット・ブル・テリアが闘犬により死亡したという。 その一方で、飼い主に対しては忠実であるところなどからコンパニオンドッグとしての人気もあり 、 、発明家の、大統領、などの著名人の愛犬であったことが知られる [ ]。 なお、ほぼ同じ容姿を持つ は、性格をより温厚にした犬種とされ、にに公認されている。 ピット・ブル・テリアはにイギリスに多く輸入されたが、人間に重傷を負わせる事故が多発したため、に輸入・所有を禁止する「危険犬法」(Dangerous Dogs Act)が成立した。 イギリスではこの法を回避して本犬種を飼うために、「 アイリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリア」といった名前で取引されることもある。 特徴 [ ] 筋肉質で力が強く、身体能力は高い。 必要運動量は膨大で、毎日2時間以上の運動を1~2回必要とする。 の一種であるため、突発的な攻撃性も含めて飼育者およびその家族の完全な制御下におく必要があり、犬の飼育初心者や興味本位で飼育するのは困難である。 米国疾病対策センター CDC の調査によると、1979-1998年の20年間における犬を原因とする人間死亡事故238件のうち、犬種別で1位(66件)に位置した。 被害者のうち半数は飼い主と家族、もしくは同居人である。 我慢強く、飼い主に対しては忠誠心と服従心が強い性格であり、忠実なペットにもなるという意見もある。 なお、現在ピットブルはショー・タイプ、闘犬タイプ、ブリー・タイプの3タイプに細分化されつつある。 また、ウェイトプルなどの競技(重量引き)に使用されている大型のタイプもあり、大きな個体では60キロを超えるものも存在する [ ]。 法的制限 [ ] 豪州 、 、 、ニュージーランド 、プエルトリコ 、シンガポール 、 、デンマーク、フランス、ドイツ、ノルウェー、ポーランド、ルーマニア、ポルトガル、スペイン では、犬種指定による法的規制が存在し、輸入と所有が禁止や制限されている。 豪州のニューサウスウェールズ州では強制的避妊を含む厳しい規制がある。 米国でも市・郡によっては所有が禁止されている。 カナダのオンタリオ州でも所有禁止。 英国では所有禁止4犬種のうちの一つ。 2012年7月11日、の市議会は、禁止規定に違反して飼育されていた7歳のピットブルのを行ったが、強い非難を浴びた。 これには各国の愛犬家に加えて有名人や政治家など20万人が助命嘆願に署名していた。 日本国内での飼育 [ ] 日本国内の飼育は禁止されていないが、の「茨城県動物の愛護及び管理に関する条例」および施行規則でに指定され、飼育にあたっては特定犬と書かれた標識を入り口に表示することと檻の中での飼育が定められている。 咬傷事故はこれまで数件確認されており、飼い主には責任を持った飼育としつけが求められている。 2020年5月15日、で闘犬として敷地内で放し飼いをされていたピットブルが逃げ出し、200m離れた民家に侵入し住人の女性とトイ・プードルに噛みついた。 女性は全治40日の重傷を負い、トイ・プードルは死んだという。 銚子署は7月6日に、県動物愛護条例違反や過失傷害などの疑いで飼い主を書類送検した。 ブリーダーから譲り受けた際に狂犬病の予防接種を受けさせておらず、狂犬病予防法違反容疑でも書類送検している。 咬まれた女性に狂犬病の症状は無く、犬はブリーダーに返された。 脚注 [ ] []• Daniel Foggo; Adam Lusher 2002年6月2日. 2010年10月12日閲覧。 Commonwealth of Australia 2009年7月6日. 2009年6月19日時点のよりアーカイブ。 2009年7月18日閲覧。 Spanish. Ecuador: Diaro Hoy. 2009年2月4日. 2009年8月24日閲覧。 Hamid, Rashita 2012年5月9日. The Star Kuala Lumpur, Malaysia. 2012年5月9日閲覧。 New Zealand Department of Internal Affairs 2009年7月2日. 2009年8月2日閲覧。 Puerto Rico Office of Legislative Services 1998年7月23日. 2009年8月4日閲覧。 Spanish. La Prensa Managua, Nicaragua. 2010年1月6日. 2010年1月8日閲覧。 Barlow, Karen 2005年5月3日. Sydney, Australia: Australian Broadcasting Corporation. 2009年12月23日閲覧。 Hughes, Gary 2009年10月20日. The Australian Sydney, Australia. 2009年12月23日閲覧。 Ministry of the Attorney General of Ontario. 2009年12月24日時点のよりアーカイブ。 2010年1月8日閲覧。 James, David 2006年9月29日. 2010年10月13日閲覧。 2012年7月12日. 2012年7月14日閲覧。 朝日新聞デジタル 2020年7月6日. 2020年7月6日閲覧。 日本放送協会. NHKニュース 2020年7月6日. 2020年7月6日閲覧。 ライブドアニュース 2020年7月6日. 2020年7月6日閲覧。 関連項目 [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

ピットブル飼主の53歳無職男は誰?トイプードル死亡し66歳女性が重症【銚子市】

ピット ブルテリア

ピットブルはどんな犬? ピットブルは正式名称「 アメリカンピットブルテリア」と言います。 ピットブルはイギリスからアメリカに輸入されたスタッフォードシャーブル・テリアと初期のブルドッグを交配して作出された犬種です。 闘犬として誕生した犬種で、身体能力は高く、筋肉質でがっちりとした体格の持ち主です。 被毛は短毛な気質が特徴的な犬種です。 毛色は様々な色と模様がありバリエーションが豊富です。 全身が黒、茶色、白、グレーの種類や、黒と白、茶色と白、大きな斑模様のものまで様々です。 性格は飼主には非常に愛情深く、とても忠誠心が強いことが特徴です。 ペット用に改良が進んでいることもあり、穏やかな性格のピットブルがほとんどですが、中には闘争心が強く残っている個体もいます。 子犬のころからしっかりと社会化を身につかせ、しつけをしっかりすれば問題行動を起こすことは少ない犬種といえます。 しかし、過去には闘犬として飼育されていた歴史があるため、育て方、しつけの仕方には注意が必要な犬種です。 ピットブルが起こした危険な死亡事故とは? ピットブルが危険ということの理由にはピットブルの攻撃的な性格とピットブル が起こした事故が理由です。 1979年から1998年に犬が関わった死亡事故のうちピットブルが関わったものが66件の死亡事故が記録されています。 被害者は飼主、とその家族がほとんどだそうです。 アメリカでは飼主を食い殺すという、とてむごい死亡事故も確認されています。 死亡事故を起こしたピットブルの特徴としては、突発的に攻撃的な一面を見せていることが分かっています。 日本でもピットブルによる咬傷事故が数件確認されています。 しかし、ピットブルが起こした死亡事故や咬傷事故には少なからず、飼い主による無責任な飼育やしつけに原因があるようです。 日本で起きた咬傷事故を起こしたピットブルは過去にも人に襲い掛かったり、噛みついたりしたことがありました。 攻撃的な性格をしていることが分かっているにも関わらず、ノーリードでの散歩をしていたことが咬傷事故の原因になっているようです。 また、アメリカで起きた飼い主を食い殺したピットブルも、闘犬として飼育されていたことが原因です。 闘犬として飼育されているピットブルは攻撃的な性格だけではなく、発作的に激情していますこともあるようです。 興奮状態になったピットブルは飼主であろうと判断がつかなくります。 攻撃的な個体がいることは事実だと思いますが、飼い主さんによる飼育やしつけによることが事故の原因になっているのかもしれません。 ピットブルの飼育にはピットブルの性格と気質を理解が必要になります。 しつけ次第では、飼い主さんでも手に負えない凶暴な犬になってしまいます。 しかし。 子犬のころから、色々な犬や人と触れ合わせ、社会化としつけをしっかりすれば穏やかでやさしい家庭犬にもなってくれるはずです。 日本で飼育できるの? Sponsored Link 危険な一面を持っているピットブルですが日本で飼育することはできるのでしょうか? ペットショップでの購入することはほとんどできませんが、ピットブルは日本で飼育することができます。 ピットブルを購入するときは、ブリーダーさんから購入またピットブルの子犬の里親になることがほとんどのようです。 ピットブルの価格は 10万円~30万円ほどが相場になっているようですね。 日本では外国人力士として有名なことは有名ですね。 しかし、ピットブルを飼育、所有することを禁止している国もあります。 過去にピットブルが起こした事故により、イギリスをはじめとする、多くの国がピットブルの輸入と所有を禁止しています。 また、アメリカでも市、都によっては輸入、所有を禁止している地域が存在します。 ピットブルの飼育について ピットブルの飼育には初心者が初めて飼う犬種としては難しい犬種です。 ピットブルの性格、気質、特徴を理解したうえでしつけを徹底する必要があります。 子犬の頃に、いろんな犬や人と触れ合わせることで社会化を身に着けさせることが大切です。 しつけをしっかりするこことで、他の犬や人の吠えたり襲い掛かったりする行動はなくなります。 しかし、しつけが難しいピットブルも中にはいるようです。 無理なしつけや間違った方法でのしつけも悪影響になってしまうかもしれません。 ドッグトレーナさんに相談、訓練所に通わせることも1つの選択です。 凶暴な性格のイメージが強い印象ですが、我慢強い性格も特徴の1つです。 ケガや病気で痛みや体調が悪いことがあってもじっと我慢していることがあります。 また、見た目では分からないストレスを抱えてることもあるので注意が必要です。 行動やしぐさに変化がないか日々観察することが大切ですね。 しっかりとしつけたピットブルでもストレスを抱えることで問題行動の原因になってしますことがあります。 運動量も豊富なので、毎日の運動と遊びは欠かせません。 朝晩、2回の散歩と広い場所での運動が必要になります。 まとめ ピットブルについて危険な性格や気質、過去に起こした事件について紹介しました。 闘犬として改良され、飼育されたことから攻撃的な性格、気質があることは事実です。 しかし、飼育の仕方、しつけの仕方次第では穏やかでやさしい犬に育てることは十分に可能な犬種です。 どんな犬も飼い主さんの次第で、凶暴な犬にってしまうこともあり、良きパートナーになってくれることを理解する必要があります。

次の

アメリカンピットブルテリアってどんな犬?危険なのは本当?

ピット ブルテリア

イギリスで生まれた闘犬種スタッフォードシャー・ブルテリア アメリカン・スタッフォードシャー・テリアとアメリカン・ピット・ブル・テリアはどちらも同じ先祖を持つと言われています。 18世紀ごろ、イギリスで盛んに行われていた闘犬の代表格はブルドッグでした。 当時のブルドッグは、現在の穏やかな性質とは違いとても凶暴な性格であったとされています。 その頃のイギリスでは、犬より大きな雄牛やクマと犬を闘わせる「ブルバイティング」や「ベアバイティング」と呼ばれる見世物が流行していました。 この時代に、ブルドッグよりさらに強い闘犬の作出が盛んに行われ、気の強さを持つイギリス原産のホワイトイングリッシュテリアやスムースフォックステリア、ブラック&タンテリアなどとブルドッグを基礎犬として作出された犬種がスタッフォードシャー・ブルテリアです。 このスタッフォードシャー・ブルテリアが、アメリカン・スタッフォードシャー・テリア、アメリカン・ピット・ブル・テリアの祖先犬なのです。 しかし、強い闘犬種の作出はブリーダーにとってトップシークレットだったため、スタッフォードシャー・ブルテリア誕生に関する詳細はわかっていません。 アメリカに渡りさらに改良された闘犬種 闘犬としてアメリカに渡ったスタッフォードシャー・ブルテリアは、さらに大型の犬を好むアメリカ人によって、大きくまた強い闘犬として改良されたのです。 そして誕生したのがアメリカン・スタッフォードシャー・テリアとアメリカン・ピット・ブル・テリアの祖先犬であるアメリカン・スタッフォードシャー・ブル・テリアです。 当初は、訓練性が高く、番犬としても家庭犬としても能力の高い犬種として評価されていました。 大きな動物にも立ち向かえる勇敢さと強さから牧畜農家の番犬として一躍、人気犬種となったアメリカン・スタッフォードシャー・ブル・テリアですが、ここでも闘犬としての運命が待ち受けていたのです。 犬種の誕生は闘犬の禁止に起因する 19世紀に入ると世界的に闘犬が禁止されました。 闘犬が禁止されたことで、闘犬は表舞台から裏舞台へと場所を移し、さらに強く凶暴な犬が作出されました。 より凶暴になり力が強くなったアメリカン・スタッフォードシャー・ブル・テリアは、元来、訓練性が高く番犬として優秀だった犬種とは大きく性質が異なる犬種となってしまいました。 そこで、闘犬として育種されたアメリカン・スタッフォードシャー・ブル・テリアをアメリカン・ピット・ブル・テリア、本来の気質を持っている犬をアメリカン・スタッフォードシャー・ブル・テリアとして犬種分けが行われました。 さらに、AKCは、スタッフォードシャー・ブル・テリアとアメリカン・スタッフォードシャー・テリアを別の犬種として区別し、現在に至っています。 世界各国では、飼育・所有に規制がかかり、AKC、JKCでは犬種として認められていないアメリカン・ピット・ブル・テリア。 アメリカでは、このアメリカン・ピット・ブル・テリアのために設立されたと言われるユナイテッドケンネルクラブ(UKC)では、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアをアメリカン・ピット・ブル・テリアとして犬種登録しています。 アメリカン・スタッフォードシャー・テリアと同じ体格、基本的な性格も同じでありながら、闘犬としての能力を引き出され作出されたことから、闘争心が強く攻撃性の高い犬種として知られています。 最近では、闘犬としての攻撃性を抑えたショータイプ、家庭犬タイプのアメリカン・ピット・ブル・テリアも作出されていますが、遺伝子には闘犬としての気質が組み込まれていると言われ、どの段階でその性質が現れるか予想がつきません。 そのため、一般家庭で家庭犬として飼育するには難易度が高いことが大きな特徴です。 どちらも難易度の高い犬種であることに変わりはない どちらの犬種も飼い主に対して服従心が強く、明るい性格ですが、警戒心が強い面もあります。 特に、アメリカン・ピット・ブル・テリアの場合は、飼い主がしっかりとリーダーシップをとり、人間社会に適応できる性格にしつけをしていないと、攻撃性が前面に出てしまい、手に負えない犬となってしまいます。 だからと言ってアメリカン・スタッフォードシャー・テリアが、誰にでも飼いやすい犬種であるということもありません。 どんなに闘犬の気質を抑えた穏やかな犬を選んで作出していても、やはり、闘犬の血統を引きついでいる犬種であることには変わりはないので、気軽に飼える犬種というわけではないことを覚えておきましょう。 この2犬種は、登録されている犬種団体が異なることや育種の過程が全く違う過去を持つことから、違う犬種のように捉えられがちですが、実は同じ犬種であることがお分かりいただけたでしょうか。 街で出会っても見分けがつかないこともうなづけます。 どちらも同じ祖先犬を持ちながら、育種の過程で全く正反対の方向へと進んでしまった犬種なのです。 特に、闘犬というとても悲しい歴史の被害者でもあると言えるアメリカン・ピット・ブル・テリア。 アメリカ人好みの犬種と言われていますが、現在でもアメリカでは、シェルターに持ち込まれることが多い犬種なのです。 もし、見た目だけでどちらかの犬種を迎えることを検討しているのであれば、犬に対する知識、犬を制御できる能力が自分にあるのかを今一度見直してみてください。

次の