ストレージ その他 iphone。 【iPhone】ストレージの「その他」とは?削除しても大丈夫?

iPhoneストレージその他が半分に…減らす方法をappleに相談した結果

ストレージ その他 iphone

ストレージの使用状況がグラフで表示されます。 グラフを見て、ストレージを大きく占有しているものから整理していけば、より効率的です。 そこで以下、カテゴリ別にiPhoneのストレージの整理方法を見ていきます。 iPhoneの「App(アプリ)」を一斉に掃除して容量確 「App」がiPhoneストレージ容量を占有している場合は、使っていないアプリやサイズの大きなアプリを削除します。 とくにゲームなどのサイズが大きなアプリを削除すれば、空き容量を一気に確保できます。 またアプリのサイズよりも「書類とデータ」が大きいものは、アプリごとに軽量化できないか試してみましょう。 キャッシュや古いデータが残ったままになっていれば、これを削除してストレージの圧迫を解消します。 使っていないアプリを一網打尽にする(未検証) 最初に試したいのは、「非使用のAppを取り除く」です。 これは、iPhoneでしばらく起動していないアプリを端末から自動で削除する機能です。 ゲームなどが多くインストールされていると、一気に数GBの容量を確保できます。 おすすめにある「非使用のAppを取り除く」の[使用]をタップ。 表示されないときは、[すべてを表示]をタップする この方法のよいところは、アンインストールと違って書類データ(ユーザーデータ)を削除しない点です。 アプリ本体はiPhone端末から削除されますが、ホーム画面のアイコンはそのまま残ります。 アイコンをタップすればすぐに再ダウンロードされ、前回中断したところから再開できます(アプリが配信されている場合に限ります)。 サイズや日付を確認しながら削除する もう使わないアプリは、ユーザーデータと一緒に削除します。 iPhoneストレージの画面を下にスクロールすると、インストールされているアプリがサイズ順に並んでいます。 前回使用した日付も表示されるので、使っていないアプリの中でも節約効果の大きなものをすばやく見つけることができます。 サイズや使った日付で不要アプリを見つける 削除するアプリが見つかったらタップして詳細画面を開きます。 [Appを削除]をタップすれば、その場でアンインストールできます。 「Appのサイズ」と「書類とデータ」が両方とも大きい場合は、端末から完全に削除したほうがより効果的です。 Appのサイズや書類とデータのサイズを確認し、[Appを削除]で削除する。 [Appを取り除く]を選んで、App本体だけを削除することも可能です。 「非使用のAppを取り除く」で自動削除されないアプリは、この画面で個別に削除します。 サイズの大きいキャッシュ(書類とデータ等)を削除して容量確保 アプリによっては、本体のサイズよりもキャッシュやユーザーデータ(iPhoneではおもに「書類とデータ」として表記される)のほうが大きいものがあります。 この場合、アプリ本体だけを削除しても容量の節約効果を得られず、書類とデータの削除が必要です。 書類とデータを削除するには、アプリ内で削除を実行するか、またはアプリをインストールし直します。 一つひとつ対処するのは手間ですが、サイズが大きいものから削除していけば、より効果的です。 ここでは代表的な例をいくつかを紹介します。 Safariなどブラウザのデータを消す iPhoneの標準ブラウザ「Safari」には、Webサイトデータや履歴データが保存されています。 とくにWebサイトデータは数百MBになることがあるので、ときどき整理するのがおすすめです。 一番上の部分にWEBサイトデータのサイズが表示されます。 [全Webサイトデータを削除]でまとめて削除するのが簡単です。 ただし、ブラウザに記憶しておいたID・パスワードなども削除されるので注意してください。 電子書籍や動画などのコンテンツデータを削除する たとえばポッドキャストをよく聞くなら、ダウンロードしたエピソードがそのまま残っているかもしれません。 これらのデータは数十MBから数GBを超えるものもあるため、再生が終わったらこまめに削除するとiPhoneのストレージ容量を圧迫しません。 また電子書籍を読むための「Kindle」アプリ、「楽天マガジン」「dマガジン」などの読み放題サービスを提供しているアプリ、「少年ジャンプ+」などのマンガアプリを利用していると、作品がどんどんiPhoneのストレージに保存されていきます。 一つひとつは小さくても、読み進めているうちにかなりのサイズになります。 何度も読み返すことがないなら、これらも削除したほうが容量の節約になります。 左:「Kindle」。 作品を長押しして削除する 右:「楽天マガジン」。 読んだ雑誌を一括削除できる このほか「Netflix」「Hulu」のような動画配信サービス系のアプリで、オフライン再生用にダウンロードした作品なども容量を占有しやすいため、こまめに削除しましょう。 LINEのキャッシュや不要データを消す 「LINE」アプリでは、不要なキャッシュや写真・ボイスメッセージ・ファイルのデータをそれぞれ一括で削除できるようになっています。 トーク履歴は残したまま、不要なデータを種類ごとに削除できるので、容量の節約には実用的な機能です。 詳しくは下記の特集を参照してください。 Twitterのキャッシュや不要データを消す 「Twitter」公式アプリでも、蓄積したキャッシュを削除する設定が用意されています。 削除できるのは、「メディアストレージ」と「ウェブサイトストレージ」の2種類です。 タップすると、それぞれのキャッシュデータを削除できる画面に移動します。 詳しくは下記の特集を参照してください。 Googleマップのキャッシュデータを消す 「Googleマップ」などの地図アプリも、キャッシュやオフラインマップなどのデータを溜め込みやすいものの一つです。 これも、アプリ内の設定から削除することが可能です。 [アプリのデータを消去]をタップすれば、キャッシュデータを一括で削除できます。 iPhone内の「写真」を減らして容量を節約する 写真や動画をたくさん撮影するなら、ストレージの占有率もかなり大きくなっているはずです。 不要な写真や動画を整理するのは大前提として、それでもiPhoneの容量が足りない時は、クラウドや外付けストレージを活用するという思い切った方法も検討したいところです。 不要な写真や動画を整理する iPhoneストレージの画面で[写真]を開くと、写真や動画を整理ためのさまざまな方法が表示されます。 「最近削除した項目」のアイテムは30日経てば自動で消去されますが、削除することで容量を即座に開放します。 サイズの大きな動画を整理するのに便利なのが、[自分のビデオを再検討]です。 これを開くと、カメラロール内にある動画がサイズ順に表示されます。 アイテムを左にスワイプして、その場で削除できるようになっています。 クラウドサービスを活用してiPhone容量を開放する 不要なアイテムを整理しても、ストレージが圧迫されている場合は、クラウドサービスを検討してみましょう。 アップルが提供する「iCloud写真」、または「Googleフォト」や「Amazon Photos」といった外部のサービスを使うという選択肢があります。 使い勝手満点の「iCloud写真」を利用する 設定アプリの[写真]から[iCloud写真]をオンにするだけ iCloud写真は、iOSの標準機能として組み込まれているため、使い勝手が優れています。 [iCloud写真]のオプションをオンにすると、オリジナルの写真がiCloudへアップロードされ、カメラロールのライブラリが劇的に軽くなります。 端末には最適化された写真が残り、iCloudの写真と同期されます。 このような仕組みにより、これまで通り写真を開いたり、編集したりという操作が自由におこなえるのが、iCloud写真の長所です。 写真を容量無制限で保存できる無料クラウドサービス「Googleフォト」 iCloud写真はiCloudの容量を使うためアップグレード(有料)が必須ですが、なるべく追加投資なしで済ませたいという人におすすめしたいのが「Googleフォト」。 無料かつ実質的に容量無制限で写真・動画をバックアップする方法を提供するクラウドサービスです。 写真や動画のバックアップにおける保存タイプで「高品質」を選べば、1600万画素までの写真と1080pまでの動画を、容量制限なく無料で保存できます。 サイズを超える場合は縮小されますが、撮影したままの解像度や高精細をほぼ維持しながら格納できます。 無劣化・無制限の強力フォトストレージ「Amazon Photos」も注目 写真を容量無制限かつ無劣化で保存できるストレージ「Amazon Photos」も注目です。 Amazonがサービス提供しています(以前名称は「プライム・フォト」)。 Amazonプライム会員であれば追加料金なしで、クラウドストレージサービス「Amazon Cloud Drive」に手持ちのスマホなどにある写真を好きなだけ無劣化でアップロードできるサービスです。 1600万画素を超える写真は圧縮されるGoogleフォト(高画質タイプ)とは、この点で異なります。 ただし、動画は5GBまでの制限がある点などに注意が必要です。 外付けストレージで容量を物理的に増設する SanDisk製の「iXpand Slim フラッシュドライブ」 Googleフォトなどのクラウドサービスを使わず、物理的にiPhoneのストレージ容量を確保するのが「外付けストレージ」です。 外付けストレージは様々な製品が販売されていますが、たとえばLightningコネクタとUSBコネクタを搭載するSanDisk製の「iXpand Slim フラッシュドライブ」では、iPhoneなどに直接挿して写真や動画などのデータを吸い出すことができます。 iPhoneの容量が不足した時のバックアップ用に役立つだけでなく、同期アプリ「iXpand Drive」を通じてiPhoneからPCへ各種ファイルを簡単に転送することも可能です。 容量のラインナップは16GB・32GB・64GB・128GBの4モデル。 128GBモデルの実勢価格は約5000円前後となっています。 クラウドを使ってiPhone内の「メディア」容量を削減する iPhoneの「メディア」に含まれているのは、おもに音楽です。 音楽もまた、ストレージ容量を大きく消費します。 聴きたい音楽を厳選して転送できればよいのですが、たくさんあって選びきれない時は「iTunes Match」や「Google Play Music」といったクラウドサービスを利用して、楽曲をオンラインで管理するのが効果的です。 不要なアイテムを削除する iPhoneストレージ画面の[ミュージック]を開くと、端末に保存されているすべての楽曲が表示されます。 PCが必要ないので、不要な楽曲をサクサク整理できます。 iOSのアップデートなどでまとまったサイズの容量を確保したい時は、「すべての曲」を左にスワイプして、ミュージックライブラリの楽曲すべてを削除してもよいでしょう。 Apple Musicからダウンロードした楽曲や、iTunesで同期した楽曲なら、ダウンロード(または同期)し直せば簡単に元に戻すことができます。 「iTunes Match」を利用する 「iTunes Match」は、アップルが提供している音楽専用のクラウドサービスです。 iTunes Matchを利用すると、ミュージックのライブラリがiTunes Matchのライブラリに置き換えられます。 聴きたい曲はiCloudからストリーミング再生で楽しむことができ、デバイスにはダウンロードした楽曲だけ保存されます(容量を消費します)。 楽曲をダウンロードせずストリーミング再生のみで楽しむなら、ライブラリのサイズがゼロになります。 持ち運びたい曲がたくさんあるのに容量が足りない時ほど、恩恵が大きいでしょう。 なお「Apple Music」に登録していれば、iTunes Matchの全サービスがそのまま提供されます。 音楽の聴き放題を楽しみたいなら、Apple Musicも検討したいところです。 「Google Play Music」を利用する iPhoneで音楽ライブラリのサイズを節約するだけなら、「Google Play Music」がもっともおすすめです。 iTunes MatchやApple Musicが有料なのに対して、Google Play Musicなら無料で使えるからです。 Google Play Musicは、グーグルが提供している音楽配信サービスです。 有料サービスを購読しなくても自分のライブラリをクラウドにアップロードできます。 最大5万曲分とサイズも十分で、必要な曲のみダウンロードしてオフラインで再生すれば、通信量を最低限に抑えられます。 楽曲のアップロードには、ブラウザを利用します。 Google Play Musicのサイトを表示して、メニューから[音楽のをアップロード]を実行します。 ウィンドウに曲やフォルダをドラッグするとライブラリに音楽が追加されます。 ライブラリに追加した音楽は、iOS版の「Google Play Music」アプリをiPhoneにインストールすれば聴くことができます。 いつの間にか増えた「メッセージ」と「メール」を整理して容量確保 iPhoneの「メッセージ」や「メール」には、ほかのユーザーと交わしたやりとりや添付ファイルが記録されています。 iPhoneストレージのグラフで「メッセージ」や「メール」の容量サイズが肥大化している場合は、不要なものや古いものを消去することでストレージ容量を開放できます。 メッセージアプリの添付データを消す iPhoneストレージの画面で[メッセージ]を開いて、書類とデータの容量サイズを確認しましょう。 容量サイズが大きい場合は、送られてきた写真や動画から必要なものだけカメラロールに保存して、残りは削除します。 添付ファイルを整理するなら、「大きい添付ファイルを再検討」が便利です。 タップすると添付ファイルがサイズ順に表示されるので、一つひとつ確認しながら削除していけます。 個別に削除するのが面倒なら、「古いチャットを自動削除」のオプションが用意されています。 1年を過ぎたメッセージや添付ファイルを自動で削除できます。 メールのゴミ箱を削除する 左:メールフォルダからゴミ箱に移動 右:ゴミ箱から削除 不要なメールを削除したときは、ゴミ箱を空にするという操作を忘れがちです。 削除したメールはゴミ箱に移動して、1週間保存されます(初期状態)。 iPhoneで容量を多く占める「その他」を削除する iPhoneストレージのグラフにある「その他」には、iOSアプリが作業用に使用した一時ファイルなどが保存されています。 一時ファイルの多くは自動で削除されますが、iPhoneを使い続けているうち消去されずに残ってしまうものもあります。 「その他」データの容量があまりにも大きくなってしまった場合は、以下の手順で削除できます。

次の

iPhoneストレージとは?iCloudストレージとは?

ストレージ その他 iphone

iPhoneのストレージを圧迫する「その他」 よくわからないけどiPhoneのストレージを圧迫してくる「その他」。 人によっては、 数百MBから数GBものサイズにまで膨らんでしまっている場合もあるみたいで、ずっと気になってたって方も多いんじゃないでしょうか。 基本的には iPhoneの設定やシステム関連のデータであったり、 Webサイトやアプリのキャッシュデータなどがまとめて表示されたものなんですが、実はこの 「その他」の詳細な内容に関しては、ボクたちユーザー側では確認することができません。 なので、 「その他」を消したいと思っても、何をどうすれば消すことができるかなどの明確な解決策は無いんですね。 購入したての頃などはほとんど気にならないレベルのサイズしかないんですが、数カ月、数年と使用していると気付かないうちにどんどん膨大なサイズに成長していってしまうため、なんとか対処したいところですよね。 「その他」を削除する方法 iPhoneを使用する上で、インターネットで何かを検索したり、アプリなどを起動する度にキャッシュファイルや一時的な設定ファイルなど、 ホコリの様な細かい不要データが少しずつ溜まっていきます。 基本的には処理が終わった時点で自動的に削除されるものがほとんどなんですが、 長時間本体の電源を付けっぱなしにしていたり、 不具合などで頻繁にエラーが起こったりしているとうまく消えずに残ってしまうことがあるんです。 「その他」を構成する主なデータは、そういった不要なデータなのでキレイに削除してやることでかなりのサイズ削減になります。 では、 「その他」を少しでも縮小するための対処法を3つご紹介しておきます。 iPhone本体の再起動 最も手軽な方法としては、 iPhone本体の再起動を行うのが効果的かと思います。 基本的に電子機器は、 起動時や停止時に本来決められた状態に戻ろうとする性質があるため、不具合が起こった場合や内部をリフレッシュしたい場合なんかには、本体を再起動してやることで改善するケースが多いです。 一度電源を落とした後、しばらく時間を置いてから再度電源を投入してみてください。 iPhoneの初期化 先ほど 「その他」の中身はiPhoneを使用していて溜まっていくホコリの様なものがメインだと説明しました。 つまり、 iPhone自体を初期化して購入当初の状態に戻すことで、今まで蓄積してきた不要なデータを一括で削除することができます。 iPhoneの場合は、 iCloudやiTunesを使用することで比較的手軽にバックアップの保存と復元が可能なので、あまりにもストレージ内が圧迫されているといった場合には、 一度思い切って初期化を試すのも悪くない選択肢だと思います。 詳しいバックアップと復元の手順については以下の記事でまとめています。 一度iPhoneストレージの確認画面から 各アプリの使用容量を確認して整理してみましょう。 あまりにもサイズが大きくなりすぎているアプリなどがあれば、 再インストールしてみたり、もし使っていないアプリなら アンインストールしてしまうことでホーム画面のアイコンの整理にもなって良いかと思います。 ざっくり内容を振り返ると.

次の

iPhoneのその他が復元しても減らない時に試す5つの方法

ストレージ その他 iphone

Appleのユーザーサポートページによれば、iPhoneなどのIOS端末の「iPhoneストレージ」(もしくは「iPadストレージ」)では「その他」は「システムファイル・ソフトウェアアップデート・Siriの音声・キャッシュ済みのファイル・ログなど」を指し、iTunesでは「Siriの音声・システムデータ・キャッシュファイル」を指すと書かれています。 iPhone上とiTunes上で、同じ名前のカテゴリの指すものが違っているのは困りものですが、基本的には 「システムが使うデータやファイル、キャッシュファイル、Siriの音声」が「その他」に含まれるデータと見ていいでしょう。 また、アプリの作るファイルのうち、iOSが「書類とデータ」に含まれると判断できないものも「その他」に含まれます。 さて、iPhoneのストレージにおける 「その他」の削除方法の中で一番面倒ですが、最も期待できるのが、これから紹介する「初期化」と「復元」を使う 方法です。 この方法は、 iPhoneのデータを一度暗号化バックアップして、それからiPhoneをまっさらに初期化、しかるのちにバックアップから復元するという手順を踏みます。 この際、「その他」に含まれるキャッシュやシステム周りの不要なファイルはバックアップの対象とならないため「その他」が削除されたiPhoneに、あらためてアプリや写真などのデータを入れ直すことで、「その他」のないiPhoneを手に入れられるというワケです。 ただし、 LINEや一部のゲームでは暗号化バックアップでデータがバックアップされないものもあります。 その ため、そういったアプリについては、 初期化する前に個別にバックアップを取る必要があります。 このことも、この方法の面倒さのひとつに挙げられます。 なおLINEのバックアップ方法については以下のリンク先の記事を参照してください。 最初にiPhoneのバックアップを取ります。 今回の例ではiPad Air 2を使っていますが、iPhoneでもiPodでもやり方は変わりません。 まずPCで 「iTunes」を立ち上げ、 iPhone(もしくはその他のIOS端末) をケーブルでつなぎます。 そして 端末を選択し、左の 「概要」タブを選び、「バックアップ」の項目の 「このコンピュータ」と「ローカルのバックアップを暗号化」の2か所にチェックを入れます。 すると暗号化のパスワードを尋ねてきますので、忘れないパスワードで入力してください。 今回はあくまでもストレージ内の「その他」を削除するためだけですので「0000」などでも十分です。 パスワードを設定できたら、 「今すぐバックアップ」をクリックします。 忘れてはならないのが、iTunesを動かす PCにiPhoneのバックアップを取るだけの空き容量があるかと、ということです。 場合によっては、iPhoneのストレージの空き容量を増やすためのバックアップを取るための空き容量を増やすためにPCのストレージ整理をしなければならない、という混乱した状況を招いてしまいます。 また、削除された電子書籍や音楽・動画を再ダウンロードしようとする際、 制作者や出演者が不祥事などで配信中止になっていると再ダウンロードができない場合もあります。 「その他」は削除できたけれども、もう二度と手に入れることができないデータも消えた、ということになってもいいのか、よく考えてから初期化・復元してください。 ここまで 紹介した方法でも「その他」の不要なファイルが削減できない場合は、 クリーナーソフトの利用に踏み切るべきでしょう。 PC上でPhoneClean Pro、iExplorerといったクリーナーソフトを使うことで、これまでの方法では削除できなかった不要ファイルが削除され、空き容量が増える可能性があります。 ただし、 これらのソフトはAppleが認めた正規のものではないので、ソフト利用によって問題が起きても補償などは受けられませんし、Appleが想定している以上の作業を行うので、 操作に失敗するとiPhoneを完全に初期化するしかない場合もありますので、 使用前には念のためにiTunesでバックアップを取ることを忘れないでください。 細かい設定で「その他」やそれ以外の不要なファイルを削除して空き容量を増やすだけでなく、結果的にiPhoneを高速化してくれるクリーナーソフトです。 非常に強力なソフトですが、それだけに強力すぎて必要なファイルまで削除する可能性もあります。 このソフトを 最初に使う時には必ずiTunesで暗号化バックアップを取ってからにしてください。 また PCに有線接続せずにクリーニングするサイレントクリーン機能もありますが、これ は2回目以降の定期的な削除に利用してください。 最初にこの機能を選ぶと、有線接続以上に時間がかかりすぎる危険性があります。 これらの問題にぶつかりさえしなければ、PhoneClean Proは、これまでの方法では削除できない「その他」の不要ファイルも確実に削除してくれる、心強いソフトです。 また、iPhoneを誰かに譲る際にデータを完全消去する際にも役立つソフトでもあります。 iPhoneのストレージにはびこる「その他」はなかなか削除するのが大変ですが、その分だけうまく削除できるとすっきりとします。 記事の記述に従い iTunesにつないで「その他」の容量を確認したら、再起動を試し、Safariのキャッシュやメッセージの添付ファイルを削除し、アプリを再インストールしてみて、それでもダメなら初期化・復元を試みてください。 それでもまだ問題になるほど「その他」が残るようであれば、クリーナーソフトでiPhoneをまっさらにしてください。 ただし、 まっさらになりすぎて元のデータが取り戻せない場合もありますので、バックアップを忘れないようにお願いします。 この記事で、あなたのiPhoneの「その他」が実害のないレベルにまで減ることを祈っています。

次の