甘いものが食べたくなる原因。 ダイエット中甘いものが食べたくなったら?痩せたいのに甘いものが食べたくなる原因は

甘いものが食べたくなる原因は?夜中に食べるなら低糖質なものを!

甘いものが食べたくなる原因

ですが、ただ甘いものが欲しくなっているのではなく、原因が存在しますので、原因を理解して対策を取るようにしないと、糖尿病などのリスクを高めてしまうこともあるので注意してください。 スポンサーリンク 甘いものに依存している可能性が高い 甘いものが無性に食べたいという場合、以下のような理由により、甘いものを食べないと気が済まない状況になっているのかもしれません。 甘いものが欲しくなっている理由その1ですが、もしかすると、甘いものに依存してしまっているのかもしれません。 というのも、甘いものを食べるとストレス発散できるからです。 甘いものの中では、チョコレートなどがストレス発散に良いとされているのですが、糖分の過剰な摂取は、より強い糖分への依存を作り出すだけなので、どこかでこのような依存を解消しないといけません。 もし、甘いものへの依存度を下げたいという場合は、カテキン入りの緑茶などを飲むようにすると良いです。 温かい緑茶を飲んでいると食欲が下がり、また、気分の高揚も落ち着くことが多くなり、体内に溜まっている毒素、糖分などを尿に含ませ、排泄することも緑茶の力で楽になることが多いです。 甘いものが欲しくなっている理由その2は、口寂しさから起きている可能性が考えられます。 人との付き合いが無くなってしまい、寂しい気持ちになっているのを甘いものでごまかしているのかもしれません。 もしくは、甘いものを食べる習慣があったせいで、簡単にやめられない状況になっているのかもしれません。 このような状況に陥っている場合は、ガムなどを食べて気分を紛らわせてみると良いでしょう。 今では、糖分がほとんど含まれていないガムも存在しますし、禁煙用ガムのように、長く噛み続けても噛みごたえが残るタイプのガムも存在します。 スポンサーリンク 飲酒の影響で甘いものが欲しくなっている 甘いものが欲しくなるという衝動は、食事の影響で発生するケースもあるので注意してください。 そして、うつ病にかかってしまうと、このような状況に陥っていることを正常に理解できなくなってしまいます。 もし、飲酒後に甘いものが欲しくなっているようであれば、飲酒の量、回数を減らす努力からスタートしましょう。 飲酒は、一時的な高揚を発生しますので、脳が正常に動作しない可能性があるうつ病と相性が悪いです。 甘いものは、ストレス発散だけでなく、気分を落ち着かせてくれる効果がありますので、飲酒、甘いものを比較すると、甘いものを摂取したほうが体に良いと判断できるのです。 また、どうしても飲酒が我慢できないという場合、病院で診断を受けたほうが良いかもしれません。 生活習慣の影響で、ストレスが溜まりやすくなっているのかもしれませんし、もしかすると、抗うつ剤の治療により状況が改善するかもしれないからです。 睡眠の影響で甘いものが欲しくなることもある 甘いものがどうしても欲しくなるという場合、もしかすると、睡眠を正しく取れていない可能性が出てきます。 睡眠はうつ病と大きな関係があり、睡眠障害を患っている人の多くは、うつ病を併発してしまうリスクが高まってしまうのです。 また、しっかりとした睡眠をとれないでいると、段々と食事を取るのが億劫になっていき、ついつい簡単なもので食事を済ませてしまうことが多くなっていきます。 この時に食べてしまうものが菓子パン、もしくは、糖質がたっぷりと含まれているジュースであったりします。 しかも、夜更かしをしながら菓子パン、ジュースを飲み食いしているので、体重が太りやすいだけでなく、血液の流れも悪くなるなど、悪循環に陥ってしまうことが多くあるのです。 スポンサーリンク - , , , ,.

次の

甘いものが無性に食べたいときは、●●が不足している!? 食欲と身体の関係とは|ビフィックスマガジン|BifiX(ビフィックス)ヨーグルト|グリコ

甘いものが食べたくなる原因

Social Problem あなたの周りで起きている問題• Your Problems あなたのお悩み• Healthy Food 健康的な食生活• Hot Topics 人気の話題• Organic Recipe 今日食べたいオーガニックレシピ• Organic Shop オーガニック・ベジタリアン店• 甘いものが食べたくなる理由は消化器官が弱っているかもしれない|脾臓を理解して砂糖中毒を抜け出す方法 砂糖が体には良くないとわかっているのに、止まらないあなたへ。 東洋医学の知恵で止められるかも? 砂糖…とりわけ 白砂糖が身体に悪い影響を及ぼすという事実が明らかになって暫く経ちます。 IN YOU読者なら当然砂糖の害はご存知だと思います。 とはいえ、悪いものと分かってはいても・・時々どうしても 甘いものを食べたいという欲求が出てくるという方も少なからずいるはず。 特に疲れた時などは無性に甘いものが食べたくなります。 けれど、東洋医学の脾臓(ひぞう)を理解し健康的な食習慣を送ることで、実は甘いものへの欲求をコントロールすることもできるんです。 甘いもの・白砂糖は脾臓にダメージを与えて全てのバランスを崩してしまう。 お菓子やケーキなど甘い物に限らず、パンに、市販のサラダドレッシング、パスタソース…世の中に出回っている様々な食品に砂糖が使用されています。 そしてそのほとんどが白砂糖。 また、昨今のインスタブームに乗っかってか欧米のカフェやレストランなどがたくさん日本にオープンされています。 所謂インスタ映えをしたいという理由で白砂糖たっぷりのパンケーキやらパフェやらスイーツをオーダーするという若者も多いと言います。 白砂糖を摂取することで、私たちの健康に及ぼす弊害は今まで数多く明らかになっていますが、東洋医学の世界では 砂糖の過剰摂取は東洋医学の脾臓にダメージを与え、さらに全てのバランスを崩してしまうと言われています。 東洋医学から見た脾臓って? 東洋医学の 「脾臓」とは、身体の持つ生理機能の一つ。 口から入った食べ物の栄養は、消化管に入り、血管中に入り、各細胞に入って、活動力に変わります。 東洋医学では、この全体の流れの働きを脾臓と呼ぶのです。 つまり東洋医学での脾臓とは、 消化機能と循環機能の流れを指します。 脾臓はサラサラした環境を好む 東洋医学の世界では、脾臓は 乾燥した環境を好むと言われています。 つまり、血液がサラサラな状態のこと、血流が良いことを指します。 湿気の多い気候下に暮らしている、身体を冷やす食べ物、生の食べ物、また辛い食べ物を過剰に摂取することで、脾臓はドロドロした湿っぽい状態になり不調になると言われているのです。 脾臓がすでに湿っぽい状態の場合、乳製品、加工食品、アルコール、砂糖、人工甘味料などは状況は更に悪化させると言われています。 脾臓のバランスが崩れるとどうなる? 脾臓の働きが正常であれば消化機能や体内の血液循環も正常に働きます。 しかし、 脾臓がダメージがあり、 バランスが崩れることで様々な問題が身体に起こります。 ・下痢 ・体重の増加 ・肌荒れ ・疲れ ・鬱 ・月経不順 甘いものが食べたくなる原因と対策方法 甘いものへの欲望はどうして生まれる? 東洋医学の世界では、甘いものへの欲望は 脾臓が弱ってバランスを崩していることを表すと考えられています。 また、砂糖を過剰に摂取することで更に甘いものへの欲が生まれます。 つまり、 脾臓のバランスをうまくとることで甘いものへの欲望が抑えられると考えられるのです。 甘いものへの欲は脾臓を健康な状態にしよう 脾臓を元気にするために、食事に集中する では、脾臓を健康にするためにはどうしたらいいと思いますか? 中国では、 食事をすることは一日の中で最も大切な時間とされています。 仕事をしながら、本を読みながら、テレビを見ながらなどの「ながら食べ」は、消化の働きに悪い影響を及ぼします。 家族や友人と一緒に食事を楽しむことも大事。 一人で、食事をする時も、ゆっくり味わいながら食べることに集中するようにしましょう。 脾臓を元気にするために、腹六分から八分を心がける 過食は消化機能の働きを鈍くさせてしまいます。 身体の中にどんどん食べ物が入ってくることで、消化する時間が充分にないことが起因します。 東洋医学の考えでは 6分から8分目の量が、胃に負担のかからない食べ方だと言われています。 成長期、または常日頃から身体をよく動かす人は少々食べ過ぎでもエネルギーを消費できますが、便利な現代社会の中で、 車や電車など歩くことも少なく運動不足、パソコンばかりの仕事の人は腹6分から8分がおすすめです。 また、東洋医学の世界では臓器はそれぞれ活性化する時間が異なるという考えがあるため、 一日の食事パターンは 「5:3:2」の割合で食べることが勧められています。 朝食が5、昼食が3、夕食が2の割合です。 この食べ方が一番内蔵にも負担が少ない言われています。 脾臓を元気にするために、咀嚼で消化を助ける 忙しい現代人の中には、ごはんは10分で済ませてしまう!という方も少なくないはず。 けれど、 咀嚼を心がけることで、消化・吸収の働きを助けることができます。 咀嚼を心がけることで、内蔵を活性化させながら食べ物は消化していきます。 また、よく噛むことで満腹中枢にも影響が。 食べ過ぎを防止してくれます。 脾臓を元気にするために、冷たい飲み物や食べ物は避ける 冷たい飲み物は身体を冷やすことは周知の事実。 冷えた身体は、温まるまでに時間がかかり、消化機能に影響を与えます。 食品には、体を温める「陽性食品」と体を冷やす「陰性食品」があるので、これらをバランスよく摂取するように心がけましょう。 また砂糖が食べたくなった時は砂糖入りのお菓子ではなく、オーガニックのフルーツなど自然の甘みを、摂取してみてもいいかもしれません。 healthcare. omron. html ヘルシーな食生活で脾臓を元気に!甘いものへの欲求を抑えよう。 身体は正直なもので、目には見えなくとも身体の中で何か不調なことが起こっているとそれは表面化していきます。 「甘いものが食べたい」という欲望もその一つ。 しかし、その食べたい!という欲求が必ずしも体をヘルシーにしてくれるわけではないことを私たちは、理解すべきです。 「私は忙しいから…」と言い訳することは簡単です。 それでも、少しの心がけをすることで良い食習慣を送ることができ、脾臓を元気にすることができるのです。 そして、余分な甘いものを食べなくてよくなるのであれば、試してみる価値はあると思いませんか? この記事を読んだ人にオススメしたいオーガニック商品.

次の

甘いものが欲しくなる理由と身体への影響

甘いものが食べたくなる原因

生活をしていると、訳も分からず無性に甘いものが食べたいと思う時ってありますよね。 一度甘いものを食べたいという衝動にかられると、落ち着かない上に甘いもののことばかり考えてしまうようになります。 これは身体がチョコレートなどの甘いものを欲しているわけではなく、その食べ物に含まれている 栄養素を欲しているというサインなのだそうです。 身体が栄養素を求めているSOSサインにしっかりと耳を傾け、栄養補給をしましょう。 しかし、身体が栄養素を欲しがっているからといってそのSOSサインの通りに食べてしまうと、すぐにカロリーオーバーになり、 肥満の原因にもなってしまうので、食べすぎには注意が必要です。 今回は甘いものが無性に食べたくなる原因と、その時の身体の状態について詳しくお伝えします。 甘いものが無性に食べたくなる原因 妊婦さんが特定の食べ物を食べたくなるというのは有名な話ですが、私たち人間が何か特定のものを食べたくなるのには理由があります。 自然に食べたくなるというよりも、何かのきっかけで急に甘いものが欲しくなる感覚に襲われると我慢が効かなくなることがあります。 何も考えず甘いものを食べている時は、幸福感をがあり心が落ち着きます。 食べ終わると満足感で満たされますよね。 しかしこういった状況が頻繁に続いたり、ご飯を食べた後にすぐに甘いものを欲してしまうという方は注意が必要です。 健康のことを考えると、甘いものが食べたくなる原因をしっかりと把握した上で対処していきたいものです。 砂糖と脳の関係 甘いものを無性に食べたくなる原因は、 砂糖にあります。 砂糖には脳内物質である セロトニンと ドーパミンを放出させる働きがあります。 甘いものを食べたときに幸福感や満足感を感じることができるのは、精神を安定させるセロトニンと興奮を刺激するドーパミンがどちらも分泌されるためです。 ストレスや睡眠不足が原因となり甘いものに依存してしまうという方も多いでしょう。 私たち人間はイライラしてしまうと刺激と安定を求めてしまうものなのです。 刺激と安定を同時に解消してくれるのが甘いものなので、甘いものが無性に欲しくなってしまうということですね。 日頃食べたり飲んだりしているものには、多くの砂糖が使用されています。 いつの間にか 砂糖中毒にならないように注意が必要です。 砂糖とストレスの関係 甘いものを欲する時というのは、主に 緊張している時・気が張っている時・精神的に不安定な時だといわれています。 現代人は毎日 ストレスにさらされやすい環境で生活しています。 ストレスを大好きなスポーツや趣味でしっかりと発散することができていれば問題ないですが、甘いもので発散しているという方も多いのではないでしょうか。 甘いものを食べることによって体内では 血糖値が急上昇し、急降下しています。 実はこの 血糖値の急降下と急上昇は、イライラを更に増やしてしまうと言われています。 ストレスを解消しようと甘いものを食べてもイライラしてしまうという悪循環に陥り、結果的に甘いものを食べる量が増え、甘いものに依存してしまうようになります。 砂糖と病気の関係 甘いものに依存してしまい過剰に 糖分を摂取すると、 生活習慣病を招くことになります。 甘いものを食べているだけなので、病気を発症しているという自覚がないまま身体がむしばまれていきます。 病気に気が付いた時には取り返しのつかないことになってしまうというケースも増えているそうです。 甘いものに依存してしまうようになると、甘いものを食べないとストレスが解消できず心が病んでしまうこともあります。 身体も心も病気になる前に、砂糖の摂取量を適切にコントロールする必要があるのです。 甘いものに依存しないための対処法 甘いものを無性に食べたくなるという衝動は、どなたにもあると思います。 しかし甘いものに依存しないためには対策が必要です。 甘いものを食べること以外でストレスを発散することができるのが1番です。 趣味や運動に時間を割くことができないという方も、日頃から甘いものを食べ過ぎないで済む健康な状態でいられるように心がけたいことがあります。 生活習慣編 健康的な生活を送ることができていれば身体も自然な状態に整います。 まずは 規則正しい生活を心がけましょう。 夜更しをしてしまったり睡眠時間が短い状態のときは、睡眠の質が下がりストレスに繋がると言われています。 これによって 自律神経が乱れ食欲を抑える働きをするホルモンである レプチンが不足し、食欲を刺激する グレリンというホルモンが増加します。 これによって普段よりも食欲が増し、グレリンが増えると高カロリーのものを欲するようになるので、睡眠時間をしっかりと確保しましょう。 また、適度な運動はストレスを発散するだけでなく、夜寝つきやすくなり深い眠りにつくことができます。 食生活編 特にいつもジュースを飲むことが多いという方は、カロリー0の飲料や水を飲むようにしましょう。 また、お菓子を間食で食べるという時は 砂糖の入っていないお菓子を食べるのがおすすめです。 どうしても甘いものが食べたいというときには、 果物を食べるのも良いでしょう。 健康や美容にも良く、加工品とは違い食べ過ぎる心配がありません。 スナック菓子などはいくらでも食べることができてしまいますが、果物はある程度食べれば満足度が高いので沢山食べ過ぎてしまう可能性が低くなります。 砂糖が多く含まれている食べ物を摂りすぎてしまうと、 頭痛・イライラ・集中力・記憶力の低下など身体にさまざまな悪影響を引き起こします。 チョコレートには テオブロミンという苦味成分が含まれており、セロトニンに働きかけ緊張をほぐしたりリラックスさせてくれる効果があります。

次の